LINE(ライン)モバイルにMNP転入・乗り換えする方法・手順を完全ガイド

書いた人: NINO

カテゴリ: LINEモバイル

2016年9月からサービス開始したLINE(ライン)モバイル

LINEをはじめ、Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信量がカウントされない「データフリー」が、SNSを多用するユーザーに人気の格安SIMです。家族間や恋人同士の連絡手段としてLINEがメインの方は通信費を抑えられそうですね。

ドコモ・au・ソフトバンクから好きな回線を選択でき、SIMサイズも、ナノSIM、マイクロSIM、標準SIMと3種類のカードサイズから選べます。SIMカードが最短即日発送されるので乗り換えにかかる時間も短縮できるのは嬉しいですね。

そんなLINEモバイルは、インターネットもしくは家電量販店などにある店舗でも申し込みできますが、店舗が近くにない、インターネットでの契約が苦手という方もいると思います。

そこで今回はLINEモバイルの契約・申し込みから初期設定まで、LINEモバイルを使うための手順をきっちり解説いたします。

目次:

LINEモバイルにMNP転入・乗り換えする前に準備するもの

LINEモバイルへのMNP転入前に準備しておくもの
LINEモバイルへのMNP転入前に準備しておくもの

大手キャリアや他のMVNO(格安SIM事業者)からLINEモバイルへの乗り換えをする際、新規契約をして携帯電話番号が変わってしまうと何かと不便です。

この問題を解決してくれるのが、MNPを利用した乗り換えです。今使っている携帯電話番号はそのままに通信キャリアのみLINEモバイルへと移行できるので、乗り換えたあとに周囲の人に電話番号の変更を伝える必要が無く、非常に効率的です。

MNPで乗り換える前に、まず以下のものを準備しておきましょう。

★MNP転入(乗り換え)前に準備するもの

・MNP予約番号(移行前の通信キャリアから取得)
・本人確認書類
・クレジットカードまたはLINE Payカード・LINE Pay(クレジットカード紐付け)
・LINEモバイルで動作確認済みのスマートフォン端末

★あると便利なもの

・エントリーパッケージや招待プログラム

・MNP予約番号(移行前の通信キャリアから取得)

電話番号をそのままに他社からLINEモバイルへ転入するには、大前提として「MNP予約番号」が必要です。

このMNP予約番号には最大15日間の有効期限があり、手続きを始める前に有効期限が10以上残っている必要があります

MNP予約番号の取得方法については次項で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

・本人確認書類

申し込み時には、本人確認書類の提示を求められます。運転免許証・パスポート・顔写真付き住民基本台帳カードなど、種類によりますが1~2点の書類が必要です。

画像をアップロードする環境や画像の形式にも注意が必要です。以下が対応している環境と画像の形式です。

<使用ブラウザ(パソコン)>

・Chrome(最新版)
・Internet Explorer(最新版)
・Safari(最新版)
・Edge(最新版)
・firefox(最新版)

<使用ブラウザ(モバイル、スマートフォン)>

・Safari
・Chrome

※Androidの一部古いOSのバージョンではアップロード機能が正常に作動しない場合があるため、その場合はパソコンからお申込みください。

<画像の形式>

・拡張子…jpgまたはpng
・ファイルサイズ…10MB以下

上記を確認してもアップロードできない場合は、ネットワーク環境(圏外ではないか、電波がちゃんと入っているか等)を確認してください。

本人確認書類の詳細についてはLINEモバイル公式の「本人確認書類について」を参照し、有効な書類を用意してくださいね。

・クレジットカードまたはLINE Payカード・LINE Pay(クレジットカード紐付け)

LINEモバイルでは、毎月の料金支払いにおいて「クレジットカード」「LINE Payカード」「LINE Pay決済(クレジットカード紐付け)」が利用可能。事前に支払い方法を考えておくと、スムーズに申し込みができます。

なお、「LINE Payカード」はチャージ式のプリペイドカードになっているので、クレジットカードが無い方はこちらを利用しましょう。

その他のデビットカードや口座振替には対応していませんが、LINE Payのオートチャージ機能で引き落とし口座を指定しておけば口座振替と同様の使い方も可能です。

・LINEモバイルで動作確認済みのスマートフォン端末

LINEモバイルの音声通話やデータ通信を利用するには、LINEモバイルで動作確認が取れているスマートフォンが必要です。

MNP転入(乗り換え)をする前に、LINEモバイルで使用可能な端末を公式サイトの「動作確認済み端末」で調べておきましょう。

ただし、現在使用中の端末にSIMロックがかかっている場合は要注意。

例えば、ドコモで購入した端末であれば、ドコモ回線でしか使えないようにSIMロックがかかっています。この場合、ドコモ回線プランでは問題なく使用できますが、ソフトバンク回線とau回線プランで利用することができません。

使用可能な端末が無い場合、LINEモバイルでは端末とSIMカードをセットで販売しているので、ぜひチェックしてみてください。

・エントリーパッケージや招待プログラム

格安SIMに乗り換える際は、初期費用として登録事務手数料3,000円(税別)がかかります

ウェブや家電量販店等で~1,000円ほどで販売しているエントリーパッケージを使って申し込むと、登録事務手数料を先払いしたことになり、申し込み時の登録事務手数料が無料になります。

また招待プログラムは、LINEモバイルを利用中の家族や友達に発行してもらった招待URLで申し込むことで、招待された方の登録事務手数料3,000円(税別)が最大無料になるというものです。

エントリーパッケージと招待プログラムの併用はできないこと、SIMカード発行手数料の400円(税別)はどちらも別途必要であることに気を付ければ、お得にMNP転入でLINEモバイルを利用できますよ。

契約中のキャリアで「MNP予約番号」を発行しよう

移行前の通信キャリアでMNP予約番号を発行しよう
移行前の通信キャリアでMNP予約番号を発行しよう

電話番号をそのままにLINEモバイルにMNP転入・乗り換えするための最初のステップは、「MNP予約番号」の取得です。

MNP予約番号は、移行する前のキャリアで発行します。この番号を移行先の通信キャリアに通知することにより、携帯電話番号を変えずにそのまま契約を移行できるようになるという仕組みです。

MNP予約番号の取得方法は各通信キャリアによって異なるので、下記に詳しく説明します。

ドコモからMNP転入・乗り換えする場合

ドコモからMNP転入・乗り換えする場合

ドコモでMNP予約番号を取得する方法は、全部で3種類。「ドコモショップ店頭」「ドコモインフォメーションへの電話」「WEB(My docomo)」から発行することができます。

1つ目は、ドコモショップ店頭で発行する方法。対人受付ならではの安心感があり、分からないことをその場で聞けるというメリットがあります。しかし、混雑時には待ち時間が発生してしまうことが多かったり、移行しないように説得されるなどデメリットもあります。

2つ目は、ドコモインフォメーションセンターへ電話して発行する方法。ドコモ携帯電話からコールする場合は「151」、それ以外の回線からは「0120-800-000」でつながります(共に通話料は無料)。ただし、MNP予約番号発行の受付時間は午前9時から午後8時までなので電話する時間帯には注意しましょう。

■ドコモインフォメーションセンター

ドコモ携帯電話からの発信:151(無料)
その他の携帯電話・一般回線:0120-800-000(無料)
営業時間:9:00 ~ 20:00

3つ目は、WEBのMy docomoから申し込む方法。dアカウントを使ってログインすれば、いつでもどこでも待ち時間なく手続きが行えるので最もおすすめです。受付時間は午前9時から午後9時30分までとなっています。

いずれの方法の場合も、MNP予約番号を発行する際にMNP転出手数料が発生します。手数料は契約しているプランによって金額が異なります。

2019年9月30日までに提供している料金プラン 2,000円
2019年9月30日以降に提供している料金プラン 3,000円

また、2年間などの定期契約をしている場合や旧プランを契約している場合、更新月以外のタイミングで転出すると契約解除料(違約金)が発生する可能性がありますので、あらかじめ契約プランを確認しておきましょう。

auからMNP転入・乗り換えする場合

auからMNP転入・乗り換えする場合

auでMNP予約番号を発行する場合、「auショップ店頭」「MNP予約番号取得窓口への電話」「WEB(My au)」といった3通りの方法があります。

auショップ店頭でMNP予約番号を発行してもらう場合、対人受付ならではの安心感がありますが、店頭まで出向く手間や混雑時の待ち時間が発生するといったデメリットがあります。また、乗り換えを考え直すようにあれこれ説明されることがあるので、人によっては気まずい思いをするかもしれません。

MNP予約番号取得窓口に電話して申し込む場合は、「0077-75470」(無料)にコールしてください。ただし、MNP予約番号発行の受付時間は午前9時から午後8時までですので注意してください。

■MNP予約番号取得窓口

携帯電話・一般回線からの発信:0077-75470(無料)
営業時間:9:00 ~ 20:00

WEBのMy auから申し込む方法は、店頭に足を運ぶ手間もかからないので最もおすすめしたい方法です。WEBでの受付時間も午前9時から午後8時までとなっています。

3つの方法に共通して、MNP予約番号を発行する際にMNP転出手数料として3,000円(税抜)が発生します

また、2年契約(あるいは4年契約)をしている場合、契約更新月以外のタイミングで転出すると契約解除料(違約金)が発生してしまうので、現在契約中の契約プランを事前に確認しておきましょう。

ソフトバンクからMNP転入・乗り換えする場合

ソフトバンクからMNP転入・乗り換えする場合

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する場合、「ソフトバンクショップ店頭」「MNP予約受付窓口への電話」「WEB(My SoftBank)」といった3通りの方法があります。

ソフトバンクショップ店頭でMNP予約番号を発行する場合、対人での手続きなので不明点を解決しながら進められるというメリットがあります。一方で、契約を慰留するような説得をされたり、混雑時には店頭で待ち時間が発生することもあります。

MNP予約番号取得窓口に電話して申し込む場合、ソフトバンク携帯電話からは「*5533」、その他の回線からは「0800-100-5533」にコールしてください。なお、受付時間は午前9時から午後8時までになっているので注意してください。

■MNP予約受付窓口

ソフトバンク携帯電話からの発信:*5533(無料)
その他の携帯電話・一般回線:0800-100-5533(無料)
営業時間:9:00 ~ 20:00

WEBのMy SoftBankから申し込む場合、SoftBank IDを使ってインターネットで手続きが可能です。MNP予約番号発行の受付時間は午前9時から午後8時までとなりますので注意してください。

また、ドコモやauと同様に、ソフトバンクでMNP予約番号を取得して他社に乗り換えるとMNP転出手数料として3,000円(税抜)が発生します

また、2年契約などの定期契約をしている場合、更新月以外でのMNP転出・解約には違約金が発生する可能性がありますので、現在契約中のプランをあらかじめチェックしておきましょう。

他のMVNO(格安SIM事業者)からMNP転入・乗り換えする場合

他のMVNO(格安SIM事業者)からMNP転入・乗り換えする場合

大手通信キャリアだけでなく、他のMVNO(格安SIM事業者)からも電話番号をそのままにMNP転入・乗り換えすることができます

MNP予約番号を発行する手順は、MVNOごとに異なるので詳細は各公式サイトでご確認ください。サポート関連が手厚い大手キャリアと違い、MVNOではWEB経由で申請する場合が多いので、発行までに時間がかかるケースがあることに注意しましょう。

また、MNP転出手数料は各社3,000円程度かかるのが一般的ですが、解約金については契約中のプランによって設定されていますので、利用しているMVNOのHPなどで事前に確認しておきましょう。

LINEモバイルへのMNP転入・乗り換えに使えるキャンペーン

MNP転入・乗り換えに使えるキャンペーン

せっかくLINEモバイルにMNP転入するなら、キャンペーンなども適用して少しでもお得に乗り換えたいですよね。

以下にLINEモバイルで開催中のキャンペーンをまとめました。

★LINEモバイルで開催中のキャンペーン

・月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン
・ウェブサイト限定!LINEクレカで2,000ポイントプレゼントキャンペーン
・データSIM限定データ増量キャンペーン
・iPhone SE 年末年始1万円引きセール
・冬のモトローラSALE
・「SoftBank Air」の LINEモバイル限定特典

「月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン」はキャンペーン期間中にベーシックプラン(音声通話SIM・3GB以上)の新規契約で、3ヶ月間980円引きで利用できるので大変お得です。

「LINEクレカで2,000ポイントプレゼントキャンペーン」はウェブサイトからの申し込み限定で、LINEモバイルとの親和性の高いLINEクレカでのお支払い時に2,000ポイントがもらえるというキャンペーン。

また、iPhone SE(第2世代)や人気の格安SIMスマホであるモトローラのセールも期間限定で行っているので、スマホの機種変更も検討している方に大変おすすめです。

新規申し込みで使えるキャンペーンが充実しているので、ぜひ申し込む際に活用してくださいね。

LINEモバイルにMNP転入・乗り換えする手順を解説

LINEモバイルへMNP転入・乗り換えする手順を解説していきます
LINEモバイルへMNP転入・乗り換えする手順を解説していきます

ここからはMNP予約番号を取得したあとに、実際にLINEモバイルへMNP転入・乗り換えする手順について解説します。

なお、画像は公開当時のものです。

公式サイトTOPから【申し込む】をタップし、注意事項を確認する公式サイトTOPから【申し込む】をタップし、注意事項を確認する
公式サイトTOPから【申し込む】をタップし、注意事項を確認する

まずは、LINEモバイル公式サイトにアクセスし、右上にある【申し込む】をタップします。注意事項をよく確認したら、【上記事項に同意の上、申し込む】をタップして次に進んでください。

申し込み方法の選択が完了したら【次へ進む】をタップ申し込み方法の選択が完了したら【次へ進む】をタップ
申し込み方法の選択が完了したら【次へ進む】をタップ

申し込み方法の選択画面に移行します。今回は【通常申し込み】の手順を解説しますが、エントリーパッケージをお持ちの方は【エントリーパッケージを使用して申し込み】を選択してください。また各種キャンペーンコードをお持ちの場合、この画面でコードを入力しましょう。申し込み方法の選択が完了したら【次へ進む】をタップします。

使用したい回線を選択した後、希望のプランを選択します使用したい回線を選択した後、希望のプランを選択します
使用したい回線を選択した後、希望のプランを選択します

LINEモバイルはドコモ・ソフトバンク回線のマルチキャリアに対応しています。希望する通信回線を選択すると、料金プランの選択画面に移行します。
「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3種類から好みのプランを選択してください。

※現在は「LINEデータフリー」「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」の3種類から選択ができます。

データ容量とSIMのタイプを選択。通話オプションを使いたい場合はチェックを入れるデータ容量とSIMのタイプを選択。通話オプションを使いたい場合はチェックを入れる
データ容量とSIMのタイプを選択。通話オプションを使いたい場合はチェックを入れる

続いて、データ容量とSIMの種類を選びます。「データSIM」「データSIM(SMS付き)」「音声通話SIM」の3種類が用意されていますが、「データSIM」はLINEフリープランのみ選択可能なのでご注意ください。

また、通話サービスが必要な場合は、この画面でチェックを入れておきましょう。音声通話が多い場合は、10分かけ放題に加入しておくと通話料金を節約できます。

※「データSIM」の取り扱いは2020/2/18をもって終了

申し込み区分でMNP転入を選択したら、MNP予約番号と有効期限などを入力申し込み区分でMNP転入を選択したら、MNP予約番号と有効期限などを入力
申し込み区分でMNP転入を選択したら、MNP予約番号と有効期限などを入力

【新規番号での申し込み】【他社からの乗り換え(MNP転入)】の2種類から申し込み区分を選択します。今回は、現在の携帯番号をそのまま使うMNPを想定しているので【他社からの乗り換え(MNP転入)】を選択してください。

次の画面で、事前に取得して置いた【MNP予約番号】【有効期限】【転入予定携帯電話番号】を入力します。重要な項目なので間違えが無いように確認しながら入力してください

申し込み内容とSIMカードサイズを選択する申し込み内容とSIMカードサイズを選択する
申し込み内容とSIMカードサイズを選択する

申し込み内容の選択画面では、LINEモバイルで利用できる端末がない場合は【端末+SIMカード】、利用できる端末がある場合は【SIMカードのみ】を選択します。

その後、SIMカードサイズを4種類から選択します。あまりスマホに詳しくないという方は【カンタン選択】をタップすると、利用予定の端末に合わせたSIMカードを自動的に検出してくれるのでそちらを利用してください。

加入したいオプションにチェックを入れたら【次へ進む】をタップ加入したいオプションにチェックを入れたら【次へ進む】をタップ
加入したいオプションにチェックを入れたら【次へ進む】をタップ

続いて、【その他のオプション選択】に進みます。端末保証やセキュリティ強化など各種オプション項目に申し込む場合はここで選択しましょう。持込端末保証については、申込時のみ加入できるオプションなので必要な場合は必ずここでチェックを入れてください。選択し終わったら【次へ進む】をタップします。

【お客様情報入力】で契約者情報を入力し、利用者の設定と契約内容の確認方法を選択【お客様情報入力】で契約者情報を入力し、利用者の設定と契約内容の確認方法を選択
【お客様情報入力】で契約者情報を入力し、利用者の設定と契約内容の確認方法を選択

【お客様情報入力】に移行するので、契約者の氏名・生年月日・住所といった個人情報を間違いのないように入力してください。その後、【利用者の設定について】【契約内容の確認方法について】の2項目で該当するものを選択します。

利用規約に確認のチェックを入れて次へ進むと、ラインから本人確認書類アップロード用のメールが届く利用規約に確認のチェックを入れて次へ進むと、ラインから本人確認書類アップロード用のメールが届く
利用規約に確認のチェックを入れて次へ進むと、ラインから本人確認書類アップロード用のメールが届く

LINEモバイルでの各種利用規約などを確認し、チェックを入れます。【次へ進む(メール送信)】をタップすると、仮申し込みが完了。契約者情報で入力したメールアドレス宛に本人確認書類アップロードのお願いがメールで届くので、本文中のリンク先にアクセスしましょう。

本人確認書類のデータをアップロードして【次へ進む】と、支払い方法選択画面に移行本人確認書類のデータをアップロードして【次へ進む】と、支払い方法選択画面に移行
本人確認書類のデータをアップロードして【次へ進む】と、支払い方法選択画面に移行

運転免許証などの本人確認書類をデータでアップロードし、【次へ進む】をタップします。すると、【支払い方法選択】画面に移行するので、「クレジットカード」「LINE Payカード」「LINE Pay」 の3種類から利用料金の支払い方法を選択してください。

マイページのログインIDとパスワードを設定し、最終確認画面に進むマイページのログインIDとパスワードを設定し、最終確認画面に進む
マイページのログインIDとパスワードを設定し、最終確認画面に進む

続いて、LINEモバイルのマイページにアクセスするための【ログインID・パスワード設定】を行います。入力が完了したら、【登録して最終確認へ進む】をタップ。これまで入力した申し込み内容の【最終確認】画面になるので、入力内容に間違いがないか1つ1つ細かくチェックしましょう。

【申し込む】ボタンをタップすれば完了
【申し込む】ボタンをタップすれば完了

内容に間違いがなければ、【申し込む】をタップしてください。以上でLINEモバイルへのMNP転入・乗り換えの申し込みが完了します。申し込み手続き完了後、数日から1週間程度で自宅にSIMカードや各種書類が到着します。

LINEモバイルでは不通期間がないスムーズな通信の切り替えが可能です。通信回線の切り替え作業もとても簡単で、LINEモバイルカスタマーセンターMNP開通受付窓口(0120-889-279)に電話するだけ

申し込み時に設定したログインIDが必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

■LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口

携帯電話・一般回線からの発信:0120-889-279(無料)
受付時間:10:00 ~ 19:00(年中無休)

MNP開通手続きはウェブからも可能です。マイページにログインし、契約情報確認ページにある「利用開始手続きをする」ボタンから進んでください。

LINE(ライン)モバイルにMNP転入・乗り換えする際の注意点

LINEモバイル移行時の注意点を解説します
LINEモバイル移行時の注意点を解説します

ここまでLINEモバイルへMNP転入・乗り換えする際に準備が必要なものや申し込み方法について解説してきましたが、改めて実際に申し込みする前に今一度確認しておきたい注意点を解説したいと思います。

移行前のキャリアの契約状況・期間を確認しよう

大手通信キャリアの多くは長期間の契約、いわゆる2年縛りの契約を前提とした料金プランがメインで、契約期間中に解約すると約1万円ほどの高額な契約解除料(違約金)が発生していました。現在は、法改正があり、どのキャリアも違約金が~1,000円に変更されています

ただし、この安くなった違約金は、違約金変更後の新プランに変更した場合のみ適応されます。旧プランのまま使い続けている場合は以前の高額な契約解除料(違約金)を支払わなければいけません。

そのため、乗り換え前の「契約プラン」・違約金がかからない「契約更新月」を必ず確認しておきましょう

「あと1・2ヶ月継続して契約更新月で乗り換えをする」「乗り換え前に、キャリアで新プランに変更しておく」といった判断ができるようになります。

また、端末を分割払いで購入している場合は、端末代金の残債を「引き続き割賦で支払えるのか」、あるいは解約のタイミングで「一括清算になるのか」という部分についても確認しておくことをおすすめします。

使いたいスマホがLINE(ライン)モバイルに対応しているか確認しよう

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応しています。ここで気を付けなければならいないのが利用予定の端末がLINEモバイルの通信に対応しているかどうかという点。特にSIMロック端末は注意が必要です。

SIMフリー端末では基本的に問題ありませんが、特定のキャリアでしか利用できないSIMロック端末の場合、SIMロック解除をしないと使用することができません。

利用予定の端末が対応しているかどうか、必ず事前に確認しておきましょう。端末の対応状況は公式サイトの「動作確認済み端末検索」ページで確認することができます。

契約名義をそろえよう

LINEモバイルではMNP転入の申し込み名義(LINEモバイル申し込み名義)と、MNP予約番号発行時の電話番号の名義が同一である必要があります

例えば、現在は親の名義で携帯番号を契約しており、乗り換えにあたって電話番号の名義を自分の名義で申し込む場合などは注意しましょう。

予約番号を発行する前に、MNP転出する電話番号の名義と、LINEモバイルの申し込み名義を揃えておくことでスムーズなMNP転入ができます。

まとめ:MNP転入切替は「移行前キャリアの違約金がかからない月初め」がベスト

LINEモバイルへのMNP転入・乗り換えする方法を解説してきましたが、いかがでしたか? 手続きそのものは難しくありませんので、初心者の方でも安心して申し込みできると思います。

「よりお得にLINEモバイルへのMNP転入・乗り換えしたい」という人は、費用面やサービス面を考慮して最適なタイミングをしっかりと見極めましょう。

最も理想的なのは、高額な契約解除料が発生しない移行前のキャリアの契約満了時のタイミングです。せっかく通信費用を節約できる格安SIMへ移行するのに、約1万円程度の契約解除料が発生しては目的から遠ざかってしまうことになります。無駄な初期負担がかからないように、移行前のキャリアの契約状況を把握してベストなタイミングを見計らいましょう。

もう1つのおすすめしたいのは、申し込みの日にちをなるべく月初にすること。LINEモバイルの初月の月額基本利用料は、契約したSIMカードのタイプにより決まっています。

■月額基本利用料(ベーシックプラン)

データSIM(SMS付き)
(500MB)
月額600円
音声通話SIM
(500MB)
月額1,100円

各SIMカードの一番安いプランの料金になっているので、月初めから利用できるようにしておくと一番お得に利用できます。MNP転入の申し込みは数日から1週間ほど時間がかかるので、移行したい月の前月末くらいにMNP予約番号を発行してLINEモバイルへ申し込むようにするとちょうどいいと思います。

最後に、LINEモバイルへMNP転入・乗り換えする際のポイントについておさらいしておきましょう。

★LINEモバイルMNP・乗り換えのポイント

・MNP予約番号を移行前キャリアで発行してもらう
・MNP転入の申し込みはWEBから
・LINEモバイルで端末が使えるか事前に確認
・移行前キャリアの契約状況を確認
・移行するなら月初めから加入できるように月末に申し込む

LINEモバイルへの移行を検討している方は、ぜひとも本記事を参考に手続きをしてみてください。

おすすめ:LINEモバイル×LINE Payカード

LINE Payカード
画像:LINE Pay公式サイトより引用

LINE Payカードを持っているなら、格安SIMは「LINEモバイル」がおすすめ!

「LINE Payカード」は、JCBのクレジットカード機能がついたプリペイドカードです。毎月使った金額に応じてランクが決定し、使うたびにLINEポイントが還元されます。

最大2%の高還元のLINE Payカードでスマホの料金も合わせれば、さらにお得にLINEポイントが貯められます。

LINEモバイル×LINE Payカードのメリット

・クレジットカードがなくてもLINEモバイルの申し込みができる
・オートチャージで実質口座振替が可能
・ランクに応じて最大2%のポイント還元

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン