ソフトバンク「DIGNOケータイ2」レビュー! LINEも使えて電池持ちも安心

書いた人: でこい

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク「DIGNOケータイ2」レビュー! LINEも使えて電池持ちも安心

ソフトバンクから2018年1月19日に発売された、京セラ製の「DIGNO(ディグノ)ケータイ2」をレビューします。

フィーチャーフォンでありながらAndroidを搭載しているのでLINEが使える本機、ユーザーは絞られるけど、ハマる人にはハマるであろうスマホと違った魅力をお伝えできればと思います。

KYOCERA
DIGNOケータイ2

端末のご購入はこちら

目次

スペック表から性能を確認

DIGNOケータイ2スペック情報
サイズ 約51×113×17.1mm(折りたたみ時)
重量 約137g
CPU クアッドコア(1.1GHz)
メモリ RAM:1GB/ROM:8GB
外部メモリ microSDHCカード(最大32GB)
電池容量 1,700mAh
ディスプレイ 約3.4インチ FVGA(854×480)
サブディスプレイ 約0.9インチ有機EL
カメラ 約800万画素
通信方式 4G LTE(FDD-LTE):900MHz/1.7GHz/2.1GHz
3G(W-CDMA):900MHz/2.1GHz
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n(2.4GHz対応)
カラー ブルー / ホワイト / ピンク / ブラック
備考 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)、ワンセグ、赤外線、Bluetooth(ver.4.1)、テザリング、FMラジオ、VoLTE、HD Voice(3G)

スマホと比べるとかなりスペックは控えめです。しかし、フィーチャーフォンなのでスペックを求めることはないので問題無いと思います。とはいえ、Wi-FiやLTEVoLTEに対応していたり、テザリングの利用も可能といった部分はポイントが高いです。

ワンセグ搭載で電池持ちもよく、フィーチャーフォンならではのメリットを感じることが出来ます。

シンプルなデザイン・外観をチェック

DIGNOケータイ2のフロント
DIGNOケータイ2のフロント
左側面に卓上ホルダ用の充電端子の片側
左側面に卓上ホルダ用の充電端子の片側
右側面にも充電端子。そしてマナー / シャッターキー
右側面にも充電端子。そしてマナー / シャッターキー
下部にはmicroUSBコネクタ
下部にはmicroUSBコネクタ
バックにはカメラ、赤外線ポート、フラッシュ、スピーカー
バックにはカメラ、赤外線ポート、フラッシュ、スピーカー
サブディスプレイには時刻情報。設定からバッテリー残量を表示させることも
サブディスプレイには時刻情報。設定からバッテリー残量を表示させることも

閉じてしまうとボタンやコネクタはマナー / シャッターキーとmicroUSBポートだけで、スマホではほぼ当たり前についているボリュームボタンやイヤホンジャックはありません。

ボリュームはメニューから変更し、microUSB-φ3.5変換アダプタをつかえば有線イヤホンが接続できます。

開くと各種キーが現れる
開くと各種キーが現れる
キーはトップに曲面がついた押しやすい形状
キーはトップに曲面がついた押しやすい形状
手に持つと非常にしっくりくるし、懐かしい
手に持つと非常にしっくりくるし、懐かしい
バックカバーにはパッキンがついている
バックカバーにはパッキンがついている
バッテリーを外すとmicroSDカードとSIMカードのスロット
バッテリーを外すとmicroSDカードとSIMカードのスロット

手に持った感じはとてもしっくり来ます。当たり前ですが片手で操作することを考えるとスマホは到底太刀打ちできないですよね。

また、キーはそれぞれが独立していて、かつそれぞれのキーのトップが盛り上がっている形状のため非常に押しやすくなっています

待ち受け画面
待ち受け画面

ウィジェットやアプリを配置することはできますが、ディスプレイサイズなどにも縛りがあるため、Androidのように自由度が高いわけではありません。

DIGNOケータイ2の本体カラーは、ホワイト / ピンク / ブルー / ブラックの4種類となっています。

ホワイト / ピンク / ブルー / ブラック
ホワイト / ピンク / ブルー / ブラック

DIGNOケータイ2の使用感

実際に「DIGNOケータイ2」を使ってみて、良かったところと特徴をピックアップして紹介します。

MIL規格準拠の耐衝撃性と防水・防塵で意外とタフネス

防水防塵、耐衝撃性
防水防塵、耐衝撃性

DIGNOケータイ2は米軍MIL規格に準拠した耐衝撃性、IPX5/IPX8相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能を備えていて、見かけによらず非常にタフネス。

毎日使うものだから、ふとした時の落下などに対する保険がきいていると安心ですね。

3つのカスタマイズキーで機能に素早くアクセス

テンキーの下のカスタマイズキー
テンキーの下のカスタマイズキー

テンキーの下にある3つのキーは、発信先や機能を最大3個まで登録可能なカスタマイズキー

待受け画面に表示されているアクション
待受け画面に表示されているアクション

待受け画面下部に表示されている3つのアクションがそれぞれ対応しています。

各キーの動作は簡単に変更できる各キーの動作は簡単に変更できる
各キーの動作は簡単に変更できる

各キーを押した時の動作は「設定→その他設定→カスタマイズキー」から変更できます。ワンタッチで機能を呼び出せるため、LINEやカレンダーなど頻繁に確認をするもの、よく使う機能を登録しておくと便利です。

VoLTE対応&聞こえ調整で通話も快適

音声通話に特化した端末とも言える
音声通話に特化した端末とも言える

DIGNOケータイ2は高音質通話VoLTEに対応しており、クリアな音声で通話が可能。また、自分が聞き取りやすい「おだやか」「くっきり」から選べる聞こえ調整を有効にすることで、さらに快適な通話をすることができます。

フィーチャーフォンを音声通話用として選択する人にとって通話品質は重要だと思うので、「通話をする」といった部分に力を入れているのは良いですね。

ガラケーだけどLINEが使える

LINEがフル機能で利用可能
LINEがフル機能で利用可能

ガラケーとは言えAndroid OSなので、Android版のLINEがフル機能で使えます。プラットフォームにAndroidを採用したからこそ実現できた部分ですね。

様々なコミュニケーションツールが存在していますが、かなりLINEの利用率が高いと思います。現代ではほぼ必須とも言えるLINEをフィーチャーフォンでも使えるというのはうれしいですね。

カメラ性能

カメラ部分
カメラ部分

カメラは800万画素と画素数自体はフラッグシップモデルのスマホよりは低く感じます。

野菜たっぷりカレー。色温度が低く写ってしまっている
野菜たっぷりカレー。色温度が低く写ってしまっている
夜の渋谷。ノイズも多く手ブレも発生してしまっている
夜の渋谷。ノイズも多く手ブレも発生してしまっている

キレイな写真が撮れると言い切ることはできないですが、明るさや被写体など、条件によってはそこそこなものが撮れるかなという気もします。

キレイに写真を撮るというよりも、記録として写真に残すといった使い方のほうがいいと思います。

DIGNOケータイ2はこんな人におすすめ

DIGNOケータイ2

スマホと比べるとかなり機能は絞られるので、かなりライトなユーザーに向けた製品だと思います。現在フィーチャーフォンを使っていたり、スマホはちょっと敷居が高いなと感じているような方にオススメです

フィーチャーフォンでありつつもWi-FiやLTEに対応していますし、LINEも使えるので、基本機能+αしか使わないなら、むしろそれ以外は削ぎ落とされていた方がシンプルで使いやすいのかもしれません。

電池持ちがスマホに比べるとバツグンに良いので、音声通話用に持つというのもありですね。大事な連絡が来た時にバッテリー切れなんてことはリスキーですし、よく電話での連絡が仕事で発生するという人にはいいかもしれません。VoLTEにも対応しているので通話品質も十分だと思いますよ。

欲を言えば、おサイフケータイに対応してくれれば更に便利かなと感じました。昔使っていた、現在使っているガラケーに搭載されていると言う場合、機種変更の際にはちょっと注意が必要になってきます。

評価まとめ

さすがガラケー、超シンプルでスマホに慣れていると逆に操作に戸惑いますが、片手での操作性や音声通話のしやすさはスマホには勝てない部分がありますね

そんなガラケースタイルでありつつも、LINEが使えたりWi-Fi、テザリングに対応などスマホと同じような機能が付いている端末です。現在使用している端末でLINEが使いたいけど使えないモデルを使用している人、スマホはちょっとハードルが高いなぁと思っている人にオススメです。

スマホにはない使い勝手や魅力に惹かれるなら、店頭で手にとってみてください。

KYOCERA
DIGNOケータイ2

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

でこい

でこい

お肉大好きモバブおじさん

プロフィール

1990年生まれ、青森出身Twitter在住のWebエンジニア。

高専卒業後、放射線業務従事者、Webライター、編集者の職を経て現在に至る。

2012年から運営しているブログ「でこにく」では、スマホやカメラ、モバイルバッテリーを中心としたガジェットのレビューや、美しい肉の写真などを発信中。

エンジニア、ブロガー以外にも、ライター、カメラマン、DJなど、活動は多岐に渡る。

得意カテゴリー

スマホ・カメラ・モバイルバッテリー

ブログ・SNS

でこにく
https://decoy284.net/
Twitter(@frozen_decoy)
https://twitter.com/frozen_decoy

メディア実績

【書籍】

  • はじめての今さら聞けないWi-Fiの使い方