WiMAX 2+ルーター「WX03」がネットに繋がらない場合の原因と対処方法

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAX 2+ルーター「WX03」がネットに繋がらない場合の原因と対処方法

WiMAX 2+対応のモバイルルーター「WX03」を使い、スマホやパソコンをインターネットに繋げようと思ったのに繋がらない……。なんで???

高速通信に対応し、長時間利用できるバッテリーも備えているWX03も、通信に使えなければ意味がありません。トラブルが起きた際に自分で解決できると、より安心して持ち歩き、使うことができますよね。

そこでこの記事ではWX03を使ってインターネットに接続できない場合に確認したいポイントと対処方法を紹介します。急な場面にも慌てず対応できるよう、ぜひ内容に目を通し、頭に入れておきましょう。

目次:

おさらい:WiMAXとWX03について

この後の説明が理解しやすいよう、はじめにWiMAXとWX03について、簡単におさらいしておきます。

WiMAXとは

WiMAX(ワイマックス)は「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、3GやLTEと同じ、無線通信技術の一規格です。

日本国内でWiMAXを提供する大元はUQコミュニケーションズ(ユーキューコミュニケーションズ)株式会社。2017年12月現在ではWiMAXをより高速化したサービスとして「WiMAX 2+(ワイマックス・ツープラス)」といったサービス名称が主に使われています。

WiMAX 2+で使用する電波の周波数は2.5GHz帯。2017年12月時点においてスマートフォンで使われる主要な周波数は700MHz~2.1GHz帯なので、スマホよりも少し高い周波数を使っていることがわかります。

後ほどまた話に出てきますが、電波には周波数が低いほど障害物を回り込みやすく、周波数が高いほど障害物に遮られやすい特性があります。つまりスマホの電波に比べると、WiMAX 2+の電波は障害物に弱いとも言い換えられます。

WX03とは

「WX03」はNECプラットフォームズ製のWiMAX 2+対応モバイルルーターです。

WiMAX 2+以外での通信には対応しませんが、キャリアアグリゲーションや4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)などの高速化技術を駆使して下り最大440Mbpsで通信できます。

また搭載するバッテリー容量が大きく、省エネ運転も得意なので、WiMAX 2+が利用できるエリアでの長時間利用にぴったりの製品です。

WX03がネットに繋がらない原因と対処方法

ではここから本題に。

WX03がインターネットに繋がらない場合、主に原因として考えられることは以下のとおりです。

・WiMAX 2+のサービスエリア外(圏外)にいる
・WiMAX 2+の電波が繋がりにくい環境にいる
・機器(WX03)に不具合が起きている
・ネットワークに不具合が起きている

箇条書きで4つ挙げましたが、内容としては「使っている場所の問題」「機器の問題」「ネットワークの問題」の3つに分類できます。

使っている場所の問題

WiMAX 2+は無線を使う通信サービスであり、サービスが提供されるエリアの外、いわゆる“圏外”では利用できません。スマホと一緒ですね。

WiMAX 2+も“圏外”では使えない
WiMAX 2+も“圏外”では使えない

また冒頭でおさらいした「WiMAX 2+で使われる電波は周波数が高い」「電波は周波数が高いほど障害物に遮られやすい」という内容は覚えていますか?

スマホと同じ感覚で通信できるWX03。しかし通信に使う電波(周波数帯)の特性により、スマホや携帯電話と比べると、サービスエリア内であってもインターネットに繋がりにくいケースがあります。

例を挙げると窓から離れた位置にある部屋内、屋外まで距離のある地下、高層ビルに囲まれた場所、高層ビルの上層階など。窓や壁、建物自体が障害物となり、電波を遮断してしまう可能性があるということです。

WiMAX 2+対応モバイルルーターには、WiMAX 2+が圏外あるいはつながりにくい場合に対処できる通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」に対応する機種も存在します。しかし残念ながらWX03はこのハイスピードプラスエリアモードには非対応です。

たまたま訪れた外出先でWX03が圏外や電波状況を理由としてネットに接続ができない。こんな場合はWX03の設定でどうこうするより、他の通信手段を探すほうが早く済むことでしょう。

気をつけたいのは「よく使う場所で繋がらない」という最悪の状況だけは防ぐこと。

UQコミュニケーションズでは約2週間、WiMAX機器を無料でレンタルして試せるサービス「Try WiMAX」を提供しています。「使う想定の場所で」「問題なく使えるか」を契約前に確認する際はエリアマップだけを見てOKとするのでなく、Try WiMAXも活用して実際に問題ないかを確認することがオススメです。

機器の問題

通信機器側、つまり“ルーター本体(WX03)”に不具合が起きて通信ができなくなることも。きっかけは「通信中のちょっとしたエラー」「WX03を落としてしまった」など幅広く考えられます。

アンテナピクト(アンテナのイラスト)を見てサービスエリア内である(電波は受信できている)ことが確認できたら、まずはWX03を再起動してみましょう

電源ボタンからの操作でWX03を再起動
電源ボタンからの操作でWX03を再起動

再起動をおこなうとWX03の起動状態がリセットされます。ちょっとした通信エラーを理由と発生した不具合であれば、すぐ解消できることも珍しくありません。

再起動だけで問題が解決しない場合は、SIMカードを一度取り外し、入れ直してみることも有効です。

電源を切り、SIMカードも取り付けなおしてみよう
電源を切り、SIMカードも取り付けなおしてみよう

再起動やSIMカードの入れ直しでも解決しない場合の“最終手段”として、WX03を初期化する方法もあります。WX03のメイン画面から【設定】→【メンテナンス】→【初期化】と選べばWX03を出荷時点の初期状態にリセットできます。

初期化はWX03上での操作でおこなえる
初期化はWX03上での操作でおこなえる

なお初期化をすれば当然、再度の初期設定が必要です。初期状態から元の設定状態に戻すまでの手間が発生してしまいますね。

ここでは「機器の問題」を解決する方法として先に紹介しましたが、初期化はあくまで“最終手段”と心得ましょう。初期化を試す前にまず、このあとに紹介する「ネットワークの問題」への対処方法から試してみてください。

ネットワークの問題

使っている場所、機器以外にもうひとつ考えられる原因が「ネットワークの問題」。WX03が正常でもネットワーク上で問題(障害)が発生していれば、通信にも影響が及びます。

WiMAX 2+のネットワーク上で発生している障害情報は、本家(MNO)UQ WiMAXの公式サイトで確認できます。

障害情報|【公式】UQコミュニケーションズ

障害情報は状況が確認され次第、都度更新されていきます。ルーター側で問題を特定できない場合には障害情報も確認してみましょう。

なおUQ WiMAXの管理下で発生した障害は、基本的にUQ WiMAXのネットワークを借りて事業を営む他事業者(MVNO)にもそのまま影響を及ぼします。UQ WiMAX以外と契約している場合も、まずはUQ WiMAXが案内する障害情報を確認するのがよいでしょう。

またUQ WiMAXでは障害が起きていなくても、その設備を借りるMVNO側でのみ障害が発生することも。

MVNOの管理下で発生した障害はUQ WiMAXでは把握していません。UQ WiMAX以外で契約したWiMAXを使っている場合には、UQ WiMAXの障害情報とあわせて、自身が契約しているWiMAX事業者が案内する障害情報も確認しましょう。

障害情報の案内ページは「事業者名 障害情報」などの検索ワードで見つけられます。たとえばBroad WiMAXの障害情報を見たい場合は「Broad WiMAX 障害情報」といった感じですね。

どうしても解決しない場合は問い合わせ

「使っている場所の問題」「機器の問題」「ネットワークの問題」の3つについて、できる範囲で対処してみたが問題が解決しない。ここまできたら契約しているWiMAX事業者の問い合わせ窓口(サポートセンター)に相談します。

問い合わせ方法は各WiMAX事業者の公式サイト内に設置された「問い合わせ」などのページから確認できます。

問い合わせの際に注意したいことは「自身が契約しているWiMAX事業者の問い合わせ窓口に連絡する」ということ。

同じWiMAX 2+だからと他のWiMAX事業者に連絡しても、契約者情報を持っておらず、詳しい原因なども調べてもらうことができません。

問い合わせ時には事前に自身で確認したこと、対処として試したことも伝えると、よりスムーズな対応が期待できます。

まとめ:つながらないときは1つずつ確かめ原因の特定を

WX03でインターネットにつながらないときに確認したいポイントと対処方法を紹介しました。確認したいポイントと対処方法を、オススメの手順に並べて整理しておきます。

1. アンテナピクトが立っているか、圏外でないかを確認する
2. ルーターの再起動やSIMカードの付け直しを試す
3. 事業者から障害情報が出ていないか確認する
4. ルーターの初期化を試す
5. サポートセンサーに問い合わせる

急な場面でも慌てず対応できるよう、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてください。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。