【iOS8新機能】Handoff(ハンドオフ)を使ってMacとiPhoneの連携を手軽に行える方法

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【iOS8新機能】Handoff(ハンドオフ)を使ってMacとiPhoneの連携を手軽に行える方法

iOS 8から搭載された「Handoff(ハンドオフ)」機能を使うと、OS X Yosemiteを搭載するMacと、iPhoneやiPadなどiOS 8を搭載する端末間とで、シームレスな連携を行うことができます。
具体的には、iPhoneのSafariで閲覧中のWebページをすばやくMacで表示させたり、反対にMacで作成中のメールの続きをiPhoneで引き継いだりといったことが可能になります。

今回の記事では、このハンドオフの設定方法や活用法などをご紹介します。

目次:

ハンドオフの設定方法と利用条件

利用条件としては、同一のApple IDを使用して各端末でiCloudにサインインを行い、Bluetoothで連携する機器同士をペアリングする必要があります。最初に下記の手順で基本の設定を行います。
なお、ハンドオフを利用できるマシン条件は、Instant Hotspotと同様になりますので、下記の記事を参考にしてみて下さい。

インスタントホットスポットの利用条件

iPhoneのハンドオフをオンにする

まずはiPhoneの方でハンドオフを有効にします。
あらかじめiCloudにサインインしている状態で、設定アプリの「一般」から「Handoffと候補のApp」項目を開きます。続くページで「Handoff」を有効にし、Bluetoothをオンにすれば準備完了です。

iPhoneの画面キャプチャ
設定アプリで「一般」を選び
iPhoneの画面キャプチャ
「Handoffと候補のApp」をタップ
iPhoneの画面キャプチャ
「Handoff」を有効にする
iPhoneの画面キャプチャ
Bluetoothをオンにして準備完了

Macの設定を行う

iPhoneの準備が済んだら、Macの設定を行います。といってもiCloudにログインを行えば、あとは初期設定で問題ありません。もし、うまくいかないときには、システム環境設定の「一般」で「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックが入っているかを確認しましょう。
初期設定後、iPhoneとMacをBluetoothで接続すればハンドオフが利用できるようになります。

Macの画面キャプチャ
システム環境設定で「一般を」クリックし
Macの画面キャプチャ
「このMacと…のHandoffを許可」をチェック
Macの画面キャプチャ
システム環境設定で「Bluetooth」を選択
Macの画面キャプチャ
iPhoneを選び「ペアリング」をクリック

ペアリングが完了したら早速ハンドオフを試そう!

ハンドオフではメールやSafari、カレンダーやメッセージ、連絡先、メモ、マップなどのApple純正アプリが数多く対応しています。
またApp Storeで取り扱われているKeynoteやPages、NumbersなどのiWorksアプリも対象となっています。Apple以外のデベロッパーによりハンドオフ対応のアプリ開発も可能のため、今後サードパーティ製アプリも登場するかと思われます。

ここではApple純正のアプリを使ったハンドオフの使い方を解説します。

SafariやマップをMacとiPhoneで連携

MacのSafariで閲覧中のWebサイトをiPhoneで開いたり、iPhoneで開いているマップの場所をMacのマップアプリで確認するといった使い方が可能です。いちいちURLを送ったりせずにシンプルな操作で共有が行えるのでぜひ試してみましょう。

・Macで見ていたページをiPhoneで開く

Macの画面キャプチャ
MacのSafariを起動してWebページを開く
iPhoneの画面キャプチャ
iPhoneのロック画面で左下のアイコンをスワイプ
iPhoneの画面キャプチャ
Macで開いていたWebページが表示される

・iPhoneに表示中のマップをMacに送る

iPhoneの画面キャプチャ
iPhoneでマップを起動し特定の場所を表示
Macの画面キャプチャ
ドックの左側のアイコンをクリック
Macの画面キャプチャ
Macのマップが起動して場所を表示する

書きかけのメールやテキストも引き継げる!

ハンドオフでは入力中のメールやテキストも共有が行えます。
例えば、iPhoneで長文入力が面倒な場合にはMacで入力を行い、途中でiPhoneに引き継ぐ、といった使い方も便利です。

基本的な使い方はSafariやマップなどと同じですが、エラーが出たりうまく行かない場合には、同一Wi-Fiに接続して操作を行ってみると、うまくいくことがあります。

・作成中のメールを送る

Macの画面キャプチャ
Macのメールアプリで本文を入力する
iPhoneの画面キャプチャ
iPhoneのロック画面でメールアイコンをスワイプ
iPhoneの画面キャプチャ
メールアプリに先ほどの文章が読み込まれる

・Pagesのテキストを共有

Macの画面キャプチャ
Mac版のPagesで文書を作成する
iPhoneの画面キャプチャ
メールと同様アイコンをスワイプする
iPhoneの画面キャプチャ
iOS版のPagesで文書を共有できた

※ここではPagesを使用しましたが、KeynoteやNumbersで作成した書類の共有も同じ方法で行えます

・ロック画面以外でのハンドオフ引き継ぎ方法

ここまではMacからiPhoneへの引き継ぎに、ロック画面からの切り替え方法を紹介しましたが、ロック画面を表示させずに、ホーム画面上での引き継ぎも行えます。
ハンドオフの接続が確立されている状態で、iPhoneのホームボタンを二度押しすると、一番左にハンドオフで引き継げるアプリが表示されます。ココをタップすると、MacからiPhoneへ引き継ぎが行えます。

またiPhoneからMacで引き継ぎを行う際「command+tab」のショートカットキーを使用すると、 起動中アプリの一覧に、ハンドオフで引き継ぎできるアプリも表示されます。
ドックが非表示の場合や、マウス操作を行わずに切り替えを行いたい場合には、こちらを利用すると便利です。

iPhoneの画面キャプチャ
iPhoneのホームボタンを二度押しして切り替え可能。
Macの画面キャプチャ
「command+tab」でアプリの切り替えも便利。

まとめ

今回はMacとiPhoneでハンドオフを使った共有を紹介しましたが、もちろんiPadなどと共有も可能です。
iCloudを使っての共有よりもダイレクトにやり取りができるので、ワンクッション置かずに、すぐ共有したい場合などに活躍しそうです。

今後この「ハンドオフ」を利用した便利なアプリが登場するかもしれないので、そのあたりも期待したいです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!