ASUS ZenFone 5Q レビュー!! 4つのレンズを搭載したクアッドカメラが様々なシーンで大活躍

書いた人: agar

カテゴリ: ZenFone

ASUS ZenFone 5Q レビュー!! 4つのレンズを搭載したクアッドカメラが様々なシーンで大活躍

2018年5月18日に発売された「ZenFone 5Q」は、ASUSの最新モデル「ZenFone 5」シリーズの1機種。フラッグシップモデルのZenFone 5 / 5Zの単なる廉価版ではなく、前面・背面の両方に2つずつ計4つのレンズを搭載し、カメラ機能を強化した機種になっています。

本記事では、デザインやスペック、カメラ性能など、ZenFone 5Qの魅力をレビューしていきます。

目次:

ZenFone 5Qのデザインとサイズ感をチェック

まずは、ZenFone 5Qのデザイン・外観をチェックしてみましょう。

前面にはノッチのない6インチディスプレイを搭載
前面にはノッチのない6インチディスプレイを搭載

前面には、アスペクト比18:9のフルビューディスプレイを搭載。6インチのフルHD+液晶で、ZenFone 5 / 5Zのようなノッチ(画面の切り欠き)は設けられておらず、大画面を隅々まで使えます。

2017年モデルまでのZenFoneシリーズでは、画面外にホームボタンなどのキーを備えている機種がほとんどでした。しかし、ZenFone 5Qでは他の2018年モデルと同様、画面内に各種キーを表示するオンスクリーンキーに変更されているため、前面の大半をディスプレイが占めるシンプルなデザインに仕上げられています。

背面は光沢仕上げ、デュアルカメラと指紋センサーを搭載
背面は光沢仕上げ、デュアルカメラと指紋センサーを搭載

背面は光沢のあるパネルで覆われ、中心にはカメラや指紋センサーが縦一列に並んでいます。

右側面には音量キーと電源キー
右側面には音量キーと電源キー
左側面にはSIMカード・microSDカードトレイ
左側面にはSIMカード・microSDカードトレイ

SIMスロットは付属のピンを使って取り出すトレイ式で、nano SIMカードを2枚とmicroSDカードを同時にセットできるトリプルスロット仕様です。4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応し、microSDカードとの同時使用もできる作りになっています。

上面にはイヤホンジャック
上面にはイヤホンジャック
下面にはスピーカーとmicro USB端子
下面にはスピーカーとmicro USB端子

充電端子はmicro USBを採用。搭載しない機種が増えつつあるイヤホンジャックがしっかり用意されているのはうれしいポイントです。

片手で持ってみた様子
片手で持ってみた様子

フレーム部分から前面、背面がそれぞれ飛び出しているような段差のある断面形状となっているため、やや手に持ったときに角ばった形状のように感じるところはありました。しかし、18:9のディスプレイを採用することで、6インチの画面サイズに対して横幅は短めになっています。このため、思いのほか手頃で扱いやすい大きさだと感じました。

本体幅が76mmということで、従来の16:9の機種でいえば5.5インチクラスの機種に相当するサイズと考えていいでしょう。参考までに例を挙げると、ZenFone 4(5.5インチ)の本体幅は75.2mmです。

前面上部には2つのインカメラ
前面上部には2つのインカメラ
背面には2つのカメラと指紋センサー
背面には2つのカメラと指紋センサー

ZenFone 5Qのカメラは前面・背面にそれぞれ2つずつレンズを搭載したクアッドカメラになっています。指紋センサーは背面に組み込まれており、認証の速さ、成功率ともに申し分なく快適に使用できました。

また、指紋認証と並ぶもう1つの生体認証機能として、ZenFone 5Qにはインカメラを使用した顔認証機能も搭載されています。

実際に顔認証を試してみた印象としては、顔の登録時に正面からの写真1枚のみで記録しているのが若干弱点になっているようです。iPhone Xの「Face ID」のように立体的にユーザーの顔を記録している他社の顔認証と比べると、斜め方向から見た場合の成功率はやや落ちる印象を受けましたが、正面からまっすぐに端末を見た場合の認証速度は良好でした。

左からミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイト
左からミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイト

ZenFone 5Qのカラーバリエーションは、ミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイトの3色です。

今回のレビューに使用した端末は、上位機種にはない赤系のカラー「ルージュレッド」。深みのある色合いながら、光を当てると鮮やかな赤色に見える美しいカラーです。

光を当てたときの色合いは、初代ZenFoneシリーズやZenFone 2シリーズまでの各機種に採用されていたカラーとよく似た雰囲気があります。歴代のZenFoneシリーズを愛用されている方なら、特に惹かれるカラーかもしれませんね。

ZenFone 5Qのスペック性能・パフォーマンスを確認

ZenFone 5Qのスペック情報(参照:製品ページ

OS Android 7.1.1
SoC Snapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDXC
サイズ 約160.5 × 76 × 7.7mm
重さ 約168g
ディスプレイ 6.0インチ 2,160×1,080(FHD+)
バッテリー 3,300mAh
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIMカード nano SIM ×2
カメラ (アウトカメラ)
約1,600万画素+約800万画素
(インカメラ)
約2,000万画素+約800万画素
カラー ミッドナイトブラック / ルージュレッド / ムーンライトホワイト

海外の一部地域では「ZenFone 5 Selfie」の名称でも発売されている本機種。「ZenFone 4 Selfie」と比較すると、カメラの進化だけでなく全体的にパワーアップしていることが分かります。

核となるSoCは、より高速処理ができる「Snapdragon 630」に変更。18:9ディスプレイの採用、バッテリー容量のアップなど、実用性を向上させながらもしっかりとトレンドを押さえている印象です。

Antutu Benchmarkのスコア
Antutu Benchmarkのスコア
Geekbench 4のスコア
Geekbench 4のスコア

スマートフォンの処理性能を数値化できるベンチマークアプリでスコアを測定してみました。

ZenFone 5Qのベンチマークスコアは「Antutu Benchmark」で8万点台後半、CPU性能のみを測定する「Geekbench 4」ではシングルコアのスコアが800点台、マルチコアのスコアが4,000点台という結果になりました。

実際の利用シーンに照らし合わせて性能のイメージを説明すると、メールやSNS、Webブラウジングといった日常で頻繁に利用する基本的な機能は快適に利用できるでしょう。
ミドルスペックながら、設定次第ではゲームなども十分プレイできるクラスなので、不自由さを感じずに使えるという方が多いのではないでしょうか。スペックと価格のバランスを考えると、コスパが優れている部類の機種といえます。

電池容量も3,300mAhとゆとりを持った容量を採用しているので、日常的な使い方であれば電池持ちが悪く感じるケースは少ないでしょう。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

ZenFone 5Qのカメラ性能をチェック

ZenFone 5Q最大の特徴であるクアッドカメラの性能をチェック
ZenFone 5Q最大の特徴であるクアッドカメラの性能をチェック

ZenFone 5Qはアウトカメラもインカメラもデュアルカメラ、つまり計4つのカメラを搭載している少々珍しい機種です。

まずは、各カメラのスペックから見ていきましょう。
アウトカメラは標準レンズを搭載した約1,600万画素のメインカメラと、広角レンズを搭載した約800万画素のサブカメラという組み合わせ。インカメラは、約2,000万画素の標準カメラと約800万画素の広角カメラの組み合わせになっています。

同じ被写体をそれぞれのカメラで撮影して比べてみました。

ZenFone 5Q アウトカメラ(標準)
アウトカメラ(標準)
ZenFone 5Q アウトカメラ(広角)
アウトカメラ(広角)
ZenFone 5Q インカメラ(標準)
インカメラ(標準)
ZenFone 5Q インカメラ(広角)
インカメラ(広角)

このようにZenFone 5Qでは、アウトカメラ・インカメラともに標準と広角の2つの画角を切り替えて撮影できるというわけです。アウトカメラで旅先の壮大な景色を収めたい時、あるいはインカメラで集合写真を撮りたい時などに重宝するでしょう。

特徴はレンズの多さだけにとどまらず、アウトカメラには0.03秒でピントが合う高速な像面位相差オートフォーカスを搭載。さらに、動画撮影時には電子式手ぶれ補正も使用できます。

ここからは、実際にZenFone 5Qのカメラを使用して様々な場面で撮影した作例をご紹介します。すべてオートモードで撮影し、加工・修正などは行っていない状態の写真です。
(※クリックすると大きな画像で見られます)

日中の風景写真(ZenFone 5Q)日中の風景写真(ZenFone 5Q)
日中の風景写真
夕方の風景写真(ZenFone 5Q)夕方の風景写真(ZenFone 5Q)
夕方の風景写真
夜景の写真(ZenFone 5Q)夜景の写真(ZenFone 5Q)
夜景の写真
料理の写真(ZenFone 5Q)料理の写真(ZenFone 5Q)
料理の写真

屋内でのテーブルフォトなど、やや暗めの仕上がりになりやすい場面もありましたが、全体的に色乗りはハッキリとしています。軽く明るさだけ補正すれば、簡単に見栄えの良い写真に仕上げられます。

電子式手ぶれ補正も搭載されていますが、こちらは動画撮影時のみ機能します。そのため、夜景を撮影する時は柵や手すりなどを使って固定するなど、安定して端末を支えられるような工夫が必要。高感度でのノイズは比較的少なく、空の暗さと夜景の対比をしっかり捉えることができています。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

販売価格を比較

ZenFone 5Q 気になる販売価格をチェック!!
気になる販売価格をチェック!!

ミドルスペックのZenFone 5Qは、ZenFone 5 / 5Zと比較した本体価格の安さ、コストパフォーマンスの良さも魅力です。MVNOやオンラインショップでのZenFone 5Qの販売価格をまとめました(※2018年6月1日時点の金額です)。

主要MVNOのセット販売価格を比較

★MVNOの「ZenFone 5Q」セット販売価格(税込)

IIJmio 40,824円
NifMo 40,800円
DMM mobile 42,984円
LINEモバイル 42,984円
LinksMate 42,984円

MVNOでの販売価格は4万円台前半に集中しており、発売直後の時点では大きな差は見られませんでした。僅差ではありますが、NifMoが若干ですがお得になっています。

後述するオンラインショップでの価格と比べると、ややMVNOでのセット販売価格の方が安くなっていますので、SIMとスマホを同時に購入しようと考えている方はこちらがお得でしょう。

ただし、フラッグシップモデルのZenFone 5に比べて取り扱っているMVNOが少ないので、使いたい格安SIMと自由に組み合わせたい方や既に契約している格安SIMをお持ちの方は次項のスマホ単体での購入を検討してください。

オンラインショップのスマホ単体の販売価格を比較

★オンラインショップの「ZenFone 5Q」スマホ単体の販売価格(税込)

Amazon 42,580円
ヨドバシカメラ 42,980円
ビックカメラ 42,973円
ソフマップ 42,973円
ノジマ 42,973円

まだ発売から間もない機種ということもあり、オンラインショップでのスマホ単体の販売価格は42,000円台のところがほとんどでした。

評価まとめ:ZenFone 5Qはカメラ性能を重視する人におすすめ

カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?
カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?

ZenFone 5Qは6インチの大画面ながら持ちやすさを兼ね備えた幅65mmのボディに、普段使いには十分なミドルスペック性能を装備したSIMフリースマホ。なんといっても最大の特徴は、前面・背面に2つずつレンズを搭載したクアッドカメラです。

上位機種のZenFone 5 / 5Zも先進的な機能を搭載した機種ではありますが、コストパフォーマンスの高さに惹かれてZenFoneシリーズを選んできた人の中には「少し高いな」と感じる人も少なくないかもしれません。

バランスの取れたミドルレンジ機のZenFone 5Qは、ZenFone 3ぐらいまでの世代の機種からの買い替え先にはピッタリだと思います。

注目はやはりカメラ機能で、自撮り中心の人も含め、安価でカメラを重視した機種が欲しい人には最適でしょう。

★ZenFone 5Qのポイント

・18:9のフルビューディスプレイを採用。6インチの大画面でも持ちやすいサイズ感
・Snapdragon 630にRAM 4GBを搭載した普段使いに十分なミドルスペック
・バッテリー容量はゆとりのある3,300mAh
・ZenFoneといえば、やはり“赤”! 選べる3色のカラーバリエーション
・アウトカメラもインカメラも楽しいクアッドカメラ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

agar

agar

爆買いスマホマニア

プロフィール

携帯ショップ店員、スマホ専門ニュースサイトの記者などを経て、フリーライターとして活動中。2010年頃からAndroidスマホにハマり、通算100機種以上を購入して使ってきました。端末の魅力から難しい料金プランの選び方まで、知識・経験を活かして分かりやすくお伝えします。

休日はバイクや自転車で旅に出たり、カメラを持って散歩するのが好きです。モバレコ以外のメディアではクルマ・バイク・鉄道など乗り物に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホ・料金プラン・カメラ など

ブログ・SNS

Twitter(@__agar)
https://twitter.com/__agar

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン