OPPO R11sはコスパのいい端末なのか? フラッグシップのiPhone Xと比較してみた

書いた人: でこい

カテゴリ: 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
OPPO R11sはコスパのいい端末なのか? フラッグシップのiPhone Xと比較してみた

中国のスマホメーカー「OPPO」の日本初上陸モデルとなる「R11s」。カメラ性能、スペック、世界トップレベルのスマホシェア率を誇るメーカーのスマホだけに非常に注目を集めています。

今回はそんなR11sと、日本では特に大人気のiPhoneシリーズのフラッグシップモデルであるiPhone Xを比較します。「OPPO R11s」のコスパの良さを検証していきたいと思います。

目次:

大きさの違うディスプレイ・サイズ感を比較

まずは外観を見ていきましょう。

サイズ感の違い
サイズ感の違い

iPhone XとR11sを正面から見てみました。横幅は同じくらいですが、R11sは高さが少しiPhone Xよりも長くなっています。

重ねて横から
重ねて横から
重ねて上から
重ねて上から

重ねてみるとこのよう感じ。iPhone Xは対象的な曲線を描いていますが、R11sは三日月型の形状というのがポイント。若干R11sの方が幅がありますが、持った時の印象はそこまで幅を感じなく持ちにくいということはありません

背面のメインカメラはどちらもデュアルレンズ
背面のメインカメラはどちらもデュアルレンズ

カメラ部分。どちらもダブルレンズカメラとなっていますが、2つのレンズの並びが縦と横で違いますね。また、iPhone Xはフラッシュがカメラ部分に収まっていますが、R11sはカメラ部分の横に配置されています。

R11sを手に持ったところ
R11sを手に持ったところ

R11sを手に持ったところ。6インチディスプレイということでそれなりに大きいですが、クレッセントアークの形状が手にフィットします。重量は約153gとそこまで重たく感じません。

iPhone Xを持ったところ
iPhone Xを持ったところ

iPhone Xを持ったところ。R11sと比べると一回り小さく、持ちやすいです。R11sよりも小さめサイズですが、重量は約174gと結構ずっしりきますね。R11sを持った後に持つと、より重量を感じます。

●iPhone Xを購入するならソフトバンク モバレコ店がお得

iPhone X
iPhone X(64GB)
モバレコ限定キャンペーン実施中

> 詳細はこちら
iPhone X
iPhone X(256GB)
モバレコ限定キャンペーン実施中

> 詳細はこちら

性能面(パフォーマンス)・機能面を比較

まずはスペックを比較してみます。

OPPO R11s」と「iPhone X」のスペック情報
R11s iPhone X
OS ColorOS 3.2(Android 7.1.1 Nougat) iOS 11
サイズ 155.1 × 75.5 × 7.1 mm 146 × 70.9 × 7.7 mm
重量 約153g 約174g
ディスプレイ 約6.01インチ
2,160×1,080ピクセル
有機EL 1,600万色
約5.8インチ
2,436×1,125px
有機EL
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz×4 Kryo 260 + 1.8GHz×4 Kryo 260
A11 Bionic
メモリ 4GB 非公表
ストレージ 64GB 64GB / 256GB
外部ストレージ 最大256GB ×
メインカメラ 2,000万画素+1,600万画素
ƒ/1.7
1,200万画素 ƒ/1.8

1,200万画素 ƒ/2.4
インカメラ 2,000万画素
ƒ/2.0
700万画素
ƒ/2.2
バッテリー 3,205mAh 非公表
SIM nanoSIM
スロット数:2
DSDS
nanoSIM
VoLTE
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ × ×
防水 ×
指紋認証 ×
カラー レッド / シャンパーニュ / ブラック スペースグレイ / シルバー
価格(税抜) 57,980円 64GB:112,800円
256GB:129,800円

10万円オーバーのiPhone XとR11s、スペックを並べるとこんな感じです。iPhone Xが高いと思うか、R11sが安いと思うかってところですが、R11sの健闘ぶりはご覧の通り。

基本的な性能はiPhone Xと十分に戦える感じですし、カメラも画素数やF値ではiPhone Xに勝っています。ストレージもmicro SDで拡張できるので柔軟ですよね。マニアックなところでいうと、R11sはデュアルSIMで、かつDSDSなので複数SIMでの運用を考えている人には嬉しいのではないでしょうか。

一方で、おサイフケータイや防水機能、ワイヤレス充電など、生活面での使い勝手の部分ではiPhone Xが有利かなと思います。おサイフケータイは一度使ってしまうとキャッシュレスに加速がかかります。

UI / OSの使い勝手を比較

R11sのホーム画面
R11sのホーム画面
iPhone Xのホーム画面
iPhone Xのホーム画面

OPPO R11sは、Android 7.1をベースにしたオリジナルの「ColorOS 3.2」を搭載しています。

R11sのコントロールセンターとアプリスイッチャーR11sのコントロールセンターとアプリスイッチャー
R11sのコントロールセンターとアプリスイッチャー
iPhone XのコントロールセンターとアプリスイッチャーiPhone Xのコントロールセンターとアプリスイッチャー
iPhone Xのコントロールセンターとアプリスイッチャー

画面を下からスワイプアップするとディスプレイの輝度変更やWi-FiのON/OFFするコントロールセンター、画面を上からスワイプダウンすると表示される通知センター、サムネイルが横並びに表示されるアプリスイッチャーなど、パッと見た印象はAndroidをiOSに寄せたようなデザインという印象。

しかし、好きなウィジェットを画面上に配置できたりといったところはAndroidのいいところですね。

ジェスチャー機能などは便利ジェスチャー機能などは便利
ジェスチャー機能などは便利

また、本体を持ち上げるだけで画面をオンにしたり、3本指でスワイプするとスクリーンショットが撮れるショートカット、画面オフ時にディスプレイ上に文字を描いてカメラやフラッシュライトを起動したりするジェスチャー機能も搭載しています。

iOSを意識しつつも、追加機能を盛り込んで使い勝手を上げています

認証機能を比較

iPhone のFace ID
iPhone のFace ID

iPhone X、R11sともに顔認証機能を搭載。iPhone Xは顔の凹凸までも認識して本人を認識し、Apple Payやおサイフケータイのような決済機能にも対応しています。

R11sはインカメラを使用し、128ポイントで顔の特徴を認識することで0.08秒の高速認証を実現。前述した持ち上げて画面オンと併用すると、非常にスムーズにロックを解除することができます。iPhone Xの場合は認証してから画面をスワイプしないとホーム画面に到達できないので、微妙にラグを感じますが、R11sはそれがほとんどありませんでした。

両者ともメガネぐらいであれば問題なく認証されましたが、マスクをしてしまうと顔認証は不可能でした。

顔認証と合わせて指紋認証もできる
顔認証と合わせて指紋認証もできる

しかし、R11sの場合は背面に指紋センサーを搭載しているため、指紋認証でのロック解除も可能。顔認証と指紋認証の併用は、iPhone Xを使っていても切望していたので、それが使えるのはとても便利だなと感じます。

ディスプレイ性能の比較

ディスプレイ、iPhone X(左)OPPO R11s(右)
ディスプレイ、iPhone X(左)OPPO R11s(右)

iPhone X、R11sともにフルスクリーンディスプレイを採用して画面占有率が高いです。iPhone Xは上下もギリギリまでディスプレイにしているため、上部に切り欠き(ノッチ)が存在しています。

どちらも有機ELディスプレイを採用しているため、発色もよく、黒がしっかり黒いのが特徴。

画面占有率の高いiPhone Xの方が、動画コンテンツを視聴するときは没入感がありますが、やはりノッチの存在が気になってしまいますね。割り切って上下にベゼルを設けるほうがコンテンツの邪魔をしないので見やすいかもしれません。

カメラ性能を比較

カメラ性能を比較
カメラ性能を比較

R11sは“カメラフォン”と謳われるように「カメラ」が最大の特徴。Appleの贈るフラッグシップのiPhone Xのカメラとどれくらい差があるのか、作例と一緒に見ていきましょう。

左がOPPO R11s、右がiPhone Xの作例です。タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 長瀞の風景カメラ比較:iPhone Xにて撮影 長瀞の風景
長瀞の風景

R11sの方が解像度が高いので、細かいところを見るとその差がでてきますね。とはいえどちらも写りが悪いわけではないです。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 濡れた花カメラ比較:iPhone Xにて撮影 濡れた花
濡れた花

色味が全然違いますね。iPhone Xの方が暖色寄りに写っています。ここでもR11sの高解像度が活きているきがします。なんとなく、iPhone Xのほうがのっぺりしているような印象。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 牛タンたれ焼きカメラ比較:iPhone Xにて撮影 牛タンたれ焼き
牛タンたれ焼き

こちらもiPhone Xの方が暖色めに写っていて、食べ物であればこれくらいのほうが美味しく見えますね。R11sはピント部分はしっかり解像されていますが、画面端(特に左側)は、ボケというよりも潰れてしまっているようにも見えます。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 高層ビルカメラ比較:iPhone Xにて撮影 高層ビル
高層ビル

夜に高層ビルを撮影。iPhone Xの方が全体的に明るく写せています。しかし、同時にノイズもiPhone Xの方が多いかなという感じがします。

Exifをみると、R11sで撮ったものがISO1141でiPhone Xで撮ったものがISO 80でした。かなり高感度で撮影したにもかかわらず、ノイズが少ないのはすごいですね

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 オリオンビールの提灯カメラ比較:iPhone Xにて撮影 オリオンビールの提灯
オリオンビールの提灯

提灯の明るさに露出を合わせて撮影。このときR11sはHDRを有効にしていませんが、iPhone Xよりも黒つぶれが少なく撮れています。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 夜の東京駅カメラ比較:iPhone Xにて撮影 夜の東京駅
夜の東京駅

どちらもキレイに撮れていますね。東京駅のドーム型の天井部分に注目するとR11sの方はディティールを失ってしまっているように見えます。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 東京駅を正面からカメラ比較:iPhone Xにて撮影 東京駅を正面から
東京駅を正面から

スマホのカメラではかなり厳しい環境ですが、どちらも見れないことはない、くらいは撮れています。iPhone Xの方が全体的に明るく写っています。ビルの写真とは逆に、R11sの方がノイズが乗っている感じがしますね。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 無理を承知でズームカメラ比較:iPhone Xにて撮影 無理を承知でズーム
無理を承知でズーム

2倍ズームにしたらかなりしんどそうに写ってしまいました。iPhone Xの方がギリギリディティールを保てているかな?という写りですね。

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 雛人形でポートレートカメラ比較:iPhone Xにて撮影 雛人形でポートレート
雛人形でポートレート

どちらも背景にボケをつけるポートレートモードを搭載。人を撮るときだけでなく、料理を撮るときなんかでも被写体を際立たせてくれていい感じです。そもそも顔の部分が小さい、背景と色が似ているなど、ポートレートモードに対しては厳し目な条件でとりました。

R11sの方はお内裏様の顔の右側が背景と同化してしまっていて、iPhone Xはお内裏様の両耳が消えています。とはいえこの環境にしてはどちらも頑張ったなと思いますね。

ボケの量という観点だと、iPhone Xに分があるかなという印象です

カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 HDRオフ
HDRオフ
カメラ比較:OPPO R11sにて撮影 HDRオン
HDRオン

iPhone XはデフォルトだとHDRが自動になっているのであまり意識することはないですが、R11sでHDRあり/なしでどれくらい差がでるかみてみましょう

対岸の岩肌が特に顕著ですね。HDRオフだと全体的に白飛びしてしまっていますが、HDRをオンにすると地層がしっかり見えているかと思います。

特に風景なんかだと明暗差が激しいことがあるので、そういった場面ではHDRをオンにしたほうが全体的な明暗のバランスがいい写真を撮ることができますよ。

両者で撮った写真を大きな画面で見ると結構差があるなという感じはしますが、スマホでサムネイルサイズで見るならほとんど気にならないような差ですし、どちらも十分綺麗に写真が撮れるので、気軽にパシャパシャしたくなりますね

OPPO R11sのカメラUI
OPPO R11sのカメラUI
iPhone XのカメラUI
iPhone XのカメラUI

また、カメラアプリのUIはほぼそのまんまiOSという用な感じなので、iPhoneを使っていた人なら違和感なく使えると思います。

まとめ:OPPO R11sはコスパのいいスマホか?

まとめ:OPPO R11sはコスパのいいスマホか?

フラッグシップのiPhone XとミドルレンジのR11s。価格はiPhone Xが64GBで112,800円、R11sが57,980円(どちらも税抜)と、ほぼ倍の価格差があります。

iPhone Xの半額とはいえ、R11sはスペックも普段遣いにはなんの問題もないですし、生体認証の使い勝手やカメラなどiPhone Xより優れているなと感じる部分もありました。

正直これはコスパがいいと言わざるを得ないな、というのが使ってみての感想です。

しかし、おサイフケータイや防水など、国内キャリアのスマホであれば当たり前に搭載されているようなものがないという部分は割り切る必要があります。

iPhone Xは価格こそ高いですが、おサイフケータイや防水など日常使いで便利な機能を搭載していますし、UIの統一感など全体的なバランスはいいと感じました。そういった部分が価格にも反映されているのかなぁと思えば高い理由もわからなくもない…と言えるかもしれません(高すぎる気はしますが)。

おサイフケータイは使わないからそんなに高くなくてスペックがそこそこでキレイな写真が撮れるスマホがいい!という言う人には、このOPPO R11sはオススメできると思います

iPhone X / iPhone 8 / 8 Plusをおトクに買う方法

ソフトバンク モバレコ店

iPhoneを買うなら、SoftBank モバレコ店を利用するとおトクに購入できます。さらにモバレコ限定のキャンペーンも開催中です!ぜひ、この機会に一度チェックしてみてください!

★SoftBank モバレコ店のメリット★

・忙しい方でも大丈夫!オンラインで24時間いつでも申し込み・機種変更が可能
・申し込み後は自宅で受け取りができて便利
・余計なオプションは入らずに月々の料金もスッキリ
・公式キャンペーンとSoftBank モバレコ店のキャンペーンが使える

機種 容量 販売サイトへ
★モバレコ限定キャンペーン実施中★
iPhone X
iPhone X(64GB)
64GB >詳細はこちら
iPhone X
iPhone X(256GB)
256GB >詳細はこちら
iPhone 8
iPhone 8(64GB)
64GB >詳細はこちら
iPhone 8
iPhone 8(256GB)
256GB >詳細はこちら
iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plus(64GB)
64GB >詳細はこちら
iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plus(256GB)
256GB >詳細はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。