U-mobileでテザリングを使うメリット&設定方法!相性バツグンな大容量プランで快適

書いた人: Jetstream

カテゴリ: U-mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
U-mobileでテザリングを使うメリット&設定方法!相性バツグンな大容量プランで快適

スマートフォンがWi-Fiルーターの代わりになるテザリング。格安SIMに乗り換えても引き続きテザリングを使いたいなら、プラン選びも重要です。

動画配信サービスなどを手掛けるU-NEXTが手がける「U-mobile」は豊富なプランが特徴。大容量プランもあるので、テザリングの利用を想定しているなら、おすすめです。

今回の記事ではU-mobileで、データ通信をシェアする機能「テザリング」を利用する場合におすすめの大容量プランや、実際の設定方法などを解説していきます。

目次:

テザリングって何?

そもそもテザリングとは何かを解説します。テザリングは、スマートフォンやモバイル通信機能を搭載しているタブレットにて、モバイルデータ通信を他の機器に又貸しする機能です。

例えばスマートフォンのテザリングを利用してWi-Fiタブレットに接続すると、Wi-Fiタブレットはスマートフォン経由でデータ通信を利用することができるようになります。このためテザリング時のデータ通信は、スマートフォンの通信速度がタブレットにも反映されます。

またそのタブレットで利用するデータ通信は、スマートフォンで利用しているSIMプランのデータ容量から消費されていくこととなります。

テザリングは、Wi-FiかBluetoothによる無線接続とUSBケーブルを用いた有線接続の、大きく分けて3種類の接続方法があります。ちなみに一般的にテザリングというとWi-Fiによる無線接続を指すことが多いのが現状です。

テザリングはWi-Fiルーターの代わりになるので、外出先でノートPCをネットにつなぎたい時など活用シーンは様々です。

U-mobileでテザリングを使うメリット

大容量や無制限まだラインアップ
大容量や無制限までラインアップ

キャリアのテザリング手数料徴収開始が話題となっていますが、格安SIMでは基本的に手数料不要でテザリングを利用することができます。U-mobileも例外ではなく、テザリングは手数料がかかりません。
ちなみに2017年3月より開始されたソフトバンク回線を利用するiPhone向けSIM「U-mobile S」においても、2018年4月からiPhoneとiPadでのテザリングが解禁されています。

どのプランでも無料で利用できる

U-mobileではどのプランでもテザリングを利用することができます。自分の使い方に合ったプランを選べます。がっつりテザリングを使う予定なら大容量プランを選びましょう。

●U-mobile基本プラン
データ専用
※SMSオプションは別
通話プラス
(音声通話SIM)
U-mobile S
(データSIM)
1GB 790円 880円
3GB 1,580円 1,580円
5GB 1,480円 1,980円
7GB 2,980円
LTE使い放題 2,480円 2,980円
MAX 25GB 2,380円 2,880円
30GB 4,980円

幅広いエリアで利用可能

キャリアのエリアで利用可能
キャリアのエリアで利用可能

U-mobileはドコモ回線を利用した格安SIMです。つまりドコモの幅広いエリアでテザリングを利用することができます。

ただしソフトバンク回線のU-mobile Sのみソフトバンクのエリアとなり、通常のU-mobileとは異なりますが、こちらもエリアは広いです。

LTE使い放題や大容量25GBプランがおすすめ

使い放題プランもラインアップ
使い放題プランもラインアップ

テザリングはモバイルデータ通信を又貸しするスマートフォンやタブレット側と、接続してモバイルデータ通信を借りる側の機器とで同時にデータ通信を利用することになります。そのためデータ通信の消費量も場合によっては倍増することになるため、小容量プランではすぐに上限に達してしまうこともあり得ます。

そのためテザリング運用前提でU-mobileを契約する場合は、容量無制限の「LTE使い放題プラン」か、25GB大容量の「U-mobile MAX 25GB」がおすすめ。

U-mobile MAX 25GBはその名の通りの大容量プランで、25GBまでは通信制限なしに高速なモバイルデータ通信を利用することができます。

LTE使い放題プランは月のデータ使用量に上限が設定されていないプラン。一方で、短期間で他のU-mobileユーザーに支障が出るほどの大容量のデータを送受信してた場合、一時的に通信制限が行われる可能性があるのがデメリットとなります。テザリングを含め全体の運用の仕方を考えて、どちらかを選択するのが良いでしょう。

ちなみにソフトバンク回線の大容量プラン「U-mobile S 30GB」も30GBまでは通信制限が掛かりません。こちらもテザリング運用ではおすすめのプランです。ソフトバンクのiPhoneでもU-mobile SであればSIMロックを解除せずにそのまま運用することもできます。

U-mobileでテザリングができない機種に注意

一部の機種はテザリングが利用できない
一部の機種はテザリングが利用できない

注意点として、一部の機種によってはテザリング機能が提供されていないため、利用できないことがあります。

対象機種は一部のApple製品やSIMフリースマートフォンとタブレット、そして一部のドコモ機種などです。詳しくはU-mobileの公式HPのサービス一覧から動作確認端末一覧で確認しましょう。

公式HP:U-mobileのサービス一覧

U-mobileでテザリングを使う方法

How to テザリング
How to テザリング

ここではU-mobileで実際にテザリングを利用する場合の手順をご紹介いたします。

iPhoneシリーズの設定方法

iPhoneはWi-Fiテザリング・Bluetoothテザリング・USBテザリングの3つがインターネット共有のスイッチ1つに統合されているので、いずれを利用する場合もこのスイッチをONにするだけで開始することができます。

インターネット共有がテザリングの設定項目
インターネット共有がテザリングの設定項目

まずは「設定」から「インターネット共有」を選びます。

スイッチをONに
スイッチをONに

「スイッチ」をONにすれば設定完了です。

受信側でiPhone側のパスワードを入力
受信側でiPhone側のパスワードを入力

ほかの機器でテザリングのWi-Fi電波を受信してデータ通信を開始する場合は、「Wi-Fi設定」からiPhoneのSSIDを探し、パスワードを入力します。

ちなみにパスワードは「Wi-Fiのパスワード」で変更することができるので、覚えやすく他人にはバレにくい半角英数字8文字以上のパスワードを事前に設定しておくことをおすすめします。

パスワードは覚えやすくバレにくく
パスワードは覚えやすくバレにくく

このほかBlueoothテザリングを利用する場合はiPhoneとBluetoothでペアリングをして、接続する機器側のBluetooth設定で「インターネット接続」のスイッチをONにします。

USBテザリングの場合はLightning(USB)ケーブルでPCなどと接続するだけです。

Android端末の設定方法

AndroidもiPhoneと同じようにスイッチをONにするだけで簡単にテザリングを開始することができますが、機種によって「テザリング」「インターネット共有」「アクセスポイント」など設定項目の表記が変わる点も注意しましょう。

基本的にはAndroidの設定メニューの中の「ネットワークとインターネット」などの設定項目の中に格納されています。

テザリングはネットワーク関連の設定項目の中にある
テザリングはネットワーク関連の設定項目の中にある

設定から「ネットワークとインターネット」を選びます。

「アクセスポイントとテザリング」
「アクセスポイントとテザリング」

「アクセスポイントとテザリング」を選びます。

Wi-Fi・Bluetooth・USBテザリングそれぞれ独立
Wi-Fi・Bluetooth・USBテザリングそれぞれ独立

Androidの場合はiPhoneと異なり、Wi-Fiテザリング・Bluetoothテザリング・USBテザリングのそれぞれのスイッチが独立していることがほとんどです。この画面でテザリング方法を選択しましょう。

SSID・パスワード共に変更可能
SSID・パスワード共に変更可能

他の機器で接続する方法はiPhoneの場合と同じです。またパスワードとネットワーク名(SSID)の変更も可能です。

クイック設定からダイレクトに利用も可能
クイック設定からダイレクトに利用も可能

このほかAndroidの場合はOSバージョンが7.0以降や多くの機種において、「クイックセッティング」からWi-Fiテザリングを簡単にONにできるスイッチも配置されています。ここをタップするだけでもテザリングが簡単に利用可能です。

まとめ

2018年はキャリアがテザリング手数料を解禁したこともあり、手数料無料でテザリングを利用できる格安SIMの需要が更に高まってきています。

通常の利用に加えテザリングでの運用も考えているなら25GBや30GB、更には容量無制限のプランが用意されているのでテザリングにピッタリ。

格安SIMへの乗り換えを検討していて、テザリングも使う予定ならU-mobileはおすすめです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

U-mobileの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Jetstream

Jetstream

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream