au「isai V30+ LGV35」レビュー!トレンディーな要素満載の優等生

書いた人: あさひな

カテゴリ: auスマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
au「isai V30+ LGV35」レビュー!トレンディーな要素満載の優等生

2017年12月22日にauから発売されたLGのフラッグシップモデル「isai V30+ LGV35」をレビューします。前モデルの「isai Beat LGV34」で好評だったQuad DACとダブルレンズカメラを継承しつつ、デザインやディスプレイが進化しています。

目次:

ミニマルで洗練されたデザイン

前面
前面

ベゼルレスとまではいきませんが、インカメラやセンサー類のスペースのみを残した狭額縁設計です。サイズの割にはコンパクトに仕上がっていると思います。

背面
背面

光沢感があって指紋は目立ちますが、光の反射で紺色にも群青色にも見えるのがなんとも美しいです。サイドに電源ボタンはなく、指紋センサーを押し込むと電源ボタンとして機能します

左側面にはボリュームボタン
左側面にはボリュームボタン
右側面にはnanoSIMカード+microSDカードのスロット
右側面にはnanoSIMカード+microSDカードのスロット
SIMピンで取り外す仕様
SIMピンで取り外す仕様
上部には3.5mmイヤホンジャック
上部には3.5mmイヤホンジャック
下部にはスピーカーとUSB Type-C端子
下部にはスピーカーとUSB Type-C端子
薄くて軽くて持ちやすい
薄くて軽くて持ちやすい

isai V30+は約6インチで約158gです。参考として、5.5インチのiPhone 8 Plusは202gです。持った時の第一印象は軽薄ですが、よく触ってみるとサイドのエッジがカーブしていたり全体的に滑らかに仕上げられており、手に吸い付くようにフィットします。

ハイスペックでストレスフリー

isai V30+ スペック情報
サイズ 高さ 約152 × 幅 約75 × 厚さ 約7.4mm
重量 約158g
OS Android 8.0 Oreo
SoC Qualcomm Snapdragon 835 Octa-core
(2.45GHz Quad-core + 1.9GHz Quad-core)
RAM 4GB
ROM 128GB
外部ストレージ microSDXCカード(推奨最大容量 256GB)
バッテリー容量 3,300mAh
ディスプレイ 約6.0インチ 2,880×1,440(Quad HD+)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
カメラ メイン:約1,650万画素 / 約1,310万画素(広角)
サブ:約510万画素
カラー オーロラブラック / クラウドシルバー / モロッカンブルー
備考 Daydream / ワンセグ / フルセグ / おサイフケータイ / 防水(IPX5/IPX8) / 防塵(IP6X)

性能の要となるSoCには、最新で最上位のSnapdragon 835を搭載。OSも最新のAndroid 8.0 Oreoです。内蔵ストレージは128GBで、microSDカードでストレージを拡張できるAndroidスマートフォンとしてはかなり大容量となっています。

防水・防塵性能を備え、米国国防総省が定める「MIL-STD-810G」の14項目に準拠。スタイリッシュな外観にそぐわず結構タフです。性能はベースとなったグローバルモデルの「LG V30」と同等ですが、キャリアモデルの「isai V30+」はワンセグやフルセグ、おサイフケータイに対応しています。

AnTuTu Benchmark v6.2.7のベンチマークスコア
AnTuTu Benchmark v6.2.7
Geekbench4のベンチマークスコア
Geekbench4

ベンチマークアプリのスコアは十分高く、現行モデルの中ではトップクラスです。さすがフラッグシップモデルといったところ。マルチウィンドウで2つのアプリを同時に利用するといった用途や、GPUの性能を要する3Dゲームも快適に動作します。

Daydream Viewが使える
Daydream Viewが使える

GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しており、動画やゲームなど豊富なVRコンテンツを楽しめます。なお、利用には別売のヘッドセット「Daydream View」が必要で、記事執筆現在はGoogleストアにて12,000円で販売されています。

特徴的なポイントをピックアップ

18:9の有機ELディスプレイ

縦長で高解像度のOLED FullVisionディスプレイを搭載
縦長で高解像度のOLED FullVisionディスプレイを搭載

アスペクト比は18:9で、16:9よりも縦に長くなっています。持ちやすいサイズを維持したまま情報量が増え、マルチウィンドウをスクエアサイズで使えるのがメリットです。最近はこのアスペクト比を採用するモデルが増えてきました。

ディスプレイは自発光方式の有機EL(OLED)で、液晶ディスプレイでは構造上不可能な深くて引き締まった「黒」を再現できます。さらにHDR10規格に準拠し、明暗差がある映像も高いコントラスト比で表示可能。得意分野のテレビで培った技術が活かされているだけあってとても美しいです。

Always-on display

消灯時でも情報を表示できる
消灯時でも情報を表示できる

Always-on displayは画面がOFFの時でも時刻や通知などを確認できる機能です。有機ELディスプレイの特性を活かして特定のピクセルだけ発光させるので、あまりバッテリーを消費しません。

フローティングバー

画面端の矢印をタップするとフリーティングバーが表示される画面端の矢印をタップするとフリーティングバーが表示される
画面端の矢印をタップするとフリーティングバーが表示される

前モデルに搭載されていたサブディスプレイは廃止されてしまいましたが、代替機能としてフローティングバーが新たに追加されました。よく使うアプリやショートカット、連絡先を登録しておくと便利です。

こだわりが詰まったサウンド

32bit Hi-Fi Quad DACを搭載
32bit Hi-Fi Quad DACを搭載

高性能なQuad DACにより、ノイズや歪みを低減します。さらに、ハイレゾ音源の解像感や迫力を本体だけで楽しむことができます。そこそこ良いオーディオプレイヤーに匹敵するレベルなので、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)としても活躍してくれるでしょう。

サウンド設定画面
サウンド設定画面

3種類のデジタルフィルターと4種類のサウンドプリセットが用意されており、オーディオブランド「B&O PLAY」のエンジニアとサウンドマイスターが音質をチューニングしています。

充実のカメラ機能

多彩な撮影モード
多彩な撮影モード

手軽なオートモードやこだわった1枚を残せるマニュアルモードなど15種類の撮影モードが用意されています。広角レンズの写真に標準レンズの写真を重ねるダブルレンズカメラを活用したポップアウトモードのような面白いモードもあります。ここでは、その中から3つご紹介します。

Graphyでマニュアル撮影をはじめてみようGraphyでマニュアル撮影をはじめてみよう
Graphyでマニュアル撮影をはじめてみよう

Graphyは選択した写真のメタデータをマニュアルモードの設定に適用できます。マニュアルモードは自由度が高い代わりに少し知識が必要です。Graphyを使えばサンプルのメタデータで撮影したり、それを基に自分で設定を変更できるので、初心者の方でもマニュアル撮影を楽しめると思います。

4枚の写真をまとめるグリットショット
4枚の写真をまとめるグリットショット

正方形の写真を4枚撮影し、1枚の写真にして保存するモードです。撮影画面とプレビュー画面がぴったり収まるのは、18:9のアスペクト比だからこそ。

Point Zoomで好きなところをズームアップ
Point Zoomで好きなところをズームアップ

Point Zoomはタップして選択したところを起点にズームできるのが特徴です。通常は中央が起点になるので、被写体が中央に無い場合はフレームアウトしてしまいますが、Point Zoomなら確実に狙ったところとズームできるというわけです。

背面電源ボタンの使い勝手は?

電源ボタンが背面に搭載されている
電源ボタンが背面に搭載されている

ほとんどのスマートフォンでは側面にある電源ボタンが背面にあります。手に持つと押しやすい位置ですが、机に置いたり背面を塞ぐ車載ホルダーに装着したときは押せません。電源ボタンは指紋センサーの機能も兼ね備えているので、使い勝手は気になるポイントだと思います。

他の認証方法を併用
他の認証方法を併用

ダブルタップで画面をON/OFFできるノックオン機能があります。この機能と顔認証を組み合わせれば電源ボタンを押さなくても生体認証で解除できます。また、音声認証を使えば音声コマンドでスリープから復帰してロックを解除できます。このように他の認証方法も併用すると便利です。

作例でカメラ性能をチェック

標準レンズと広角レンズのダブルレンズカメラ
標準レンズと広角レンズのダブルレンズカメラ

スタンダードアングル(71°)の標準レンズとワイドアングル(120°)の広角レンズを搭載。他のスマートフォンがF値2.0で明るいと謳っているところを本機は標準レンズが1.6、広角レンズは1.9で上回っており、とても明るく撮れます

前モデルは広角レンズが130°だったので少し狭くなりましたが、画素数は約800万画素から約1,310万画素へと大幅アップ。画質が向上し、歪みが抑えられました。

それでは、作例でカメラの性能を見ていきましょう。写真をクリックまたはタップすると大きなサイズで表示されます。

標準レンズの作例(全てオートモード)

isai V30+ カメラ作例:パンジー
パンジー
isai V30+ カメラ作例:葉牡丹
葉牡丹
isai V30+ カメラ作例:石像
石像
isai V30+ カメラ作例:富士山
富士山
isai V30+ カメラ作例:げんこつハンバーグ
げんこつハンバーグ
isai V30+ カメラ作例:つくね
つくね

接写してもバシッとピントが合いました。どの作例もしっかり解像しています。石像と富士山は日暮れの中での撮影でしたが、明るく低ノイズで撮影できているのではないでしょうか。オートモードで十分綺麗に撮れますね

標準レンズと広角レンズの作例比較

isai V30+ カメラ作例 標準レンズ:瑞心門isai V30+ カメラ作例 広角レンズ:瑞心門
瑞心門
isai V30+ カメラ作例 標準レンズ:鳥居isai V30+ カメラ作例 広角レンズ:鳥居
鳥居

同じ位置から標準レンズ(左)と広角レンズ(右)を切り替えて撮影しました。画角の違いがおわかり頂けると思います。広角な写真にありがちな歪みは気にならず、性能も標準レンズ側とほぼ変わらない印象を受けました

食べ物モードの作例

撮影モードが豊富なのは前述した通りですが、その中でも一番使用頻度が高いであろう食べ物モードの作例です。

isai V30+ カメラ作例 オートモード:熟成特上牛タン塩isai V30+ カメラ作例 食べ物モード:熟成特上牛タン塩
熟成特上牛タン塩
isai V30+ カメラ作例 オートモード:和牛ハラミ刺しisai V30+ カメラ作例 食べ物モード:和牛ハラミ刺し
和牛ハラミ刺し

オートモード(左)と食べ物モード(右)を比較してみると、食べ物モードで撮影した方が暖色寄りで美味しそうに見えますよね。

WBのスライドバーで色味を自由に調整できる
WBのスライドバーで色味を自由に調整できる

食べ物に特化したモードを搭載している機種は他にもありますが、色味を調整できるのは珍しいです。色温度が低い(黄色っぽい)照明下ではホワイトバランスを下げたり、逆に色温度が高い(青っぽい)照明下ではホワイトバランスを上げてちょうどいい具合で撮影できます。

評価まとめ:オールマイティになんでもこなせるが、isaiとしては?

isaiというブランドネームは、スマートフォンの「異才」を目指すという意味が込められています。しかしながら、代を重ねるごとにオリジナリティを失い、「isai V30+ LGV35」に至ってはグローバルモデルにワンセグとフルセグ、おサイフケータイを搭載しただけに留まりました。

もはやdocomoの「V30+ L-01K」となんら変わりない仕様なのは少し残念。かつてのようなisaiの独自性はありませんが、アスペクト比18:9のディスプレイ、明暗のコントラストをしっかり表現できるHDR対応の有機ELパネル、画角が異なるダブルレンズカメラなど最近のトレンドがしっかりと盛り込まれています

デザイン・スペック・ディスプレイ・カメラ・オーディオのどれをとってもハイレベルです。何か突出した要素やチャレンジングな部分はないものの、無難にまとまっていて使いやすかったです。ハイエンドスマートフォンが欲しい方はもちろん、オーディオやカメラ機能で楽しみたい人にもおすすめです

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。