My NifMo / NifMoコネクトを活用した通信量の管理・節約術 速度制限を回避!

書いた人: agar

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
速度制限を回避!My NifMo  NifMoコネクトを活用した通信量の管理・節約術

大手プロバイダ「@nifty」などで有名なニフティ株式会社が運営している格安SIMのNifMo(ニフモ)
基本料金の安さに加えて、さらにお得に使える「NifMo バリュープログラム」や家族で使うと便利な「NifMo ファミリープログラム」など、多彩なサービスが整った格安SIMです。

そんなNifMoを利用するうえで便利な「My NifMo(旧NifMoコネクト)」というアプリをご存知でしょうか? こちらを活用すれば簡単に通信量の管理・節約ができ、速度制限を避ける大きな手助けに。月末までストレスなく通信するためにぜひ活用したいアプリです。

本記事では、NifMoの通信速度制限とMy NifMo(旧NifMoコネクト)について解説いたします。

NifMo

★モバレコ バリューストアならNifMoのSIMがお買い得♪

初期費用3,000円2,300円

詳細はこちら

※別途消費税がかかります

目次:

NifMoの通信速度制限

通信量節約の第一歩は「制限がかかる条件」を把握すること
通信量節約の第一歩は「制限がかかる条件」を把握すること

My NifMo(旧NifMoコネクト)を使った通信量の節約方法についてお話する前に、どのようなときにNifMoの速度制限がかかるのか、基本的な仕様についておさらいしたいと思います。

NifMoの速度制限の仕組みは?

NifMoでは、月間の通信量または1日あたりの通信量が、各プランごとに決まっている基準値を超えたときに通信速度制限がかかります。各プランの基準値は以下の通りです。

NifMoの速度制限基準値
月間の通信量 1日の通信量
3GBプラン 3GB 650MB
7GBプラン 7GB 1,500MB
13GBプラン 13GB 2,800MB

1ヶ月あたりの通信量が基準値を超えた場合は翌月、1日あたりの通信量が基準値を超えた場合には翌日になれば、それぞれ速度制限は解除されます

1ヶ月あたりの通信量が決まっているというのは各プランの名称からもイメージしやすいかと思いますが、1日あたりの通信量で制限がかかることがあるのは他の格安SIMにはあまりない特徴です。

短期間に集中して使いたい場合など、使い方によっては1日あたりの制限が邪魔になってしまうケースも考えられる一方で、毎日同じくらいの使い方で1ヶ月かけてデータ容量を使い切るような一般的なケースであれば、ちょっとしたミスで1ヶ月近く速度制限に悩まされる可能性を回避してくれるので役に立つことがあります。

具体的な例を挙げて説明しますと、「Wi-Fiに繋いでいるつもりで大容量のファイルをモバイルデータ通信でダウンロードしてしまった」、あるいは「お子さんをスマートフォンで遊ばせていたら動画をたくさん見ていた」というような状況でも、1日あたりの制限があるNifMoなら日付が変わるまでの短い速度制限で済むのです。

制限がかかっている間の通信速度は、上り・下りともに最大200kbpsとなります。これは月間容量の制限にかかった場合も、1日あたりの制限にかかった場合も同様です。

他社のSIMでもこのような速度制限の仕組みが設けられていますが、制限時の速度は128kbpsまたは200kbpsが主流です。そういった意味では、NifMoの速度制限時の仕様は比較的使いやすいと言えるでしょう。

速度制限がかかったらどうなっちゃうの?

バースト転送機能で制限中も快適に
バースト転送機能で制限中も快適に

制限中の通信速度は上下ともに200kbpsと、通常の高速通信時の速度と比べると大幅に遅くなります。

実際の利用シーンごとのイメージとしては、メールやLINE、ニュースアプリといった文字が中心のやり取りであれば十分に利用できますが、画像の多いWebサイトを見たり、動画やゲームといった一度にやり取りするデータ量の多い機能は通信に時間がかかるようになります。

完全に200kbpsまでに通信速度が抑えられてしまうのであれば、速度制限がかかったまま使うのはストレスを感じる場面も多くなると思いますが、NifMoはバースト転送機能に対応していることもポイントです。

これは速度制限中でも通信開始から一定の容量(150KB)まで高速通信してくれるという機能。動画視聴など高速通信を継続する必要がある用途は難しいものの、SNSやWEBサイトの表示といった簡易な用途であれば速度制限中でも読み込み時間が短縮され、バースト転送の有無で体感速度に大きな差が生まれます。

速度制限がかからないよう上手に使っていくのがベストではありますが、もし制限がかかってしまった場合でも快適に使える工夫が施されているのはありがたいところですね。

データは後から追加できないの?

あとからデータ容量を追加することも可能
あとからデータ容量を追加することも可能

1ヶ月あたりのデータ容量を使い切って速度制限がかかった場合、データ容量を追加購入すればすぐに制限を解除することができます。
なお、1日あたりの通信量で制限がかかった場合には容量を追加しても制限は解除されません。

追加の容量は0.5GB単位で1回900円、月6回まで購入できます。購入した追加容量は当月内有効で繰り越しはできないので買いすぎにはご注意ください。

My NifMo (旧NifMoコネクト)を使った通信量の管理・節約方法

Android/iOSで利用可能
Android/iOSで利用可能

NifMoの契約者専用アプリ「My NifMo(旧NifMoコネクト)」をインストールしておけば、通信量の確認とWi-Fiスポットを使った通信量の節約がこれ1つで出来ます。
AndroidスマートフォンではGoogle Playストアから、iPhone/iPadではApp Storeから、それぞれダウンロードできます。

●アプリのダウンロードはこちら

My NifMo(旧NifMoコネクト)― Google Play
My NifMo ― App Store

BBモバイルポイントのWi-Fiを無料で利用できる

BBモバイルポイントが無料で使える!
BBモバイルポイントが無料で使える!

「BBモバイルポイント」は、ソフトバンクが提供しているWi-Fiスポットです。
通常は接続時間に応じて8円/分の料金がかかるサービスですが、My NifMo経由なら無料で利用できます。

BBモバイルポイントのステッカーを目印に、駅や空港、カフェなど全国のさまざまな場所に設置されています。最新のサービスエリアは以下のページでご確認ください。

BBモバイルポイント ―ソフトバンク

Wi-Fi接続の自動切り替えで通信料を簡単に節約できる

自宅のWi-FiやWi-Fiスポットに自動で切り替えてくれる
自宅のWi-FiやWi-Fiスポットに自動で切り替えてくれる

Wi-Fiスポットを無料で利用できることと合わせて、BBモバイルスポットやご自宅のWi-Fiとの切り替えを自動で行ってくれるのもMy NifMoのメリット

スポットの登録は不要で、エリアに入ったらモバイルデータ通信からWi-Fiへ自動で切り替わるので手間なく通信量を節約できます。

また、どこにBBモバイルスポットがあるかわからない場合も、アプリ内の「AP検索・地図表示」からアクセスポイントを探せるのも便利な機能です。

通信量の詳細な明細が確認できるので便利♪

通信量をグラフで詳しく確認できる
通信量をグラフで詳しく確認できる

使用したデータ通信量を詳しく確認できるのも、My NifMo(旧NifMoコネクト)の便利な機能です。

「直近3日間の通信量」「今月の通信量(1日ごと / 累計)」「直近3ヶ月間の通信量」をまとめて見ることができ、グラフ化されているので見やすさも良好
ご家族でNifMoのお使いの場合や複数台持ちの場合など、シェアプランにしているのであれば通信量の合計もこちらから確認できます。

NifMoには1日単位の通信量上限があるので、計画的に使うためにMy NifMo(旧NifMoコネクト)を活用して通信量を把握しておくことをオススメします。

まとめ

NifMoでは月間の通信量による速度制限以外に1日ごとの通信量による速度制限も行われているので、誤って一気に使いすぎてしまった場合でも月末まで制限に悩まされる心配がありません。
制限中の通信速度は200kbpsで、一時的に高速通信ができるバースト転送機能に対応しているのでデータ量の少ない通信であれば制限中でも快適に利用できます。

My NifMo(旧NifMoコネクト)ではWi-Fiスポットの利用やデータ通信量の確認以外にも、「NifMoバリュープログラム」の還元額の確認も可能。NifMoユーザー必携のアプリなのでぜひ一度ご確認ください。

★My NifMo(旧NifMoコネクト)でできること

・BBモバイルポイントのWi-Fiスポットを無料で使える
・自宅のWi-Fiや公衆Wi-Fiスポットに近付くと自動切り替え
・通信量をグラフ状で詳しく確認できる

NifMoの購入はこちら(モバレコ バリューストア)

モバレコでは、NifMoの格安SIMが全プラン初期費用割引中です。通常価格3,000円のところが2,300円と公式よりもお安く用意しています。ぜひチェックしてみてください。

◆NifMoの音声対応SIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
音声通話対応SIMカード 7GB 7GB 2,300円 > 詳細はこちら
音声通話対応SIMカード 13GB 13GB 3,500円 > 詳細はこちら

◆NifMoのデータ専用SIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
データ通信専用SIMカード 3GB 3GB 900円 > 詳細はこちら
データ通信専用SIMカード 7GB 7GB 1,600円 > 詳細はこちら
データ通信専用SIMカード 13GB 13GB 2,800円 > 詳細はこちら

◆NifMoのSMS付きSIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
SMS対応SIMカード 3GB 3GB 1,050円 > 詳細はこちら
SMS対応SIMカード 7GB 7GB 1,750円 > 詳細はこちら
SMS対応SIMカード 13GB 13GB 2,950円 > 詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Android端末が大好きで3桁は買い漁ってきた元携帯ショップ店員。ブログ「GeekDays」を書いているほか、最近は推しメーカーであるMotorolaについて「Hello Moto!」というサイトを立ち上げマニアックに語っています。Twitter:@__agar