ZenFone 5シリーズ(5 / 5Z /5Q)の価格・値段を徹底比較 購入前に最安値をチェック!

書いた人: とくめい

カテゴリ: 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ZenFone 5シリーズ(5  5Z 5Q)の価格・値段を徹底比較 購入前に最安値をチェック!

ASUSから2018年5~6月にかけて日本国内販売を開始した「ZenFone 5」シリーズ。

ノッチ付きディスプレイ搭載のスタンダードモデル「ZenFone 5」、ZenFone 5の主要スペックを大幅に強化したフラッグシップモデル「ZenFone 5Z」、背面・前面の両方にデュアルカメラを搭載したミドルレンジモデル「ZenFone 5Q」の3モデルが日本国内で販売されています。

本記事ではZenFone 5シリーズそれぞれの特徴を簡単に紹介し、MVNO回線とのセット販売やスマホ単体での販売価格を比較していきます。ご自身の条件にマッチし、最安値で購入できる場所を探してみてください。

目次:

ZenFone 5シリーズのスペックと特徴

販売価格の比較の前に、まずはZenFone 5シリーズそれぞれのモデルのスペックと特徴を確認しておきましょう。

■ZenFone 5シリーズのスペック(製品ページ参照: ZenFone 5 / ZenFone 5Z / ZenFone 5Q
ZenFone 5 ZenFone 5Z ZenFone 5Q
本体カラー シャイニーブラック
スペースシルバー
ミッドナイトブラック
ルージュレッド
ムーンライトホワイト
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約153mm×75.6mm×7.7mm 約160.5mm×76mm×7.7mm
重量 約165g 約168g
ディスプレイ 6.2インチ 2,246×1,080(フルHD+)
Corning® Gorilla® Glass 3
Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
6型ワイド IPS液晶
2,160×1,080
(フルHD+)
CPU(SoC) Qualcomm® Snapdragon™ 636
1.8GHz
オクタコア
Qualcomm® Snapdragon™ 845
2.8GHz+1.8GHz
オクタコア
Qualcomm® Snapdragon™ 630
2.2GHz オクタコア
メモリ(RAM) 6GB 4GB
内蔵ストレージ
(ROM)
64GB 128GB 64GB
アウトカメラ 1,200万画素+800万画素 広角カメラ 1,600万画素+
800万画素 広角カメラ
インカメラ 800万画素 2,000万画素+
800万画素 広角カメラ
SIMカード
スロット
nanoSIMスロット×2(※1) nanoSIMスロット×2(※2)
microSDスロット×1
バッテリー 3,300mAh

(※1)DSDV対応/SIM2はmicroSDと排他構造(※2)DSDS対応

【ZenFone 5】性能と価格のバランスに優れたスタンダードモデル

ZenFone 5シリーズのスタンダードモデル「ZenFone 5」
ZenFone 5シリーズのスタンダードモデル「ZenFone 5」

ZenFone 5は、画面占有率90%のオールスクリーンディスプレイやカメラ撮影時などの様々なシーンで活躍してくれるAI機能が特徴的なスタンダードモデル。国内3キャリアの主要周波数に対応し、国内では数少ないDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)をサポートしています。

1,200万画素の標準レンズ+800万画素の広角レンズの組み合わせでデュアルカメラを内蔵。光学式手ぶれ補正や0.03秒でピントが合うレーザーオートフォーカスなどカメラ性能に力を入れています。被写体を認識して最適な設定を選んでくれる「AIシーン分析機能」を搭載しており、人物や風景、花や動物、食べ物などを自動的に認識してくれます。

その他にも、端末のパフォーマンスを向上させる「AIブースト」、「AI充電」「AI着信音」といったユーザーの行動に合わせて最適な設定に調整してくれる便利なAI機能が満載。

また、指紋認証と顔認証に対応しており、セキュリティ面での安全性はもちろん、使い勝手も良好です。

2~3万円台のスマホからワンランク上の質感、性能が欲しい方にはオススメの1台です。

★ZenFone 5の特徴

・画面占有率90%のノッチ付き縦長ディスプレイ
・国内3キャリアの主要周波数とDSDVに対応
・標準&広角のデュアルレンズカメラ + AIによる被写体認識
・ユーザーの行動に合わせて自動設定してくれる便利なAI機能
・指紋認証と顔認証に対応
・大容量の3,300mAhバッテリー内蔵で電池持ちが良い

【ZenFone 5Z】2018年夏モデル最高クラスの性能を持つハイエンドモデル

現行モデル最高クラスの高性能を持つフラッグシップモデル「ZenFone 5Z」
現行モデル最高クラスの高性能を持つフラッグシップモデル「ZenFone 5Z」

ZenFone 5とデザインやカメラ性能は同一ながら、基本性能を大幅にアップさせたフラッグシップモデル「ZenFone 5Z」。

ZenFone 5ではAIブースト機能でCPUの最適化を行うことでパフォーマンスの向上を図っていましたが、ZenFone 5Zは大手キャリアのハイエンドモデルにも採用されている高性能CPU「Snapdragon 845」を搭載。6GB RAMと128GBの内蔵ストレージなど文句の付け所がないスペックです。

複数のLTEを束ねて通信速度を向上させるCA(キャリアアグリゲーション)において、ZenFone 5では2つの周波数を利用しますが、ZenFone 5Zでは3つの周波数を使うことで高速な通信を実現しています。

★ZenFone 5Zの特徴

・ZenFone 5と外観やカメラ性能は同じ
・ZenFone 5の基本性能を大幅に向上させ、ハイパフォーマンスを実現
・高性能CPU「Snapdragon 845」を搭載し、現行モデル最強クラスの高性能を誇る
・3つの周波数を束ねる3CAに対応し、より高速な通信を可能に

【ZenFone 5Q】カメラ性能に特化したお手頃価格のミドルスペック

カメラ性能に特化したお手頃価格のミドルレンジモデル「ZenFone 5Q」
カメラ性能に特化したお手頃価格のミドルレンジモデル「ZenFone 5Q」

ZenFone 5Qは全3モデルの中で、最も手頃な価格帯のミドルレンジモデル。前面・背面の両方に標準レンズ+広角レンズを装備したクアッドカメラが最大の特徴です。

インカメラもデュアルカメラ仕様なので、集合写真の自撮りなども高画質で撮影できます。また、4K動画撮影やマニュアルで撮影できる「Proモード」を装備しているなど、カメラ性能に特に力を入れたモデルになっています。

4万円を切る価格帯ながら、CPUに「Snapdragon 630」、4GBのRAM&64GBの内蔵ストレージ、デュアルカメラ、大容量バッテリーを装備しているなど価格以上に高性能です。ミドルレンジモデルですが、2~3万円台で販売されている機種よりもワンランク上の性能を有しており、長く使える1台に仕上げられています。

★ZenFone 5Qの特徴

・3色から選べるカラーバリエーション
・18:9のフルビューディスプレイ搭載。ノッチが無いので大画面をフルに使える
・前面+背面に2つずつカメラを装備したクアッドカメラ仕様
・価格以上に高性能で普段使いにちょうどいいスペック
・大容量の3,300mAhバッテリー内蔵で電池持ちが良い

▼ZenFone 5シリーズをお得に購入する方法はこちら

MVNOでのセット販売価格を比較

各端末を取り扱うMVNOのセット販売価格をチェック!
各端末を取り扱うMVNOのセット販売価格をチェック!

まずは、ZenFone 5 / 5Z / 5Qを取り扱うMVNO各社のセット販売価格を調べてみました。期間限定のキャンペーンなどは適用せずに、通常時の販売価格で比較しています。

全端末に共通する話ですが、MVNOでは音声通話SIMでの申し込みの場合のみ割引になるキャンペーンを頻繁に実施しています。ただし、音声通話SIMは最低利用期間が設けられていることがほとんどで、解約金が発生するケースもあるのでご注意ください。
(※記事を執筆した2018年8月20日現在の情報です)

ZenFone 5のMVNOセット販売価格

MVNO 販売価格
BIGLOBEモバイル 48,600円(税込) ※1
IIJmio 52,704円(税込)
LINEモバイル 57,024円(税込)
LinksMate 56,160円(税込)
mineo 57,024円(税込)
NifMo 52,800円(税込)
OCN モバイル ONE 57,024円(税込)

(※1)BIGLOBEモバイルでのセット販売は24回払いのみのため、支払い総額で計算。

ZenFone 5を取り扱っているMVNOは全7社。24回の分割払いのみの対応になりますが最安値はBIGLOBEモバイルで、唯一5万円以下で購入可能です。大手キャリアと同様に、端末を購入するとアシストパックとして毎月450円の値引きが付帯します。

一括購入の場合は、僅差でmineoとLINEモバイルが最安値ですが、金額差を考えるとIIJmioやNifMoの販売価格もそう大きく変わりはありません。

OCN モバイル ONEでは音声通話SIM限定のらくらくセットの場合、39,744円(税込)と破格で購入することができます。音声通話SIMとのセットで検討している方はこちらがお得です。

ZenFone 5ZのMVNOセット販売価格

MVNO 販売価格
IIJmio 69,984円(税込)
LinksMate 75,384円(税込)
NifMo 69,600円(税込)
エキサイトモバイル 69,984円(税込)

ZenFone 5Zの場合はキャンペーンを適用しない通常価格でも販売価格が大きく異なり、LinksMateのみ7万円台後半と高めに設定されていました。最安値はNifMoで69,600円(税込)、IIJmioとエキサイトモバイルが69,984円(税込)と僅差で続いています。

ZenFone 5QのMVNOセット販売価格

MVNO 販売価格
IIJmio 40,824円(税込)
LINEモバイル 42,984円(税込)
LinksMate 42,984円(税込)
NifMo 40,800円(税込)

ZenFone 5Qは他の2機種よりも価格帯が安く設定されています。最安値のNifMoは40,800円(税込)、次点のIIJmioは40,824円(税込)で販売されています。LINEモバイルとLinksMateも42,984円(税込)と価格差はそこまで大きくありません。

スマホ単体のオンラインストアの販売価格を比較

好きなSIMと自由に組み合わせられるスマホ単体の販売価格をチェック!
好きなSIMと自由に組み合わせられるスマホ単体の販売価格をチェック!

続いて、ZenFone 5シリーズをスマホ単体で販売しているサイトの販売価格を比較していきます。スマホ単体で販売しているサイトは少なく、Amazonや家電量販店の通販サイト、モバレコ バリューストアで取り扱いされていました。

モバレコバリューストアではスマホ単体の購入でも分割払いに対応しているので、一括で端末を購入するのが難しい方には便利です。また、毎週金曜17時から週替わりの数量限定セールを行っているので、タイミングによってはさらにお得になるかもしれません。
(※記事を執筆した2018年8月20日現在の情報です)

ZenFone 5のスマホ単体の販売価格

オンラインストア 販売価格
amazon 52,815円(税込)
ビックカメラ.com 53,330円(税込)※1
ヨドバシ.com 53,330円(税込)※1
モバレコ バリューストア 48,792円(税込)

(※1)1%ポイント還元あり

ZenFone 5のスマホ単体価格は、モバレコ バリューストアが48,792円(税込)で最安値という結果になりました。Amazonでは並行輸入モデルが安価で販売されていましたが、アフターサービスや日本国内での使用を考えると、国内正規代理店で購入した方が懸命でしょう。

★ZenFone 5をスマホ単体で購入したい方はこちら

ASUS ZenFone 5
ASUS ZenFone 5

ASUS ZenFone 5

AIを駆使した最先端の機能を多数搭載
コンパクトボディに6.2インチの大画面ディスプレイを搭載
最大15%も性能がアップするAIブースト搭載

モバレコ特価:48,792円

ZenFone 5Zのスマホ単体の販売価格

オンラインストア 販売価格
amazon 72,543円(税込)
ビックカメラ.com 73,202円(税込)※1
ヨドバシ.com 73,210円(税込)※1
モバレコ バリューストア 70,851円(税込)

(※1)1%ポイント還元あり

ZenFone 5Zのスマホ単体価格の最安値はモバレコ バリューストアの70,851円(税込)という結果になりました。全体的にMVNOとのセット価格よりも2,000円~3,000円ほど高く設定されていますが、既に契約しているSIMや自身の好きなSIMとの組み合わせで使用したい場合はスマホ単体での購入がベストです。

★ZenFone 5Zをスマホ単体で購入したい方はこちら

ZenFone 5Z
ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

最高クラスのスペックを誇るZenFone 5シリーズ最上位機種
AI性能に長けた最新SoC「Snapdragon 845」を搭載
画面占有率90%のオールスクリーンディスプレイ

モバレコ特価:70,851円

ZenFone 5Qのスマホ単体の販売価格

MVNO 販売価格
amazon 39,436円(税込)
ビックカメラ.com 39,798円(税込)※1
ヨドバシ.com 39,800円(税込)※1
モバレコ バリューストア 38,731円(税込)

(※1)1%ポイント還元あり

ZenFone 5Qの販売価格はモバレコ バリューストアが38,731円(税込)と最安値。全体的にMVNOのセット販売よりも少し安く、Amazonや家電量販店の通販サイトでも税込4万円以下と比較的購入しやすい価格帯になっています。

★ZenFone 5Qをスマホ単体で購入したい方はこちら

ASUS ZenFone 5Q
ASUS ZenFone 5Q

ASUS ZenFone 5Q

4つのカメラを搭載したクアッドカメラシステム
18:9のフルHD+ ディスプレイ
顔認証機能を搭載

モバレコ特価:38,731円(税込)

ZenFone 5シリーズの価格・値段に対する口コミ・評判

ZenFone 5シリーズの価格に関するネット上の口コミ・評判を調べてみると、多くのユーザーが「価格に対して性能が高い=コストパフォーマンスに優れている」という部分を評価していました。ミドルレンジ、ミドルハイ、ハイエンドと性能の異なる3つのモデルが用意されているのも選びやすさのポイントになっているようです。

まとめ:ZenFone 5シリーズは多くの人にオススメしたいモデル

ZenFone 5シリーズは幅広い層のユーザーにオススメ!
ZenFone 5シリーズは幅広い層のユーザーにオススメ!

SIMフリー市場で人気のある2~3万円台のスマホと比べると、ZenFone 5シリーズは少し高い印象があるかもしれません。しかし、その価格差を補って余りあるスペックやカメラ性能で多くの人から高評価を得ている人気シリーズです。

口コミをリサーチした際に、ZenFone 5とZenFone 5Zで迷っている人も多く見受けられましたが、個人的なオススメはZenFone 5です。重たい3Dグラフィックのゲームなどの負荷の大きい使い方をしない限り、ZenFone 5のスペックでも十分に満足できるパフォーマンスを発揮してくれていました。

「どうしてもハイエンドがいい!」というこだわりがある方や、iPhone・Galaxy・Xperiaシリーズなどの大手キャリアのハイエンドモデルに負けない高性能な機種を使いたい方にはZenFone 5Zが最適だと思います。

ZenFone 5Qも他のミドルレンジモデルと比べて高い性能を有しているので、AI機能などが必要ないという人には十分に選択肢になるでしょう。ZenFone 5や5Zには無いインカメラのデュアルレンズも最大の特徴で、SNSへの投稿用などに自撮り写真を頻繁に撮影する人にもオススメです。

スマホに求める用途やニーズに応じて3つのモデルから選べるので、自分の使い方や好みに合わせて選んでみてください。外観の変化以上に中身も大幅に進化したZenFone 5シリーズは多くの人にオススメしたいモデルです。

ZenFone 5シリーズをお得に購入する方法

ZenFone 5シリーズをネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

ASUS ZenFone 5
ASUS ZenFone 5

ASUS ZenFone 5

AIを駆使した最先端の機能を多数搭載
コンパクトボディに6.2インチの大画面ディスプレイを搭載
最大15%も性能がアップするAIブースト搭載

モバレコ特価:48,792円

ZenFone 5Z
ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

最高クラスのスペックを誇るZenFone 5シリーズ最上位機種
AI性能に長けた最新SoC「Snapdragon 845」を搭載
画面占有率90%のオールスクリーンディスプレイ

モバレコ特価:70,851円

ASUS ZenFone 5Q
ASUS ZenFone 5Q

ASUS ZenFone 5Q

4つのカメラを搭載したクアッドカメラシステム
18:9のフルHD+ ディスプレイ
顔認証機能を搭載

モバレコ特価:38,731円(税込)

バリューストア

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi