ブルーカラーが美しい!HUAWEI Mate 10 ProとGalaxy S8を比較してみた

書いた人: とくめい

カテゴリ: スマホ

ブルーカラーが美しい!HUAWEI Mate 10 ProとGalaxy S8を比較してみた

2017年12月1日(金)にHUAWEIからフラグシップモデルのMate 10 Pro」が発表されました。HUAWEIのブランドは安くてそこそこ高性能な「コスパ重要視モデル」のイメージが強いですが、Mateシリーズは先進的な機能やデザインに挑戦するモデルです。

HUAWEI Mate 10 Proは、従来機と比べてディスプレイのアスペクト比が18:9の縦長になり、狭額縁設計で画面サイズを大きくしつつ横幅を抑えたスリムな設計になっています。

縦長液晶の狭額縁設計と聞いて思いつく機種といえば、昨年夏に発売されたSamsungのフラグシップモデルGalaxy S8」ではないでしょうか。スマートフォンの常識を覆す革新的なデザインに注目を集めました。

既に発売から半年以上経過したモデルですが、基本性能が高く筆者も発売直後に購入してからメインで活用している名機です。

今回は「Mate 10 Pro」と「Galaxy S8」のデザインやスペック、カメラ性能、料金の4つの視点から比較してみます。

目次:

ブルーのカラーが美しいデザインの比較

6インチのMate 10 Pro(左)一回り小さい5.8インチのGalaxy S8(右)
6インチのMate 10 Pro(左)一回り小さい5.8インチのGalaxy S8(右)

ディスプレイは「Mate 10 Pro」が6インチ、「Galaxy S8」が5.8インチとそこまで変化がないように見えますが、Galaxy S8のほうがディスプレイの縦横比が縦長に設計されているため、一回り小さなサイズになっています。

ベゼルの細さはほぼ互角
ベゼルの細さはほぼ互角

筆者が使っているGalaxy S8は前面保護ガラスを貼っているため、若干ベゼル幅の違いはあるもののベゼルの細さについてはほぼ互角です。

海のような透明感があるGalaxy S8(左)オーロラのように光り輝くMate 10 Pro(右
海のような透明感があるGalaxy S8(左)オーロラのように光り輝くMate 10 Pro(右

背面パネルはどちらも強化ガラスパネルを採用。

Galaxy S8の塗装はカラーによって異なり、コーラルブルーは海のように透明感のある色味です。一方Mate 10 Proは光の当たり方によって色味が変化し、オーロラのようにキラキラと輝きを放っています。

鏡のように光を反射するMate 10 Pro(左)反射する光は控えめのGalaxy S8(右)
鏡のように光を反射するMate 10 Pro(左)反射する光は控えめのGalaxy S8(右)

2台を重ねて持ってみると光の屈折の仕方が異なります。Mate 10 Proは鏡のように周辺の景色が映り込んだり、指紋や汚れが目立つ欠点があります。Galaxy S8は影が若干出来る程度で反射は控えめで指紋も目立ちにくいです。

Mate 10 Proはイヤホンジャックがない
Mate 10 Proはイヤホンジャックがない

Mate 10 Proではイヤホンジャックが廃止されました。Bluetoothイヤホンを使用している方も増えてきていますが、まだまだ有線の方が人気のため困る方も多いはず。有線イヤホンを利用するにはType-C変換コネクタかType-C接続のイヤホンを使用する必要があります。

左側面の違い/Mate 10 Pro:SIMスロットのみ(左)Galaxy S8:音量ボタンと「bixby」ボタン(右)
左側面の違い/Mate 10 Pro:SIMスロットのみ(左)Galaxy S8:音量ボタンと「bixby」ボタン(右)
右側面の違い/Mate 10 Pro:音量ボタンと電源ボタン(右)Galaxy S8:電源ボタンのみ(左)
右側面の違い/Mate 10 Pro:音量ボタンと電源ボタン(右)Galaxy S8:電源ボタンのみ(左)

左右側面はGalaxy S8のみ独自機能の「bixby」起動ボタンが用意されていたり、「インフィニティディスプレイ」で側面まで回り込んだディスプレイが特徴的。左右端のスワイプ操作なども引っかかることなくスムーズに行なえます。

一方で、側面が大きく湾曲しているため端まで覆ってくれるガラスフィルムなどを探すのに苦労しました。一般的なガラスフィルムでは画面端が浮いてしまうため、一回り小さなサイズで作られた物が多く、落とした時に割れやすいリスクがあります。

スペックの比較

続いてはスペックを比較してみましょう。スペック詳細は公式サイトからご確認下さい。

スペック参照(Mate 10 Pro / Galaxy S8
HUAWEI Mate 10 Pro Galaxy S8(国内版)
本体カラー ミッドナイトブルー
チタニウムグレー
コーラル ブルー
ミッドナイト ブラック
オーキッド グレー
本体サイズ 幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
幅:約68 mm
高さ:約149 mm
厚さ:約8.0 mm
重量 約178 g 約150 g
OS Android. 8.0 Oreo
EMUI 8.0
Android 7.0 Nougat
(Android 8.0へバージョンアップ予定)
ディスプレイ 約6.0インチ
フルHD+(2,160×1,080)
有機ELディスプレイ
HUAWEI FullView Display
18:9 OLED 402ppi
約5.8インチ
WQHD+(2,960×1,440)
有機ELディスプレイ
Super AMOLED
18:9 570ppi
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit
Qualcomm Snapdragon 835
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
メモリ(RAM) 6GB 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB 64GB
外部ストレージ 非対応 最大256GB (microSDXC)
背面カメラ 約1,200万画素カラーセンサー + 約2,000万画素モノクロセンサー
F1.6
光学手振れ補正
デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF
4K動画撮影
約1,220万画素
(デュアルピクセル)
F1.7
光学手振れ補正
RAWファイルで保存
4K動画撮影
前面カメラ 約800万画素 F2.0, FF 約800万画素 F1.7
防水・防塵性能 IP67等級 IP68等級
おサイフケータイ(FeliCa) 非対応 対応
ワンセグ / フルセグ 非対応 対応
バッテリー / 急速充電 4,000mAh HUAWEI
スーパーチャージ
(5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A)
3,000mAh
Quick Charge 2.0
(5V/9V/12V)

Mate 10 Proは最新OSのAndroid 8.0 OreoとHUAWEI独自のEMUI 8.0を搭載し、Galaxy S8は1世代前のAndroid 7.0 Nougatを搭載していますが、各キャリア版で近日中にOSアップデートが予定されています。

CPU性能はKirin 970が1歩リード

CPUはMate 10 ProがHUAWEI独自の「Kirin 970」を採用し、Galaxy S8はQualcomm社の「 Snapdragon 835」を搭載しています。

下記はAntutu Benchmark結果。

Mate 10 Pro:178,230点
Mate 10 Pro:178,230点
Galaxy S8:163,021点
Galaxy S8:163,021点

ベンチマーク結果ではMate 10 Proが勝っているものの、ここまでスペックが高いと有り余るリソースを使い切ることが難しく、両者ともに必要十分なパフォーマンスを発揮してくれます。

使えるスマホはどっちだ?

新しいスマホを購入するなら操作性や使い勝手も気になりますよね。持ちやすさや電池持ち、生体認証の精度やバッテリー持ちなど、実際に使ってみて分かった”使い勝手”を評価していきます。

縦長液晶は使いやすい反面、片手で届かない範囲が増える

Mate 10 Proを片手で持って操作してみるMate 10 Proを片手で持って操作してみる
Mate 10 Proを片手で持って操作してみる
Galaxy S8を片手で持って操作してみるGalaxy S8を片手で持って操作してみる
Galaxy S8を片手で持って操作してみる

両機種に搭載された縦長液晶は、縦スクロールのコンテンツやマルチウィンドウでの操作に向いていますが、片手で操作しようとすると指が届かない範囲が多かったです。片手で持ってみると、軽くて横幅が細いGalaxy S8が持ちやすく感じました

文字入力をするときやナビゲーションキーなどを操作するときは、縦の長さが若干短いGalaxy S8の方が操作しやすいです。しかし、エッジスクリーンが手のひらに触れて誤動作するシーンもあるため人によって好みが分かれそうです。

両手操作が前提であれば画面の大きいMate 10 Proを、片手操作を中心とするなら横幅がスリムなGalaxy S8をオススメします

指紋認証はMate 10 Proが使いやすい

Mate 10 Pro:背面中央付近に丸型のセンサー
Mate 10 Pro:背面中央付近に丸型のセンサー
Galaxy S8:カメラ横に細長いセンサー
Galaxy S8:カメラ横に細長いセンサー

指紋認証センサーはどちらも背面に配置されていますが、Galaxy S8はカメラ横にあるため誤ってカメラレンズに触れてしまうことが多々ありました。Mate 10 Proは背面中央付近にあるため自然と指が届く位置にあり使いやすいです。

認証精度やスピードについてもMate 10 Proのほうがワンテンポ速く感じます。Galaxy S8は縦に細長い形をしており、指の位置が少しズレると読み取りに失敗することが多いです。Mate 10 Proは大きめの丸型のセンサーのため多少位置がズレても問題なく読み取ります

ただし、Galaxy S8については虹彩認証や顔認証にも対応しています。これらの認証スピードは指紋認証を使うよりも高速に行えますが、暗い場所やマスクをしているときに認証できないデメリットもあるため一長一短です。

どちらも防水・防塵に対応

Mate 10 Proからはシリーズ初となる防水・防塵に対応し、雨の中や水回りでも使用できるようになりました。これまでSIMフリースマホには付いてこなかった国産機能ですが、日本での需要から徐々に搭載されてきています。

Galaxy含む大手キャリアの機種と比べると、防水の等級が1つ下がるため、あくまでも保険として使用する方が良さそうです。

Mate 10 Proは外部ストレージに非対応

Galaxy S8は外部ストレージに対応している
Galaxy S8は外部ストレージに対応している

ストレージ容量はGalaxy S8が64GB、Mate 10 Proが128GBと2倍の容量差がありますが、Mate 10 proは外部ストレージ(microSDカード)に対応していません

パソコンや他端末とのやり取りを行うには、別途Type-C接続のカードリーダーを接続するか、クラウドストレージを利用する必要があります。

バッテリー持ち・充電速度はMate 10 Proが圧勝

Mate 10 Proは4,000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、バッテリー持ちはMate 10 Proのほうが良かったです。専用の充電器・ケーブルを使用すれば「HUAWEI スーパーチャージ」という超急速充電が利用できます。

これを使えば4,000mAhを1時間ちょっとで満充電まで持っていくことができるため、時間がない時でも素早く充電できて非常に便利でした。

Galaxy S8は画面解像度がWQHDと高く、バッテリー容量も5インチ台前半のスマホと同じ3,000mAhなので少し悪いですね。急速充電もQuick Charge2.0に対応していますが、新しい3.0には非対応です。

私物のGalaxy S8は半年間メインで使っているので多少バッテリーがヘタってきている可能性もあります。あくまでも体感の差ですが、Mate 10 Proのほうが2~3割程度バッテリー持ちが良い印象です

カメラ性能比較

Mate 10 Pro Galaxy S8

スマホ利用の中でも特に頻度の高いのはカメラ機能ではないでしょうか。昨今ではSNS投稿や自撮りなどが盛んになっており、カメラの画質を重要視している方も増えてきているようです。

今回は風景・HDR・夜景・飯撮り・接写・動物の6項目で撮り比べてみました。特に説明がない写真は全てオートで撮影しています。写真をタップ・クリックすると大きなサイズで表示することができます。

くもり空で橋の上から撮影

Mate 10 Pro作例Galaxy S8作例
左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8

沖縄の絶景スポットで有名な「ニライカナイ橋」の展望台で撮影。天気がいい日は地平線まで見える絶景が楽しめるのですが、この日はあいにくのくもり空でした。

Galaxy S8よりもMate 10 Proのほうがコントラストが高く、木々が潰れずくっきり描写されています。パット見はMate 10 proの方が綺麗ですが、実際に目で見た色味はGalaxy S8の方が近いです。

逆光のシーンでもHDR機能で黒つぶれが軽減

Mate 10 Pro:HDRオフMate 10 Pro:HDRオン
Mate 10 Pro:HDRオフ→オン
Galaxy S8:HDRオフGalaxy S8:HDRオン
Galaxy S8:HDRオフ→オン

逆光で黒つぶれしやすいシーンでもHDR機能を使うと、手前の岩や木々の生い茂った様子が明るく見えるようになりました。HDR後の写真を比較するとMate 10 Proのほうが全体が色鮮やかに写っています

夜景は端末を固定するとノイズが少なく撮れる

ゆいレールから景色を撮影:Mate 10 Pro作例ゆいレールから景色を撮影:Galaxy S8作例
ゆいレールから景色を撮影 / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8

撮影の難しい夜景のシーンでは、端末を固定して撮影することでブレやノイズを抑えた綺麗な写真が撮れます。

両者を比較するとMate 10 ProよりもGalaxy S8のほうがノイズが少ないですが、建物や駅のディティールが潰れてしまっています。拡大した時に細かい部分まで認識できるのはMate 10 Proの方ですね。

飯テロ写真は甲乙つけがたい

照り焼きチキンとカキフライのランチプレート:Mate 10 Pro作例照り焼きチキンとカキフライのランチプレート:Galaxy S8作例
照り焼きチキンとカキフライのランチプレート / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8
白味噌ラーメン:Mate 10 Pro作例白味噌ラーメン:Galaxy S8作例
白味噌ラーメン / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8
皮がパリパリの餃子:Mate 10 Pro作例皮がパリパリの餃子:Galaxy S8作例
皮がパリパリの餃子 / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8

個人的に1番撮影する「飯テロ写真」では、ラーメンのシズル感や餃子のパリパリ感などが伝わりどちらも美味しそうな写真が撮れました。色合いも暖色寄りに写っていますが、若干Galaxy S8のほうが暗く写っています。

これまでのHUAWEI製品では「ナイスフード」モードというご飯を撮るモードが有りましたが、コントラストを強調しすぎて不自然な色味になる傾向がありました。Mate 10 ProではAIで食べ物を認識して自然な色味になっていますね。

Galaxy S8にも食べ物モードが用意されており、これを利用するとより飯テロに向いた写真が撮影できます。今回は薄暗い店内で撮影したため暗くなりましたが、条件が良ければMate 10 Proに負けないほど美味しそうに撮れますよ。

ドアップでシーサーの顔を撮影

ピントが合うギリギリで撮影:Mate 10 Pro作例ピントが合うギリギリで撮影:Galaxy S8作例
ピントが合うギリギリで撮影 / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8

ピントが合うギリギリまで近づいて撮ったドアップのシーサー。左のMate 10 Proの写真は被写体のボケが少なく輪郭がくっきり写っていますが、右のGalaxy S8の写真は耳の後ろ部分がボケて写っています。

Mate 10 Proでは焼き物の色が強調されて背景が真っ白になっています。背景の様子が分かりやすいのはGalaxy S8の方ですね。

お休み中の猫を撮影

お休み中の猫を撮影:Mate 10 Pro作例お休み中の猫を撮影:Galaxy S8作例
お休み中の猫を撮影 / 左:Mate 10 Pro 右:Galaxy S8

お休み中の猫をこっそり撮影。Galaxy S8は毛並み1本1本を強調する写りに対して、Mate 10 Proは毛のふわふわ感や温かみを描写しています

AIが自動的に被写体を認識するMate 10 Pro
AIが自動的に被写体を認識するMate 10 Pro

Mate 10 ProではAIを使って自動的に被写体の種類を認識し、最適な色調やコントラストに調整する機能があります。猫に向けると1秒未満で被写体が猫だと認識し、右下に猫のアイコンが出てきました。

価格と月額料金を比較

Mate 10 Pro Galaxy S8

最後は端末価格と月額料金、2年間の総支払額を計算してみました。

Mate 10 ProはSIMフリーモデルのため、対応する周波数が回線と合えばドコモ・ソフトバンク回線を利用した格安SIMも利用できます。

Mate 10 ProをIIJmioのSIMカードとセットで分割購入し、Galaxy S8はドコモで機種変更して購入した場合の料金でシミュレーションしてみたところ、毎月1,710円、2年間の総支払額で41,040円分もMate 10 Proを格安SIMで利用したほうが安くなります

Mate 10 Pro(IIJmio) Galaxy S8(ドコモ)
端末価格 3,350円×24回
合計:80,400円
3,625円×24回
合計:87,000円
月々サポート -2,625円×24回
合計:-63,000円
基本使用料 2,220円
(ライトスタートプラン)
980円
(シンプルプラン)
プロバイダ料 基本使用料込み 300円
(SPモード)
データ通信オプション 基本使用料込み 5,000円
(データMパック)
毎月の支払額 5,570円 7,280円
2年間の支払額 133,680円 174,720円
差額 毎月1,710円、2年間41,040円お得

比較まとめ:どちらも魅力的なハイスペックモデル

Mate 10 Pro Galaxy S8

ここまで2機種を比べてみて、デザインの高級感や質感の高さをはじめ、レスポンスやバッテリー持ちなどあらゆる面で高得点を叩き出した優等生だと感じました。

基本性能がこれまで以上に向上したことで、重たいゲームやマルチタスクを行っても安定した動作を見せてくれます。立ち上がりの速さや指紋認証の反応速度などはMate 10 Proがワンテンポ速い感じがします。

筆者が期待していたカメラ性能も大幅に進化しており、LeicaとコラボしたダブルレンズカメラとAIによる自動シーン認識が強力でした。Galaxy S8もオートで十分綺麗に撮れますが、シーンに応じたモードの少なさが欠点です。

格安SIMに移行してもカメラ性能やスペックに妥協したくない方はMate 10 Proがオススメです。決して安くない金額ですが、長く使える分コストパフォーマンスに優れた機種と言えるでしょう。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン