Androidの基本!Googleアカウントでできるコト

書いた人: 吉澤亨史

カテゴリ: Android

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Androidの基本!Googleアカウントでできるコト

Androidスマホを利用するには、Googleアカウントの登録が必要になります。Googleアカウントでログインすることで、様々なサービスを利用することができるので使わない手はありません。

ここではAndroidの基本となる、Googleアカウントでできることをご紹介します。

目次:

パソコンからアプリをインストール

Androidスマホのために登録したGoogleアカウントは、パソコンやタブレットなどでも利用できます。また、ユーザーとデバイスが自動的にひも付けられるので、アクセスするデバイスを問わず常に同じサービスを利用できるのが特徴です。

たとえばアプリのインストール。Androidスマホの「Playストア」から行えるのはもちろんですが、同じアカウントでログインすれば、パソコンのWebブラウザからでもインストールできます。パソコンなら、より大きな画面でアプリを探せるので非常に便利です。

「Google Play」にログインしてアプリの詳細画面を開くと、「インストール」ボタンが表示されます。このボタンをクリックすることで、同じGoogleアカウントで登録しているAndroidデバイスに、自動的にインストールすることが可能です。また、複数台のデバイスを登録している場合は、インストール先を選択できます。

パソコンから、同じアカウントで登録しているスマホにアプリをインストールできる
パソコンから、同じアカウントで登録しているスマホにアプリをインストールできる

「Gmail」でメールを送受信

Googleアカウントを取得すると、Googleのメールサービス「Gmail」が利用できるようになります。GmailではGoogleアカウントのメールアドレスでメールの送受信ができるほか、ほかのメールアカウントを登録することもできます。メールアカウントの追加はパソコンで設定した方がラクですが、もちろんスマホからも可能。メールボックスの容量は15GBと大きいので(Googleドライブと共有)、バックアップにも活用できます。

メールアカウントの追加はスマホでも行えます
メールアカウントの追加はスマホでも行えます

また、パソコンで利用しているプロバイダーのメールや、会社のメールを登録すれば、スマホからメールチェックや送信が行えます。返信メールは「From」欄をタップすることで差出人名を変更できるので、相手にはパソコンから送信したように見せることも可能です。「受信トレイ」にフォルダを追加して振り分けることもできるので、使いやすいようにカスタマイズしましょう。

Gmailのほか、プロバイダーのメールなども送受信できます
Gmailのほか、プロバイダーのメールなども送受信できます
アプリ情報
アプリ名 icon
Gmail
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

「Googleカレンダー」でスケジュール管理

多くのAndroidスマホに標準搭載されている「カレンダー」アプリは、「Googleカレンダー」と自動的に同期されます。またGoogleカレンダーは、パソコンやiPhoneなどのカレンダー機能とも同期することができます。それぞれのデバイスで入力したスケジュールが自動的に反映されるため、容易に管理できることが魅力です。

Android版のGoogleカレンダーでは、スケジュールの新規登録、編集などができるほか、通知を設定すること可能です。通知は「10分前にメール」など、タイミングと方法を指定できます。

さまざまなデバイスで登録したスケジュールを統合できます
さまざまなデバイスで登録したスケジュールを統合できます
スマホアプリからもスケジュールの詳細編集が可能です
スマホアプリからもスケジュールの詳細編集が可能です
アプリ情報
アプリ名 icon
Googleカレンダー
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

「Google Chrome」でブックマークを共有

Googleの「Chrome」は、多くのデバイスに対応しているウェブブラウザです。パソコン版とAndroid版のCromeに同じGoogleアカウントでログインすれば、さまざまな連携が可能になります。たとえばブックマークを共有できるので、パソコン版と同じブックマークがスマホでも使えます。パソコン版のブックマーク件数が多く使いづらければ、「モバイルのブックマーク」を活用しましょう。

パソコン版のCromeとブックマークを共有できます
パソコン版のCromeとブックマークを共有できます

Chromeの便利な点としては、パソコン版で記憶しているログイン情報をAndroid版でも利用できることが挙げられます。パソコン版で登録しているサイトであれば、Android版でもIDとパスワードが自動的に入力されます。Androidでいちいちログイン情報を入力する必要がないのは便利です。さらに、氏名や住所などを入力する際にも、パソコン版Chromeの情報が参照されるので、入力の省力化が可能です。

IDやパスワードなどはパソコン版の自動入力が反映されます
IDやパスワードなどはパソコン版の自動入力が反映されます
アプリ情報
アプリ名 icon
Chromeブラウザ-Google
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

「YouTube」で好みのチャンネルを観る

動画投稿/共有サイト「YouTube」はGoogleのサービスなので、Googleアカウントでログインすることができます。ログインすることで、登録チャンネルや閲覧履歴などのアカウントにひも付いた情報が引き継がれるので、いろいろなデバイスでそのまま観ることが可能になります。

パソコンと同じように「おすすめ」などが楽しめます
パソコンと同じように「おすすめ」などが楽しめます

2014年末に追加された「音楽」タブもアプリに反映され、ミュージックビデオをノンストップで楽しむことが可能になりました。音楽の選曲は、検索結果や履歴、登録チャンネルなどの情報が元になりますが、こちらもログインすることで、異なるデバイスでも同じように音楽を楽しめます。

「音楽」タブではおすすめのPVの連続視聴も可能です
「音楽」タブではおすすめのPVの連続視聴も可能です
アプリ情報
アプリ名 icon
YouTube
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

「Googleドライブ」でファイル共有

Googleアカウントを取得することで、Googleが提供するクラウドストレージサービス「Googleドライブ」も利用できるようになります。無料で15GBまで利用可能で(Gmailも含む)、さらに容量を拡大する有料サービスも用意されています。スマホで撮影した写真を自動的にアップロードする機能もあるので、スマホのストレージ容量の節約にも有効です。

「共有アイテム」にファイルを保存して相手を招待することで、ファイルの共有も容易に行えます。特に大容量ファイルの転送などに活用できるのが便利です。対応するファイル形式も幅広く、ビューワー機能も搭載しています。写真やファイルをスマホとパソコン間でやり取りする際にも活躍してくれます。

ファイルの追加や共有といった管理も簡単です
ファイルの追加や共有といった管理も簡単です
写真の自動アップロードのほか、暗号化機能にも対応しています
写真の自動アップロードのほか、暗号化機能にも対応しています
アプリ情報
アプリ名 icon
Googleドライブ
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

まとめ

Googleではこのほか、「Googleマップ」「Google Earth」「Google翻訳」「メッセンジャー」「ハングアウト」など、多くのサービスを提供しています。パソコンと同じGoogleアカウントでログインすることで、履歴やお気に入りなどを共有できるので便利です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

IT全般を中心に活動しているライター。ここ10年ほどの得意分野はITセキュリティです。しかし、もともとは自動車整備士、ガソリンスタンド所長代理などをやっていました。