U-mobileへMNPで乗り換えるには?申し込み方法や注意事項を徹底解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
U-mobileへMNPで乗り換えるには?申し込み方法や注意事項を徹底解説

U-mobile」は、容量使い放題のプランやソフトバンクの回線に対応したりと魅力的なプランを多数展開しています。

そんなU-mobileに番号そのままで乗り換えが出来るMNP(マイナンバーポータビリティ)について今回はご紹介します。
U-mobileに興味を持っている・検討している人はぜひ参考にしてみてください。

目次:

U-mobileへのMNP

MNPで乗り換えれば番号はそのままです
MNPで乗り換えれば番号はそのままです

U-mobileは、電話番号そのままで移行出来るMNP(マイナンバーポータビリティ)に対応しています。
MNPに対応していると、携帯会社を変える時に番号そのままで移れるので、今まで使っていた番号が変わる煩わしさがありません。

長年使っていた番号をそのまま使えるので、新たな番号を覚えたり、番号変更のお知らせを知り合いに送るといった手間が無くなります。

U-mobileへのMNP:事前準備

MNPに限らず、U-mobileで電話番号つきの申し込みをする際には必ず下記4点が必要です。

  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス

具体的に詳細を確認していきましょう。

MNP予約番号を発行する

●MNP予約番号の受取窓口

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル
ウェブサービス名 iモード
(24時間)
EZweb
(9:00〜21:30)
Yahoo!ケータイ
(9:00〜21:30)
EMnet
(24時間)
携帯電話
(9:00〜21:30)
151 157 *5533 157
一般電話
(9:00〜21:30)
0120-800-000 0077-75470 0800-100-5533 0120-736-157

ドコモやau、ソフトバンク(ワイモバイル)で使っている番号を引き継ぐためには、手続きに必要な専用の予約番号を発行する必要があります。

予約番号の有効期間は発行日を含む15日間で、U-mobileの契約をする際に4日間有効期間が残っている必要があります。さらにU-mobile MAX25GB、U-mobile SUPER、U-mobile PREMIUMのプランだと10日以上となっています。

大手携帯会社だと解約する際に必ずショップへ行く必要がありますが、MNPの場合はウェブ上サポートセンターから予約番号を発行できます。

予約番号はキャリアの場合、問い合わせればスグに発行できるので、U-mobileの手続きの直前に発行しても間に合います。

キャリアからではなく、格安SIMからU-mobileに移行する際は要注意です。格安SIMの予約番号発行は3日~4日かかるものが多く、土日祝日は処理されない場合があるので、必ず、余裕を持って予約番号を発行するようにしましょう。

クレジットカード

U-mobileでは毎月の支払いがクレジットカードのみの対応となっています。登録をする段階で支払先の設定としてクレジットカードが必要となります。

本人確認書類

U-mobileを契約する際に必要となる本人確認書類です。
1~10のいずれか1点用意を用意しましょう。

本人確認書類

1. 運転免許証
2. 日本国パスポート方
3. 身体障害者手帳
4. 精神障害者保険福祉手帳
5. 在留カード
6. 特別永住者証明書
7. 外国人登録証明書
8. 住民基本台帳カード
9. 被保険者証 国民健康保険
10. 健康保険証

日本国パスポート、被保険者証 国民健康保険、健康保険証については補助書類となる住民票公共料金領収書も必要となります。

マイナンバーカード(個人番号カード)に関しては利用できないので注意が必要です。

パソコンから登録する場合は5MB以下の画像ファイルとしてアップロードする必要があるので、事前にデスクトップなどに準備しておきましょう。

メールアドレス

U-mobileの契約の際に、U-mobileの会員「U-mobile ID」を登録する必要があります。
また、申込登録の最終段階で届くURL付きの確認メールのためにもメールアドレスが必要となります。

登録するメールアドレスが間違っていると登録が進められなくなります。
U-mobileからのメールが届くように迷惑メール設定をしている方は事前に解除しておきましょう。

U-mobileへのMNP:申し込み

それでは具体的にMNPでU-mobileへ申し込む手順を見ていきましょう。

届出方式と自動方式

届出方式だと不通期間の心配がありません
届出方式だと不通期間の心配がありません

U-mobileでMNP申込をする方法として、「届出方式」と「自動方式」があります。
「届出方式」は自分で開通手続きをする方式、「自動方式」はU-mobileに開通手続きをしてもらう方式となります。

手間が少ない「自動方式」のほうが便利に見えますが、「届出方式」にはそれを上回るメリットがあります。

届出方式にするメリット

「届出方式」だと自分で開通依頼をする必要があるため、手間は少し増えますが、その分「電話ができなくなる時間」が最小限で済みます。

番号を複数持っていて電話ができなくなっても困らない、そもそも滅多に電話をしないという方なら「自動方式」でいいかもしれませんが、電話が使えなくなると困る方は必ず「届出方式」を選ぶようにしましょう。

申し込みの手順

契約するプランにより、申し込みをするページの表示は異なります。大まかな流れは同じなので、今回は「U-mobile LTE使い放題」の契約ページでご案内します。

規約の確認
規約の確認

U-mobileの規約を確認してから「以下に同意し……」にチェックを入れて「次へ」を押します。

MNP利用の選択
MNP利用の選択

MNPについての情報と、転入方式の選択をします。
電話ができなくなる「不通期間」をなくしたい方は必ず下の「届出方式」を選択しましょう。

SIMカードの種別選択とスマートフォン同時購入
SIMカードの種別選択とスマートフォン同時購入

SIMカードのサイズと、スマートフォンを同時購入するかを選択します。

プランの選択
プランの選択

プラン選択をプルダウンから選択します。

オプションの選択
オプションの選択

オプションの選択をしましよう。よく電話を使う方は「でんわパック 60」に加入しといていいかもしれません。

お客様情報入力画面
お客様情報入力画面

お客様情報として名前、住所、番号、性別、生年月日、メールアドレス、任意の暗証番号を入力します。マイページのログイン時に必要となるので、暗証番号は必ず覚えておくかメモを取っておきましょう。

クレジットカード入力画面
クレジットカード入力画面

クレジットカードの情報を入力します。「その他情報」については無視して大丈夫です。

入力内容の確認画面
入力内容の確認画面

内容確認の画面になるので、しっかりと確認をしてから「入力内容の送信をする」をクリックします。

確認メール
確認メール

確認用のメールが届くので、メール内のURLをクリックしましょう。

確認書類のアップロード
確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロードをします。
スマホから進めている場合は撮影が出来ますが、パソコンで進めている場合は画像を選択するのみとなります。

手続き完了画面
手続き完了画面

申込手続きは以上です。
後はSIMカードが送られてくるのを待つばかりとなります。

U-mobileへのMNP:申し込み後の流れ

自宅までSIMカードが届いたら早速利用できるのですが、届出方式と自動方式の利用開始までに違いがあります。

届出方式の申し込み後~利用開始まで

届いたSIMの情報を入れる
届いたSIMの情報を入れる

届出方式の申込後は、SIMカードが届いてから開通依頼をする必要があります。

届いたSIMカードの「SIM電話番号」と「SIM製造番号」、そして申込時に設定した暗証番号を入力して「お申込み内容確認画面へ」をクリックして画面の指示に従ってください。開通されたらメールが届きますが、込み入っている時だと最大1時間くらいかかることもあります。

最後にAPNの設定(初期設定)をします。
設定方法は各プランにより異なる場合があります。

自動方式の申し込み後~利用開始まで

申込時に「自動方式」を選択していると、届いたSIMカードを端末に入れれば、すぐに使えます。「自動方式」だと申込からSIMカード到着まで電話が一切できなくなってしまうのでご注意ください。

自動方式のAPNの設定も各プランにより異なります。

初期設定(APN)について|U-mobile(ユーモバイル)

U-mobileへのMNP:注意事項

様々な契約プランを揃えているU-mobileですが、豊富なラインアップを実現させるために多数の会社から回線を借りています。届出方式と自動方式が選べるとは言え、どちらか片方しか選べないプランもあります。

●届出方式のみに対応しているプラン

・U-mobile MAX
・U-mobile PREMIUM

●自動方式のみに対応しているプラン

・U-mobile SUPER

「届出方式」の場合、MNP予約番号自体を間違えるのはもちろんですが、日付を間違えても開通できない点は注意が必要です。その際、登録事務手数料として3,000円かかってしまいます。

また、SIMカードが届いてから放置していると、申告したMNP予約番号取得日付から起算して14日後に開通されます。

キャンセルした後、翌月15日までにSIMカードの返却をしないと2,000円のSIM損害金がかかります。登録事務手数料の3,000円も同時にかかるので、しっかりと返却しないと合計5,000円も余計にかかることになってしまいます。

【SIMカード返送先】
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-3-10 田村駒東京本社ビル 5階 U-mobile 解約受付係

まとめ

手続きはそれほど難しくありません
手続きはそれほど難しくありません

MNP(番号乗り換え)についての手順をご紹介しました。

24時間好きなタイミングでMNPの手続きを進められます。筆者の経験上、事前準備さえしておけば手続きを進めるのは簡単です

MNP予約番号の発行から届出/自動方式の選択についてはもちろん、SIMカードが届いてからもパッケージの案内に沿って進めればまず安心です。

届出/自動方式のどちらかしか選択できないプランもありますが、届出方式が選択できないプランはデータ専用のプランですし、自動方式が選択できないプランは番号つきのプランとなるので、そこまで困ることは無いはずです。

U-mobileの豊富なプランを魅力的に感じる方はMNPで乗り換えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp