3万円前後で買える評判のいいミドルスペックのSIMフリースマホを厳選紹介

書いた人: agar

カテゴリ: SIMフリースマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
3万円前後で買える評判のいいミドルスペックのSIMフリースマホを厳選紹介

近年話題になり、徐々に使用者が増えているSIMフリースマホ。キャリアから購入できる端末との大きな違いは、使いたい通信会社に関係なく自由に選べること、そして安価ながら十分な性能・機能を持ったコストパフォーマンスの高い機種が多いことです。

ここでは、SIMフリースマホの中でも特に売れ筋の価格帯、3万円台の”ミドルスペック”の機種からおすすめのSIMフリースマホを6機種ご紹介します。それぞれに個性があり、キャリアに負けない端末が揃っているのでぜひ参考にしてみてください。

バリューストア

目次:

“ミドルスペック”の端末ってどんな特徴があるの?

ミドルスペックの人気機種「HUAWEI P10 lite」
ミドルスペックの人気機種「HUAWEI P10 lite」

ひと口にSIMフリースマホと言っても価格帯や性能は様々。いきなりすべての機種の中から好みの端末を選べと言われても迷ってしまうと思います。

そんなときは、はじめに価格帯やスペックを基に3つのタイプに分類して考えてみると分かりやすくなります。

1つ目のタイプは、キャリアから発売されている最新の高性能機に勝るとも劣らない「ハイエンドモデル」。こちらは高い基本性能や最先端の機能を備えている分、高価な機種が多いです。

2つ目のタイプは、性能を抑えてとにかく安くスマートフォンを手に入れたいという人におすすめの「エントリーモデル」。初めてスマートフォンを使う方のお試し用、あるいはお子様に持たせてあげたい場合など、費用を抑えたい場合に適しています。一方でスマートフォンをしっかり使う方には性能的に物足りない部分も出てきます。

そして、これらの中間に当たるのが今回の記事で紹介する「ミドルスペックの端末」です。

3万円前後のお手ごろ価格で買える、コスパが優れたおすすめのSIMフリースマホをご紹介します。

普段使いでストレスを感じないお手頃な端末

モトローラのミドルスペック端末「Moto G5S」
モトローラのミドルスペック端末「Moto G5S」

ミドルスペックの端末を選ぶメリットは、価格と性能のバランスの良さにあります。

高価なハイエンド機と比べればもちろん性能は劣るものの、日常生活に欠かせないSNSやメール、Webブラウザ、カメラなどといった基本的な機能はストレスなく使えます
例えば3Dを多用した重量級のゲームを高画質でプレイしたい方、あるいは最先端の高速な通信性能を求める方など特別高いスペックが欲しい方でなければ、ミドルスペックの機種も日常的な利用なら多くの人が満足できるだけの性能を備えていると言えます。

それでいて、3~5万円程度の価格帯に抑えられている機種が多いのも人気の秘密かもしれません。十分な性能を手頃な価格で手に入れられて、ストレスなく端末代金を節約できるのは大きなメリットです。

ミドルスペックの端末はどんな人におすすめ?

ASUSのミドルスペック端末「ZenFone 4 Max」
ASUSのミドルスペック端末「ZenFone 4 Max」

ミドルスペックの端末の特徴は、手ごろな価格帯でストレスの無い性能があること。多くの人におすすめしやすいクラスではあるのですが、こんな方には特におすすめです。

まず、過度な機能・性能は必要ないという人。一般的なスマートフォンとしての機能が揃っていて、それがストレスなく動作すれば十分という方にはピッタリです。大は小を兼ねるともいいますが、使いこなしきれない機能が多数入っているよりも、必要なものだけ揃っている方が分かりやすくて快適なこともありますよね。

そして、普段使いに十分なスペックでありながら価格は控えめ、つまりコストパフォーマンスが優れているのもミドルスペックのメリット。端末にかけるコストをできるだけ抑えたい人にもおすすめです。

「とにかく費用を安く抑えたい」ということであればエントリーモデルも視野に入ってくるかもしれませんが、スペック的な部分で我慢したり、ストレスを感じるようでは元も子もないと思います。
初めてのスマートフォンを考えている場合、いきなり高価で高性能な機種を買うとなると躊躇してしまうかもしれませんが、ミドルスペックなら金額面でも機能面でも手が出しやすいのではないでしょうか。

また、コストを抑えて普段使いには十分な性能の端末が手に入るという点では、ハイエンドモデルのサブ携帯として2台持ちを検討している人にもおすすめできます。この場合、ゲームや動画視聴などの負荷の大きい用途は1代目のハイエンドモデルを使うといった役割分担をすれば、より快適に使えるはずです。

3万円台で買えるミドルスペックのSIMフリースマホを厳選!

3万円台で買えるミドルスペックのSIMフリースマホの中から、厳選した6機種をご紹介します。なお、価格は税込表記でモバレコバリューストアでの販売価格を参照しています。

SHARP AQUOS sense lite

SHARP AQUOS sense lite

高精細フルHD・IGZOを搭載したAQUOSならではの美しいディスプレイが魅力のミドルスペック「AQUOS sense lite」。キャリアから発売されているハイエンドモデルの「AQUOS R」、同じくミドルスペックの「AQUOS sense」につづき、SIMフリー版として登場しました。

Snapdragon 430、32GB ROM、3GB RAMと、日常的な使い方であれば安心できるスペックを低価格で実現させています。国内メーカーの端末ということで、防水性能やおサイフケータイなど日本のユーザー向けの機能も充実した長期間に渡って使えるスマホです。

シンプルでスタイリッシュなデザインや、片手でも扱いやすい約5.0インチのサイズ感でも人気の機種です。安心感があって、ほどよいスペックのスマホを使いたいという人にオススメです。

ユーザーの口コミでも、ディスプレイの美しさおサイフケータイ対応が長所として挙げられていました。細かなところまで手が届いている、バランスのいい「AQUOS sense lite」は多くの方にオススメできる機種です。

OS Android 7.1
SoC Snapdragon 430
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1,920×1,080(FHD)
バッテリー 2,700mAh
カメラ アウトカメラ:1,310万画素 CMOS
インカメラ:500万画素 CMOS
カラー ブラック/ホワイト/ゴールド
モバレコ特別価格 32,900円(税込)

AQUOS sense liteはこんな人におすすめ!

・ディスプレイが綺麗なスマホを使いたい
・片手持ちで操作しやすいサイズ感のスマホが好き
・おサイフケータイが使える機種がいい

AQUOS sense lite
AQUOS sense lite

AQUOS sense lite

高精細フルHD・IGZO搭載のディスプレイ
防水性能に優れ、おサイフケータイも使える安心感のある人気機種

一括:32.900円
分割:1,372円(24回)

ASUS ZenFone 4 Max

ASUS ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Maxは、ASUSの「ZenFone 4」シリーズの中でバッテリー持ちに特化したモデル。4,100mAhの大容量バッテリーだからこその電池持ちの良さが大きな特徴です。さらに、大容量バッテリーを活かして他のスマートフォンなどに給電できる「リバースチャージ機能」が付いているので、いざというときにはモバイルバッテリー代わりにすることもできます。

また、背面には標準レンズと広角レンズを切り替えて撮影できるデュアルカメラを搭載。3万円台の機種に搭載されていることは珍しく、安価ながらスマートフォンの写真撮影をより楽しめる1台となっています。

ユーザーの口コミもやはり電池持ちに対する高い評価が多く見られました。外出中の電池切れにお悩みの方はZenFone 4 Maxを検討してみてはいかがでしょうか。

OS Android 7.1
SoC Snapdragon 430
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.2インチ 1,280×720(HD)
バッテリー 4,100mAh
カメラ アウトカメラ:1,300万画素 / 500万画素
インカメラ:800万画素
カラー ネイビーブラック / サンライトゴールド / ローズピンク
モバレコ特別価格 26,784円(税込)

ZenFone 4 Maxはこんな人におすすめ!

・バッテリー持ちを重視している人
・広角カメラを使った写真撮影を楽しみたい人
・リバースチャージでモバイルバッテリー代わりに

ASUS ZenFone 4 Max
ASUS ZenFone 4 Max

ASUS ZenFone 4 Max

4,100mAhの大容量バッテリーを搭載
バッテリー持ちに特化した「ZenFone 4」シリーズの人気機種

一括:26,784円
分割:1,117円(24回)

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite

5.2インチのフルHDディスプレイを搭載した、HUAWEI P10 lite。日本でのHuawei人気に火を付けたP8 lite、その後続機のP9 liteの流れを受け継いだ、コストパフォーマンスの高さに定評がある人気シリーズの最新モデルです。

基本性能の高さはもちろん、前モデルから大きく進化した両面にガラスを用いた高級感のあるデザインが大きなポイント。中身だけでなく、見た目の部分でも低価格を感じさせない端末に仕上がっています。

カメラ性能も優秀で上位機種のP10のようにLeicaダブルレンズカメラこそ搭載していないものの、高精細で自然な写りが実現できる標準以上の装備を搭載しています。

口コミや各種レビューでも高い評価を受けている、使い勝手のいいおすすめの一台です。

OS Android 7.0
SoC Kirin 658
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080(FHD)
バッテリー 3,000mAh
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
カラー サファイアブルー / パールホワイト / ミッドナイトブラック / プラチナゴールド
モバレコ特別価格 27,000円(税込)

HUAWEI P10 liteはこんな人におすすめ!

・ミドルスペックでも快適な動作を求めている人
・高画質なカメラ機能を重視している人
・デザインの良さにもこだわりたい人

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite

高コスパで評価の高い人気機種
両面にガラスを用いた高級感のあるデザインとお値段以上のカメラ性能が◎

一括:27,000円
分割:1,125円(24回)

FUJITSU arrows M04

FUJITSU arrows M04

arrows M04は、富士通が手がける安心の国内メーカー製SIMフリースマホです。おサイフケータイやワンセグといったSIMフリースマホでは価格帯を問わず搭載例が少ない日本独自の機能にも対応。日本のスマホならではの機能が欠かせないという方におすすめです。

防水・防塵性能に加えて、落としても壊れにくい耐衝撃性能や高温・低温での動作が確認されていることなど、シーンを問わずに使用できるタフさも特徴です。
また、「ハンドソープで洗える」という少々変わった仕様もあり、長く清潔に使いたい方にも向いているでしょう。

OS Android 7.1
SoC Snapdragon 410
RAM 2GB
ROM 16GB
ディスプレイ 5.0インチ 1,280×720(HD)
バッテリー 2,580mAh
カメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素
カラー ブラック / ホワイト
モバレコ特別価格 29,160円(税込)

arrows M04はこんな人におすすめ!

・おサイフケータイやワンセグをよく使う人
・壊れにくいタフなスマホが欲しい人
・スマホをずっと清潔なまま使いたい人

FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04

FUJITSU arrows M04

おサイフケータイやワンセグが使える
防水・防塵・耐衝撃性能を備えた、タフな仕様が魅力的な一台

一括:29,160円
分割:1,215円(24回)

Motorola Moto G5S

Motorola Moto G5S

Moto G5sは、2017年春に発売された「Moto G5」の“スペシャルエディション”として登場したモデル。G5との違いとしては、5.0インチから5.2インチに画面サイズが拡大されたほか、RAM / ROMの増量、より質感の高い一体型のフルメタルボディへの変更などが挙げられます。

指紋センサーを使ってホームキーや戻るキーの操作を1ヶ所でまとめて行える「ワンボタンナビ」や、スリープ中でも時刻や通知を確認できる「Moto Display」といった機能が特徴です。また、15分間の充電で最長5時間使用できる急速充電器が付属しています。

OS Android 7.1
SoC Snapdragon 430
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080(FHD)
バッテリー 3,000mAh
カメラ アウトカメラ:1,600万画素
インカメラ:500万画素
カラー ルナグレー / ファインゴールド / オックスフォードブルー
モバレコ特別価格 30,160円(税込)

Moto G5sはこんな人におすすめ!

・シンプルなUIで、操作になじみやすいスマホが欲しい人
・高速AF対応のカメラ使って動く被写体の写真を撮りたい人
・au VoLTE対応・DSDS対応で2枚のSIMを使い分けられる機種を探している人

Motorola Moto G5S
Motorola Moto G5S

Motorola Moto G5S

シンプルさの中に上位機種のエッセンスが輝く
高級感のあるフルメタルボディのDSDS対応モデル

一括:30,160円
分割:1,257円(24回)

ASUS ZenFone 3(ZE520KL)

ASUS ZenFone 3(ZE520KL)

ZenFoneシリーズの現在のフラッグシップモデルは2017年発売の「ZenFone 4」になりますが、コスパの高さという観点では価格が安くなっている前機種のZenFone 3もおすすめです。

ZenFone 4シリーズでも「ZenFone 4 Selfie Pro」などに採用されているSnapdragon 625を搭載しており、現行機種と比較できるレベルのスペックを持っています。高速なレーザーAFに対応したカメラや、ガラスと金属で構成された高品質なボディなど多くの特徴は最新モデルのZenFone 4と共通しています。

ZenFone 4より2万円5千円以上安く購入できる今だからこそ、こちらを選ぶのもありでしょう。

OS Android 6.0
SoC Snapdragon 625
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080(FHD)
バッテリー 2,650mAh
カメラ アウトカメラ:1,600万画素
インカメラ:800万画素
カラー サファイアブラック / パールホワイト
モバレコ特別価格 30,240円(税込)

ZenFone 3はこんな人におすすめ!

・お得にZenFoneシリーズの上位モデルを使いたい人
・高性能な指紋認証や「ZenUI」による便利な機能を使いたい人
・DSDS機能がついている端末を探している人

ASUS ZenFone 3(ZE520KL)
ASUS ZenFone 3(ZE520KL)

ASUS ZenFone 3(ZE520KL)

現行機種と比較しても遜色がなく、今お買い得
高速レーザーAF対応のカメラ、ガラスと金属で構成されたボディが特徴

一括:30,240円
分割:1,260円(24回)

まとめ

担当ライターのイチオシはHUAWEI P10 lite
担当ライターのイチオシはHUAWEI P10 lite

最後のまとめとしてご紹介した6機種の価格を表にしてみました。

SHARP AQUOS sense lite 32,900円(税込)
ASUS ZenFone 4 Max 26,784円(税込)
HUAWEI P10 lite 27,000円(税込)
FUJITSU arrows M04 29,160円(税込)
Motorola Moto G5S 30,160円(税込)
ASUS ZenFone 3 30,240円(税込)

電池持ちに特化した機種、耐久性に優れた機種など、同じミドルスペックの機種の中でもそれぞれ違った特徴があります。価格ももちろんですが、必要な機能などもチェックしながら自分に合った機種を選んでみてください。

ミドルスペックのSIMフリースマホは、ハイエンドモデルよりも安く、エントリーモデルよりも普段使いにストレスを感じないスペックが手に入る「ちょうどいい」機種が揃っています。

ミドルスペックのおすすめポイント

・契約したい通信会社に縛られず自由に選べる
・普段使いであれば、快適に使えるスペック
・手を出しやすい3~5万円程度で優秀な機種が揃っている

今回ご紹介した6機種にはそれぞれ異なる長所がありますが、イチオシは「HUAWEI P10 lite」です。

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite

高コスパで評価の高い人気機種
両面にガラスを用いた高級感のあるデザインとお値段以上のカメラ性能が◎

一括:27,000円
分割:1,125円(24回)

3万円前後の機種としては十分に高いスペック、優秀なカメラ、高品質な美しいデザイン三拍子揃った完成度の高い機種で、幅広い層の人におすすめできます。
どれにしようか悩んでいる方は、ぜひHUAWEI P10 liteをチェックしてみてください。

バリューストア

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Android端末が大好きで3桁は買い漁ってきた元携帯ショップ店員。ブログ「GeekDays」を書いているほか、最近は推しメーカーであるMotorolaについて「Hello Moto!」というサイトを立ち上げマニアックに語っています。Twitter:@__agar