BIGLOBEモバイルでテザリングを使ってみよう!テザリングにおすすめのプランや注意点も徹底解説

書いた人: Jetstream

カテゴリ: BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのお得なキャンペーン情報

2021年4月1日より
新料金プランが提供開始

  • 新規もMNPもOK!クーポンコード「SMC」3,000円相当のポイント進呈
  • 音声通話SIMのお申込みで月額基本料金が
    1年間1GB/770円~
  • 音声通話SIMと対象スマホを一緒に購入すると最大20,000円分のポイント還元

キャリアに引けを取らない大容量プランも登場し、大手キャリアよりも安い料金プランに注目が集まっているMVNO(格安SIM)

テザリング運用を目的に格安SIMを検討されているユーザーも多いことと思います。

大手キャリアでは一部のプランでテザリングオプションの手数料が発生するところ、MVNO(格安SIM)では無料で利用できる点も大きなメリットです。

今回の記事ではインターネットサービスの老舗「ビッグローブ」が提供する格安SIMサービス、「BIGLOBEモバイル」でのテザリング運用について解説していきたいと思います。

特にBIGLOBEモバイルはYouTubeやApple Musicといった特定のエンターテイメントサービスの通信料が掛からない「エンタメフリー・オプション」が特徴です。

このエンタメフリー・オプションがテザリング時でも効力を発揮するのか?という点も実際に検証していますので、注目してご覧ください。

今さら聞けないテザリングの基礎知識

外出先でのネット使用に便利な機能ですが、「使ったことが無い」「どういう機能かわからない」という方も意外に多いのではないでしょうか?

そんな人のために、はじめにテザリング機能の基礎知識をおさらいしていきましょう。

テザリング機能とは?

簡単に説明すると、テザリングとはスマホ本体を「WiFiルータ」のように活用する機能のこと。スマホの電波を使って、外出先でノートパソコンやゲーム機などをネットに繋ぐことができます。

もちろんスマホで契約しているネット回線を他のデバイスに繋ぐ形になるので、使用した容量(パケット)はスマホ本体で使用したものとして消費されます。

テザリングには3種類の方法がある

テザリングには「WiFiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」という3種類の接続方法があります。

それぞれに、メリット・デメリットがあるので、用途によって使い分けることで快適に利用できるでしょう。

●WiFiテザリング

もっとも一般的に使われている接続方法が、Wi-Fiテザリングです。
スマホ本体で契約している回線のネットワークを中継する「ルータ」としてスマホ本体を活用し、別の端末でもネットが使えるようにWiFiを飛ばします。
パスワードや接続先名の変更も手軽に行えるため、セキュリティが気になる人も安心して利用できます

●Bluetoothテザリング

スマホ本体を、ネットに接続させたい機器とBluetoothでペアリングする方法です。
使い始めるまでにひと手間かかりますが、スマホのバッテリー消費を大きく抑えられるメリットがあります。
しかし、Bluetoothの通信規格でデータのやり取りをするため、通信速度が大幅に落ちてしまうという大きなデメリットも。
「速度よりも電池持ちを優先したい!」という状況に適している接続方法です。

●USBテザリング

スマホとPCなどの端末を、USBケーブルで繋いでテザリングする接続方法です。
USBケーブルで繋ぐため、テザリングを利用すると同時にスマホ本体を充電することができます。
また、ケーブルを使ってしっかりと接続するため、安定した通信速度が一番出やすい方法でもあります。

BIGLOBEモバイルはテザリングを無料で利用できる!

BIGLOBEモバイルはテザリングを無料で利用できる!

BIGLOBEモバイルのSIMでも他の格安SIM同様、無料でテザリングを利用することができます

以前au回線を利用するタイプAでは、iPhoneやiPadでのテザリングを利用することはできませんでしたが、2018年11月5日より利用できるようになりました。

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用するメリット

では、BIGLOBEモバイルでテザリング機能を利用する際どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下にメリットをまとめました。

●メリット

・大容量プランがありテザリングを活用しやすい
・エンタメフリー・オプションで対象サービスを無制限利用できる
・余ったパケットは翌月へ繰り越しが可能

BIGLOBEモバイルの料金プランは1~30GBまでの6種類のデータ容量から選択できます。

テザリング時は電波を飛ばす元となるスマホのデータ通信量が消費されることになるので、あまり少ないデータ容量だとすぐに速度制限にかかってしまいますが、契約しているプラン内で収まる消費量であれば、追加のプラン料金なども不要です。

その点BIGLOBEモバイルには大容量の20GB・30GBという容量も選択できるため、テザリング利用に向いているといえるでしょう。

また、YouTubeやSpotify、AWAなどの対象サービスのデータ消費量がゼロになる「カウントフリー・オプション」はBIGLOBEモバイルの目玉。

本体のスマホ契約でエンタメフリー・オプションに加入していれば、テザリング先の端末でも対象サービスをカウントフリーで利用できます

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用する際の注意点

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用するメリットに続いて、注意点も解説します。

●注意点

・動作確認済みの端末かどうかを事前に確認する
・複数台端末・複数アプリでの同時利用はエンタメフリー・オプション対象外となる
・タイプA(au回線)では直近3日間のデータ使用量が6GBを超えた場合、速度制限にかけられることがある

SIM契約の際にも出てくる注意点ですが、使用する端末によっては動作確認済みでもテザリングは利用できない場合があります。

基本的に発売されて日が浅い、新しい端末であればテザリングも利用可能な場合が多いですが、念のためBIGLOBEモバイル 動作確認端末にてテザリングの使用可否も確認しておくことをお勧めします。

また、メリットの部分でもご紹介したエンタメフリー・オプションですが、複数台端末・複数アプリで同時で利用すると、カウントフリー対象外になってしまいます。

例えば、本体のスマホとテザリングを繋ぐスマホの両方でYouTube等を利用する場合、複数台端末・複数アプリでの同時利用になってしまうため、カウントフリー対象外になります。

加えて、BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)では、直近3日間のデータ使用量が6GBを超えた場合に速度制限にかけられることがあるので、大容量プランを契約していてもこの点は注意が必要です。

これらさえ注意すれば、追加でモバイルルーターを持ち歩く必要もなく、テザリングでデータ通信をシェアして運用することができるので、荷物も運用費用も減らすことができ便利です。

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用してみた

実際にテザリングを利用してみる
実際にテザリングを利用してみる

ではBIGLOBEモバイルでテザリング(Wi-Fiテザリング)を利用してみます。

テザリングの設定はSIMを挿している機種にもよりますが、基本的にはネットワーク名となる「SSID」と、セキュリティコードとなる「パスワード」を事前に設定して、接続する端末でテザリング開始後にSSIDを探しつつパスワードを入力して接続する方式となります。

パスワードを設定せずにオープンな状態でテザリングを行うことも可能は可能ですが、その場合、電波を掴める位置にいる見ず知らずの人まで接続できてしまいます。

データ通信量を泥棒されてしまう可能性もあるので、必ずセキュリティ設定を行って、自身かその設定を知っている人しか接続できないようにしましょう

Wi-Fiテザリングは必ずセキュリティ設定推奨
Wi-Fiテザリングは必ずセキュリティ設定推奨

セキュリティ設定を行ったら、あとはテザリングをONにするだけです。機種によってはクイックセッティングからワンタッチで開始することができます。

ちなみに今回はXperia Z4 TabletにBIGLOBEモバイルを挿してテザリングを行ってみます。

クイック設定からワンタッチでテザリング開始
クイック設定からワンタッチでテザリング開始

Xperia Z4 TabletのテザリングをONにしたら、接続する端末のWi-Fi設定からSSIDを探してタッチし、パスワードを入力します。すると認証が開始されて接続されます。

一度接続したらSSIDやパスワードを変更するまでは再設定不要で、次回から自動で接続されるようになります。もちろん電波を発信する端末のテザリングがONになった場合です。

受信側はSSIDを検索してパスワードを入力
受信側はSSIDを検索してパスワードを入力

テザリングの利用はとても簡単です。格安SIMの場合はテザリング手数料不要で、お得に利用できるのでコスパが良いですよね。

まBIGLOBEモバイルではiOSとAndroid向けに、ほぼリアルタイムなデータ通信使用量が確認できるアプリ「My BIGLOBE」も配信されているので、アプリから簡単に残りのデータ使用量を確認することもできます。

アプリから簡単にほぼリアルタイムはデータ使用量を確認可能
アプリから簡単にほぼリアルタイムはデータ使用量を確認可能

BIGLOBEモバイルでのテザリングにおすすめのプランは?

テザリングを前提にBIGLOBEモバイルを契約する場合、どのプランがいいのか迷いますよね。

もちろん大容量に越したことはないですが、データ容量を速度制限なく、さらに無駄なく使用できるプランを選択するのが無難です。

BIGLOBEモバイルは月ごとにプランを変更することができるので、1ヶ月程度使ってみてデータ使用量を確認してから最適なプランに変更するというのもオススメ。

またBIGLOBEモバイルは前月の余ったデータ使用量を翌月に繰り越すことができる「データ繰り越し」機能もあるので、このあたりも考慮すると良いでしょう。

●BIGLOBEモバイル料金プラン

音声通話SIM
(タイプD / A)
SMS機能付き
データSIM
(タイプD / A)
データSIM
(タイプD)
1ギガプラン 1,078円
3ギガプラン 1,320円 1,122円 990円
6ギガプラン 1,870円 1,727円 1,595円
12ギガプラン 3,740円 3,102円 2,970円
20ギガプラン 5,720円 5,082円 4,950円
30ギガプラン 8,195円 7,557円 7,425円
エンタメフリー
オプション
308円
※3ギガプラン以上
1,078円
※3ギガプラン以上

※価格はすべて税込

BIGLOBEモバイルのテザリングは音声通話SIM・SMS付データSIM・SMSなしデータSIM問わずに利用することができます。

<テザリング想定シーン>

テザリングシーン
1ギガプラン ※テザリング運用はオススメできない
3ギガプラン エンタメフリー・オプション活用
6ギガプラン 地図アプリやブラウジング
12ギガプラン エンタメフリー・オプション対象外の動画・音楽サービスも利用
20ギガプラン
30ギガプラン

ここで注意しなくてはいけないのは、エンタメフリー・オプションの有無です。

エンタメフリー・オプションは3ギガプラン以降でないと利用できないので、音声通話SIMの場合に1ギガプランに下げてしまうと、エンタメフリー・オプションが解約となるので注意してください。

ちなみに、エンタメフリー・オプションでカウントフリーとなるエンターテイメントサービスについては、通信量がカウントされない仕様となっていて、タイプAの直近3日間速度制限の心配なく、対象サービスが使い放題です。

音声通話SIM特典で
1年間3GB/770円~!

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションはテザリングで利用できる?

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションはテザリングで利用できる?

BIGLOBEモバイル最大の特徴となる「エンタメフリー・オプション」は、対象のエンターテイメントサービスのデータ消費量がカウントされないサービスとなります。

ではこのカウントフリーは、テザリング運用時に接続している他の端末でも、対象サービスの使用にあたってカウントフリーとなるのでしょうか?

実際に検証してみました。

Xperia Z4 Tabletに、エンタメフリー・オプションを契約しているタイプAの3ギガプランSIMを挿して、テザリングをONに。

そのWi-Fi電波をGoogle Home Miniで受信して、Apple Musicのストリーミング再生を利用してみます。この際にもカウントフリーとなるのでしょうか。

実際に検証してみた
実際に検証してみた
Google Home MiniでXperia Z4 Tabletのテザリング(Wi-Fi)電波を受信するようにアプリで設定
Google Home MiniでXperia Z4 Tabletのテザリング(Wi-Fi)電波を受信するようにアプリで設定

カウントフリーになるかどうかは、Xperia Z4 TabletにインストールしたBIGLOBEモバイルアプリで確認するという流れです。

回線 BIGLOBEモバイル タイプA
3ギガプラン(3GB)
+
エンタメフリー・オプション
テザリング発信機種 Xperia Z4 Tablet
テザリング受信機種 Google Home Mini
使用アプリ Apple Music

某日13時30分ごろよりXperia Z4 Tabletでテザリングを開始し、テザリングのWi-Fi電波を受信するGoogle Home MiniにてApple Musicの楽曲を約1時間強流し続けます。

テザリング開始直前で残りのデータ容量は5,808MB
テザリング開始直前で残りのデータ容量は5,808MB
テザリング終了後10分程度後にアプリでデータ容量をチェック
テザリング終了後10分程度後にアプリでデータ容量をチェック

結果、テザリング開始前と変わらず5,808MBのままでした。

ちなみに、その後1時間ほど置いて改めてデータ使用量を再確認してみましたが、変化はありません。

つまりエンタメフリー・オプションのカウントフリーが、テザリングで接続している端末でも適用されることが今回証明されたわけです。

検証ではGoogle Home Miniを車載で利用するというちょっとテクニカルな運用でしたが見事にカウントフリーとなるということで、車を運転しながら声でGoogle Home Miniを操作するといったガジェッター的な運用も簡単にできます。

エンタメフリー・オプションには対象外の機能もある

ただし、【BIGLOBEモバイルでテザリングを利用する際の注意点】でも解説した通り、BIGLOBEモバイルではテザリング(Wi-Fi)電波を複数の端末で一気にシェアしたり、複数の対象サービスを一気に利用する際には、カウントフリーとならない可能性があります

<エンタメフリー機能対象外となる場合(全サービス共通)>

・エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合
・公式アプリ以外での利用
・動画配信サービスや音楽、ラジオ配信サービスでの動画、音声の再生以外の操作に伴う通信(Webサイト上またはアプリ上での検索、画像、広告、動画広告等の表示、SNS等への投稿など)
・複数台端末、複数アプリでの、エンタメフリー対象サービスの同時利用
・VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信
・エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続

利用方法によっては必ずしもテザリング運用によるカウントフリーの恩恵を受けられるとは限らないので、最初はアプリでこまめにデータ使用量を確認するのがオススメです。

また、最初はカウントフリーとなっていても仕様変更でカウントフリーの対象外となるサービスやサービス内の機能もあるので、対象アプリをインストールしてすぐにデータ使用量を確認できるようにしておくと安心です。

まとめ

BIGLOBEモバイルを検討されているユーザーの多くは、エンタメフリー・オプションに魅力を感じていると思います。格安SIMの中で唯一のサービスですからね。

さらに、テザリング利用時でもカウントフリーの恩恵が受けられる可能性が高いことがわかったかと思うので、BIGLOBEモバイルの魅力がさらに増したかと思います。

筆者個人もエンタメフリー・オプションのカウントフリーを様々なシーンでフル活用していて、オススメすべき格安SIM・サービスと断言できます。

YouTubeで動画をよく見るユーザーや、LINE MUSICやApple Musicで音楽をよく聞くユーザーは、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを利用するのがオススメですよ。

音声通話SIM特典で
1年間3GB/770円~!

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Jetstream

Jetstream

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン