mineo(マイネオ)Sプラン【ソフトバンク回線】の料金・サービス・対応端末を徹底解説 ソフトバンクからの乗り換えに最適!

書いた人: NINO

カテゴリ: mineo ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)Sプラン【ソフトバンク回線】の料金・サービス・対応端末を徹底解説 ソフトバンクからの乗り換えに最適!

関西電力グループのケイ・オプティコムが運営する格安SIM「mineo(マイネオ)」では、2018年9月4日から新たにソフトバンク回線のサービス提供を開始。これにより格安SIM初となるトリプルキャリア対応のMVNOになりました。ユーザーはそれぞれの通信環境に応じて、最適な通信回線を選択できることになります。

本記事では新たに登場したmineoのソフトバンク回線プランにフォーカス。新プランはもちろん、サービス概要やお得なキャンペーン情報まで解説していきます。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

目次:

mineo Sプラン(ソフトバンク回線)の概要

mineo Sプランの概要
mineo Sプランの概要

現在は格安SIMを提供するMVNOも数え切れないほどに増え、各社がこぞって独自のサービスを提供しています。なかでも、mineoはドコモ回線とau回線を使用しているマルチキャリア対応のMVNOとして有名。4G・LTE通信が利用できるうえに、通信料金を大手キャリアの半額以下に節約できるようなプランも豊富で人気の格安SIMです。

そして、2018年9月からソフトバンク回線を使用した通信サービスの提供を開始。格安SIMとしては初となるトリプルキャリア対応のMVNOになりました。ソフトバンク回線のリリース日時は2018年9月4日午前9時からです。

新たにソフトバンク回線プランが加わることにより、ソフトバンクで使用しているiPhone・iPadやAndroid端末をSIMロック解除することなく利用できるようになりました(一部例外あり)。ソフトバンク回線を使えるMVNOは現段階では数えるほどしかないので、貴重な存在となるでしょう。現在ソフトバンクのスマホを利用しているユーザーの方も格安SIMへ簡単に乗り換えられるのでとても便利です。

さらに、サービス提供開始直後は「祝 トリプルキャリア!3つ揃って333キャンペーン」というお得なキャンペーンも実施中。ソフトバンク回線のSプランでは、特定の条件を満たすと毎月1,417円の割引を6ヶ月間も受けることができ、大変お得ですよ!

それでは、気になるmineoのソフトバンク回線のSIMプランの詳細をみていきましょう。
本記事内に記載の価格は、すべて税抜き価格です。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

mineo Sプラン(ソフトバンク回線)の料金

mineo Sプランの料金プランは!?
mineo Sプランの料金プランは!?

■mineo Sプランの料金プラン

データ通信容量 シングルタイプ
(データ通信専用)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 790円 1, 750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

Sプランは最低500MBのデータ容量から利用可能で、最大30GBまで使えます。毎月のデータ通信量が少ないライトユーザーから、大容量の通信を利用するヘビーユーザーまで、幅広いユーザーに合ったシンプルな料金プランが提供されています。

それぞれのデータ容量には、シングルタイプとデュアルタイプを用意。シングルタイプではデータ通信のみ、デュアルタイプではデータ通信に加えて携帯電話番号を利用した音声通話を利用できます。

Sプラン関連の手続きに必要な事務手数料については以下の通りです。

■mineo Sプランに関する事務手数料

手続き内容 事務手数料 SIMカード発行料
新規契約 3,000円 Sプラン 337円
プラン変更
(Sプラン→Aプラン)
2,000円 Aプラン 230円
プラン変更
(Sプラン→Dプラン)
2,000円 Dプラン 341円
タイプ変更
(シングルーデュアル)
2,000円 Sプラン 337円
コース変更
(データ容量変更)
無し
SIMカード変更・再発行 2,000円 Sプラン 337円
名義変更 3,000円
MNP転出 2,000円
解約 無し

Sプランの新規契約時には事務手数料3,000円に加え、SプランのSIMカード発行料金として337円の負担が発生。合計3,337円の初期費用が必要になります。

プラン変更でmineoのドコモ回線(Dプラン)やau回線(Aプラン)に変更する場合は、2,000円+SIMカード発行料が必要になります。Sプランに申し込んだあとに他の通信回線へプラン変更することはあまりないかもしれませんが、念のため注意しておきましょう。

Sプランの解約事務手数料は0円です。2年縛りの契約が基本となる大手キャリアでは中途解約時に1万円近い解約手数料がかかりますが、Sプランの解約は手数料が一切発生しないので安心して申し込むことができます。

「mineoでんわ10分かけ放題」「端末安心保証サービス」「スマート留守電」といった便利なオプションの料金も既存のDプランやAプランとほぼ同じ。オプションに関する詳しい説明はこちらの記事でご確認ください。

なお、SMS(ショートメーセージサービス)の利用料金のみ、各プランに料金差があります。

■各プランでのSMS月額利用料

契約タイプ Sプラン Dプラン Aプラン
シングルタイプ
(データ通信専用)
180円 120円 無料
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
無料 無料 無料

デュアルタイプの場合、SMSの利用料金はすべて無料です。シングルタイプのみ、各プランの間で料金差があります。Sプランのシングルタイプでは月額180円の料金が発生します。大きな金額ではありませんが、念のため頭の片隅においておきましょう。

今ならお得なキャンペーンを実施中!

「祝 トリプルキャリア!3つ揃って333キャンペーン」を実施中
「祝 トリプルキャリア!3つ揃って333キャンペーン」を実施中

Sプランのリリースを記念して、期間限定で「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」というお得なキャンペーンを実施中。

Sプラン(デュアルタイプ)では、毎月1,417円の割引が6ヶ月間に渡って受けられます
キャンペーンを適用したSプランの料金は以下の通りです。

■mineo Sプランの料金プラン(キャンペーン適用時)

データ通信容量 デュアルタイプ
(キャンペーン適用前)
デュアルタイプ
(キャンペーン適用時)
500MB 1, 750円 333円
3GB 1,950円 533円
6GB 2,630円 1,213円
10GB 3,570円 2,153円
20GB 5,030円 3,613円
30GB 6,950円 5,533円

最もデータ容量の少ない500MBのプランの料金が333円となるように、1ヶ月あたり1,417円の割引金額が設定されています。その他のデータ容量のプランでも同様に1,417円の割引が受けられます。

6ヶ月間の合計割引額は8,502円にも上ります。ただでさえ通信料金の安い格安SIMで、これだけの大規模な割引が実施されることはそうそうありません。大変お得なキャンペーンと言えるでしょう。

キャンペーンを適用するには以下の2つが条件となるので把握しておきましょう。

★キャンペーン適用条件

・2018年9月4日〜2018年11月6日までの申し込み
・ソフトバンクプラン(Sプラン)のデュアルタイプを新規で申し込み

Sプランでキャンペーン割引が適用されるのは音声通話付きのデュアルタイプのみ。シングルタイプは適用外なので注意しましょう。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

mineo Sプラン(ソフトバンク回線)の対応端末

mineo Sプランの対応端末をチェック
mineo Sプランの対応端末をチェック

「mineoのSプランに乗り換えたい!」と思ったら、まずは利用したい端末がSプランに対応しているかどうかを調べる必要があります。Sプランに対応している主な端末をまとめてみました。

iPhoneの対応状況

スマホユーザーに人気の端末、iPhoneのSプラン対応状況です。

機種 SIMフリー ソフトバンク版 ドコモ版 au版  Y!mobile版
iPhone X
iPhone 8
Plus
iPhone 8
iPhone 7
Plus

(※1)
iPhone 7
(※1)
iPhone SE
(※1)

(※2)
iPhone 6s
Plus

(※1)
iPhone 6s
(※1)

(※2)
iPhone 6
Plus

(※1)
iPhone 6
(※1)

(※1) iPhone 7以前用のnanoSIMはそのまま利用可。それ以外はSIMロック解除が必要
(※2)SIMロック解除が必要

iPhoneの場合、SIMフリー端末であれば全機種に対応しています。ソフトバンク版のiPhone 8より以前に発売された機種はSIMロック解除が必要。ただし、中に入っているSIMカードがiPhone 7以前用のSIMカードである場合、SIMロック解除の必要はありません。

ドコモ版、au版iPhoneは現時点では動作確認情報が出ていないため、「ー」表記としています(公式サイトでは「順次検証中」と記載)。あくまで筆者の推測ですが、SIMロック解除を行いSIMフリー化すれば使えるものと思われます。

iPadの対応状況

タブレットで不動の地位を築いているiPadのSプラン対応状況です。

機種 SIMフリー ソフトバンク版 ドコモ版 au版
iPad(6th)
(※1)

(※1)
10.5インチiPad
Pro

(※1)

(※1)
12.9インチiPad
Pro

(※1)

(※1)
iPad(5th)
(※1)

(※1)
9.7インチiPad
Pro

(※1)

(※1)
iPad mini 4
(※1)

(※1)
iPad Air 2
iPad mini 3
iPad Air
iPad mini 2

iPadもiPhoneと同じようにほとんどの機種で動作確認が取れています。SIMフリー版、ソフトバンク版のiPadなら基本的にどれも利用可能。ドコモ版やau版は利用可能であるものの、SIMロック解除が必要となります。

Android端末の対応状況

Android端末の場合、ASUS・HUAWEI製などのSIMフリー端末であれば、基本的にどの端末でも利用できます

ソフトバンク版のXperiaシリーズ、AQUOSシリーズなどの端末は、2017年8月以降に発売されたAndroid端末であれば、SIMロック解除をせずに利用可能です。それ以外の端末ではSIMロック解除を行うことにより使えるものもあります。

詳細については、mineo公式サイトの「動作確認端末一覧(ソフトバンクSプラン)」を参考にしてください。

Dプラン(ドコモ回線)・Aプラン(au回線)と比較

トリプルキャリアの3つのプランの違い
トリプルキャリアの3つのプランの違い

トリプルキャリアに対応しているmineoでは、Sプラン(ソフトバンク回線)・Dプラン(ドコモ回線)・Aプラン(au回線)の3プランが選択できます。

ユーザーとして、利用する回線の選択肢が豊富になったのはよいものの、それぞれのプランでどのような違いあるのかよくわからないですよね。そこで、3回線でどのような違いがあるのか比較してみました。

料金プランの違い

【シングルタイプ(データ通信のみ)】

データ通信容量 Sプラン Dプラン Aプラン
500MB 790円 700円 700円
3GB 990円 900円 900円
6GB 1,670円 1,580円 1,580円
10GB 2,610円 2,520円 2,520円
20GB 4,070円 3,980円 3,980円
30GB 5,990円 5,900円 5,900円

データ通信のみのシングルタイプでは、すべてのプランでDプラン・Aプランより90円料金が高くなります。それほど大きな金額差ではありませんが、現状ではSプランの料金設定が少し高いという結果に。料金の安さで選択するなら見劣りしますが、DプランやAプランの通信回線混雑状況によっては、まだ利用者の少ないSプランを選択するという考え方もありますね。

【デュアルタイプ(データ通信+音声通話)】

データ通信容量 Sプラン Dプラン Aプラン
500MB 1, 750円 1,400円 1,310円
3GB 1,950円 1,600円 1,510円
6GB 2,630円 2,280円 2,190円
10GB 3,570円 3,220円 3,130円
20GB 5,030円 4,680円 4,590円
30GB 6,950円 6,600円 6,510円

続いて、データ通信と音声通話が両方使えるデュアルタイプの料金比較です。3プランで一番安いのはAプラン、次いでDプラン。Sプランは一番料金が高く、Aプランと比較して440円、Dプランと比較して350円高くなります

ソフトバンク回線の格安SIMは、まだ提供元が少なく、mineoのキャリアへの回線接続料が高くなりこのような傾向になっているものと考えられます。

サービス面での違い

通信提供エリア、通信速度、各種サービスを比較してみましょう
通信提供エリア、通信速度、各種サービスを比較してみましょう

続いて、サービス面でのトリプルキャリアの違いを見ていきましょう。

通信提供エリア

まず、通信提供エリアの違いから解説します。プランが異なることにより、利用する通信回線が異なるため、提供されている通信可能エリアも当然ながら異なります。

地域によっては特定のキャリアの電波が入りやすい / 入りにくいといったような場所もあるので、ソフトバンク回線の電波が安定して強いエリアではSプランを選択するメリットがあるでしょう。

ソフトバンクのサービスエリアの詳細は、ソフトバンク公式サイトで確認してください。

通信速度

次に、通信速度について。大手通信キャリアより通信回線の一部を借りて運用する格安SIMでは、通信回線の混雑が発生しがちで思ったようなデータ通信が利用できないことがあります。

ドコモ回線・au回線を提供しているMVNOは数が多く、平日のランチタイムや帰宅後の夜の時間帯では通信速度が遅くなることも。一方、ソフトバンク回線を使った格安SIMはまだ数が少ないため、通信回線の状況が比較的良好で速度が速い傾向にあるという声もあります。

格安で利用しながらも、安定して高速通信が利用できると便利ですよね。通信速度を重視してSプランを選択するという考え方も大いにアリです。毎週、モバレコでは格安SIMの通信速度を測定しています。下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

テザリング機能・各種オプションサービスなど

Sプランはサービス提供開始時からテザリング機能に対応しているので、PCのネット接続も快適に行えるでしょう。Dプランでも同様にテザリング機能を利用できますが、Aプランは現時点で対応していません(2018年10月からテザリング機能対応予定)

また、mineoならではのパケットシェアやパケットギフトいったオプションはSプランでも利用可能です。また、音声通話SIMでも最低利用期間の設定がなく、解約手数料もないので、余計な負担を心配せずに申し込みできるので安心して申し込めますね。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

まとめ:mineo Sプランはソフトバンクユーザー必見の格安SIM

顧客満足度の高いmineoでソフトバンクのスマホを使ってみては?
顧客満足度の高いmineoでソフトバンクのスマホを使ってみては?

初のトリプルキャリアとして、今後の躍進が期待されるmineo(マイネオ)。現在、ソフトバンク回線の格安SIMサービスを提供しているMVNOはまだまだ数が少なく、mineo Sプランは大変貴重な存在です。

顧客満足度の高いMVNOにソフトバンク回線プランが追加されたのは、通信料金の高さに悩んでいるソフトバンクユーザーには朗報といえるでしょう。この機会にmineo SプランへのMNP・乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

今後のmineo Sプランのサービス拡充にも大いに期待しましょう!

最後に、本記事で紹介したmineo Sプランのメリットを下記にまとめました。

★mineo Sプランのメリット

・大手キャリアよりも大幅に安い通信料金
・ライトユーザーからヘビーユーザーまで対応したシンプルな料金プラン
・ソフトバンク端末ならSIMロック解除ナシで使用できるので乗り換えも便利
・通信速度が速い傾向にあるソフトバンク回線の格安SIM
・サービス提供開始時からテザリング機能を利用できる
・mineo独自のパケットオプションを利用できる

mineoのSプランはこちら

■mineo Sプラン データ通信専用

プラン名 容量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 790円
シングルタイプ 3GB 3GB 990円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,670円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,610円
シングルタイプ 20GB 20GB 4,070円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,990円

■mineo Sプラン データ通信+音声通話

プラン名 容量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1, 750円
333円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円
533円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円
1,213円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円
2,153円
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円
3,613円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円
5,533円

※赤字は「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」適用価格
(対象期間:2018年11月6日申し込み分まで)

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。