b-mobile S 各SIMの特徴・料金プランを徹底比較 b-mobile(ビーモバイル)のソフトバンク回線が熱い!?

書いた人: agar

カテゴリ: まとめ, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
b-mobile(ビーモバイル)のソフトバンク回線が熱い!「b-mobile S」各SIMの特徴を徹底比較

日本初のMVNO事業者として知られる日本通信は、現在のように広く認知される以前から格安SIMを提供してきた日本のMVNO業界のパイオニア。同社が展開する格安SIM「b-mobile(ビーモバイル)」のラインナップに2017年3月から加わった「b-mobile S」は、MVNOとしては初めてソフトバンク回線を取り入れたサービスです。

「b-mobile S」には、以前より提供されているb-mobileのドコモ回線とはひと味違った魅力やメリットがあります。本記事では、b-mobile Sの各プランの特徴を比較し、それぞれが『どんなユーザーに向いているのか?』を解説していきたいと思います。

目次:

「b-mobile S」のソフトバンク回線ならではの特徴は?

b-mobile Sはソフトバンク回線のMVNO
b-mobile Sはソフトバンク回線のMVNO

b-mobile Sの各プランについて解説する前に、ソフトバンク回線を使ったMVNOならではの特徴や、メリット・デメリットについても触れておきます。

ソフトバンク回線のMVNOは少数派?

b-mobile S登場時の公式プレスリリース
b-mobile S登場時の公式プレスリリース

現在、各社から展開されている格安SIMは、ほとんどドコモ回線またはau回線を借り受けて使用しているMVNOです。b-mobile Sのようなソフトバンク回線のMVNOは、現時点ではあまり多くありません

ソフトバンクとMVNOの通信事業者の間で長期に渡って接続料などの折り合いが取れずにいたことが要因となり、ソフトバンク回線のMVNOはドコモ回線・au回線よりも後発的に登場したためです(Disney Mobile on SoftBankのような特殊なケースを除く)。

日本通信の長年の交渉がついに実り、2017年3月にb-mobile Sのサービスを開始。それを皮切りに、U-mobileやnuroモバイルといった他の事業者からもソフトバンク回線のプランが続々と登場し始めました。MVNOの事業者数・ユーザー数ともに、これから増加していく可能性を秘めたサービスといえます。

>>b-mobile公式サイトはこちら


b-mobile Sのメリット・デメリットは?

ソフトバンク回線のb-mobile Sならではのメリット・デメリットを解説していきます。

■メリット

まず、メリットの部分では以下のような点が挙げられます。

★ソフトバンク回線のメリット

・ソフトバンクのSIMロックがかかった端末を使える
ソフトバンクよりも料金が安い
現在のユーザー数が少ない分、比較的に通信速度が速い

最大のメリットといえるのが、ソフトバンクのSIMロックがかかったままの端末にそのままSIMカードを入れて使えるということ。

ドコモで使っていた端末をドコモ回線のMVNOで使う場合などにも同じことがいえますが、SIMロック解除義務化の前に発売された機種や購入から半年経っていない端末、中古購入した端末などのSIMロックを解除できない端末であっても、ソフトバンクから発売された端末であれば格安SIMで再利用できます。

料金
表中のソフトバンクの料金は、iPhone向け月額料金から音声基本料金を除いたデータ通信部分の料金

もちろんソフトバンクで使用していたときよりも月額料金を安く抑えられるので、ソフトバンクで使っている端末をそのままに格安SIMに乗り換えたい人には最適です。

もう1つの大きなメリットは、実際に使用するうえで重要な通信速度の速さ。こちらは「ソフトバンク回線だから」というよりも、後発的に登場したサービスであることが大きく関係しています。速度については、次の項目で詳しくお伝えしますので参考にしてください。

■デメリット

デメリットの部分では、以下のような点が挙げられます。

★ソフトバンク回線のデメリット

・ドコモ・au回線のMVNOと比べて月額料金が割高
・オプションやサービスの種類がまだまだ少ない
・使用端末が限定される

twitterなどのSNSでも多くの方がb-mobile Sのデメリットとして挙げていたのが、ドコモ・au回線のMVNOよりも料金が高いという部分です。
MVNO業界初のソフトバンク回線SIMとして2017年3月に登場した「b-mobile S 開幕SIM」ですが、期待値が高かったぶん、他よりも高めの価格設定が目に付いてしまったようです。

しかし、990円という安価からスタートできる従量課金制プランの「990ジャストフィットSIM」が新たに展開するなど、低価格設定のプランも導入されたことで徐々に印象も変わってきているようです。

また、他の格安SIMに比べて、まだまだオプションサービスが充実していない部分がデメリットといえます。通話5分かけ放題オプションや、留守番電話、キャッチホンといった最低限の音声オプションはあるものの、あれこれと選択できるほどのバラエティに富んだラインナップがありません。ただし、こちらは今後充実していく可能性が高いので、一時期的なものとも考えられます。

ベーシックなオプションはあるものの、もう少し充実して欲しい
ベーシックなオプションはあるものの、もう少し充実して欲しい

もう1点、b-mobileのソフトバンク系格安SIMは使用端末がiPhone・iPadに限定されてしまうので、自身で端末を用意する必要があります。ソフトバンクで契約していた端末をそのまま活用するケースであれば問題ないのですが、端末を持っていない場合はAppleストアなどでSIMフリーのiPhoneを購入するか、中古でiPhoneを購入する必要があります。

>>b-mobile公式サイトはこちら


「b-mobile S」の音声通話+データ通信対応プラン

「b-mobile S」のプランのうち、音声通話とデータ通信の両方に対応している各プランの特徴をご紹介します。

990ジャストフィットSIM

使用量に応じて料金が変わるので、自身の使い方にジャストフィット!
使用量に応じて料金が変わるので、自身の使い方にジャストフィット!

「990ジャストフィットSIM」は、1ヶ月あたりのデータ容量をあらかじめ設定する定量タイプではなく、実際に使った量に応じてその月の基本料金が変化する従量課金制のプランです。

1GB~15GBまでの通信量に応じた、基本料金は以下の通りです。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM(音声通話+SMS+データ通信)

プラン名 通信容量 月額料金

990ジャストフィットSIM
1GB 990円
2GB 1,490円 ※2
3GB 1,990円
4GB 2,490円
5GB 2,990円
6GB 3,490円
7GB 3,990円
8GB 4,490円
9GB 4,990円
10GB 5,490円 ※3
11GB 5,840円
12GB 6,190円
13GB 6,540円
14GB 6,890円
15GB 7,240円

(※1)最低料金からスタートし、実際に使った容量に応じて自動的に課金されるプランです。
(※2)2~10GBまでは、1GB毎に500円ずつ加算。
(※3)11~15GBまでは、1GB毎に350円ずつ加算。

月間の通信量が1GB以内だった場合は990円/月、10GBまでは1GBごとに500円ずつ料金がアップします。10GB以降は1GBごとに350円ずつ上がり、最大15GBまで高速通信が可能です。

「通話5分かけ放題オプション」で音声通話もお得に
「通話5分かけ放題オプション」で音声通話もお得に

また、月額500円の「通話5分かけ放題オプション」に加入しておけば5分以内の国内通話が何度でも無料になります。

使った分だけ課金されていくというプランの性質上、気付かぬうちに大量の通信をしてしまったらどうしよう・・・と心配なされる方には「上限設定機能」がオススメです。

5GB以上であれば自分で上限を設定できるので、料金表を確認して「ここまでなら使っても大丈夫」という容量を決めておけば、料金が想定よりも高くなりすぎてしまう心配がないので安心です。標準では10GBが上限となっていますので、使い始める前に自身にあった上限を設定すると使いやすいでしょう。
なお、最大値の15GBを超えると速度制限がかかりますが、データチャージをすることができないので、注意が必要です。

月によって使うデータ量に波がある方でも無駄なく使えますし、自動的に使い方に合った最適な料金になるのでプラン選びに悩む必要がなく、どなたでも使いやすいプランです。
特に、1ヶ月あたりの通信量が少なめの方は990ジャストフィットSIMに乗り換えると大幅に安くなるケースが多いでしょう。1GB・5GBの場合でソフトバンクの料金と比較してみました。

1GB 5GB
ソフトバンク(スマ放題ライト) 4,900円 7,000円
b-mobie S 990ジャストフィットプラン 990円 2,990円
差額 3,910円 4,010円

※ソフトバンクの料金は「スマ放題ライト+ウェブ使用料+データ定額プラン」で計算
※別途、ユニバーサルサービス料などが発生します

ソフトバンク版・SIMフリー版のiPhoneに対応
ソフトバンク版・SIMフリー版のiPhoneに対応

990ジャストフィットSIMは、iPhone 5以降のソフトバンク版あるいはSIMフリー版のiPhoneに対応しています。SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降に関しては、SIMロック解除済のドコモ版・au版も国内SIMフリー版と同等の仕様になるので利用可能です。

各機種の対応状況は、公式サイトの「利用できる端末」をご確認ください。

「990ジャストフィット」のポイント

・実際の通信量に応じて料金が決まるので、無駄なく使える
・最安990円から使うことができ、通信量の少ない方は特にお得
・ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneをそのまま使える

>>b-mobile公式サイトはこちら


スマホ電話SIM

MVNO業界初の音声通話対応ソフトバンク回線SIM
MVNO業界初の音声通話対応ソフトバンク回線SIM

b-mobile Sの音声通話対応プランにはもう1つ、「スマホ電話SIM」というプランがあります。こちらも990ジャストフィットプランと同様、実際の通信量に応じて料金が決まる従量課金制。1GB~15GBの料金は以下の通りです。

b-mobile S スマホ電話SIM(音声通話+SMS+データ通信)

プラン名 通信容量 月額料金

スマホ電話SIM
1GB 2,450円
2GB 2,800円 ※2
3GB 3,150円
4GB 3,500円
5GB 3,850円
6GB 4,200円
7GB 4,550円
8GB 4,900円
9GB 5,250円
10GB 5,600円
11GB 5,950円
12GB 6,300円
13GB 6,650円
14GB 7,000円
15GB 7,350円

(※1)最低料金からスタートし、実際に使った容量に応じて自動的に課金されるプランです。
(※2)2~15GBまでは、1GB毎に350円ずつ加算。

1GBまでの最低料金は2,450円と990ジャストフィットプランより高めになっていますが、使用容量に応じた料金の上がり方が少し異なり、こちらは15GBまで一律で1GBごとに350円ずつアップします。そのため、通信量が増えるほど990ジャストフィットプランとの差額が縮まっていきます。

一見するとよく似たプランなので、全体的に基本料金の安い990ジャストフィットプランの方がお得と思われる方が多いかもしれませんが、スマホ電話SIMならではのメリットが2つあり、使い方によってはこちらを選んだ方が料金を抑えられる場合があります。

スマホ電話SIMは5分かけ放題付き
スマホ電話SIMは5分かけ放題付き

1つ目のメリットは、5分以内の国内通話かけ放題サービスが基本料金に含まれていることです。990ジャストフィットプランでは別料金のオプションサービスとなっているので、両プランの差額がかけ放題オプションの料金500円よりも安くなる毎月8GB以上のデータ通信をする方で、短い音声通話を頻繁にする方であればスマホ電話SIMの方がお得になります。

もう1つのメリットは、スマホ電話SIMには最低利用期間・解約金がないことです。音声通話対応の格安SIMとしては珍しく、短期間の利用を考えている場合にはトータルの費用を抑えやすいでしょう。

対応端末は990ジャストフィットプランと同様、iPhone 5以降のソフトバンク版ならびにSIMフリー版iPhoneです。詳しくは公式サイトの「利用できる端末」をご確認ください。

スマホ電話SIMとソフトバンクの料金を、5GB/月の場合で比較してみました。

5GB
ソフトバンク(スマ放題ライト) 7,000円
b-mobile S スマホ電話SIM 3,850円
差額 3,150円

※ソフトバンクの料金は「スマ放題ライト+ウェブ使用料+データ定額プラン」で計算
※別途、ユニバーサルサービス料などが発生します

同じ容量で比較しても十分にお得ですが、ソフトバンクでは5GBプランの1つ上は20GBと、スマホ電話SIMのように細かい刻みで容量を選ぶことができません。ちょうどいい容量のプランが無いと悩んでいた方には、1GB刻みで使った容量のぶんだけ料金が計算されるスマホ電話SIMはより魅力的に感じられるのではないでしょうか。

「スマホ電話SIM」のポイント

・8GB以上のデータ通信&短い通話を頻繁にするなら990ジャストフィットよりもお得
・最低利用期間がないので短期間の利用にも適している
・iPhone 5以降のソフトバンク版iPhoneで利用できる

>>b-mobile公式サイトはこちら


「b-mobile S」のデータ通信専用プラン

「b-mobile S」には、データ通信専用SIMのみの展開となっているプランもあります。
iPadでの利用、あるいは2台目の端末としての利用を考えるのであれば、よりお得に使えるこちらもチェックしてみてください。

開幕SIM

開幕SIMは選択式の容量別プラン
開幕SIMは選択式の容量別プラン

データプランのメインとなる「開幕SIM」は、1GB・3GB・7GB・30GBの4段階から選べるオーソドックスな容量別プランです。ちなみに開幕SIMというユニークなプラン名は、ソフトバンク回線を利用するb-mobile Sの第1弾として登場したプランであることに由来しています。

各容量ごとの月額料金は以下の通りです。

b-mobile S 開幕SIM(データ通信専用)

プラン名 通信容量 月額料金
開幕SIM
1GB/月 880円
3GB/月 1,580円
7GB/月 2,980円
30GB/月 4,980円

ソフトバンク版およびSIMフリー版のiPhone・iPadで利用でき、最大30GBまでの大容量プランが用意されている点は、動画や電子書籍、ゲームや地図などのデータ使用量の大きいコンテンツを楽しむタブレットに最適です。

対応端末は公式サイトの「利用できる端末」から確認できます。なお、開幕SIMはiPhone用・iPad用のSIMが分かれており、iPhone用のSIMをiPadに、あるいはiPad用のSIMをiPhoneに入れても通信できない仕様なのでご注意ください。
ソフトバンクでiPadを単体契約した場合の月額料金と、開幕SIMの料金を比較してみましょう。

ソフトバンク(2GB) 5,500円
b-mobile S 開幕SIM(3GB) 1,580円
差額 3,920円

※ソフトバンクの料金は「タブレット基本料+ウェブ使用料+データ定額プラン」で計算
※別途、ユニバーサルサービス料などが発生します

ソフトバンクでiPadを使う場合、スマホもソフトバンクで契約していれば2台でデータ容量を分け合う形で基本料金を抑えて契約できます。しかし、iPadを単体で持つとなると、負担がかなり大きくなってしまいます。スマホだけ他社に乗り換えたという場合など、セットにできない状況でソフトバンク版のiPad本体がお手元にあるようでしたら、b-mobile Sで再利用するのがオススメです。

「開幕SIM」のポイント

・手軽な1GBプランから大容量の30GBプランまでラインナップ
・ソフトバンク版のiPadを本家の契約より安く再利用できる
・iPhone専用SIMを選択すれば、iPhoneをデータ通信専用端末として使える

>>b-mobile公式サイトはこちら


190PadSIM

最安190円から利用できるiPad用SIM
最安190円から利用できるiPad用SIM

「190PadSIM」は月額190円から利用でき、使った通信量に応じて料金を支払う従量課金制プランです。1ヶ月あたりの容量・基本料金が決まっている開幕SIMに対し、こちらは使用頻度の低い場合にも適しています。

対応端末はソフトバンク版またはSIMフリー版のiPadで、詳しくは公式サイトの「利用できる端末」をご確認ください。

通信量に応じた基本料金は以下のようになっています。

b-mobile S 190PadSIM(iPad専用)

プラン名 容量 月額料金
b-mobileb-mobile S 190PadSIM
100MB/月 190円
1GB/月 540円
2GB/月 890円
3GB/月 1,240円
4GB/月 1,590円
5GB/月 1,940円
6GB/月 2,290円
7GB/月 2,640円
8GB/月 2,990円
9GB/月 3,340円
10GB/月 3,690円

※最低料金の190円からスタートし、使用データ量に応じて自動的に課金されるシステムです。

高速通信ができるデータ通信量は最大10GBまでです。最低料金で使えるのは100MBまでとかなり限られているため、最低料金に収まる範囲で使うというよりは「使わなかった月の料金が190円で済む」という程度に考えておくといいでしょう。

「普段は自宅のWi-FiでiPadを使っているけど、たまに外で使いたいこともある」といった使い方にはぴったりの格安SIMです。

100MB以内でもさまざまな使い方ができる
100MB以内でもさまざまな使い方ができる

また、ある程度のデータ容量を使った場合でも、ソフトバンクで契約するよりも料金を安く抑えられます。1ヶ月あたり5GBまで使った場合で比較してみました。

ソフトバンク(5GB) 7,000円
b-mobile S 190PadSIM(5GB) 1,940円
差額 5,060円

※ソフトバンクの料金は「タブレット基本料+ウェブ使用料+データ定額プラン」で計算
※別途、ユニバーサルサービス料などが発生します

使いたいときだけ使えるだけでなく、しっかり使ってもお得なお財布に優しいプランです。

「190 Pad SIM」のポイント

・最安190円から使えるので使用頻度が低い人にもオススメ
・たくさん使いたい月も10GBまでしっかり使える
・ソフトバンク版/SIMフリー版のiPad全機種に対応

>>b-mobile公式サイトはこちら


プリペイドSIM

一時的な利用ならプリペイドSIMがオススメ
一時的な利用ならプリペイドSIMがオススメ

b-mobile Sのデータプランには、料金後払いで継続利用に適したポストペイド式の各プランのほかに、前払い式のプリペイド式プランも用意されています。

b-mobile S プリペイドSIMには、以下の2種類のプランがあります。

容量 有効期間 価格
プリペイドSIM 1GB/15日 1GB 15日間 980円
プリペイドSIM 7GB/25日 7GB 25日間 2,980円

いずれのプランも、データ容量を使い切るか有効期間が過ぎるまで利用できます。旅行や出張の際の一時的な利用に向いているほか、ポストペイド式のプランを契約する前にb-mobile Sの速度・エリアなどをお試しするという用途でも活用できます。

利用終了から2日後までであれば、My b-mobileから容量・日数をチャージして同じSIMを継続して利用することもできます。

b-mobile S プリペイドSIMは、日本通信の公式サイト「b-Market」や、Amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、ビックカメラグループで購入可能です。

「b-mobile S プリペイドSIM」のポイント

・月額料金が発生しない使い切りのSIMカード
・データ容量または有効期間が無くなるまで利用可能
・My b-mobileからチャージすれば継続利用もできる

>>b-mobile公式サイトはこちら


ソフトバンク回線の通信速度は速い?

ソフトバンク回線を使った格安SIMはまだまだユーザー数が少ないため、“穴場”というユーザーの意見もあります。その利用者が少ないという部分が通信速度に大きく関わっています。

回線の混雑状況も厳しいものではなく、スピード測定でソフトバンク回線を使った格安SIMが素早い通信速度を弾き出しているというケースが多いです(2018年1月時点)。

実際に、2017年12月第5週にモバレコで行った速度測定のデータを基に、b-mobile Sの通信速度を見てみましょう。グラフの中で“b-mobile”と表記されているのが「b-mobile おかわりSIM」、“b-mobile S”が「b-mobile S 開幕SIM」です。

朝の測定結果
朝の測定結果

測定場所や端末・時期など、さまざまな要因によって実際の速度は変化しますが、この日の朝の測定結果ではドコモ回線のプランが優勢でした。

背景として考えられるのは、ソフトバンク回線のMVNOの「ユーザー数がまだ少ないから混雑せずに速い」というメリットが発揮されるのは、ドコモ・au系のMVNOが混雑による速度低下に苦しむ時間帯にこそ言えるということです。

昼・夜に比べて比較的空いている朝の測定結果から考察すると、混雑時以外の快適さに関してはこれといったメリットが無いかもしれません。

昼の測定結果
昼の測定結果

続いて、昼休みなどでスマートフォンを使う人が増え、急激に混雑する昼12時台の測定結果です。下りの速度を見ると一目瞭然、ドコモ回線のb-mobileは1Mbps台まで速度が落ち込んでいるのに対し、b-mobile Sは朝と変わらない速度を保っています。

夜の測定結果
夜の測定結果

夜の測定結果を見ても、やはりドコモ回線のプランの方は昼ほどではないまでも速度が低下しているのに対し、ソフトバンク回線のプランは好調な結果でした。

混雑する時間帯の速度は、MVNOを選ぶうえで各社の差が出やすい重要な要素です。今回の測定結果のように、時間帯を問わず安定して実用的な速度が出ることはソフトバンク回線のプランを選ぶ大きなメリットになると思います。

まとめ:b-mobileのソフトバンク回線が熱い!

b-mobile Sはソフトバンク回線の格安SIMで、従来は再利用が難しかったソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone・iPadの利用に適しています。

対応端末がソフトバンク版またはSIMフリー版のiPhone・iPadに限られる一方、柔軟な料金プランが揃っていることや、比較的新しいサービスなので混雑が少なく通信速度が安定しているなどのメリットもあります。利用できる端末をお持ちの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後に、b-mobile Sのポイントをまとめておきます。

「b-mobile S」のポイント

・b-mobile Sはソフトバンク回線の格安SIM
・ソフトバンクより安く、ソフトバンクのSIMロックがかかった端末を使える
・「990ジャストフィット」は安価から使い始められる従量課金制プラン
・「スマホ電話SIM」なら5分以内の国内通話がかけ放題
・iPadには最安190円から使える「190PadSIM」がオススメ

>>b-mobile公式サイトはこちら


こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar