SIMフリースマホを紛失してしまったときの解決方法

書いた人: 赤坂太一

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
SIMフリースマホを紛失してしまったときの解決方法

今やスマートフォンは、プライベートだけでなくビジネスにも大事な役割を果たしている大事なデバイスですが、盗難などによる紛失について、普段から想定しているでしょうか?

IDG Researchの調査によりますと、日本人の5人に1人が紛失の経験があるという結果がでました。スマートフォンを入れている普段使いのカバンから落としてしまったり、飲み会で宴会会場に置き忘れてしまったり、と紛失の仕方も様々ですが、スマホ内の情報濃度はガラケー時代とは比べものにならないほど高く、取り扱いに慎重にならなければいけないはずです。

そこで、今回はSIMフリースマホ紛失時の対処法をピックアップしていきます。
仕事用のアプリに常時ログインしている状態で盗難に会い、悪用されたり、アプリやコンテンツのストアから高額商品を決済されたりするトラブルを防ぐためには、普段からセキュリティ設定が大切です。

OSごとに違うセキュリティ設定や、「もしも」のときの便利なアプリなど、使用している端末にあった方法を確認しておきましょう。特にSIMフリー端末は、初期設定に戻されると第3者がすぐ利用できてしまいます
さらに、OSに紐付けられているアカウント情報(iOSはiCloudアカウント・AndroidはGoogleアカウント)が有効な状態で他者の手に渡ると、悪用される確率がグッと上がってしまい社会的信用を失うおそれもあります。

紛失に気づいた時の動き方

電話をかける様子

まず、紛失に気づいた時、歩いてきた道を辿ってみましょう。基本ですが、大事なことです。スマートフォンを触った最後の記憶から現在地までの道のりを思い出しながら戻りましょう。
知人といる場合は自分の電話番号に発信してみましょう。拾得してくれた相手(お店)が電話にでてくれるかもしれません。落とした時点から、なるべく時間をおかずに行動を始めることが大切です。

また、状況に応じて警察に紛失届を出しておいたほうがいいでしょう。落し物として届けられる可能性もあります。これは、この後説明する遠隔で端末を探した後でもいいでしょう。

もし、ノートPCを携行しているのであれば、ウェブブラウザ経由で端末の現在地を地図上に表示してくれるサービスがありますので、そちらも試してみましょう。
その際、カフェなどのWi-Fiスポットまで移動して、ノートPCが通信できる状態が前提となります。さらに、端末がGPSを受信できる場所であることも大事な要素のひとつとなります。
また、マカフィーなどがリリースしている端末をロックできるアプリを有効化するなどの方法がありますが、そちらは後述していきます。

以上をまとめると、

  1. 来た道をもどる
  2. 自分の電話番号に発信してみる
  3. 近隣の警察に紛失届を提出
  4. 自分のノートPCから端末の現在地を調べる
  5. アプリから端末にロックをかける・初期化して情報漏洩を防ぐ

最後の2項目は次のチャプターで説明していきます。

遠隔で情報漏洩を防ぐ方法・端末を探す方法

iPhoneを探す と Androidデバイスマネージャー
左:iPhoneを探す 右:Androidデバイスマネージャー

手元に端末がない状態では、ノートPCからの操作にてOSやアプリの操作が前提となります。

iOSの場合

まず、iPhoneやiPadに搭載されているiOSの場合、ウェブブラウザでiCloudにアクセスして、「iPhoneを探す」をクリックします。地図上に端末の現在地が表示されますので、そこから次の対策を考えます。

このアプリでは、情報の消去(初期化)、ロック、サウンド再生と3種類のメニューを選択できます。すでに他者が持って移動している状態であれば、消去かロック、公園の植込みなど、端末が近くにありながら見えない場合はサウンド再生という方法をとることができます。
もちろん端末側で有効化されていないと、ノートPCに表示されませんので外出時には「iPhoneを探す」をオンにしておきましょう。

さらに、「設定」→「プライバシー」と進み、「位置情報」もオンにしておきましょう。こちらはチェックインアプリなどで位置情報のデータを常に転送する場合もありますので、格安SIMを使っているユーザーはオフにしている人が多いかもしれませんが、安全対策として「外出時のみ」有効化しておきたいところです。

Androidの場合

Android端末においても、ウェブブラウザからAndroidデバイスマネージャーにアクセスすれば、ios専用の「iPhoneを探す」同様の機能(着信音を鳴らす、ロック、消去)が利用可能です。
この機能は「iPhoneを探す」同様、端末側で有効化されていないと、ノートPCに表示されませんので外出時には設定を忘れずに。

端末によって名称や場所が異なりますが、[設定]→[セキュリティ]→[デバイス管理機能]→[Androidデバイスマネージャー]の順にタップするとこの画面が開きます。ここで[開始]をタップすると遠隔操作が有効になります。

アプリ関連では、 マカフィーモバイルセキュリティーがオススメです。PC向けのウィルス対策ソフトとして認知されているブランドですが、このモバイルセキュリティーは、ウィルス対策はもちろん、紛失時の端末ロックまでしてくれるスグレモノです。
特筆すべきは、違うSIMカードが挿入されたときに、持ち主や家族にSMSで通知してくれる機能! さらに24時間に1度、端末内のデータを自動バックアップ(連絡先・SMS・画像など)してくれます。
年間3,065円の費用がかかり端末によって名称や場所が異なりますが、[設定]→[セキュリティ]→[デバイス管理機能]→[Androidデバイスマネージャー]の順にタップするとこの画面が開きます。ここで[開始]をタップすると遠隔操作が有効になります。ますが、機能の内容をみると非常にリーズナブルです。体験版も用意されているので、Androidユーザーにとっては決定版といえるアプリでしょう。

その他にもロックアプリをインストールしておくことをオススメします。

SNSアプリについて

本来、アカウント認証が必要なSNS系アプリですが、スマートフォンをしまうたびログアウトするユーザーは少数かもしれません。もし紛失となった場合、対策が遅れると他者に悪用されてしまう可能性が高まります。
Facebookは、「設定」→「セキュリティ」から「ログインの場所」を確認して、紛失したスマートフォンでログインしている形跡が表示された場合は、「☓」をクリックすれば、強制的にログアウトさせることが可能です。

以上が紛失時の情報漏洩や、端末のロック方法を説明してきましたが、次のチャプターでは、普段から設定しておきたい基本的な方法を説明します。

事前にできる対策方法

Siri

これまで説明してきた対策を講じておくことが大切ですが、基本的な端末ロックは短い時間で有効化する設定にしておきましょう。これだけでも、安全性は大幅に向上します。
しかし、iPhoneなどのiOS端末に搭載されている音声案内機能「Siri」の設定がオンになっていると、ロック状態でもホームボタン長押しで起動してしまいます。そこから持ち主の情報が抜き取られてしまう可能性がありますので、屋外では、「設定」からオフにしておきましょう。

最後に

すでに端末の紛失を経験してしまったユーザーには、身に染みる内容だと思いますが、対策といってもなかなか実践に移せないものです。しかし、端末内にある情報の重要度は高まる一方ですので、もしもの時のために備えておきましょう。

基本的な事ですが、スマートフォンのしまう場所を固定しておくことも立派な紛失防止法といえます。今回は端末側の設定に終始してきましたが、回線契約をしている格安SIM事業者への連絡も必要となってきますので、関連記事もあわせてご覧ください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

福岡市在住のフリーランス。編集プロダクションを経て独立。主なジャンルは、自動車やデジタルガジェットなどホビー系のメディア。紙・Webサイト媒体を問わず取材・執筆を行う。自身のブログ( タイチアカサカ.com )にて活動実績や、物欲日記を更新中。