LinksMate(リンクスメイト)の特徴・プラン・通信速度をチェック!ゲーマーに特化した格安SIM!?

書いた人: Jetstream

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LinksMate(リンクスメイト)の特徴・プラン・通信速度をチェック!ゲーマーに特化した格安SIM!?

2016年末にゲーム開発やゲームデータ分析事業を展開する会社として設立された株式会社LogicLinks。2017年5月にMVNO(格安SIM)への参入を発表し、同年7月よりドコモ回線を利用する格安SIM「LinksMate(リンクスメイト)」を提供開始。もうすぐ格安SIM参入1周年です。

そんなLogicLinksが展開する格安SIM・リンクスメイトは、対象のゲームアプリやコンテンツ、TwitterやInstagramなどのSNS通信量が90%以上カウントフリーとなる「カウントフリーオプション」が売りです

今回の記事では、そのゲーム特化の格安SIM・リンクスメイトについてご紹介させていただきます。

目次:

LinksMate(リンクスメイト)はどんな格安SIM?

対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信料がカウントフリー
対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信料がカウントフリー

リンクスメイトは冒頭でも説明させていただいた通り、ドコモ回線を利用する格安SIMで、対象のゲームアプリやコンテンツ、TwitterやInstagramなどのSNS通信量が90%以上カウントフリーとなる「カウントフリーオプション」が最大の売りとなっています。

カウントフリー対象のSNSはInstagram・Twitter・Facebookの3サービス、ゲームアプリはリネージュ2・みんゴル・クランブルーファンタジーなど、2018年6月時点で37タイトル、コンテンツはAbemaTV・AWA・ファミ通App・AppStore・Google Playなど14サービスです。またカウントフリー対象アプリ・サービスは随時追加されています。

詳細はこちら:公式ページ

カウントフリーオプションは月額500円と有料ですが、その内容を見てみると500円では安すぎると思うでしょう。

ゲームアプリはなんと37タイトルがラインアップ
ゲームアプリはなんと37タイトルがラインアップ

LinksMate(リンクスメイト)の料金プランをチェック

リンクスメイトは全5プラン
リンクスメイトは全5プラン

ここでは、リンクスメイトの料金プランをご紹介します。リンクスメイトはデータSIMと音声通話SIMの2タイプで、データ容量はそれぞれ1GB・5GB・10GB・20GB・30GBの5プランです。大容量プラン寄りとなっている点が特徴。

また、それぞれのプランに応じてゲーム連携できるサービス数の制限があります。さらに10GB以上のプランでは、「グランブルーファンタジー」「シャドウバース」「プリンセスコネクト!Re:Dive」の3タイトルゲーム内アイテムと交換ができる「スター」も毎月付与されます。

リンクスメイト料金プラン
データSIM(SMS付) 音声通話SIM
1GB 500円 1,100円
ゲーム連携数:1つ
スター:なし
5GB 1,500円 2,100円
ゲーム連携数:1つ
スター:なし
10GB 2,500円 3,100円
ゲーム連携数:3つ
スター:1つ
20GB 4,200円 4,800円
ゲーム連携数:3つ
スター:1つ
30GB 5,400円 6,000円
ゲーム連携数:3つ
スター:1つ

リンクスメイトのさらなる特徴として、データプランでも全てSMS付きとなります。つまりプラン料金はSMSオプション付です。逆にSMSなしデータプランは用意されていません。

料金的には他の格安SIMと比べて数百円規模で割安。単なる格安SIMとしてもなかなか優秀です。月額500円のカウントフリーオプションを付帯させることが前提なのかもしれませんね。

ちなみにカウントフリーオプションは1GBプランから契約可能です。

LinksMate(リンクスメイト)5つの特徴・ピックアップポイント

LinksMate(リンクスメイト)5つの特徴・ピックアップポイント

リンクスメイトの特徴をピックアップしてご紹介します。主な特徴となるのは以下の5つです。

●リンクスメイトの特徴

・カウントフリーオプション(対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信料が90%OFFになる)
・容量シェアが使える!
・対象のゲームであれば連携して特典をもらえる
・「Mate Phone」の利用で通話代も安心
・支払い方法がクレジットカード以外も使える?

やはり最大の特徴はカウントフリーオプションですが、そのほかにも様々な特徴があり、かなり優秀な格安SIMということがわかると思いますよ。

カウントフリーオプション(対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信料が90%OFFになる)

対象サービスの通信料が90%以上もカウントフリー
対象サービスの通信料が90%以上もカウントフリー

リンクスメイトのカウントフリーオプションは、対象のゲームアプリやコンテンツ、TwitterやInstagramなどのSNS通信量の90%以上がカウントフリーとなる点が特徴。オプション料金は月額500円です。

カウントフリーオプション 500円

カウントフリー対象は2018年6月現在、SNSはInstagram・Twitter・Facebookの3サービス、ゲームアプリは37タイトル、コンテンツは14サービスです。特にゲームアプリを中心に随時追加も行われています。

実際2017年7月のサービス提供開始当初はカウントフリー対象ゲームアプリが11タイトルだったので、1年でかなり追加されました。

SNS・ゲームアプリのほかにAWAなどのコンテンツもカウントフリーに
SNS・ゲームアプリのほかにAWAなどのコンテンツもカウントフリーに

さらにこのカウントフリーは、例えばデータ容量を使い果たして速度制限が掛けられた状態だとしても、対象サービスの通信速度は高速通信にてカウントフリーとなります。こんなに優秀な格安SIMサービス、他ではないですよね。

ちなみになぜカウントフリー範囲が100%ではなく90%以上という表現なのかというと、例えばゲームアプリアップデート時のダウンロードファイルはカウント対象となったりと、サービスに応じて一部カウントフリーが非対象となる場合があるためです。

容量シェアが使える!

シェアSIMは最大4枚まで子SIMを追加可能
シェアSIMは最大4枚まで子SIMを追加可能

リンクスメイトは、1回線に対して最大4枚までのSIMを追加できるシェアSIMにも対応しています。つまり最大5回線を利用できます。

SIMの追加には、1枚につき3,000円の事務手数料と400円のSIM発行手数料が必要で、月々の基本料金は300円となります。

シェアSIM初期手数料(1枚につき) 3,000円+400円
月額基本料金 300円

例えばリンクスメイトには30GB/月5,400円のデータプランがあるのですが、これをお父さん・お母さん・お子さん2名の家族4名で運用する場合、5,400円+300円×3で、月6,300円で運用が可能。家族4人で6,000円ちょっとなんてかなり安いですよね。

家族でこの運用料金は安い!
家族でこの運用料金は安い!

シェアSIMはもちろん個人でも追加可能です。可能枚数は最大4枚、全5回線と変わりはありません。

対象のゲームであれば連携して特典をもらえる

ゲームアプリとの連携特典も用意
ゲームアプリとの連携特典も用意

リンクスメイトは対象ゲームアプリがカウントフリーになるだけでなく、カウントフリーオプションを契約しつつ対象のゲームアプリにてアカウントを連携させるだけで、ゲームごとに特典がプレゼントされる「ゲーム連携・特典」も用意されています

ゲーム連携・特典の対象ゲームは「グランブルーファンタジー」「シャドウバース」「プリンセスコネクト!Re:Dive」の3タイトルです。

また特典内容は契約プランに応じて異なり、容量が大きくなるほど特典は豪華となります。

30GBは最大特典獲得可能
30GBは最大特典獲得可能

「MatePhone」の利用で通話代も安心

音声通話プランや通話定額の「MatePhone」も
音声通話プランや通話定額の「MatePhone」も

リンクスメイトはデータプランだけでなく、もちろん音声通話プランも用意されています。音声通話プランはデータプラン+600円で契約可能です。

またAndroidとiPhone向けに提供されている専用通話アプリ「MatePhone」をインストールして電話を掛けることで、通常30秒20円の通話料が30秒10円に半額となるサービスも用意されています。

さらに10分通話定額オプションも用意されていて、月額850円で契約可能です。

Mate Phone通話料半額 別途申し込み不要 30秒10円
Mate Phone 10分かけ放題 別途申し込み必要 10分以内の国内通話が無料
通話定額MatePhone
通話定額MatePhone

支払い方法がクレジットカード以外も使える?

リンクスメイトはクレジットカード以外の支払いも可能!
リンクスメイトはクレジットカード以外の支払いも可能!

リンクスメイトの支払い方法は基本的にクレジットカード決済なのですが、別の支払い方法「LinksPoint(LP)」も用意されています

LPは1ポイント=1円として、クレジットカードのほかに銀行決済やコンビニ決済にて事前購入し、そのLPで月々の利用料金を支払うことができるシステムです。

つまりリンクスメイトは、実質的に銀行決済とコンビニ決済にも対応しているということです。また、LPは購入してチャージできるほかにキャンペーン等でプレゼントされることもあります。

ちなみにLPをクレジットカードで購入する場合、金額に応じた手数料が掛かります。また銀行決済の手数料も必須です。

クレジットカードでLPを購入する場合の手数料
10,000LP未満 300円
10,000LP以上 購入額の3%(小数点以下切り上げ)

このほかLPは月々の利用料金だけでなく、SIMの初期購入やシェアSIMの追加などでも利用することができます。

LinksMate(リンクスメイト)を使ってみた感想

実際にカウントフリーを使ってみた
実際にカウントフリーを使ってみた

いくらサービスが優秀でも通信速度が遅かったり、カウントフリー時の画質が悪かったりしたら意味がないですよね。ということで実際にリンクスメイトのSIMをiPhone 7 Plusに挿して簡単に試してみました。

筆者はあまりスマートフォンゲームをやらないこともあり新規にゲームアプリをインストールして開始するまでに時間が掛かってしまうため、まずはAbemaTVの動画視聴からトライします。

その前にちょっと通信速度測定。測定時間は15時頃です。

リンクスメイトでスピードテスト
リンクスメイトでスピードテスト

混み合う時間帯ではありませんでしたが、なんと下り速度20Mbpsを超えました。これだけ速度が出ればストリーミングでの動画視聴も十分耐えられそうですね。しかも対象サービスであればこの速度でカウントフリー。かなり魅力的です。

LinksMate(リンクスメイト)の評判まとめ

リンクスメイトはゲーム特化の格安SIMです。しかし大容量を中心としたデータプランや他と比べて割安な料金形態、シェアSIMと通話定額オプション、そしてクレジットカード以外の支払い方法も選択できるなどの利点を考慮すると、必ずしもゲーム特化ではなく、一般利用も十分に対応できる格安SIMとなります

もちろんカウントフリー対象となるサービスを屋外などでも頻繁に利用される方にとっては必須の格安SIMと言えますよね。

毎年様々な格安SIMブランドが登場する昨今において、リンクスメイトは異色を放ち、そして業界唯一のサービスを展開。 カウントフリーサービスもどんどん拡大されているなど、これからの展開も楽しみです。

キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討されいている方は特に、ぜひリンクスメイトを検討してみてください

モバレコ編集部おすすめ LinksMate(リンクスメイト)

LinksMate

「LinksMate(リンクスメイト)」は、ゲームだけではなくシェアSIM、通話定額オプション、料金プランも1GB~30GBと豊富に選ぶことができます。

さらに、モバレコが行っている「格安SIM速度比較ランキング」においても通信速度の安定さに実績を残しています。ぜひ、気になる人はチェックしてみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream