iPhoneのファミリー共有を設定して子どものアプリ課金をチェック・管理する方法

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのファミリー共有を設定して子どものアプリ課金をチェック・管理する方法

子どもにiPhoneを安全に使わせたい、家族でコンテンツを共有したい…そんな要望に応えてくれるのが、iOS 8から搭載された新機能「ファミリー共有」です。
最大6人までの家族のアカウント(Apple ID)を自分のアカウントに登録することで、iTunes Store、iBooks、App Storeから購入した音楽やアプリなどのコンテンツを簡単に共有することができます。
また、登録した家族がコンテンツを購入する際の決済を1枚のクレジットカードに集約し、子どもがコンテンツを購入するときには、保護者の同意を求めるように設定を行うことも可能です。

目次

ファミリー共有でできること

ファミリー共有では、普段自分が使用しているアカウントを管理者とし、子となる複数のアカウントを登録してさまざまな共有機能が利用できます。
ファミリー共有で利用できる機能は以下となります。

  • ・アプリや本、音楽などのコンテンツを家族と共有
  • ・家族によるコンテンツの購入を管理者が制限
  • 家族専用のアルバムで写真の共有
  • ・カレンダーでのイベント共有
  • ・登録したデバイスの現在の位置を確認

注目は、子どもがアプリなどを購入する際に、管理者の承認システムを導入できる点です。
これまで子どもがiPhoneでコンテンツを購入する場合、親が自分のアカウントを登録して、その都度、端末上でパスワードを入力するなどの対策が必要でした。

しかしファミリー共有を設定することで、子どもがアプリを購入しようとすると親の端末に通知が届き、親がコンテンツを確認して承認を行えば購入が完了、というプロセスを設けられるようになりました。
アカウントのパスワード入力などは初回設定以外に発生せず、個々のプライバシーは守られつつ、決済に関しては親が把握できる仕組みとなっています。

今回はファミリー共有の設定と、コンテンツ購入時の承認方法について解説していきます。なお、ファミリー共有はOS X Yosemiteにも対応しています。

ファミリー共有の設定方法

ファミリー共有は、iCloudの設定から行います。ここではあらかじめ家族のアカウントを作成している状態で、管理者のアカウントでファミリー共有を設定する方法を解説します。
なお利用するOSはiOS 8以降となり、古い端末の場合にはOSのアップデートが必要です。
まずは設定アプリからiCloudにログインを行っておきましょう。

iCloudを開き、ファミリー設定の開始

設定画面でiCloudを選択
1.設定アプリでiCloudを開き、
「ファミリー共有を設定」を選択
2.「ファミリー共有を設定」を選びます

ファミリー共有の設定を進める

画面に表示される手順に沿って進んでいきます。

ファミリー共有の設定画面
3.案内にそってタップしていきます
ファミリー共有設定の確認画面
4.ファミリー共有設定についての確認画面
購入アイテム共有の確認画面
5.購入アイテム共有についての確認画面
支払い方法の確認画面
6.お支払い方法についての確認画面

位置情報の共有設定

「友達を探す」「iPhoneを探す」などのサービスを共有する場合は「位置情報を共有」にチェックを入れます。

位置情報共有の確認画面
7.位置情報の共有についての確認画面

家族のApple IDを登録する

ファミリー共有の設定が済むと、iCloudの設定画面に「家族を追加」項目が表示されるようになります。
「家族を追加」をタップして、続く画面で宛先に家族のApple IDを入力。その後、アプリの購入などに設定しているクレジットカードのセキュリティコードを入力します。
「承認と購入のリクエスト」にチェックを入れ、次に進みます。

「家族を追加」が表示
8.「家族を追加」が表示される
家族のIDを入力
9.追加する家族のID入力画面
クレジットカードのセキュリティコードを入力
10.セキュリティコード入力画面
承認と購入のリクエストを選択
11.承認と購入のリクエスト選択画面

家族の承認をもらえば登録が完了!

家族の承認画面
12.家族にパスワードを入力してもらう
ファミリー共有設定登録後の画面
13.登録後の画面

「ファミリーを追加」画面では、登録した家族の承認をもらう必要があります。すぐ近くに家族がいる場合は「パスワードを入力」をタップし、直接Apple IDのパスワードを入力してもらいましょう。
そばにいない場合は「登録案内を送信」を選べば、iCloudメール宛に登録案内を送信し、ネット経由で承認が行えます。承認後は、管理者のiCloud設定画面に家族が追加されます。

アプリ購入の承認

ファミリー共有に登録した家族がアプリなどのコンテンツを購入する場合、管理者の承認が必要となります。リクエストされたアプリの内容も合わせてチェックできるので、子どもにも安心してアプリに触れさせることができます。
ここではアプリ購入時の手順を説明します。

家族の端末でアプリを購入

コンテンツ購入時のキャプチャ
14.コンテンツ購入時
承認リクエストのキャプチャ
15.リクエスト送信画面

ファミリー共有に登録した家族がアプリを購入しようとすると、App Storeの購入画面で「承認をリクエスト」アラートが表示されます。また初回購入時には、管理者のクレジットカードのセキュリティコードが求められます。

管理者に通知が届く

リクエスト通知のキャプチャ
16.管理者にリクエストが届く
購入承認のキャプチャ
17.管理者側の購入画面

家族から購入のリクエストが管理者に届きます。
承認画面を開くとリクエストされたアプリが確認できるので、許可する場合は右上の「購入する」を、却下する場合は左上の「拒否する」をタップします。

購入したアプリは管理者も利用可能

購入済みコンテンツの確認画面
18.購入済みコンテンツの確認画面
購入済みのアプリをインストールする
19.アプリをインストール

家族が購入したアプリは、管理者も利用することができます。App Storeを開き、「アップデート」タブの「購入済み」をタップ。家族が一覧表示され、それぞれに購入したアプリが確認でき、そのままインストールを行えます。
家族が購入した音楽や電子書籍も同じく共有が行えますが、管理者が購入したコンテンツを家族が共有することはできないので注意しましょう。

まとめ

家族でiPhoneを利用する際の新しい形を提案するiOS 8の新機能「ファミリー共有」。
Appleの規約上、13歳未満の子どもは通常Apple IDに登録できませんが、保護者の端末経由でなら年齢の制限を受けずにアカウントが作成できるようになったのもポイントですね。
これまで課金の懸念から子どものiPhone利用をためらっていたご両親も、これを機に、機種変して自宅に眠っているお古のiPhoneを子どもに持たせてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!