BIGLOBEモバイルの通信速度はタイプA・タイプD共に快適に使えるのか!?徹底検証してみた

書いた人: Jetstream

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
 BIGLOBEモバイルの通信速度はタイプA・タイプD共に快適に使えるのか!?徹底検証してみた

インターネットサービスの老舗「ビッグローブ」。そんなビッグローブも2012年より、「BIGLOBE SIM」という名称で格安SIMサービスの提供を開始しています。

BIGLOBE SIMは当初、ドコモ回線を使用する「タイプD」しか展開されていなかったのですが、2017年10月10日よりau回線を使用する「タイプA」の提供も開始され、それと合わせて名前も「BIGLOBEモバイル」に変更されました。

今回は新しくなりタイプも増えたBIGLOBEモバイルのタイプAとタイプDの実際の通信速度を、東京と沖縄に分かれて測定してみたので、その結果をお送りいたします。

目次

BIGLOBEモバイルについて

昨今、数ある格安SIMの中でもBIGLOBEモバイルは多彩でユニークなプランを用意しています。

BIGLOBEモバイルの主な特徴

冒頭でもご紹介させていただいた通り、au回線と使用するタイプAとドコモ回線を使用するタイプDの2つのタイプがラインアップされているマルチキャリアサービスです。

さらにBIGLOBEモバイルは特定のエンターテイメントアプリのデータ通信料がカウントされない有料のカウントフリーオプション「エンタメフリー・オプション」や、契約している回線を主回線として、同じ電話番号の副回線を最大4枚まで追加契約できるオプション「シェアSIM」が用意されている点も特徴となっています。

BIGLOBEモバイルの主な特徴
BIGLOBEモバイルの主な特徴

■BIGLOBEモバイルの特徴

●マルチキャリアサービス:au回線の「タイプA」とドコモ回線の「タイプD」から選択可能

●エンタメフリー・オプション:YouTube・Google Play Music・Apple Music・AbemaTV・Spotify・AWA・radiko.jp・Amazon Music・U-NEXT・YouTube Kidsののエンターテイメントアプリのデータ通信量がカウントフリーとなるオプションサービス

●シェアSIM(有料):最大4枚までSIMを追加できるオプションサービス

エンタメフリー・オプションとシェアSIMは、最低限の月額利用料金で、データ通信を最大限活用してエンターテイメントアプリや、データ通信を利用する各サービスを楽しむことができるオプションサービスとなっています。

特にシェアSIMはmineoのシェアオプションと同じように、au回線のタイプAとドコモ回線のタイプDを跨ぐ契約が可能。また主回線が音声SIMの場合にシェアSIMの副回線をデータ通信SIMで追加契約することも可能で、副回線の月額運用料金も200円~とかなりお得なサービスとなっています。

※主回線がデータ通信SIMの場合は、音声通話SIMの副回線を追加契約することはできません

通話定額オプション

音声SIMの場合は通話定額オプションも用意されています。通話定額オプションは3分以内の国内通話料金が回数無制限で無料となる「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」と、月60分(1,200円分)までの国内通話が定額で利用できる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」です。どちらも月額料金650円の通話オプションとなっています。

通話定額オプション
BIGLOBEでんわ 3分かけ放題 3分以内の国内通話が回数無制限で通話料無料
BIGLOBEでんわ 通話パック60 最大60分(1,200円分)の通話が利用可能

その他のオプション

このほかにも留守番電話のメッセージをテキストで読むことができる「スマート電話」や、6GB以上のデータ通信プラン契約で全国83,000カ所のWi-Fiスポットが利用できる「BIGLOBE Wi-FI」の1ライセンス無料サービス、迷惑電話や迷惑メール、ウィルスなどを防ぐことができるセキュリティオプション、データバックアップや困ったときの訪問サポートなどのサポートオプションなどがあります。

かなり多彩なバリエーションのオプションサービスが用意されている点もBIGLOBEモバイルの特徴となっています。

BIGLOBEモバイルの通信速度の口コミをチェック

マルチキャリアや多彩なオプションが特徴のBIGLOBEモバイルですが、やはり本来のデータ通信速度が十分でないと意味はないですよね。データ通信の検証結果をお送りする前に、実際にBIGLOBEモバイルを利用している一般ユーザーはどう思っているのか、SNSの口コミを調べてみました。

ユーザーの評価は?
ユーザーの評価は?

高評価

一番データ通信が込み合うお昼 12 時台で上りと下り共に10Mbps以上が出た模様です。この速度であればストレスなく動画視聴も十分可能でしょうね。

お昼の次に混み合うと言っても過言ではないのが夕方の時間帯。速度結果は公開されていませんが、やはり体感として満足できるというのは大事ですよね。

こちらのユーザーはタイプAとタイプDのどちらも持っているようですね。昼の14時頃の測定で10Mbpsは切っているものの、通常利用ではまず問題ない速度と言えるでしょう。

低評価

時間帯やタイミングによってはたまに遅くなってしまうこともあるようです。

他のSNS上のBIGLOBEモバイルの口コミを筆者がざっと見てみた感想としては、極端に速度が速くなったという報告が少ない一方で、極端に遅いという報告もかなり少ないということです。つまり実用的な速度でそれなりに安定して利用することができているという結果と言えるかと思います。

BIGLOBEモバイルはYouTubeなどのエンターテイメントアプリが使い放題のエンタメフリー・オプションが売りですが、いくら使い放題でも、通信速度が遅くて使い物にならなければ何の意味もないですからね。

口コミを見た上ではそういったことを懸念するような口コミはほとんど見受けられませんでした。

実際のBIGLOBEモバイルの通信速度を検証

それでは今回の記事ののメインとなる、実際にBIGLOBEモバイル通信速度を検証してみました。今回は東京にてタイプAとタイプD共に、沖縄にてタイプAのみ、2ヶ所で検証を行っています。検証回数は各3回ずつで、平均値を載せています。

また沖縄はSIMの準備が間に合わなかったためタイプAのみの速度検証となったのですが、その比較用としてmineoのau回線を利用するAプランのSIMを用意しました。

BIGLOBEモバイルの速度を検証
BIGLOBEモバイルの速度を検証

まず検証に利用した機種や場所情報は以下の通りです。

東京測定 沖縄測定
測定タイプ タイプA・タイプD タイプA・mineo Aプラン
測定場所 東京都品川区五反田 沖縄県国頭郡金武町屋嘉
測定時間 10:00・13:00・17:00
測定アプリ Ookla Speedtest.net
試用端末 ASUS ZenFone 3 Lazer ASUS ZenFone Live

そして検証結果は以下の通りです。速度の単位はMbpsとなります。

●東京検証

BIGLOBEモバイル タイプD BIGLOBEモバイル タイプA
下り 上り 下り 上り
19.88 14.57 23.34 3.51
5.46 10.07 10.3 2.5
5.59 9.35 15.37 2.2

●沖縄検証

BIGLOBEモバイル タイプA mineo Aプラン
下り 上り 下り 上り
10.86 3.26 10.34 2.93
0.97 4.89 0.87 9.56
3.25 6.57 17.25 9.84

今回BIGLOBEモバイルの通信速度検証を行ってみて、各数値からいろいろなことを読み取ることができました。特に、本当にBIGLOBEモバイルが実用的なのか、という部分では一定の結論が出たかと思います。

東京検証結果の感想

東京

BIGLOBEモバイルの通信速度検証の結果を見ると、東京では混み合って遅くなる時間帯でも下り5Mbps以上は出ていたので、爆速とは言えないものの、SNS回覧やメール・メッセンジャーの利用はもちろん、ブラウジングや動画再生もそれなりにストレスなく利用することが可能となるかと思いました。

また目立つのは、東京検証でのタイプAとタイプDの上り速度の違いです。タイプDは常々10Mbps前後で時には15Mbpsを超えることもあるものの、タイプAは3Mbps前後とかなり差が出ました。

下り速度ではタイプAでもタイプDでもそこまで大きな違いはありませんが、写真や動画のアップロード作業のようなことを行う場合は、その速度の差が特に出ると思います。

沖縄検証結果の感想

沖縄

一方沖縄では、朝こそ10Mbps以上を出したものの、回線が混み合うお昼は1Mbps程度まで落ちました。流石にここまで低速となると、SNS回覧やメッセンジャーでのやりとりはできるもも、ブラウジングや動画再生はかなりストレスを感じるかと思います。また音楽ストリーミング再生でも途切れることがあるかもしれません。

とはいえ同じくmineoのAプランでも同じ状況となったため、これは致し方ないことなのかもしれないですね。

ただ沖縄の通信速度検証で一番目につくのは、夕方の時間帯です。ここではBIGLOBEモバイルが3Mbps程度となる一方で、mineoでは朝よりも早い17Mbps前後の高速通信となりました。かなりの違いです。

ここまで差が出る詳しい原因はわかりませんが、例えば学校や会社が終わる帰宅の時間帯に、エンタメフリー・オプションをフル活用してYouTubeなどのエンターテイメントアプリを利用するユーザーが増えるためにこのような結果となったのかもしれませんね。それでも3Mbps以上は出ているので、速くはないものの、ある程度はストレスなく利用できるとは思います。

通信速度は今後の設備の拡大などで変化してくるとは思われますが、今のところこの部分のみ要注意ですね。格安SIMの通信速度は設備が増強されたり契約者が増えることによって前後するので、今後も定期的に通信速度のチェックをするといいでしょう。

モバレコでは、格安SIMの通信速度の検証を行っています。こちらもチェックしてみてください。

まとめ

シェアSIM

今回のBIGLOBEモバイルこ検証結果では、タイプAとタイプD共に特定の時間帯や場所によって通信速度が大きく変化することはあるものの、混み合わない時間ではそれなりの速度でストレスなく運用できるということが実証されたといえます。

特にBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションに魅力を感じているものの、なかなか契約まで踏み出せないような方には、参考になったのではないでしょうか。

ちなみにau回線を利用する格安SIMの中でカウントフリーオプションが用意されているのは今のところBIGLOBEモバイルのみで、またGoogle Play MusicやApple Musicなどをカウントフリーで利用できるのも今のところBIGLOBEモバイルだけです。

エンタメフリー・オプションは有料のオプションサービスとはなりますが、エンターテインメントアプリが使い放題というのはかなり魅力ですよね。その基盤となる回線自体もそれなりに実用的な通信速度となることがわかったかと思うので、ある程度は安心して始めることができるかと思います。

もちろん低額なシェアSIMによる複数台運用や、タイプA・タイプDを跨ぐ副回線契約もBIGLOBEモバイルの魅力です。

格安SIMで迷われている方で、日頃YouTubeやAbemaTVなどの動画視聴などよく行われる方、複数台の端末をできるだけ安く運用されたい方は、BIGLOBEモバイルを始めてみてはいかがでしょうか。

BIGLOBEモバイルのプランはこちら

●データ通信専用(タイプDのみ/インターネットやメールやLINEなどのデータ通信のみ)

プラン名 容量 月額料金
3ギガプラン 3GB 900円
6ギガプラン 6GB 1,450円
12ギガプラン 12GB 2,700円
20ギガプラン 20GB 4,500円
30ギガプラン 30GB 6,750円

●データ通信+SMS付き(データ通信専用にSMS機能がついたプラン。認証などに必要な場合も)

プラン名 容量 月額料金
3ギガプラン 3GB 1,020円
6ギガプラン 6GB 1,570円
12ギガプラン 12GB 2,820円
20ギガプラン 20GB 4,620円
30ギガプラン 30GB 6,870円

●音声通話機能付き(データ通信と通話が出来るプラン)

プラン名 容量 月額料金
音声通話スタートプラン 1GB 1,400円
3ギガプラン 3GB 1,600円
6ギガプラン 6GB 2,150円
12ギガプラン 12GB 3,400円
20ギガプラン 20GB 5,200円
30ギガプラン 30GB 7,450円

モバレコから申し込むと更にお得な特典! 最大20,400円お得!

今「モバレコ」から申し込むと、4,000円のキャッシュバック!!!

合計でなんと、最大20,400円もお得になるキャンペーン!を実施中!

申し込むプランによって、最大の割引金額は変わりますが、是非ともチェックしてみてください。詳細は下記のバナーから公式サイトをチェック!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream