キヤノン、法人向けにデータ通信SIMを提供 複数枚の契約で通信量をシェアできる

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
キャノン

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、12月9日から法人市場向けのLTEデータ通信SIMの提供を開始しました。

料金プラン

主な料金プランは以下の通りです。

定額プランL 1G 定額プランL 7G 定額プランライト 定額プレンライト:いちねん
通信速度 LTE
上り 50Mbps
下り150Mbps
LTE
上り 50Mbps
下り150Mbps
LTE
上り256kbps
下り256kbps
LTE
上り256kbps
下り256kbps
高速通信容量 1GB/月 7GB/月
月額(税別) 3,800円 5,500円 900円 10,000円(年額)

登録手数料が3,000円かかります。また、すべての料金プランの月額に、別途ユニバーサルサービス料が3円加算されます。2014年12月10日時点では高速データ通信量を使い切ったときのオプションとして高速通信を購入するようなサービスはありません。

オプション

オプションとして

  • データシェアオプション
  • Biz+サービス

が用意されています。

データシェアオプション

データシェアオプションは1契約20,000円(税別)で、定額プランL 7GBを複数購入した時に利用できます。

例えば10回線を契約しますと合計で70GB分のデータ通信が利用できますが、それを契約した10枚のSIMの利用者でシェアして利用できるようにするものです。
これによりデータ通信量の多い利用者が7GBを超えてデータ通信を行うことが可能になります。ただしそれでも最大10GBの利用制限があり、その後は月内は256kbpsに速度が制限されます。

Biz+サービス

Biz+サービスは、そのSIMでデータ通信をできる接続先を指定できる管理オプションです。
これにより、特定のサーバーへのみ接続できる回線を用意する、業務に関係のないサイトへのアクセスを封じるなどの管理が行えます。

低コストなLTEデータ通信SIMをビジネス市場向けに提供開始 | Canon

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp