学校のみんなはどっち? キッズスマホとキッズ携帯はなにが違うのか

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
キッズスマホ? キッズ携帯とは何が違うの?

もはや大人だけではなく子どもの世界にまで浸透し始めているスマートフォン。各キャリアも子ども向けに特化したいわゆる「キッズスマホ」をラインナップしています。

その一方で、子どもにスマートフォンをもたせるのは贅沢・危険という意見があるのも事実です。そんな不安を解消するためにキッズスマホを導入するメリットや子どもに利用させる上での注意点をご紹介します。

キッズ携帯とキッズスマホの違いはなんだろう

キッズ携帯とキッズスマホの違い、根本的な部分では「ガラケー」と「スマホ」の違いと言えます。ただしキッズ携帯は、防犯ブザー・特定箇所への電話・メール、GPS位置特定機能などの機能を中心に使用する前提で作られたもので、画面も小さく、ボタンも少なく大人のガラケーとは違うものでした。

対してキッズスマホは、基本的には大人のスマートフォンと変わりなく、防犯ブザー機能がついていたり、耐久性が上がっていたりしますが、アプリをインストールすれば同じ様に使えてしまいます。
OSがAndroidになることで、LINEなどコミュニケーションツールやインターネットの閲覧ができることが大きな利点となってきますが、それを様々な形で制限をかけることができ、危険がないようにしているのが、キッズスマホとなります。

キッズ携帯 キッズスマホ
通話 数件の登録相手のみ 自由(制限できる)
メール 特定の相手のみ 自由(制限できる)
防犯ブザー あり あり
GPS 使用可能 使用可能
OS メーカー独自 Android
インターネット できない 自由(制限できる)
その他機能 ほとんどない インストールして使用

親と一緒 スマートフォンへの移行は時代の流れ

この5年余りの間に急速に普及しているスマートフォン。特に小学生を持つ親世代の普及率の伸びは顕著で、スマートフォンに慣れ親しんでいる親が子どもにスマートフォンを持たせるケースも増えています。

スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月) MM総研[東京・港]
スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月) MM総研[東京・港]

すでにスマートフォンの恩恵を受けている親世代が自身の子どもにもスマートフォンを与えるのは自然な流れになりつつあります。

これまで、キッズ携帯に力を入れていた大手キャリアも子ども向けのスマートフォンにシフトしており、今後は小学生のスマートフォン所有率も増加していく可能性が大いにあります。
また、小学生の間でもキッズスマホの認知率は上昇しており、 小学生高学年女子の欲しいもの1位に「スマートフォン」が選ばれたという調査結果もあります。

キッズスマホの料金は? キッズ携帯と比べて高い?

従来のキッズ携帯は特定の相手との通話・定型文によるメッセージ・防犯ブザーなど、子ども側で利用できるのは最低限の機能に絞られており、その設定は保護者しかできないようになっています。

一方で、キッズスマホは子ども向けではあるもののインターネットブラウザやアプリなど、キッズ携帯に比べて格段に多くの機能が利用できるようになっているのが大きな特徴です。
そのため、キッズ携帯と比べてキッズスマホの方が通信料などの関係で毎月の維持費は割高になります。

キッズ携帯であれば親の回線とセットで契約することで月額1,000円以下で利用できますが、キッズスマホは利用できる機能が多いためパケット通信料もキッズ携帯を利用する場合よりも多くなり月額利用料金は約4,000円程度となります。

※詳しい料金については、「キッズ携帯からキッズスマホへ! 乗り換えるといくらになる?」

可能性が広がるアイテムだからこそ監視・制限は必須

キッズスマホと言えども、設定次第では一般的なスマートフォンと同じ機能を利用することも可能です。
そのため、安全に子どもに利用させるには事前に親がフィルタリング機能・利用可能アプリ・利用時間などの機能を制限をし、管理・監視することが重要となります。

au miraie HP[有害サイトアクセス制限]より
au miraie HP[有害サイトアクセス制限]より

子どもにとって本当に必要なだけの機能を与えるようにしないと、場合によってはスマホに夢中になり学校の勉強に影響が出てしまったり、スマホの長時間利用が日常的になることで集中力の低下に繋がるといった危険性もあります。

ですが、それらのリスクは親が正しく設定を行うことで回避でき安心して子どもに利用させることが可能です。
設定方法については、キッズスマホを提供している各社の公式サイトなどに掲載されていますので参考にしてください。

製品ページ

【au miraie】

まとめ:理解すれば怖くない、スマホの十分なメリット

親が正しい知識を持った上で子どもに利用させることができれば料金やリスク以上のメリットが期待できるのがキッズスマホです。

子どもたちの間でもLINEやメールは重要なコミュニケーショツールとなっており、その浸透率は上昇しています。大人と同様に子どもたちにとっても交友関係を築く上で、スマートフォンの存在は重要な位置付けになりつつありますので選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

1 子供の安全を守る親の新常識! キッズ携帯、キッズスマホってやっぱり必要?
2 学校のみんなはどっち? キッズスマホとキッズ携帯はなにが違うのか
3 キッズ携帯からキッズスマホへ! 乗り換えるといくらになる?
4 意外と重要!? 壊れない?キッズスマホの耐久性
5 ウチの子は大丈夫!? キッズスマホに潜むトラブルの回避法

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!