Moto G6 Plus レビュー!デュアルカメラ搭載で価格以上の実力を感じる最新モデル

書いた人: agar

カテゴリ: SIMフリースマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Moto G6 Plus レビュー!デュアルカメラ搭載で価格以上の実力を感じる最新モデル

2018年6月8日に発売された「Moto G6 Plus」は、モトローラのミドルレンジモデル・Moto Gシリーズの最新機種です。

デュアルカメラやシリーズ初の18:9液晶、3Dガラスを用いた質感の高いボディなど、価格以上の実力を持った最新ミドルレンジ機を早速レビューします。

目次:

デザイン・外観

まずは、Moto G6 Plusのデザイン・外観を写真でチェックしていきましょう。

Moto G6 Plus / 前面。従来以上にベゼルを狭めた設計となっています
前面。従来以上にベゼルを狭めた設計となっています

フロントパネルの面積の大部分は、18:9の縦長仕様となったディスプレイが占めています。約6インチという大画面の端末ではありますが、従来機よりも縦に長い18:9のアスペクト比となっている関係で横幅は抑えられており、手に持った印象としてはさほど大きくなったようには感じず、持ちやすさはキープされていると感じました

ベゼルレス仕様でありつつも、昨年のMoto G5/G5Sシリーズのフォーマットを引き継ぎ、前面に指紋センサーを搭載。やや細めのセンサーとなっているものの、従来通りの使い勝手を保っています。

Moto G6 Plus / 背面は3Dガラスで覆われています
背面は3Dガラスで覆われています

Moto G5/G5Sシリーズはメタルボディでしたが、2018年モデルのMoto G6シリーズでは背面にガラス素材が使われています。日本版のカラーバリエーションはディープインディゴ1色で、深みのある藍色が印象に残るカラーです。

Moto G6 Plus / カメラ部分の装飾
カメラ部分の装飾

緩やかにカーブした3Dガラス、デュアルカメラやその周囲の細かな装飾など、昨年発売された上位モデル「Moto X4」に近いデザインとなっています。ミドルレンジながらワンランク上の高級感を持ったデザインと言えるでしょう。

Moto G6 Plus / 右側面には音量キーと電源キー
右側面には音量キーと電源キー
Moto G6 Plus / 左側面には何もなし
左側面には何もなし
Moto G6 Plus / 上面にはSIMカードトレイ
上面にはSIMカードトレイ
Moto G6 Plus / 底面にはUSB Type-C端子とイヤホンジャック
底面にはUSB Type-C端子とイヤホンジャック

SIMカードトレイは、nano SIM2枚とmicroSDカードを同時にセットできる仕様。3枚のSIMカードが1列に並ぶ仕様で、一般的なSIMピンよりもやや長いピンが必要なため、2台持ちをしている方など、付属のピン以外を使う場合にはやや注意が必要です。

廃止する機種も増えているイヤホンジャックは引き続き搭載され、有線イヤホン派の方も安心。充電端子は普及の進むUSB Type-Cに変更されています。

スペック・パフォーマンス

スペック情報(製品ページ:Moto G6 Plus
OS Android 8.0
SoC Qualcomm Snapdragon 630
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDXC(最大128GB)
サイズ 約159.9×75.5×8.1mm
重さ 約165g
ディスプレイ 5.93インチ 2,160×1,080(FHD+)
バッテリー 3,200mAh
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
SIMカード nano SIM ×2
カメラ アウトカメラ:約1,200万画素+約500万画素
インカメラ:約1,600万画素
カラー ディープインディゴ

前モデル「Moto G5S Plus」と比較すると、動作全般に影響する心臓部であるSoCがより新しい「Snapdragon 630」にアップグレードされたほか、ROM容量が32GBから64GBへ倍増し、バッテリー容量も200mAhほど増えています。

Moto G6 Plus / Antutu BenchmarkのスコアMoto G6 Plus / Geekbench 4のスコア
Antutu BenchmarkのスコアとGeekbench 4のスコア

スマートフォンの処理性能を数値化できるベンチマークアプリでスコアを測定してみました。

Moto G6 Plusのベンチマークスコアは「Antutu Benchmark」で約9万点、CPU性能のみを測定する「Geekbench 4」ではシングルコアのスコアが800点台、マルチコアのスコアが4,000点台という結果になりました。

基本性能がやや向上しているが、3Dを多用したゲームなど重量級のアプリの動作もこなせるというよりは、メールやSNS、Webブラウジングといった日常で頻繁に利用する機能がより快適に利用できるようになったといったところ

もっとも、SoCやRAM・ROMなどの基本性能としては、上位機種「Moto X4」と同等のスペックなので、昨年の上位機種相当のスペックが手頃なGシリーズで手に入るようになったと考えるとまずまずのスペックではないでしょうか。

Moto G6 Plus / アスペクト比18:9のIPS液晶を搭載
アスペクト比18:9のIPS液晶を搭載

単純なスペックの変化以上に、使い勝手の違いを感じたのが18:9になったディスプレイです。すっかりトレンドとなったこのような縦長ディスプレイですが、やはりSNSやWebサイトなど、縦スクロールで読み進めていくコンテンツを見る機会の多いスマートフォンでは、縦方向に画面が広がることの効果は大きいです。

また、画面を上下に分割して使うマルチウィンドウ機能との相性も良好です。IPS液晶が使われており、液晶の視野角についても申し分ないものといえます。

Moto G6 Plus / 顔認証に対応
顔認証に対応

生体認証機能については、指紋認証と顔認証の2種類に対応。指紋認証は、画面サイズの拡大と狭額縁化に伴って従来よりも細い形状の指紋センサーが搭載されているものの、認証速度や精度への不安は杞憂でした。

顔認証はインカメラから取得した画像での照合を行う最もオーソドックスな仕組みで、認証の速度や精度、セキュリティーなどの観点では、各社のハイエンド機に搭載されているような高度な顔認証には一歩劣ります。しかし、手袋をしている時など、指紋認証を行いにくい場面での補助的な使い方であれば十分に便利な機能かと思います。

カメラ性能・作例

Moto G6 Plusのカメラ性能をチェック
Moto G6 Plusのカメラ性能をチェック

Moto G6 Plusのカメラは、アウトカメラが約1,200万画素+約500万画素のデュアルカメラ、インカメラが約1,600万画素という構成です。

デュアルカメラの用途としては、約1,200万画素のメインカメラの画像をベースとして、2つのカメラの視差を活かして深度情報を取得することで、様々な効果を適用することができます。

デュアルカメラを活かした撮影モードとしては、背景をぼかす「ポートレート」、被写体を切り抜いて別の背景を付けられる「カットアウト」、一部分の色だけを残して強調したモノクロ基調の写真を撮れる「スポットカラー」があります。各モードのイメージを掴みやすいよう、作例を用意したのでご覧ください。

「ポートレート」モードの作例

ポートレートモードでは、本格的なカメラで撮影したようなボケを作ることができます。深度情報を元に擬似的にボケを作っているため、撮った後からボケ量やピントを合わせる位置などを自在に変えられることも特徴です

「スポットカラー」モードの作例

スポットカラーモードでは、強調したい被写体をタップすると、近い色の部分だけをカラーで残し、他の部分をモノクロにするという加工をリアルタイムに自動で行います。鮮やかな被写体をより強調したい場合などには効果的なモードです。

Moto G6 Plus / 豊富な撮影モード
豊富な撮影モード

デュアルカメラ関連のモード以外にも、Moto G6 Plusのカメラアプリには様々な撮影モードが搭載されています。端末を動かしながら広い範囲を写せる「パノラマ」や文書の記録に適した「テキストスキャナ」、効果的な早送りの映像が簡単に撮影できる「タイムラプス」などの機能を使った撮影が楽しめます。

ここからは、実際にMoto G6 Plusのカメラを使用して様々な場面で撮影した作例をご紹介します。すべてオートモードで撮影し、加工・修正などは行っていない状態の写真です。画像をタップ・クリックすると大きなサイズで表示できます。

Moto G6 Plus / 日中の風景写真Moto G6 Plus / 日中の風景写真
日中の風景写真
Moto G6 Plus / 花を撮影
花を撮影
Moto G6 Plus / 逆光で撮影
逆光で撮影
Moto G6 Plus / 夜景を撮影
夜景を撮影
Moto G6 Plus / 料理を撮影
料理を撮影

約1,200万画素ということで絶対的な解像度が高いわけではありませんが、スマートフォンで撮影した写真の用途を考えると十分な解像感があり気になりません。作例の3枚目、花の写真を見ると、発色はなかなか鮮やかです。

逆光の場面では、ゴースト(レンズ内での反射の写り込み)が比較的出やすくあまり逆光耐性そのものが高いとは言えないものの、HDR機能の出来が良く、逆光でもしっかりと影になる被写体が表現されている点は優秀です。

夜景に関しては、オートモードかつ手持ちでは、照明やイルミネーションの多い場面でもシャープな画を得るのはやや難しい印象。屋内でのホワイトバランスは的確で、料理の写真も美味しそうな色合いで撮れました。

使ってみてよかったポイント

Moto G6 Plus / 使ってみてよかったポイント
使ってみてよかったポイント

モトローラのラインナップの中では普及機となるMoto Gシリーズは、これまでの機種を使った印象としてはコストパフォーマンスを狙った部分を感じることがありましたが、2018年モデルのMoto G6/G6 Plusでは、より上位機種に近付いて質が高まった印象を受けました

3Dガラスを用いて高級感を出したデザインや、これまではXシリーズ以上の機種のみで使われていたUSB Type-Cの導入、トレンドの18:9液晶を採用したベゼルレス仕様など、様々な部分でステップアップしています。

また、素のAndroidに近いシンプルなUIにさり気ない便利機能を添えた、扱いやすいソフトウェアも、モトローラのスマートフォンの魅力の1つです。それらの機能をまとめたものが「Motoエクスペリエンス」です。

Moto G6 PlusのMotoエクスペリエンスには、これまでのGシリーズでは対応していなかったスリープ中の画面に手をかざすだけで「Moto Display」を確認できる機能や、従来はMoto X4のみで利用できたセキュリティ機能「Moto Key」などが加わり、ミドルレンジ機ながらフルに独自機能を体感できるようになっています。

評価まとめ:Moto G6 Plusはこんな人におすすめ

Moto G6 Plusのポイント

  • 3Dガラスを使った高級感のあるデザイン
  • Snapdragon 630&RAM 4GBで普段使いなら快適な動作
  • ポートレートモードなどの機能が楽しめるデュアルカメラ
  • モトローラ初の18:9ワイドディスプレイ
  • 指紋認証&顔認証に両対応

Moto G6 Plusの魅力は、ベゼルレス&3Dガラスのミドルレンジ離れしたデザインに、十分なスペックや機能、そしてユニークな撮影モードが揃ったカメラです。

おすすめできる人としては、カメラ重視で手頃なスマートフォンが欲しい人、普段使いに快適なスペックとシンプルなソフトウェアを重視している人。細かい部分で言えば、DSDSとmicroSDを同時に使える機種が必要な人、USB Type-Cへの対応やイヤホンジャックは外せないという人にも良いでしょう。

また、ミドルレンジのGシリーズではありますが、スペック的には昨年の「Moto Z2 Play」より上、「Moto X4」と同等ということで、上位シリーズの機種からの買い替えも考えられます。特に、モトローラのスマートフォンでは18:9ワイドディスプレイの採用はこのG6/G6 Plusからなので、この点を重視するのであれば買い替える意味はあるはずです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar