「Game Genie」を使えば、スマホで簡単にゲームプレイの録画・実況配信ができる【ZenFone 5 / 5Z搭載】

書いた人: でこい

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ZenFone 5  5Z搭載の「Game Genie」を使えば、スマホで簡単にゲームプレイの録画・実況配信ができる

ASUSのZenFoneシリーズに搭載されているゲーム向けの機能「Game Genie」。ゲーミングPC・スマホの開発に力を入れているASUSだけに、スマホゲームがさらに楽しめる機能が盛りだくさん。「Game Genie」を活用すれば、ゲームプレイ動画の録画・ライブ配信も簡単に行うことができます

今回は最新モデルの「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」を使って「Game Genie」の機能や使い方を紹介します。

スマホゲームにおすすめのSIMフリースマホ特集はこちら

目次:

Game Genieのゲーム向け便利機能を紹介

ZenFone 3から搭載されている「Game Genie」も端末同様に進化している
ZenFone 3から搭載されている「Game Genie」も端末同様に進化している

ZenFoneシリーズに搭載されているゲーム向け機能「Game Genie」には、以下のようなゲームプレイに役立つ機能が内蔵されています。

★Game Genieの主な機能

・ゲーム動画の録画・ライブ配信
・検索
・通知の制限
・ナビゲーションキーのロック
・メモリ解放
・マクロ

ゲーム動画の録画やライブ配信はもちろん、メモリを解放することで快適にゲームプレイが行えたり、ナビゲーションキーを非表示にしたり通知を制限することで録画・配信中に意図せぬ事態が起こるのを防いでくれたりします。

Game Genieのメニュー画面
Game Genieのメニュー画面

ゲーム起動中、ナビゲーションバーを表示すると出てくるゲームパッドアイコンをタップするとGame Genieのメニューが表示されます。ここから録画などのゲーム向けの便利機能を使うことができます。

Game GenieはZenFone 3から搭載されている機能ですが、以前は音声収録できるのがマイクのみだったり、動画内に撮影アイコンが必ず埋め込まれていたりと、あまり使い勝手がよくありませんでした。

しかし、最新モデルのZenFone 5 / 5Zではそれらの問題が解消されています。純粋なプレイ動画を高品質な音声(ゲーム自体の音声)で撮影できるようになっています。

以下に、ゲームプレイの録画・実況配信以外の機能の中から、筆者がおすすめしたい機能をピックアップして紹介します。

Game Genieのおすすめ機能① 最適化

ゲームで遊ぶ前に最適化を行えば、よりゲームプレイが快適になる
ゲームで遊ぶ前に最適化を行えば、よりゲームプレイが快適になる

「最適化」をタップすると、不要なアプリが使っているメモリを解放し、快適にゲームをプレイすることができます。

今回、使用するZenFone 5 / 5Zの両機種はゲームプレイに十分な性能を持っていますが、事前に最適化を実行しておけば、さらに安定した動作が期待できます。

Game Genieのおすすめ機能② マクロ

記録したマクロを実行できる(1回のみ、ループが可能)
記録したマクロを実行できる(1回のみ、ループが可能)

「マクロ」は、タップやドラッグなどの操作を記録して任意に実行できる機能です。

ゲーム内で大量にガチャを引いたりするときなど、特定の決まった動作を何度も繰り返して行うときにとても便利ですね。

Game Genieのおすすめ機能③ 通知の制限

余計な通知が来ないようにしてゲームに集中!
余計な通知が来ないようにしてゲームに集中!

「アラート」をオンにすると通知が制限され、ゲームプレイ中に電話やメールSNSなどの意図しない通知が来てしまうことを防ぐことができます。

最近流行のバトルロイヤルゲームなど、少しの瞬間も目が離せないというゲームも多いと思います。とにかく「ゲームに集中したい!」というときに設定しておくと便利です。

▼ZenFone 5 / 5Zをお得に購入する方法はコチラ

Game Genieでゲームプレイ動画を録画する方法・手順

実際にZenFone 5 / 5Zを使って、Game Genieでゲームのプレイ動画を録画する方法・手順を解説します。

手順① メニューバーを表示させ、ゲームパッドのアイコンをタップ

ゲームパッドのアイコンをタップして、【Game Genie】のメニューを開く
ゲームパッドのアイコンをタップして、【Game Genie】のメニューを開く

手順② 録画をタップするとゲームプレイ動画の録画が開始

録画開始すると画面左上に赤いビデオアイコンが登場する
録画開始すると画面左上に赤いビデオアイコンが登場する

手順③ 画面左にあるビデオアイコンを開き、「□」をタップすると録画停止

【□】をタップすると録画が停止。スマホの動画撮影と同じような簡単な操作です。
【□】をタップすると録画が停止。スマホの動画撮影と同じような簡単な操作です

Game Genieのメニューの表示方法と録画ボタンの場所さえ覚えてしまえば、タップするだけで簡単にゲームプレイ中の動画を録画することができます。

実際にZenFone 5Zでゲームプレイ動画を録画してみた

実際にZenFone 5Zを使って、ゲームプレイ動画を録画してみました。すべてバトルロイヤルゲーム「PUBGモバイル」をHD画質でプレイしています。

最新のハイエンド向けSoC「Snapdragon 845」を搭載するZenFone 5Zを使って録画してみました
最新のハイエンド向けSoC「Snapdragon 845」を搭載するZenFone 5Zを使って録画してみました

ZenFone 5Zは、2018年夏モデルとして登場したZenFone 5シリーズの最上位機種。大手キャリアのハイエンドモデルと同レベルの高性能を持つSIMフリースマホの実力をチェックしてみましょう。

録画までの手順は非常に簡単。端末のスペック面も問題ナシ

体感してみて、改めて感じたのは操作がとても簡単なこと。たった数ステップで録画を開始することができるので、使い勝手はなかなか良い感じです。

「ゲームプレイの録画はハードルが高い」と認識している人も多いようですが、本体にプリセットされた機能で簡単にできてしまいます。これまでゲームプレイ動画を録画したことがない人も、これだけ簡単なら「試しに録画してみようかな?」という気になるかもしれませんね。

ゲームの動作もとても安定していて、スペック面でもZenFone5Zはゲームプレイに向いていると感じました。縦横比19:9のオールスクリーンディスプレイは、画面占有率90%とあって迫力満点。画面サイズも6.2インチと大きく、とても見やすかったです。

比較用にZenFone 5でゲームプレイ動画を撮影

参考までに、ZenFone 5を使用した場合のゲームプレイ動画も紹介します。

上位モデルと比較して「ZenFone 5」はどれくらいのパフォーマンスを見せてくれるでしょうか?
上位モデルと比較して「ZenFone 5」はどれくらいのパフォーマンスを見せてくれるでしょうか?

スタンダードモデルのZenFone 5も、AI機能を搭載するなど前シリーズから飛躍的な進化を遂げています。上位機種のZenFone 5Zに性能面では劣りますが、搭載された機能はほぼ同じなだけにどれだけのパフォーマンスを見せてくれるか気になるところです。

録画までのステップは変わらず便利だが、HD画質では若干カクつきがみられた

ZenFone 5ではHD画質でプレイすると少しカクツキが気になるという結果に。この辺りは個人差もあると思いますが、動作にこだわってプレイしたい場合は画質を落としたほうが賢明です。

▼ZenFone 5 / 5Zをお得に購入する方法はコチラ

Game Genieを使ってゲーム実況配信する方法・手順

Game Genieはゲームプレイ動画を録画できるだけでなく、ゲーム実況配信を行うこともできます。

対応しているライブ配信サービスは「YouTube」と「Twitch」の2つ。事前にアカウントを取得しておけば、ZenFone 5 / 5Zでのゲームプレイをライブ配信することができます。

ここではGame Genieを使ってゲーム実況配信する方法・手順を解説していきます。

手順① 配信先の設定

動画配信をする前に、まずは配信先の設定を行いましょう。ここではYoutubeで配信することを想定して手順を解説します。

【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ
【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ
ライブストリーミングの項目にあるZenFone 5Youtubeアカウントをタップ
ライブストリーミングの項目にあるYoutubeアカウントをタップ
表示されているアカウントを選択して【OK】をタップするか、新規でアカウント追加しましょう
表示されているアカウントを選択して【OK】をタップするか、新規でアカウント追加しましょう
Youtubeアカウントに接続できれば配信先の設定は完了です
Youtubeアカウントに接続できれば配信先の設定は完了です

解像度・オーディオソースの切り替え

ゲーム実況配信時の画質を3段階で選択できる
ゲーム実況配信時の画質を3段階で選択できる

ライブ解像度の項目では、ゲーム実況配信するときの解像度を「1080p」「720p」「480p」の3段階から選択できます。

ゲーム実況配信時の音声を「ゲーム」「マイク」の2種から選択できるゲーム実況配信時の音声を「ゲーム」「マイク」の2種から選択できる
ゲーム実況配信時の音声を「ゲーム」「マイク」の2種から選択できる

ゲーム実況配信時に使用するライブオーディオソースは、「ゲーム」「マイク」の2種類から選択できます。外部の音を拾いたくないときは「ゲーム」を、自分の声なども収録したいときは「マイク」を選びましょう。

プレイ中の様子をワイプで出す/出さない の設定

デフォルトではプレイ動画の録画・配信時に右上にワイプが出て、プレイ中の自分の様子も収録されるようになっています。こちらは設定で解除することも可能です。

【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ
【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順にタップ
【プロファイルの写真を設定】をオフにする
【プロファイルの写真を設定】をオフにする

ワイプでプレイ中の様子を映し出したくない場合は、【設定】→【拡張機能】→【Game Genie】の順に進んで、【プロファイルの写真を設定】の項目をオフにしましょう。

Game Genieからゲーム実況動画を配信する

各種設定が完了したら、ゲーム実況動画のライブ配信に進みましょう。

まずは、Game Genieのメニュー画面を表示しましょう
まずは、Game Genieのメニュー画面を表示しましょう

ゲームプレイ中にナビゲーションバーを表示させ、ゲームパッドアイコンをタップ。Game Genieのメニュー内から「ライブ」をタップ。

配信先のプラットフォームを選んでスタートを押せばゲーム実況配信がスタート!
配信先のプラットフォームを選んでスタートを押せばゲーム実況配信がスタート!

YoutubeとTwitchから配信したいプラットフォームを選択し、「スタート」をタップ。すると、ゲーム実況のライブ配信がスタートします。

わずか数ステップでゲーム実況動画をライブ配信できるのでハードルはかなり低いと思います。スマホ1台でゲーム実況配信ができるのは非常に便利ですね。ライブ配信の経験が無い人でも、これなら安心できそうです。

ただし、録画中のアイコンが常に表示されてしまうのはちょっと残念なポイント。今後のバージョンアップなどでこのアイコンを非表示にする設定が加われば、さらに使いやすくなると思います。

▼ZenFone 5 / 5Zをお得に購入する方法はコチラ

ZenFone 5 / 5Z(Game Genie搭載)のゲーム性能を評価

今回の記事執筆で使用した「ZenFone 5」(左)、「ZenFone 5Z」
今回の記事執筆で使用した「ZenFone 5」(左)、「ZenFone 5Z」(右)
ベゼルレス設計の縦長ディスプレイは画面占有率90%超え 
ベゼルレス設計で画面占有率90%超えを実現
ZenFoneシリーズならではのスピン加工も顕在
ZenFoneシリーズならではのスピン加工も顕在

今回の記事で使用したのは最新版のGame Genieが搭載されているZenFoneシリーズの2018年モデル「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」。それぞれの端末のスペック情報から両機種のゲーム性能を評価してみたいと思います。

■スペック情報(メーカー公式サイト:ZenFone 5ZenFone 5Z
端末名 ZenFone 5 ZenFone 5Z
OS Android 8.0/ZenUI 5.0
サイズ 高さ:約153mm
幅:約75.6mm
厚さ:約7.7mm
重さ 約165g
ディスプレイ 約6.2インチ
フルHD+(2,246×1,080ピクセル)
プロセッサ Snapdragon 636
8 x 1.8 GHz
オクタコア
Snapdragon 845
4 x 2.7 GHz + 4 x 1.7 GHz
オクタコア
メモリ 6GB
ストレージ 64GB 128GB
microSD 最大2TB
メインカメラ デュアルカメラ
1,200万画素 + 約800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリー 3,300mAh
充電 USB Type-C
SIM スロット数:2
スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
防水、防じん
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ ー / ー
指紋認証・顔認証 指紋認証
顔認証
通信方式 LTE:
Band1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/
B19/B28/B38/B39/B41
W-CDMA: Band1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz
キャリアアグリゲーション:2CA
LTE:
Band1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/
B19/B28/B38/B39/B41
W-CDMA: Band1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz
キャリアアグリゲーション:3CA
カラー シャイニーブラック / スペースシルバー
公式販売価格 75,384円(税込) 57,024円(税込)
モバレコ販売価格 70,851円(税込) 49,162円(税込)

両機種のスペック面での違いはプロセッサ(SoC)、ストレージ、キャリアアグリゲーションの3点。このなかでゲーム性能に大きく関わってくるのはプロセッサになります。

ZenFone 5Zはフラッグシップ向けのプロセッサ「Snapdragon 845」を搭載しているのに対し、ZenFone 5はミドルレンジ向けの「Snapdragon 636」を搭載しています。

そのため、ZenFone 5Zの場合は3Dゲームを高画質でプレイしてもスムーズに動作しますが、ZenFone 5の場合はどうしてもカクついたりする場合があります。ただし、スペックの差を大きく感じるのは高画質でプレイしたとき。画質を少し抑えてあげればZenFone 5でも快適にプレイすることができますよ。

また、ZenFone 5Zは128GBの内蔵ストレージを搭載(ZenFone 5は半分の64GB)。ゲーム動画をたくさんローカルに保存しても、ZenFone 5より余裕があります。とはいえ、ストレージの差はmicroSDカードを活用すれば気にならなくなりますね。

以下に、ZenFone 5 / 5Zのおすすめポイントをまとめてみました。

ASUS ZenFone 5
ASUS ZenFone 5

ASUS ZenFone 5

AIを駆使した最先端の機能を多数搭載
コンパクトボディに6.2インチの大画面ディスプレイを搭載
最大15%も性能がアップするAIブースト搭載

モバレコ特価:49,162円

★ZenFone 5はこんな人におすすめ

・あまり3Dゲームをプレイしない人(ハイスペックを求めない)
・なるべく価格が安いほうがいい人

ZenFone 5Z
ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

最高クラスのスペックを誇るZenFone 5シリーズ最上位機種
AI性能に長けた最新SoC「Snapdragon 845」を搭載
画面占有率90%のオールスクリーンディスプレイ

モバレコ特価:70,851円

★ZenFone 5Zはこんな人におすすめ

・3Dゲームを高品質でプレイしたい人
・本体ストレージが大きいほうがいい人(microSDはなるべく使いたくない)

まとめ:Game Genieはスマホでゲームをするときに便利な機能が盛りだくさん

スマホゲームにハマっている人ならゲーム機能や性能でスマホを選ぶのもアリですよ
スマホゲームにハマっている人ならゲーム機能や性能でスマホを選ぶのもアリですよ

ゲームプレイ動画の録画・ライブ実況配信が簡単に行えるだけでなく、Game Genieにはゲームに役立つ機能がたくさん用意されています。スマホでゲームをする頻度が多い人には非常に便利ですね。

ZenFone 5Zは2018年夏モデルで最高性能のプロセッサ「Snapdragon 845」を搭載しているので、ゲームプレイも非常に快適。「Game Genie」のメモリ解放を使えば、さらに快適にプレイができるようになりますね。

使い方もいたって単純なので、スマホゲームが好きな人はぜひZenFoneシリーズに搭載されている「Game Genie」を使ってみてください。

★Game Genieのポイント

・わずか数タップでゲーム動画の録画・ライブ配信ができる
・メモリー解放でゲームプレイをより快適に
・マクロを使えば単純作業を自動化できる

スマホゲームにおすすめのSIMフリースマホ特集はこちら

ZenFone 5 / 5Zをお得に購入する方法

ZenFone 5シリーズをネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

★ZenFone 5をスマホ単体で購入したい方はこちら

ASUS ZenFone 5
ASUS ZenFone 5

ASUS ZenFone 5

AIを駆使した最先端の機能を多数搭載
コンパクトボディに6.2インチの大画面ディスプレイを搭載
最大15%も性能がアップするAIブースト搭載

モバレコ特価:49,162円

★ZenFone 5Zをスマホ単体で購入したい方はこちら

ZenFone 5Z
ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

最高クラスのスペックを誇るZenFone 5シリーズ最上位機種
AI性能に長けた最新SoC「Snapdragon 845」を搭載
画面占有率90%のオールスクリーンディスプレイ

モバレコ特価:70,851円

バリューストア

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。