iPhoneのファミリー共有を設定して子どものアプリ課金をチェック・管理する方法

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのファミリー共有を設定して子どものアプリ課金をチェック・管理する方法

「子どもにiPhoneを安全に使わせたい」「家族でコンテンツを共有したい」そんな要望に応えてくれるのが、iOS 8から搭載された新機能「ファミリー共有」です。

最大6人までの家族のアカウント(Apple ID)を自分のアカウントに登録することで、iTunes Store、iBooks、App Storeから購入した音楽やアプリなどのコンテンツを簡単に共有できます。

また、登録した家族がコンテンツを購入する際の決済を1枚のクレジットカードに集約し、子どもがコンテンツを購入するときには、保護者の同意を求めるように設定も可能です。

今回はファミリー共有の設定方法や利用方法などを紹介していきます

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

目次

ファミリー共有とは?

ファミリー共有では、普段自分が使用しているアカウントを管理者とし、子となる複数のアカウントを登録してさまざまな共有機能が利用できます。

ファミリー共有で利用できる機能は以下となります。

・アプリや本など購入したコンテンツの共有
iCloudストレージの共有
・登録したデバイスの位置情報の共有
・スクリーンタイムでお子様の画面を見ている時間の管理
・ファミリープランでApple Musicをお得利用する

ファミリー共有を行う1番のメリットは、子どもがアプリなどを購入する際に、管理者の承認システムを導入できることではないでしょうか。

これまで子どもがiPhoneでコンテンツを購入する場合、親が自分のアカウントを登録して、その都度、端末上でパスワードを入力するなどの対策が必要でした。

しかしファミリー共有を設定することで、子どもがアプリを購入しようとすると親の端末に通知が届き、親がコンテンツを確認して承認を行えば購入が完了、というプロセスを設けられるようになりました。

アカウントのパスワード入力などはファミリー共有の初回設定以外に発生せず、個々のプライバシーは守られつつ、決済に関しては親が把握できる仕組みとなっています。

iTunes・App Storeの購入

App Store
iTunes&App Storeの購入

iTunesとApp Storeで購入したコンテンツを(曲、アルバム、映画、テレビ番組、書籍、アプリ)を共有できるようになります。

対象

・iTunes Storeで購入した音楽、映画、テレビ番組
・Apple Booksのブックストアで購入した書籍
・App Storeで購入した大半のアプリ

家族が一度購入したコンテンツであればインストール時に「家族がすでにこのアイテムを購入済です。」とポップアップが出ます。そのままインストール(無料)ができます。

ただし、アプリ内の課金情報、既に配信が終了しているコンテンツは共有はできません。また、共有ができないアプリもあるので、App Storeのアカウント情報の「ファミリー共有」を確認してください。

iCloudストレージ

iCloudストレージの共有
iCloudストレージ

iPhoneでは無料でiCloudを5GBまで利用できます。他のクラウドサービスを使っていない場合、写真や動画などがたくさんあるとすぐに容量はいっぱいになってしまいます。

iCloudのバックアップ容量を有料で追加することができます。拡張した容量をファミリー共有した家族と一緒に使うことができます

容量を追加したいけどひとりでは大きすぎたり、ちょっと高いな、とおもう金額でも複数でつかうなら割安になりますね。

位置情報

位置情報
位置情報

iPhoneの位置情報の共有をオンにすると、子どもの位置情報を把握できたり、万が一のiPhoneの紛失の際に家族のiPhoneから探すことができます

高い精度の現在地の把握ができるため、防犯などの意味でも特に小さなお子様が持つ場合は共有しておくといいですね。

スクリーンタイム

スクリーンタイム
スクリーンタイム

自分や子どもがどのくらいの時間をアプリやサイトに費やしているかを把握できます。iPhoneの使い方の判断する材料になり、必要に応じて制限をつけることができます。

「設定」>「スクリーンタイム」からiPhoneの利用時間やウェブサイトの閲覧やアプリの利用年齢など細かく制限内容を設定できます。

Apple Music

Apple Musicのファミリープラン
Apple Music

Apple Musicの「ファミリープラン」は、1人で利用すると月額980円のところ、ファミリープランは最大6名で月額1,480円で利用できます

ファミリープランだからといって、ライブラリが統一されているわけではなく、もちろんそれぞれライブラリがあり好きな曲を楽しむことができます。

ファミリー共有の設定方法

ファミリー共有は、「設定」から行います。

一番上の「自分の名前」>「ファミリー共有設定」をタップ。

iPhoneの設定のアカウント名を選択Apple IDのファミリー共有を設定を選択
「自分の名前」>「ファミリー共有設定」
ファミリー共有をはじめるファミリー共有の機能
ファミリー共有の機能

それぞれの設定は後ほど追加できるので、最初は一番上にある「iTunes&App Storeの購入」を選択して次に進みましょう。

アカウントの確認画面お支払い画面の確認画面
確認画面>「続ける」

いくつかの確認画面が出てきます。「続ける」で進めてください。

続いて共有するファミリーメンバーの招待をしていきます。

ファミリーメンバーの招待画面セキュリティコードの入力画面
ファミリーメンバーの招待

ファミリーメンバーを招待タップするとiMessageで登録の依頼に進みます。

登録されているクレジットカードのセキュリティコードを入力してiMessageで招待に進むか、他にも招待方法が選べるので、「キャンセル」からファミリー共有の設定画面に戻り選択しなおしましょう。

「ファミリーメンバーを追加」>招待方法の選択ができます。

ファミリーメンバーの追加画面追加方法の選択画面
追加方法の選択

・iMessageの場合

先ほどと同様に確認画面は表示されるので、入力するとiMessageの送信画面に移動するので、共有したい相手に送信しましょう。

iMessage送信画面

・直接会って登録を依頼の場合

ファミリー共有に追加するメンバーのApple IDとパスワードを入力しましょう。アカウントとパスワードを入力すると、追加したいメンバーのiPhoneにサインイン許可の通知が届くので、案内に沿って許可してください。

追加するメンバーのApple IDとパスワード追加画面
追加するメンバーのApple IDとパスワードを入力

・お子様用のアカウントを作成の場合

子ども用のApple IDを発行したい人はこちらから発行手続きを行いましょう。

子ども用のApple IDを発行画面
子ども用のApple IDを発行しよう!

【親御さん安心!】アプリ購入の承認

ファミリー共有に登録した家族がアプリなどのコンテンツを購入する場合、管理者の承認が必要となります。リクエストされたアプリの内容も合わせてチェックできるので、子どもにも安心してアプリに触れさせることができます。

ここではアプリ購入時の手順を説明します。

家族の端末でアプリを購入

コンテンツ購入時のキャプチャ
14.コンテンツ購入時
承認リクエストのキャプチャ
15.リクエスト送信画面

ファミリー共有に登録した家族がアプリを購入しようとすると、App Storeの購入画面で「承認をリクエスト」アラートが表示されます。また初回購入時には、管理者のクレジットカードのセキュリティコードが求められます。

管理者に通知が届く

リクエスト通知のキャプチャ
16.管理者にリクエストが届く
購入承認のキャプチャ
17.管理者側の購入画面

家族から購入のリクエストが管理者に届きます。

承認画面を開くとリクエストされたアプリが確認できるので、許可する場合は右上の「購入する」を、却下する場合は左上の「拒否する」をタップします。

購入したアプリは管理者も利用可能

購入済みコンテンツの確認画面
18.購入済みコンテンツの確認画面
購入済みのアプリをインストールする
19.アプリをインストール

家族が購入したアプリは、管理者も利用することができます。App Storeを開き、「アップデート」タブの「購入済み」をタップ。家族が一覧表示され、それぞれに購入したアプリが確認でき、そのままインストールを行えます。
家族が購入した音楽や電子書籍も同じく共有が行えますが、管理者が購入したコンテンツを家族が共有することはできないので注意しましょう。

まとめ

家族でiPhoneを利用する際の新しい形を提案するiOS 8の新機能「ファミリー共有」。
Appleの規約上、13歳未満の子どもは通常Apple IDに登録できませんが、保護者の端末経由でなら年齢の制限を受けずにアカウントが作成できるようになりました。

これまで課金の懸念から子どものiPhone利用をためらっていたご両親も、これを機に、機種変して自宅に眠っているお古のiPhoneを子どもに持たせてみてはいかがでしょうか。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

小枝祐基

小枝祐基

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!