HUAWEI nova lite 2のメリット・デメリット!価格を抑えつつトレンド機能を搭載したコスパ抜群のスマホ

書いた人: とくめい

カテゴリ: HUAWEI

HUAWEI nova lite 2のメリット・デメリット!価格を抑えつつトレンド機能を搭載したコスパ抜群のスマホ

HUAWEIから2018年2月に発売された「HUAWEI nova lite 2」は2万円台で手に入るミドルレンジのスマートフォン。本体価格を抑えつつもデュアルカメラや顔認証、18:9の縦長液晶を搭載しており、トレンド機能を抑えたコストパフォーマンス抜群の魅力的な1台に仕上がっています。

この記事ではHUAWEI nova lite 2をのメリットやデメリットについてご紹介します。

目次:

HUAWEI nova lite 2のメリット

まずはHUAWEI nova lite 2を使っていて良かったところから紹介します。

コストパフォーマンスが抜群に高い

メタル素材で高級感がある背面ボディ
メタル素材で高級感がある背面ボディ

HUAWEI nova lite 2は価格に対して外観やスペックが良く、他の機種と比べてコストパフォーマンスに優れているのが最大のメリット。

前作と比べて基本性能が強化されており、SoCはKirin 659、メモリは3GB、ストレージは32GBと必要十分な性能が揃っています。メッセージアプリやSNS、ブラウジングなども快適に行なえます。

参照:メーカー公式サイト
カラー ブルー / ブラック / ゴールド
本体サイズ 幅:約72.05mm × 縦:約150.1mm × 厚さ:約7.45 mm
重量 約143g
ディスプレイ 約5.65インチ 18:9 FHD+(2,160*1,080)TFT
OS Android 8.0 Oreo / EMUI 8.0
CPU(SoC) HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU
(2.36GHz×4 + 1.7GHz×4)
メモリ(RAM) 3GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部ストレージ micro SDXC 最大256GB
メインカメラ 1,300万画素+200万画素(被写界深度測定用)ダブルレンズLEDフラッシュ / 像面位相差+コントラストAF
インカメラ 800万画素 FF
バッテリー容量 3,000mAh(一体型)
Bluetooth Bluetooth 4.2 デュアルBluetooth対応
通信方式 FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz,
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIMカード nano SIM×2(SIM2はmicroSDと排他構造)
通信速度
(受信時/送信時)
下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
センサー 加速度 / コンパス / 環境光 / 近接 / 指紋認証
本体付属品 ACアダプタ / USB ケーブル / 保護ケース / イヤホンマイク / クイックスタートガイド

同価格帯のスマホと比べても性能が高く、同じ位の性能であれば3~4万円近いことを考えると魅力的に感じます。

持ちやすい流行りの縦長ディスプレイ

縦長のデザイン
縦長のデザイン(メーカー公式サイトより引用)

HUAWEI nova lite 2のディスプレイは、iPhone XやGalaxy S9なども採用している今流行りのデザイン、縦横比18:9の縦長液晶です。縦長液晶になることで、縦の情報量が増えて一覧性が向上し、大画面なのに横幅を抑えて持ちやすくなっています。

顔認証機能で一瞬でロックを解除

2018年3月に配信されたソフトウェアアップデートにより、新たに顔認証ロック解除に対応しました。インカメラを使って顔情報を登録しておくと、画面を見るだけであっという間にロックが解除されて便利です。

マスクをしているときや周囲の明るさによっては上手く認証できないこともあるため、背面にある指紋認証と併用することをオススメします。

同時に2つのアプリを起動できる

同時に2つのアプリを起動できる
マルチスクリーンに対応(メーカー公式サイトより引用)

Android 7.0からOS自体がマルチスクリーンに対応し、ディスプレイ内に2画面で別々のアプリを同時起動させることができます。筆者はよくYouTube動画を再生しながら、LINEやSNSのチェックやブラウジングを行っています。

もちろんカメラはダブルレンズ

背面カメラはトレンドのダブルレンズカメラ。2つのレンズを使って被写界深度を認識し、自然な背景ボケのある写真が撮れます。背景を擬似的にぼかす機能とは違い、被写体を細部まで認識して綺麗に撮れるのがメリット。

作例としていくつか撮影した写真を掲載します。全てオートで撮影していますが、被写体に合わせて色合いや背景のボケ具合をうまく調整しています。

HUAWEI nova lite 2 カメラ作例:カラフルな鳥
カラフルな鳥
HUAWEI nova lite 2 カメラ作例:生い茂った木々
生い茂った木々
HUAWEI nova lite 2 カメラ作例:食品サンプルのケーキ
食品サンプルのケーキ

最新OS「Oreo」で端末の使い勝手が向上

OSは最新のAndroid Oreoを搭載しています。執筆時点でアプリを小窓表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャ(PIP)」に対応。「Smart Text Selection」はテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案してくれます。アプリ間連携がよりシームレスになるなど、使い勝手がこれまで以上に向上しています。

他にも定期的にソフトウェアアップデートを実施しており、不具合の解消や新機能の追加などをこまめに対応しており好印象。1台のスマホを長く使いたい方にはオススメです。

HUAWEI nova lite 2のデメリット

良いところも沢山紹介しましたが、逆にイマイチだったデメリットについても併せてご紹介します。

au回線に対応していない

HUAWEI nova lite 2はドコモ回線やソフトバンク回線では使用できますが、au VoLTEとCDMA2000に対応していないので、au回線やau系MVNOで利用することは出来ません。対応周波数も限定されているため、仮に使えたとしてもエリアは限定されてしまいます。

DSDSに非対応。2枚のSIMを同時に使えない

2枚のSIMを同時に利用できる「DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)」にも非対応です。2枚のSIMを切り換えて使うことが出来ますが、片方のSIMスロットは、2Gしか対応していないので、日本では使えません。SIM2はmicroSDカードとの排他構造となるため、SDカードを使用する場合は実質シングルSIMとして使います。

カメラは撮影する場所に左右される

カメラは撮影する環境に大きく左右され、薄暗い場所やごちゃごちゃした物はブレやすかったりピンぼけすることも多いようです。

まとめ:デメリットを上回るメリットと安価な価格

2万円台でこのクオリティ
2万円台でこのクオリティ

筆者もHUAWEI nova lite 2を3ヶ月ほど使ってみましたが、スマホに求める機能としては十分満足できるクオリティに仕上がっていると感じました。2万円台で購入できる高いコスパの良さと、トレンドを意識したデザインや機能など使っていて楽しいスマホです。

エントリーモデルを利用中でワンランク上のスマホが欲しい方や、手軽に購入できるミドルレンジモデルが欲しい方にはベストな選択肢だと思います。

HUAWEI nova lite 2のメリット

・コスパに優れたミドルレンジモデル
・昨今のトレンドを盛り込んだ外観や機能
・アプリの同時起動が可能
・顔認証機能に対応
・ダブルレンズカメラで背景ボケが綺麗な写真が撮れる
・最新OS搭載で新機能が使える

魅力がたっぷり詰まったHUAWEI nova lite 2は、スマホ初心者から上級者まで幅広い世代にオススメできる端末です。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)



特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン