NifMo(ニフモ)の通信速度は快適?他社との比較や口コミなど“速度”に関する情報まとめ

書いた人: agar

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
NifMoの通信速度は快適?他社との比較や口コミなど“速度”に関する情報まとめ

NifMoは、大手インターネットプロバイダ「@nifty」などで知られるニフティ株式会社が母体の格安SIMです。
料金プランの安さもさることながら、基本料金をさらに安くできる「NifMoバリュープログラム」や家族で使えばさらにお得な「NifMoファミリープログラム」など、特色のあるサービスを展開しています。

本記事では、最大通信速度や速度制限の仕様、他社との速度比較など、NifMoの通信速度に関する情報をまとめてお伝えします。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

目次:

NifMoの最高速度はどのくらい?

気になるNifMoの最大通信速度は?
気になるNifMoの最大通信速度は?

NifMoは、サービスエリアの広さやつながりやすさに定評のあるドコモの回線を借り受けているMVNOです。
最大通信速度(理論値)は、LTEで下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。3Gエリアでは下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsです。

高速通信時の速度と合わせてチェックしておきたいのが、速度制限がかかってしまった場合の速度。NifMoでは、以下の通信量をオーバーしたときに速度制限がかかります。

通信量 制限される期間
3GBプラン 3GB/月 月末まで
650MB/日 当日中
7GBプラン 7GB/月 月末まで
1,500MB/日 当日中
13GBプラン 13GB/月 月末まで
2,800MB/日 当日中

プランごとに制限の基準値は異なりますが、いずれも1ヶ月分のデータ容量を使い切った場合は月が変わるまで、1日の通信量が基準値に達した場合には日付が変わるまで速度制限がかかります。
制限中の通信速度はどちらのパターンでも同じで、上り・下りともに最大200kbpsです。

速度制限がかかってもバースト転送機能があれば安心
速度制限がかかってもバースト転送機能があれば安心

なお、NifMoでは「バースト転送」機能を導入しており、速度制限中でも通信開始から150KBのデータを送受信するまでは高速通信が使用できます(その後は低速に切り替わる仕組み)。
このため、データ量の少ないメールやSNS、画像の少ないWebサイト程度の通信であれば、速度制限中でも短時間で読み込みことができます。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

NifMoと他社の速度比較

モバレコでは、主要MVNO各社のSIMでスピードテストを行った結果をまとめた「格安SIM速度ランキング」を毎週公開しています。

2017年12月第4週のランキングデータを基に他の格安SIMと比較しながら、NifMoの速度をチェックしてみましょう。

速度比較 朝の計測値
朝9時頃の計測値

まずは平日の午前9時頃の各社の測定結果です。

NifMoの結果は下り 17.03Mbps / 上り 7.36Mbpsで、比較を行っている各社のSIMのなかで比較的に速い部類でした。

この時間帯は後述の2つの時間帯と比べて、利用者は少なめ。これだけの速度が出ていれば、動画や画像の読み込みも含め、大抵の動作はストレスを感じずに利用できると思います。ピーク時以外の通信は問題無さそうです。

速度比較 昼の計測値
昼12時半頃の計測値

続いて、平日の午後12時半頃の各社の測定結果です。

この時間帯は学校や会社の昼休みと重なるため、スマートフォンを利用する人が集中。大手キャリアと比べて帯域に限りのあるMVNOでは速度が低下しやすくなる場面です。

上りの通信速度には比較的余裕がありますが、下りは1Mbpsを割ってしまう状況。メールやLINEなどのテキストベースでのやり取りであれば問題ないと思われますが、画像のやり取りなどデータ量の多い通信をする場合はWi-Fiの利用や時間帯をずらすなどの対策を取った方がいいかもしれません。

速度比較 夜の計測値
夕方17時半頃の計測値

同じく平日の夕方17時半頃の各社の測定結果です。

NifMoの結果は下り 11.39Mbps / 上り 14.68Mbpsで、ドコモ回線の格安SIMのなかでトップクラスの結果でした。
帰宅途中の電車の中など、スマートフォンを使う機会も多い時間帯に十分な速度が出るのはストレスなく利用するために重要なポイントでしょう。

各時間帯の結果を総合的に見た2017年12月時点での評価としては、NifMoの通信速度はドコモ回線の格安SIMのなかでは平均程度~少し速め昼などの最も混雑する時間帯を除けば快適に利用できると思います。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

NifMoの速度に対する口コミ・評判

格安SIMの通信速度は、端末やエリア、時間帯、時期など、さまざまな条件によって変動します。
よりイメージを掴みやすいよう、速度に対するNifMoユーザーの口コミ・評判を集めてみました。

速度比較で取り上げた時間帯以外の速度はどれくらいなのか、口コミをチェックしてみると、平日の14時頃の測定結果で50Mbpsというかなり速い数値が出ている方もいました。これだけの速度が出ればストレスを感じないという意見にも納得です。

同じ方の投稿ですが、こちらは土曜日の12時台の計測結果。平日ほどはこの時間帯に利用者が集中しないということも背景にあるようで、十分な速度が出ています。休日は時間帯を問わずに使えそうですね。

速度に対する不満の声も挙がっていましたが、最近の投稿のほとんどは“12時台の遅さ”についての意見でした。お昼時の1時間の使い方さえ考えれば、通信速度へのストレスをあまり感じずに利用できるようです。

2017年夏頃の投稿まで遡ると12時台以外の時間帯でも“遅い”という口コミもありましたが、9月・10月に設備増強を行ったことが公式からアナウンスされています。評判を見る限り、現在は概ね解消されているようです。

NifMoの通信速度の評価は?

平日の12時台を除く大半の時間帯で、快適に利用できる通信速度が出ていることはNifMoの長所といえると思います。

朝は速度が出ていても夕方は多少速度が落ちてしまうSIMも多いなか、朝夕ともに速度が安定しています。通勤・通学途中にスマホをよく利用するという方には最適ですね。

昼のピーク時間帯は下り1Mbpsを切る速度まで低下してしまうことが短所として挙げられますが、この時間帯はNifMoに限らず、ほとんどのMVNO(au回線・ソフトバンク回線の一部SIMを除く)が苦戦する時間。
ピーク時の使い方さえ工夫すれば快適に使えるNifMoは、格安SIMの中でも使いやすい部類と言えるのではないでしょうか。

帯域の増強は公式サイトをチェック!
帯域の増強は公式サイトをチェック!

また、NifMoでは通信速度を左右するネットワーク帯域の増強に関して、公式サイト内(NifMoのネットワーク帯域増強について)でアナウンスを行っています。実施するタイミングや今後の予定をユーザーに見える形で公表してくれるのはとても親切ですね。

今後、ユーザー数の増加に伴って速度が低下する時期が来たとしても、いつ頃解消されるか、ある程度見当を付けられるので安心です。ほかにも公式サイトでは、時間帯によって速度が変わる理由などもわかりやすく説明されているので、NifMoの通信速度のことで困ったら一度見てみることをオススメします。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

まとめ

NifMoは昼のピーク時を除けば通信速度が速く安定しており、速度面では幅広いユーザーにオススメできる格安SIMだと思います。
また、速度制限も200kbpsと他社の制限より少し緩めになっており、バースト転送機能も付いているので、ちょっとした通信なら制限中でも快適に利用できるのもうれしいかぎりです。

★NifMoの通信速度に関するメリット

・ピーク時以外は安定して十分な速度が出る
・エリアが広くつながりやすいドコモ回線
・制限中でもバースト転送があるので快適

NifMoの料金プランはこちら

◆NifMoの音声対応SIM

プラン名 容量 月額料金
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円
音声通話対応SIMカード 7GB 7GB 2,300円
音声通話対応SIMカード 13GB 13GB 3,500円

◆NifMoのデータ専用SIM

プラン名 容量 月額料金
データ通信専用SIMカード 3GB 3GB 900円
データ通信専用SIMカード 7GB 7GB 1,600円
データ通信専用SIMカード 13GB 13GB 2,800円

◆NifMoのSMS付きSIM

プラン名 容量 月額料金
SMS対応SIMカード 3GB 3GB 1,050円
SMS対応SIMカード 7GB 7GB 1,750円
SMS対応SIMカード 13GB 13GB 2,950円

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar