ソフトバンクの学割先生!先生と一緒に春から私も憧れのiPhoneデビュー♪

書いた人: NINO

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクの学割先生!先生と一緒に春から私も憧れのiPhoneデビュー♪

毎年訪れる春は新生活が始まる季節です。この春から高校生になる、大学生になる、新社会人になるなど、新たな人生の1年が幕開けることを楽しみにしていることと思います。

そんな新生活を機にスマートフォンを購入したり、機種変更、他社への乗り換えを検討している人もいるのではないでしょうか。

大手通信キャリアの1つであるソフトバンクは、新しい春の学割サービスである「学割先生」を提供しています。ただ単純に学生に対する割引サービスだけではない、他社の学割サービスとはひと味違いユニークな内容となっている「学割先生」について詳しく解説していきます

ソフトバンク オンラインショップ

目次:

        

学割先生とは?

スマホをお得に活躍する上で学割は欠かすことのできない割引サービスです。ソフトバンクでは、今年からスタートした「学割先生」という新しい学割サービスの提供開始しています。

学割先生の特典

学割先生の割り引き対象ユーザーとなる場合、12ヶ月間にわたり通信料金から毎月1,020円割引されます。1年間に換算すると合計で12,240円分の割り引き額となるので、適用していない場合との差は大きいですね。

学割先生と併用して、家族追加特典をはじめとした指定されるすべての割引きを適用した場合だと、50GBのデータ通信料で月額3,980円から利用できる大変おトクなプランです。

キャンペーン受付期間は、2018年1月17日から5月31日までの約4ヶ月間。既にキャンペーンは開始されていて、4月に入ってしまっても5月末までは申し込み可能となっています。

学割先生の対象となる人

「学割先生」という名前だけに、学生のみを対象とした学割サービスと思われがちですが、実は対象となるユーザー範囲はもっと広く設定されています。このキャンペーンのタイトルを見ても「学割先生」なので、実は「学割」+「先生」なのです!

学割先生は、申し込み時点で25歳以下の人が対象となっている他、現在教育に携わっている人も対象となります。

25歳以下の人であれば学生でなくても適用となります。フリーターの方や、すでに社会人になっている方でも、学割先生の割り引きを受けられるということになります。

そして、学割先生のキャンーペーンでユニークと言えるのが「先生」の部分。現在、教育に従事する先生や教育関係に携わっている職員も、同じく学割先生の割り引き適用対象となります。他社の学割サービスにはない内容で、ソフトバンクならではのキャンペーンです。

学割先生適用時の必要書類

25歳以下であることや教職員関係者向けのキャンペーンであるため、申し込み時には以下の定められた書類が必要となります。

●適用条件が25歳以下である場合
※申し込み時点での年齢がわかる書類が必要となります。
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート など

●適用条件が教職員関係者の場合
※申し込み時点で職業がわかる書類が必要となります。
・公立学校共済組合組合員証
・文部科学省共済組合組合員証
・私立学校教職員共済加入者証
・地方公共団体が運営する教育委員会が事業所名称に記載されている健康保険証

参照:ソフトバンク公式 「学割先生」提供条件書

学割先生が適用される条件

おトクな割り引きサービスである学割先生を適用するには、年齢条件の他に、対象となる契約形態やプランに加入することが条件となります。指定された条件以外では、学割先生の適用とならないので注意しましょう。

ソフトバンクへの新規契約・機種変更・MNPが必須

新規契約・機種変更・MNPも条件
新規契約・機種変更・MNPも条件

学割先生を適用するには、ソフトバンクへの新規契約・機種変更・MNPが必須の条件となります。現在どこの通信会社とも契約をしていない場合は新規契約となります。

既に通信契約している他のキャリアから電話番号を変えずにそのまま移転できるMNP(マイナンバーポータビリティ)を利用した場合も対象です。新規契約やMNPでは、新たにソフトバンク回線を利用するという意味で無条件でクリアとなるでしょう。

さらに、既存のソフトバンクユーザーにも朗報。機種変更も対象となっているので、現在ソフトバンクユーザーであっても、使用している機種を新しい別の機種に変更すれば、同じく学割先生キャンペーンの対象となります。

ただ既存のソフトバンクユーザーが機種変更せずにプラン変更のみ行う場合は対象外となるので注意しましょう。

スマ放題もしくはスマ放題ライトへの加入

音声通話定額の基本プラン「スマ放題」
音声通話定額の基本プラン「スマ放題」

ソフトバンクへの新規契約・機種変更・MNPであれば、どの料金プランでも良いというわけではありません。ソフトバンクの料金プランは、基本料金とデータ料金の2種類で主に構成されています。基本料金の部分については「スマ放題」もしくは「スマ放題ライト」への加入が必要です。

スマ放題は、時間制限なく国内向け音声通話料金が無料となる基本プラン。何分でも何時間でも通話できるので、音声通話利用が多いユーザーはこちらがおすすめです。

対して、スマ放題ライトは、5分以内の国内向け音声通話料金がかからないプランです。1回あたりの通話時間が短いユーザーであれば、こちらのプランが良いでしょう。

データ定額50GB(ウルトラギガモンスター)への加入

学割先生を適用するには、データ料金については、毎月50GBのデータ通信が利用できる「データ定額50(ウルトラギガモンスター)」への加入が必要です。

最近では、YouTubeをはじめとした動画サービスが非常に充実しています。動画サービスの閲覧は通信するのにデータ容量を多く必要とします。家にWi-Fiが設置されておらず、常に携帯回線を使ったデータ通信を利用するようなユーザーであれば、メリットが大きいプランです。

反対に、あまりデータ通信を行わず、数GBもあればデータ容量が足りるという人には少し過剰すぎる内容かもしれません。

2年契約か2年契約(フリープラン)を選択

学割先生を適用する最後の条件は、ソフトバンクとの契約期間。「2年契約」あるいは「2年契約(フリープラン)」での契約が必要となります。

短期的なユーザーではなく、あくまで長期的にソフトバンクと契約するユーザーに対して行われる割り引きサービスであるという側面があります。いわゆる2年縛りで、契約期間内での契約解除は9,500円の解約手数料が発生します。

「2年契約」と「2年契約(フリープラン)」は名称が似ていますが、内容が若干異なります。

「2年契約」は2年ごとに契約が更新されます。24ヶ月間利用後の25ヶ月目と26ヶ月目の更新月では、解約手数料なしで契約を解除できます。縛りがある分、2年契約なしと比較しても割り引き率が高くなっているプランです。

「2年契約(フリープラン)」は、24ヶ月間の契約期間が設定されている部分までは前者と同じです。そして、24ヶ月利用後の更新月が設定されていないので、いつでも解約手数料なしに契約解除できます。ただし、毎月の料金は「2年契約」に比べて300円程度高いです。

契約が長期的になるので、契約期間内の契約解除による高額な解約手数料には十分注意しましょう。

●学割先生の適用条件

・ソフトバンクへの新規契約・機種変更・MNP
・スマ放題もしくはスマ放題ライトへの加入
・データ定額50GB(ウルトラギガモンスター)への加入
・2年契約か2年契約(フリープラン)を選択

家族がソフトバンクと契約すると更におトク

家族加入でさらにおトク
家族加入でさらにおトク

実は毎月1,000円の割り引きだけではもの足りない!と感じている人もいるのでは!?25歳以下もしくは教職員であれば通信料金が割り引きされる学割先生ですが、それに加えて、家族がソフトバンクと契約すると家族追加特典としてさらに1年間にわたり毎月1,000円割り引きされます。
学割先生と家族追加特典を合わせると、合計で毎月2,000円割り引きされることになり、大変おトクです。

家族の対象範囲

家族追加特典の各種条件を以下解説していきます。

ソフトバンクと契約する「家族」は、同居する自身の親や兄弟だけではなく、以下のように対象範囲がさらに広いです。

●「家族」の対象範囲

・同居している家族、親戚
・離れて暮らす家族、親戚
・同居しているパートナー、友人
・シェアハウスなどの仲間

同居でなくても離れて暮らしている親族も対象になっています。さらに、血縁がなくても同居している彼氏や彼女、あるいは友達といった関係の人でも「家族」としての対象になります。シェアハウスの仲間も「家族」扱いとなり、かなり広い範囲となっており、家族追加特典を適用できる機会が多くなります。

家族にも条件がある

毎月1,000円割り引きとなる家族追加特典を受けるには、上記対象となる「家族」側に条件が設定されています。

●「家族」側の各種条件

・「学割先生(家族)」に申し込み
・学生または先生と同一の家族割引グループへの加入、学生または先生を指定
・端末購入を伴う新規契約(MNPやUSIM含む)
・データ容量50GB(ウルトラギガモンスター)への加入
・2年契約あるいは2年契約(フリープラン)のスマ放題あるいはスマ放題ライトへの加入

2年契約の音声通話定額基本プランや50GBのウルトラギガモンスターへの加入は、学割先生適用者と同じ条件です。

重要なポイントとしては、端末購入をして新規契約することがあげられます。すでにソフトバンクユーザーである家族は「家族」としてみなされないので注意しましょう。

また、家族でデータを分け合って使用できるデータシェアは、家族追加特典の対象外です。端末2台持ちでデータ容量を分け合うデータシェアプラスは対象となっています。
条件が少しややこしいですが、重要な点なのでしっかりと抑えておきましょう。

「みんな家族ご紹介キャンペーン」でさらにキャッシュバック

期間限定のキャッシュバックキャンペーンも開催
期間限定のキャッシュバックキャンペーンも開催

さらに、期間限定のキャンペーンとなる「みんな家族ご紹介キャンペーン」では、上記条件の家族を紹介するごとに紹介者へ10,000円キャッシュバックされます。最大5人分で50,000円までキャッシュバック適用となるので、大変おトクな内容です。キャンペーン期間は2018年3月31日までとなっています。

SBの学割:学割先生適用でiPhoneを購入してみた

学割先生適用でソフトバンク版iPhoneを購入時の費用は?
学割先生適用でソフトバンク版iPhoneを購入時の費用は?

スマホデビューあるいは機種変更するなら人気のiPhoneにしたいというユーザーも多いことと思います。ここでは、実際に学割先生を適用してiPhoneを購入した場合の料金についてシュミレーションしてみましょう。

「半額サポート for iPhone」で最新のiPhoneが半額に

iPhoneは本体デザイン、CPU性能、カメラ性能までこだわった高性能端末であるため、本体代金が高額です。特に最新機種モデルであるiPhone Xでは、機種代金合計が10万円を超えてしまうほどの費用が必要です。

iPhoneを購入しつつもなるべく初期費用を抑えたい人のために、ソフトバンクでは「半額サポート for iPhone」という割り引き制度があります。半額サポート for iPhoneを利用すれば実質48回分の24回分費用だけでiPhoneを購入可能です。

48回払いで購入し、端末利用開始後25ヶ月目に新しい端末へ機種変更を行うと、残り24回分の分割金支払いが不要になるという仕組みです。さらに月月割と呼ばれる毎月の割り引き制度により、端末分割金の実質負担額が大きく下がります。端末が高額であるiPhoneでも安心ですね。

学割先生適用+半額サポート for iPhone加入時の費用

では、実際に前項目で解説した半額サポート for iPhoneに加入した場合とそうでない場合を比較して、学割先生でiPhoneを購入した時の料金をみてみましょう。
まずは、学割先生半額サポート for iPhone加入時の費用です。

項目 プラン・キャンペーン 費用
基本料金 スマ放題ライト 1,700円
ウェブ使用料 300円
データ料金 ウルトラギガモンスター
(50GB)
7,000円
端末代金 iPhone 8(64GB)
※半額サポート for iPhone適用 48回払い
1,965円
割り引き 月月割
(24回)
-1,605円
学割先生
(1年間)
-1,020円
合計 8,340円

※新規・MNPで2年契約の場合

毎月の通信費用は8,060円という試算です。新品のiPhoneを購入できて50GBの大容量データ通信を利用できながらも、月々の金額は1万円未満で抑えられます。

ここから、「家族追加特典」を利用するとさらに毎月1,000円割り引き、「みんな家族割」で4人契約すれば毎月2,000円割り引き、ひかり回線も契約する「おうち割 光セット」への加入で毎月1,000円割り引きといったように、条件によっては各種割り引きサービスを受けられ、毎月の通信料金がますますおトクになります。

2年ごとにiPhoneを新しい機種へ変えるという人であれば、半額サポート for iPhoneを利用して学割先生を利用するとおトクということがわかりますね。

ただし、最大半額になるのが、2年間使用したタイミングになるので、1年以内に次回の買い替えや乗り換えの予定がある方、あるいは1つの機種を3年、4年と長く大切に利用される方にはメリットが少ないサービスです。

ライトユーザーならスマホデビュー割

学割先生は1年間にわたり毎月1,020円が割り引きされるおトクなキャンペーンですが、1点ネックであるのが月50GBという大容量データです。

家や学校でWi-Fiをメインで使っている人や、動画コンテンツをそこまで利用しない人であれば、正直50GBというデータ容量はかなり大きく、使いきることは難しいです。使わないのに大きなデータ容量を契約して、通信料金を支払うのはもったいないですよね。

そこで、データ容量のライトユーザー層におすすめしたいのは「スマホデビュー割」です。
ソフトバンクの新規契約あるいは他社からのMNPのりかえの場合、データ容量の縛りがなく、1GBのプランでも割り引き適用できます。毎月の割り引き額は2,420円と大きいです。

機種購入による月月割はありませんが、スマホデビュー割では一部機種が特別価格の実質負担額として設定されています。もちろん、iPhoneシリーズもラインナップされていて、以下の機種が対象です。

iPhone機種 実質負担額
iPhone SE (32GB) 2,000円/月
iPhone 8 (64GB) 2,500円/月
iPhone 8 (256GB) 3,000円/月
iPhone 8 Plus (64GB) 3,000円/月
iPhone 8 Plus (256GB) 3,500円/月

iPhone 8(64GB)を購入した場合、実質負担額2,500円からスマホデビュー割2,420円が割り引きされるので、80円という差額のみ負担になります。これに基本使用料やデータ通信料を足した金額が毎月の通信料金となるので、かなり安く抑えられます。
データ容量を余り使わず50GBも使いきれないという人であれば、スマホデビュー割の適用をおすすめします。

まとめ:この春は「学割先生」でスマホデビュー!

学割先生でスマホデビュー
学割先生でスマホデビュー

InstagramをはじめとしたSNS、ゲームアプリ、動画視聴など、スマートフォンの使い方は無限大です。

●ソフトバンクの「学割先生」キャンペーンがピッタリな人はこんな方!

・これからスマホデビューしたい
・通学あるいは通勤時についついお気に入りのYouTuberを長々と見てしまう
・自宅や外出先でもWi-Fiがなく常に携帯回線でデータ通信を使いたい
・25歳以下か教育関係職限定のおトクな割り引きを受けたい

この春は「学割先生」でスマホデビューしてみてはいかがでしょうか!?

ソフトバンクのスマホを買うならオンラインショップが簡単で便利

ソフトバンクのスマートフォンを購入するのにショップに行って購入する人が多いのではないでしょうか? 詳しく話をきいて購入するのも一つの手ですが、ネットで購入する方法もあるのです
ネットで購入するなら、ショップのように長い待ち時間もありませんし、ショップを探して出かける必要もありません。24時間、好きな時に好きな場所から購入することが出来ます。

ソフトバンク オンラインショップ

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。