HTC U11 lifeを快適に使うために知っておきたい9つの設定・便利機能

書いた人: でこい

カテゴリ: HTC

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
HTC U11 lifeを快適に使うために知っておきたい9つの設定・便利機能

「HTC U11 life」は、ソフトバンクから販売されているハイエンドモデル「HTC U11」の廉価版に当たるSIMフリースマホ。お手頃価格ながらU11の特徴をしっかりと受け継ぎ、おサイフケータイや防水・防塵といった国産機能も完備しています。

本記事では、そんなHTC U11 lifeを便利に使うための設定・機能をまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次:

1. APNの設定をする

HTC U11 lifeはSIMフリースマホなので、自身でSIMカードを用意して設定する必要があります。

SIMトレイは本体上部に配置
SIMトレイは本体上部に配置

本体上部の小さな穴に付属のSIMピンを差すと、SIMトレイを取り出すことができます。SIMカードをトレイに乗せて本体に挿入しましょう。

【設定】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に進む【設定】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に進む
【設定】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に進む
MVNOキャリアが並ぶので該当するものを選択する
MVNOキャリアが並ぶので該当するものを選択する
もう一度【アクセスポイント名】から先程選択したMVNOのAPNにチェックを入れるもう一度【アクセスポイント名】から先程選択したMVNOのAPNにチェックを入れる
もう一度【アクセスポイント名】から先程選択したMVNOのAPNにチェックを入れる

主要なMVNOのAPN設定はプリセットされていますが、もし契約している回線事業者のAPN設定が無い場合は、右上の【+】マークをタップすれば手動で追加することができます。

2. 指紋を登録してセキュリティを高める

【設定】→【指紋スキャナ】→【指紋の追加】の順に進む【設定】→【指紋スキャナ】→【指紋の追加】の順に進む
【設定】→【指紋スキャナ】→【指紋の追加】の順に進む
画面の指示に従って指紋を登録する
画面の指示に従って指紋を登録する

ホームボタンの指紋センサーは、画面ロックの解除や決済サービスなどで活用できます。とても便利なので、必須といってもいいでしょう。最初のうちに設定を済ませておくのがオススメです。センサーの位置は中央下部なので、親指の指紋を登録すると便利です。

3. エッジセンスの動作を設定

“握る”動作で操作するHTCの独自機能「エッジセンス」
“握る”動作で操作するHTCの独自機能「エッジセンス」

HTC U11 lifeは“握る”動作を操作方法として採用したエッジセンス機能を搭載しています。これにより、「短く握る動作」と「長く握る動作」でスマホを操作できます。

【設定】→【エッジセンス】の順に進む【設定】→【エッジセンス】の順に進む
【設定】→【エッジセンス】の順に進む
握ったときの動作はカスタマイズ可能
握ったときの動作はカスタマイズ可能

デフォルトでは「短く握る動作」にカメラアプリを起動、「長く握る動作」にはGoogle音声補助の起動が割り当てられています。

これらは設定から変更できるので、利用したい機能を設定しておくといいでしょう。

握る圧力レベルを調整して快適に
握る圧力レベルを調整して快適に

握る力の強さは調整できるので、手の大きさや握力に合わせて設定してみてください。手の小さい人は、弱めに設定すると使いやすいですよ。

4. ソニックオーディオで自分の耳に合ったオーディオ設定をする

【設定】 → 【USB-C ハイレゾイヤホン】の順に進む【設定】 → 【USB-C ハイレゾイヤホン】の順に進む
【設定】 → 【USB-C ハイレゾイヤホン】の順に進む

HTC U11 lifeには、USB Type-C端子に接続できるハイレゾ対応のイヤホンが同梱されています。このイヤホンを使って、ノイズを軽減する「アクティブ・ノイズキャンセレーション機能」とオーディオプロファイルを作成できる「パーソナルオーディオ機能」を利用することが可能。

イヤホンを本体に接続して個人用オーディオプロファイルを作成してみましょう。

同梱されているイヤホンを接続して、個人用オーディオプロファイルを作成
同梱されているイヤホンを接続して、個人用オーディオプロファイルを作成

パーソナル・オーディオ機能は音の反響から耳の構造を解析して、ユーザーの耳の形状に合わせてオーディオプロファイルを作成することができます。

プロファイル適用前後を比較してみるとハッキリと違いが分かるので、ぜひ試してみてください。

5. HTC センス・コンパニオンで毎日を便利に

HTC Sense Companionアプリを起動することで利用できるHTC Sense Companionアプリを起動することで利用できる
HTC Sense Companionアプリを起動することで利用できる
近隣のおすすめスポットを紹介してくれたりするが、利用開始時点では候補が出てこない。近隣のおすすめスポットを紹介してくれたりするが、利用開始時点では候補が出てこない。
近隣のおすすめスポットを紹介してくれたりするが、利用開始時点では候補が出てこない

「HTC センス・コンパニオン」は、HTCのスマホをより快適に使用できるようにするために搭載されているAI機能。

今回は初期状態のため、おすすめ情報は表示されませんでしたが、使用し続けることでユーザーの情報が徐々に蓄積されていきます。ユーザーの行動を先読みして適切なアドバイスをくれる便利な機能なので、ぜひ利用してみてください。

6. バッテリーを最適化する

【設定】→【電池】の順に進み、 右上のメニューをタップ【設定】→【電池】の順に進み、 右上のメニューをタップ
【設定】→【電池】の順に進み、 右上のメニューをタップ
【バッテリー最適化】を選択し、実行する【バッテリー最適化】を選択し、実行する
【バッテリー最適化】を選択し、実行する

バッテリー最適化は、アプリが長時間動作していないときにバッテリー使用量を最適化する機能。有効にすると自動で最適化されます。

バックグラウンドで無駄にバッテリーを消費しないために、設定しておくのがオススメ。

7. 省電力モードでバッテリーの消費を抑える

【設定】 → 【省電力】または【EX省電力モード】をオンにする【設定】 → 【省電力】または【EX省電力モード】をオンにする
【設定】 → 【省電力】または【EX省電力モード】をオンにする
【省電力】と【EX省電力モード】の設定画面【省電力】と【EX省電力モード】の設定画面
【省電力】と【EX省電力モード】の設定画面

省電力モードは端末のパフォーマンスや画面の輝度を調整して動作時間を延ばす機能。EX省電力モードではOSの機能を制限する代わりに、省電力モード以上にバッテリー消費を抑えることができます。

バッテリー残量が少なくなってきたら「省電力モードを自動でオンにする」設定にして、いよいよバッテリー残量がピンチというタイミングで「EX省電力モードに切り替える」といった使い方がよさそうです。

8. Motion Launchでジェスチャ機能を使う

【設定】→【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】→【Motion Launch のジェスチャ】の順に進む【設定】→【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】→【Motion Launch のジェスチャ】の順に進む
【設定】→【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】→【Motion Launch のジェスチャ】の順に進む
Motion Launch のジェスチャ機能を利用できる
Motion Launch のジェスチャ機能を利用できる

ジェスチャ機能を利用すると、簡単な操作でさまざまな機能の実行が可能に。例えば、「ダブルタップで復帰とスリープを切り替え」をオンにすると、電源ボタンに触れることなく画面を点灯・消灯できます。

利用したいジェスチャの番号をタップすると、アニメーションで使い方を確認できるので、自分が使いそうなジェスチャを有効にしておきましょう。

9. クイック設定パネルのタイルをカスタマイズ

 画面上部から下に2回スワイプし、鉛筆マークをタップ。アイコンをドラッグすると、並び替えができる 画面上部から下に2回スワイプし、鉛筆マークをタップ。アイコンをドラッグすると、並び替えができる
画面上部から下に2回スワイプし、鉛筆マークをタップ。アイコンをドラッグすると、並び替えができる

特定の機能にすぐアクセスできる「クイック設定パネル」のタイルをカスタマイズしてみましょう。

ドラックしてタイルの追加や削除、並び替えができるので、よく使うものを先頭に配置するとさらに便利です。

まとめ

HTC U11 lifeを便利に使うための設定を紹介してきましたが、いかがでしたか? 最近のスマホは購入したままの状態でも特に不便なく使うことができますが、設定を見直すことでより便利に使うことができます。

指紋登録や省電力モードなどは最初に済ませておいた方が便利だと思います。エッジ・センスやパーソナル・オーディオなどHTCならではの機能も要チェックです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

HTCの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

でこい

でこい

お肉大好きモバブおじさん

プロフィール

1990年生まれ、青森出身Twitter在住のWebエンジニア。

高専卒業後、放射線業務従事者、Webライター、編集者の職を経て現在に至る。

2012年から運営しているブログ「でこにく」では、スマホやカメラ、モバイルバッテリーを中心としたガジェットのレビューや、美しい肉の写真などを発信中。

エンジニア、ブロガー以外にも、ライター、カメラマン、DJなど、活動は多岐に渡る。

得意カテゴリー

スマホ・カメラ・モバイルバッテリー

ブログ・SNS

でこにく
https://decoy284.net/
Twitter(@frozen_decoy)
https://twitter.com/frozen_decoy

メディア実績

【書籍】

  • はじめての今さら聞けないWi-Fiの使い方