そもそも「SIMロック解除義務化」とはどんな制度?なぜSIMロックをかけるのか?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも「SIMロック解除義務化」とはどんな制度?なぜSIMロックをかけるのか?

いよいよ始まったSIMロック解除義務化。とはいえ、この制度よく分からないですよね。
なにそれ?という方も、聞いたことはあるけどよく分からない!という方も、なんとなくわかってるフリをしてる人も・・・そんな方のためにシリーズで情報をお届けしていきたいと思います。

そもそもどんな制度なのか、なぜ義務化を行うのかなどについて説明します。

SIMロック解除義務特集

そもそも「SIMロック解除義務化」とはどんな制度?なぜSIMロックをかけるのか?
SIMロック解除の前に!エリカの失敗例から学ぶ「周波数」のこと
解除したらいいことあるの?SIMロック解除のメリット、デメリット

SIMロック解除義務化はどんな制度?

まず、このSIMロック解除義務化がどんな制度かについて説明します。

この制度は総務省のSIMロック解除に関するガイドラインによって定められるもの。2015年5月1日以降に発売される端末に適用され、利用者が申し出た場合キャリアは当該端末に対して原則SIMロックの解除に応じなければならなくなります

これには、我々消費者の利便性の向上はもちろん、MNPでの新規契約者と長期利用者の間にある不公平感を是正する目的も含まれています。

そもそもなぜキャリアはSIMロックを行うのか?

そもそも、キャリアがSIMロックを行っているのはなぜなんでしょうか?
それには、日本において端末とキャリアのサービスとの間に密接な関係があることが影響しています。

キャリアは代理店を通じて全国にキャリアショップを展開し、サービスと共に端末の販売も行っています。海外ではキャリア以外の販路でも端末を購入することができる一方、日本で端末を買うには基本的にキャリアを通す必要があります。
ただ、キャリアは消費者が支払う通信料を原資に、販売奨励金(インセンティブ)を代理店に支払うことで、そして消費者には端末代金の割引を行うことで、端末を格安で販売しています。店頭でよく見かける、「実質◯◯円」というものですね。

これにより、さらに多くの消費者が携帯電話を手に入れ、キャリアと契約することになります。消費者が毎月の使用料金をキャリアに支払うため、端末が安くても結果的にキャリアにお金が入るわけです。つまり、キャリアは自社のネットワークサービスのもとで端末を使ってもらわなければ損をしてしまうわけです。そして、他社のネットワークサービス利用に流れないようにするため、キャリアは端末にSIMロックをかけているんです。

これが競争を阻害する要因に

しかし、総務省はこのSIMロックの仕組みが、キャリア間の競争を阻害する要因になっていると問題視し、SIMロック解除を求めてきました。通話し放題の新プランが各キャリアでほとんど横並びになっているのがそれを物語っています。

2010年に行われたSIMロック解除に関する議論でもSIMロック解除に関するガイドラインは策定されており、その結果ドコモは2011年4月よりSIMロック解除に対応した端末を提供しています。

SIMロックが消費者の自由な選択を妨げ、利便性を損なっている(=端末割引を受ける代わりに2年間縛られるなど)という事実も、SIMロック解除義務化が必要な理由の一つと考えられます。

まとめ

SIMロック解除義務化の制度についてどういったものか、なぜ必要かが分かったかと思います。
SIMロックがあることで端末を安く手に入れられている一方、キャリア間の競争がなくなってプランが横ならびになり、さらに我々の自由な選択も妨げているんですね。総務省が頭を悩ませる理由も分かるような気がします。

次回はSIMロック解除義務化は、私達にどんな影響を与えるのか、についてです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp