HUAWEI P20レビュー! リアルタイムAIで利便性が向上した新スタンダードモデル

書いた人: あさひな

カテゴリ: HUAWEI

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
HUAWEI P20レビュー! リアルタイムAIで利便性が向上した新スタンダードモデル

2018年6月15日発売のSIMフリースマートフォン「HUAWEI P20」をレビューします。従来モデル「HUAWEI P10」からデザインが刷新され、新機能も多く盛り込まれた注目機種です。

HUAWEI P20シリーズは「HUAWEI P20 Pro」「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 lite」の3モデル展開。今回レビューする「HUAWEI P20」は中間に位置するスタンダードモデルですが、スペックはミドルレンジではなく、P20シリーズのフラッグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」と同じSoCを搭載するハイエンドな端末です

HUAWEI
HUAWEI P シリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

ガラスとメタルが織りなすデザイン

前面
前面

従来のアスペクト比 16:9のディスプレイよりも縦に長い、アスペクト比 18.7:9のFullViewディスプレイを採用しています。前面下部には指紋センサーを搭載。指紋センサーの位置は前面と背面で好みが分かれるところですが、ベゼル面積を最小にして表示領域を拡大する目的でノッチ(切り欠き)を採用しているのであれば、背面の方が良かったのではないかと思います。

背面
背面

背面は立体的に形成され、丸みを帯びたガラスパネル。側面は頑丈なメタルフレーム。この2つがシームレスに融合することで、高い質感と美しさ、堅牢性を兼ね備えています

カメラ部分は少し突出している
カメラ部分は少し突出している
上部はマイクのみ
上部はマイクのみ
下部にはスピーカー・USB Type-Cポート・マイク
下部にはスピーカー・USB Type-Cポート・マイク

3.5mmイヤホンジャックは非搭載ですが、付属の変換アダプターでUSB Type-Cポートに接続できます。

右側面には電源ボタンとボリュームキー
右側面には電源ボタンとボリュームキー
左側面にはSIMカードスロット
左側面にはSIMカードスロット
SIMトレイにはnanoSIMカードを2枚セットしてDSDSで利用可能
SIMトレイにはnanoSIMカードを2枚セットしてDSDSで利用可能

microSDカードは使えません。最近は動画や音楽をローカルに保存するよりも、ストリーミング再生することが多いと思います。となれば、microSDカードが使えなくても大したデメリットではないでしょう。ちなみに内蔵ストレージは128GBもあるので安心して使えます

ノッチの幅は短い(左: HUAWEI P20 右:iPhone X)
ノッチの幅は短い(左: HUAWEI P20 右:iPhone X)

ノッチの先駆者「iPhone X」は、ノッチ部分にインカメラやスピーカーだけでなく顔を立体的に捉えるセンサー群を内蔵しています。一方で「HUAWEI P20」はそれらのセンサー群を搭載していませんが、その分ノッチの幅は「iPhone X」よりも短くて目立ちにくいです

ロゴの向きに注目
ロゴの向きに注目

一般的なスマートフォンは、ロゴが縦向きに配置されています。基本的に縦持ちで使うものですから至極当然なのですが、「HUAWEI P20」は横向きに配置されています。これはデジタルカメラのように構えることを想定しているとのことで、本機の強みであるカメラを強調するデザインです。

サイズ感・ホールド感

大きすぎず小さすぎない、ちょうどいいサイズ
大きすぎず小さすぎない、ちょうどいいサイズ
片手で操作できる
片手で操作できる

ディスプレイは約5.8インチと比較的大きいのですが、横幅は70.8mmに収まっています。片手で持って角まで指が届きました。手に持ってみると意外とコンパクトで持ちやすいです。

カラーバリエーション

本体カラーはミッドナイトブルー、ピンクゴールド、ブラックの3色
本体カラーはミッドナイトブルー、ピンクゴールド、ブラックの3色

カラーは深みがあるミッドナイトブルー、華やかながらも上品なピンクゴールド、シックなブラックの3色展開です。ブラックはフレームがマットな質感、ピンクゴールドとミッドナイトブルーは艶がある仕上がりに。各カラーの魅力を引き出しています。

ストレスなく快適に使えるスペック

HUAWEI P20 スペック情報(製品ページ
サイズ 高さ 約149.1 × 幅 約70.8 × 厚さ 約7.65mm
重量 約165g
OS Android. 8.1 Oreo / EMUI 8.1
SoC HUAWEI Kirin 970 Octa-core(Quad-core 2.36GHz A73 + Quad-core 1.8GHz A53) + i7 コプロセッサ
RAM 4GB
ROM 128GB
バッテリー容量 3,400mAh
ディスプレイ 約5.8インチ FHD+(2,240×1,080)18.7:9 / TFT
通信 FDD LTE: B1/2/3/4 /5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41
キャリアアグリゲーション対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
カメラ メインカメラ:1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー
インカメラ:2,480万画素
カラー ミッドナイトブルー / ピンクゴールド / ブラック
備考 防水・防塵(IP67) / 指紋センサー
AnTuTu Benchmark V6.0
AnTuTu Benchmark V6.0
Geekbench 4
Geekbench 4

スマートフォンの頭脳となるSoCには「Kirin 970」を採用。2017年末に発売された「HUAWEI Mate 10 Pro」にも搭載されていたもので目新しさはありませんが、AIの演算処理を担うNPU(Neural Processing Unit)を内蔵しており、後述するカメラ機能の補助やリアルタイム翻訳、3Dポートレートライティングなどに利用されます。

Androidスマートフォンの多くで採用されているQualcommのSnapdragonシリーズと比較してみると、処理性能はSnapdragon 835と同等といったところでしょうか。記事執筆時点で最新のSandragon 845はAnTuTu Benchmarkで25万点前後を出しているので、やや見劣りしますが十分快適に使えるレベルです。

ダブルレンズカメラの性能を検証

Leicaのデュアルカメラ(カラー:F1.8 / モノクロ:F1.6)を搭載
Leicaのデュアルカメラ(カラー:F1.8 / モノクロ:F1.6)を搭載

メインカメラはカメラメーカーのLeicaと協業で開発されました。カラーセンサー(1,200万画素)とモノクロセンサー(2,000万画素)を組み合わせた「Leicaダブルレンズカメラ」を搭載しています。

AIによる被写体とシーン認識
AIによる被写体とシーン認識

AIが被写体やシーンを認識し、様々な設定を自動で最適化してくれます。ユーザーはシャッターボタンを押すだけで簡単に美しい写真を撮影できるというわけです。

シーン認識の他にも夜間モードで絶大な効果を発揮するAI手振れ補正、水平を出したいシチュエーションで水準器を表示するなど構図をアドバイスしてくれるAIアシストもNPUの恩恵です。

それでは作例でメインカメラの性能を見ていきましょう。モード別の作例紹介まではAIアシストをONにしてオートモードで撮影しました。写真をクリックまたはタップすると大きなサイズで表示されます。

HUAWEI P20 カメラ作例:紫陽花
紫陽花
HUAWEI P20 カメラ作例:サザンウッド
サザンウッド

多彩な紫陽花をワンフレームに収めて撮影しました。色のグラデーションを見事に捉えてますね。サザンウッドは細かい部分までしっかり解像しており、ディテールを再現するモノクロセンサーの実力がよくわかります。

HUAWEI P20 カメラ作例:ミッキーマウスノキ
ミッキーマウスノキ
HUAWEI P20 カメラ作例:ツンベルギア・マイソレンシス
ツンベルギア・マイソレンシス

植物を接写してみたところ、背景がしっかりボケました。被写体が際立っていい感じ。質感もバッチリ表現できています。

HUAWEI P20 カメラ作例:逆光
逆光
HUAWEI P20 カメラ作例:夕暮れ
夕暮れ

逆光での撮影は大きく黒つぶれすることはありませんでした。夕暮れは光量が少ない割に低ノイズで綺麗に撮影できているのではないでしょうか。

HUAWEI P20 カメラ作例:1x
1x
HUAWEI P20 カメラ作例:10x(デジタルズーム)
10x(デジタルズーム)

デジタルズームは最大10倍まで。さすがに10倍となると精細感は失われますが、5倍程度までなら粗さが目立たず、実用的です。ちなみに解像度が最高(20MP)になっているとズームできないので、ズーム機能をよく利用する場合はあらかじめ解像度を下げておくのがおすすめです。

HUAWEI P20 カメラ作例:馬刺し
馬刺し
HUAWEI P20 カメラ作例:サバの刺身
サバの刺身
HUAWEI P20 カメラ作例:烏賊てっさ
烏賊てっさ
HUAWEI P20 カメラ作例:マグロの中落ち
マグロの中落ち

食べ物はフードモードで色味を暖色寄りに調整してくれます。やや暗めの店内でしたが、とても美味しそうに撮れました。飯テロカメラとして大活躍してくれること間違いなし

ワイドアパーチャモード

ケーキにフォーカス
ケーキにフォーカス
コーヒーにフォーカス
コーヒーにフォーカス

ワイドアパーチャモードはピントと絞りを変更できます。ケーキにピントを合わせるとコーヒーがボケていて、コーヒーにピントを合わせるとケーキがボケていることがわかります。

F16にすれば被写界深度が深くなり、パンフォーカスになる
F16にすれば被写界深度が深くなり、パンフォーカスになる

下のスライドバーで調整する「絞り」は、小さいほど被写界深度が浅く(ピントの合う範囲が狭く)、大きいほど被写界深度が深く(ピントの合う範囲が広く)なります。 撮影後に変更できるのは便利です

夜間モード

HUAWEI P20 カメラ作例:オートモード
オートモード
HUAWEI P20 カメラ作例:夜間モード
夜間モード

夜間モードはノイズを低減して画質が向上します。オートモードはシャッタースピードが0.06秒に設定されたため、全体的に暗くてノイジーです。一方、夜間モードはシャッタースピードを13秒(最大15秒まで調整可能)で撮影しています。その差は一目瞭然ですね。

ライトペインティングモード

光の軌跡を記録できる
光の軌跡を記録できる

光の軌跡を可視化できるモードです。長時間露光のため手振れがダイレクトに反映されます。可能であれば固定した方がいいでしょう。歩道橋の上など高いところから撮影すると面白い写真が撮れると思います。

スローモーションムービー

鳥が飛び立つところをスロー撮影(240fps)

スローモーションは120fps 4x / 240fps 8x、スーパースローモーションは960fps 32xで撮影できます。

fpsが高い方がよりスローな映像になりますが、それに伴いズーム倍率も高くなり、画質は粗くなります。今回は鳥が飛び立つ瞬間を240fpsで撮影しました。手軽にスロー動画を撮影できるのは良いですね。

使ってみてよかったポイントをピックアップ

指紋IDと顔認証の認証性能

前面下部に指紋センサーを搭載
前面下部に指紋センサーを搭載

HUAWEIの指紋センサーは認証速度が速く、触れると画面が点灯してロックが解除されるなど利便性には定評があります。前面に配置されたためか、ジェスチャー機能は省かれていますが、使い勝手は良好です。

顔認証も使ってみましたが、これが想像以上に使えます。認証速度はかなり速く、メガネをかけても問題なく認証できました。角度もある程度正面であれば認識可能で、あまりシビアではない印象。また、暗所では自動的に画面の輝度を上げて顔を照らして認証してくるのでいい意味で期待を裏切ってくれた機能です。

EMUI 8.1

HUAWEIのスマートフォンは、独自のユーザインタフェース「EMUI(Emotion UI)」を搭載。純正とは一味違った操作感です。今回はEMUIの良機能を3つ紹介します。

指紋センサーをナビゲーションキーに割り当てることも可能指紋センサーをナビゲーションキーに割り当てることも可能
指紋センサーをナビゲーションキーに割り当てることも可能

デフォルトでは「仮想ナビゲーションバー」に設定されていますが、FullViewディスプレイをより広く使うには「画面外ナビゲーションボタン」がおすすめです。指紋センサー部分をタップ、スワイプすることでナビゲーションキーと同様の操作ができます。

独自のショートカットが地味に便利
独自のショートカットが地味に便利

Android 8.0 Oreoから、アプリアイコンをロングタップするとショートカットが出現します。それに加えてEMUIではHUAWEIのアプリケーションに対して独自のショートカットが利用できます。例えば、カメラアプリを起動してモード切り替える操作をショートカットを使えば一発で目的のモードでカメラを起動できます。

ノッチを隠せる
ノッチを隠せる

最近は画面占有率を高くするためにノッチ(切り欠き)を設ける機種が増えています。正直筆者はノッチがあまり好きではないのですが、「HUAWEI P20」にはノッチの左右を暗くしてノッチ部分を隠す機能が搭載されており、ノッチを気にせず使うことができました

HUAWEI SuperCharge

急速充電に対応
急速充電に対応

HUAWEI独自の急速充電規格「HUAWEI SuperCharge」に対応しています。純正のチャージャーとケーブルを使う必要がありますが、約30分で約58%の充電速度と低発熱を両立する技術です。9V/2Aの「Quick Charge」と比較して4.5V/5Aの「HUAWEI SuperCharge」は発熱量が50%少なくダメージを与えにくいと謳っています。

※画像は純正チャージャーおよびケーブルを使用していません。

評価まとめ

SIMフリースマートフォン市場で人気を博した「HUAWEI P9」と「HUAWEI P10」で好評だった部分をしっかり継承。「HUAWEI P20」は、デザインの刷新、FullViewディスプレイなど新しい要素も盛り込み、大幅な進化を遂げました

また、新世代のSoCを搭載したことで単にスペックアップしただけでなく、NPUによるリアルタイムなAI活用も新たな魅力です

HUAWEI
HUAWEI P シリーズ

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

あさひな

あさひな

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。