FREETEL Priori 5を買ったらまず確認・設定しておきたい8つのこと

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
FREETEL Priori 5を買ったらまず確認・設定しておきたい8つのこと

MAYA SYSTEMのFREETELブランドのスマートフォン「Priori 5」を購入したらはじめに確認・設定しておきたいポイントを8つ紹介します

機能がシンプルなPriori 5を“シンプルかつ便利”に使うためにも、ぜひチェックしてみてください。

目次:

1. カードスロットの場所を確認する

はじめにSIMカードを挿し込むカードスロットの場所を確認。

Priori 5は背面パネルが取り外せる設計で、カードスロットもカバーの下に設置されています。

背面左下の溝からパネルをめくり外す
背面左下の溝からパネルをめくり外す
端から持ち上げるとパネルはかんたんに外せる
端から持ち上げるとパネルはかんたんに外せる
SIMカードスロットが2つ、SDカードスロットが1つ。計3つのスロットがある
SIMカードスロットが2つ、SDカードスロットが1つ。計3つのスロットがある

カードを挿し込む際は表裏と手前奥の向きに注意。スロットの周囲にイラストがデザインされているので、それと同じ向きになるように挿し込みましょう。

カードを取り出す際はやや細かな作業が必要。ピンセットなどを用意しておくと、イライラを感じずよいかもしれませんね。

2. APN情報を設定する

SIMカードを挿し、電源をオン。初回起動時の設定を終えたら、次はSIMカードでの通信に必要なAPN情報を設定します。

Priori 5 設定:APN情報を設定するPriori 5 設定:APN情報を設定する
設定画面から【SIMカードとモバイル通信】→【モバイルネットワーク設定】の順に選択
Priori 5 設定:APN情報を設定する
設定するSIMカードを挿したスロットを選び【アクセスポイント名】をタップ

APN情報は初期状態でも登録されているものがいくつか。SIMカード(回線)を契約した事業者から指定されたものがあらかじめ登録されていれば、それを選ぶだけですぐ通信ができる状態になります。

今回は使いたいものが見つからなかった前提で、手動でAPN情報を登録していきます。

Priori 5 設定:APN情報を設定する
右上の+(プラス)マークから新規登録画面に進む
Priori 5 設定:APN情報を設定する
APN情報の新規登録画面。事業者から指定された情報“のみ”入力していく
Priori 5 設定:APN情報を設定する
必要な情報を入力し終えたら、右上のメニューボタンから忘れず【保存】する
Priori 5 設定:APN情報を設定する
APN情報のリスト画面に戻る。手動で登録したAPN情報を選ぶと通信ができるように

使いたいAPN情報を手動入力して選んだものの通信ができない。そんな場合は入力した内容に誤りがないかを確認してみましょう。

なおPriori 5にはSIMカードスロットが2つ搭載されており、データ通信に使用するSIMカード(回線)は切り替えて使うことも可能です。この場合APN情報はスロットごとに設定する必要があるため、同じ流れで登録していきましょう。

Priori 5 設定:APN情報を設定する
SIMカードスロット2を設定する場合も手順はほぼ変わらない

3. 優先使用するSIMカード(スロット)を選ぶ

SIMカードを2枚同時に挿して使う場合には「モバイルデータ通信」「音声通話発信」「SMSメッセージ送信」時に優先して使うSIMカードが選べます。この設定も忘れず済ませておきましょう。

Priori 5 設定:優先使用するSIMカード(スロット)を選ぶ
設定画面から【SIMカードとモバイル通信】を選び【優先SIM】の欄を見直す
Priori 5 設定:優先使用するSIMカード(スロット)を選ぶ
モバイルデータ通信に使うSIMは2枚のSIMから必ず1枚を選ぶ必要あり
Priori 5 設定:優先使用するSIMカード(スロット)を選ぶ
音声通話発信とSMSメッセージはかける(送る)際に都度選ぶという設定も可能

4. データ使用量を管理する

セットで使うSIMカード(回線)には、契約したプランに「1ヶ月でどのくらい高速データ通信を利用できるか」の容量が設定されているはず。月半ばで設定されたデータ通信容量を超えてしまうと、そこからは通信速度が制限されてしまうため注意が必要です。

そこで毎月ストレス無く月末まで使うためにも、ぜひ覚えておきたいのがデータ使用量の集計機能。事前に設定しておけば、データ使用量が指定値に到達した際に通知を出してくれるなど、意図しない使いすぎを予防できます。

Priori 5 設定:データ使用量を管理するPriori 5 設定:データ使用量を管理する
Priori 5 設定:データ使用量を管理する
設定画面から【データ使用量】→【請求期間】→【請求期間】と進む
Priori 5 設定:データ使用量を管理する
ほとんどのSIMカードは契約期間が1日~月末締め。この場合リセット日は「1日」にすればOK
Priori 5 設定:データ使用量を管理する
次は設定画面から【データ使用量】→【請求期間】→【データ警告】と進む
Priori 5 設定:データ使用量を管理する
ここで値を指定すれば、データ使用量がこの値に到達した段階で警告通知が表示され「気が付かいないうちに使いすぎた」という事態を予防できる

データ使用量の集計機能はAndroid OSが標準機能として備えているもの。設定方法を一度覚えてしまえば、今後別のAndroidスマホに機種変更した際にも知識として使えます。

なおPriori 5の場合、SIMカードを同時に2枚挿して使い分ける際にはデータ使用量の集計はSIMカードごとにおこなわれます。必要であれば各SIMカードに対して設定を済ませておきましょう。

Priori 5 設定:データ使用量を管理する
よく見ると同じ項目が2つ(2スロット分)並んでいる

5. FREETEL UIをより使いやすくカスタムする

直近のFREETELスマホに共通する特徴といえば、独自設計のユーザーインターフェース「FREETEL UI」を採用していること。操作画面のデザインが一般的なAndroidと異なるため、向き・不向きがある点は覚えておくべき。

そこで自分がより使いやすいPriori 5を目指して、設定をカスタマイズしてみましょう。

Priori 5 設定:FREETEL UIをより使いやすくカスタムするPriori 5 設定:FREETEL UIをより使いやすくカスタムする
設定画面から【FREETEL UI】を開き、設定画面へ

ホームアプリを変える

初期状態だとインストールしたアプリがホーム画面上にずらりと並ぶ設計。しかし「ホーム画面は必要なアプリだけ配置したい」「これまで使っていたAndroidスマホと勝手が異なり好みでない」ということもあるかもしれません。

もし使い勝手が合わないと感じたならば、【ホーム】からデザインを変更してみましょう。

Priori 5 設定:ホームアプリを変える
ホーム画面のデザインを変える場合は【ホーム】を選ぶ
Priori 5 設定:ホームアプリを変えるPriori 5 設定:ホームアプリを変える
初期状態で選択されたFREETEL launcherではホーム画面にアプリがずらり並ぶ
Priori 5 設定:ホームアプリを変えるPriori 5 設定:ホームアプリを変える
Android UIを選ぶとホーム画面はスッキリ。別にアプリの一覧画面が追加される

ナビゲーションキーの配置を変える

Androidデバイスの操作に欠かせない、画面下に配置された「ホーム」「戻る」「アプリ履歴」という3つのキー。Priori 5ではこのレイアウト(並び順)も変更できます。

Priori 5 設定:ホームアプリを変える
キーのレイアウト変更は【ナビゲーションキー】から
Priori 5 設定:ホームアプリを変える
選んだ並びがそのまますぐ、画面上に反映される
Priori 5 設定:ホームアプリを変えるPriori 5 設定:ホームアプリを変える
ホームキーへの「長押し」「タブルタップ」操作には別機能も割当できる

スワイプアップランチャーの無効化・有効化する

FREETEL UIの目立つ特徴のひとつがスワイプアップランチャー。Wi-FiやBluetooth、画面の向きといった設定項目のオン/オフボタンは画面下から呼び出します。

Priori 5 設定:スワイプアップランチャーの無効化・有効化する
クイック設定パネルは画面下から呼び出す設計のスワイプアップランチャー

この機能も一般的なAndroidデバイスであれば画面上から呼び出すため、人によって慣れないと感じることもあるでしょう。実はスワイプアップランチャーも無効化することが可能です。

Priori 5 設定:スワイプアップランチャーの無効化・有効化する
【スワイプアップランチャー】からスイッチをオン/オフすると、有効化/無効化できる
Priori 5 設定:スワイプアップランチャーの無効化・有効化するPriori 5 設定:スワイプアップランチャーの無効化・有効化する
スワイプアップランチャーが有効な場合、通知は画面上から、クイック設定パネルは画面下から呼び出す
Priori 5 設定:スワイプアップランチャーの無効化・有効化する
スワイプアップランチャーを無効にすると通知とクイック設定パネルいずれも画面上から呼び出せる

ブルーライトカット機能を設定する

Priori 5では就寝前のスマホ操作時にもありがたい、ブルーライトのカット機能が備わっています。このオン/オフ切り替えもFREETEL UIの設定画面でおこないます。

Priori 5 設定:ブルーライトカット機能を設定する
【ブルーライトプロテクター】がブルーライトカット機能の設定画面
Priori 5 設定:ブルーライトカット機能を設定する
手動でのオン/オフ、時間帯を指定しての自動オン/オフが設定できる
Priori 5 設定:ブルーライトカット機能を設定する
Priori 5 設定:ブルーライトカット機能を設定する
通常時(1枚目の写真)とブルーライトカット時(2枚目の写真)

6. 通知音を変更する

FREETELブランドのスマホでは過去機種にて「和風」テイストを強く打ち出した機種を多く展開。その影響もあり、通知音として使える音源にも手鼓(てつづみ)など和風楽器のサウンドが含まれています。

ただこのあたりは好みが分かれるポイント。出先で「ポンッ(手鼓の音)」となって「えっ」となるシーンもあるかもしれません(笑)必要に応じて通知音も見直ししておきましょう。

Priori 5 設定:通知音を変更する
設定画面から【音と通知】を選ぶと「着信音」「通知音」「アラーム音」を変更できる
Priori 5 設定:通知音を変更するPriori 5 設定:通知音を変更する
ひとつずつ選んでみるとサウンドを試聴できるので、好みのものに変えてしまおう

7. 端末最適化/電源管理の操作方法を確認する

スペックが決して高いとはいえないPriori 5。限られたリソースを有効活用するためにも、定期的に端末の中身は最適化し、ストレス無く使える状態を保ちたいところ。

そこで有効なのが「端末最適化」機能。またあわせて電源管理(バッテリー動作モード)の切り替え方も確認しておき、いざというときに備えましょう。

Priori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認する
「Phone Manager」アプリに最適化機能が含まれている
Priori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認するPriori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認する
Priori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認する
【クリーンアップ開始】を選ぶと最適化が開始される。所要時間も短い
Priori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認するPriori 5 設定:端末最適化/電源管理の操作方法を確認する
【電源管理】を選ぶと動作モードも変更できる。バッテリー残量が少ない場合などに覚えておくと役に立つ

8. カメラまわりの設定を見直す

スマホでとくによく使う機能といえばカメラ。Priori 5のカメラは性能・機能ともにシンプルですが、いくつか事前に設定しておくとより便利に使えるようになる項目があります。

電源キーで素早く起動できるようにする

まずはカメラの起動方法。通常はアプリ一覧からカメラを探して起動しますが、電源キーの2度押しだけで素早く起動することも可能です。

Priori 5 設定:電源キーでカメラを素早く起動できるようにするPriori 5 設定:電源キーでカメラを素早く起動できるようにする
設定画面から【ユーザー補助】を選び【カメラの起動】をオンに。これで素早く起動できる

撮影音の消音/ガイド線を表示させる

シーンを問わず、シンプルかつ便利にカメラを使うなら「撮影音の消音」「ガイド線(グリッド線)の表示」も設定しておきましょう。

Priori 5 設定:撮影音の消音/ガイド線を表示させるPriori 5 設定:撮影音の消音/ガイド線を表示させる
カメラを起動。撮影画面上の歯車アイコンから設定画面を開く
Priori 5 設定:撮影音の消音/ガイド線を表示させる
【シャッター音】をオフ、【グリッド】をオンに変更する

使い方まとめ:シンプルかつ便利に使うためにも初期設定を見直そう

デザインも機能もシンプル、そして手頃な価格が魅力のPriori 5。

シンプルさを最大限活かすためにも“シンプルかつ便利”に使える準備、すなわち初期設定の見直しはあらかじめ済ませておくべきです

今回紹介した内容を参考に、ぜひ自分がより快適に使える設定を施してみましょう。

FREETEL Priori 5
FREETEL Priori 5

FREETEL Priori 5
・選べるバックカバーが7色ついてる!
・DSDS対応
・お値段20,000円以下

販売価格:15,656円(税込)

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。