iPhone XRの価格・値段を徹底比較! 【ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー】

書いた人: Kawamata

カテゴリ: ガイド, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone XRの価格・値段を徹底比較! 【ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー】

2018年10月26日に発売された「iPhone XR」は、6.1インチ リキッドレティーナHDディスプレイに、12メガピクセルのシングルカメラを搭載するiPhoneシリーズの最新モデル。

先行して発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」がベーシックなカラーの3色展開なのに対し、カラーバリエーションが6色と豊富。ブルー、ブラック、イエロー、コーラル、プロダクトレッドといったポップなカラーリングが楽しめるのも大きな特徴です。また、前面・背面は共にガラスで覆われていて質感が高く、価格以上の満足感がある1台に仕上げられています。

従来のiPhoneシリーズと同様に、日本国内ではドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアに加え、Appleストア直販のSIMフリー版を展開。本記事では4社から発売された各モデルの価格・値段をまとめて比較してみました。

iPhone XRの購入場所・購入方法を検討中という方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

目次:

【docomo(ドコモ)】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

ドコモの割引サービス「月々サポート」を利用するには、ドコモが指定する「パケットパック/シェアオプション/FOMAパケット定額サービス/FOMA定額データプラン」のいずれかに加入する必要があります。なお、「月々サポート」適用による割引き額は、新規・MNP・機種変更のいずれの場合も同額です。

◎新規・機種変更・MNP(乗り換え)の場合

iPhone XR 新規・機種変更・MNP
64GB 128GB 256GB
支払総額 98,496円 104,976円 116,640円
月々サポート
(割引総額)
-58,968円
(ー2,457円×24)
-58,968円
(ー2,457円×24)
-58,968円
(ー2,457円×24)
実質負担金 39,528円
(3,456円×24)
46,008円
(4,212円×24)
57,672円
(5,238円×24)

他の割引サービスを組み合わせると、より安くiPhone XRを購入することが可能です。

その1つが「家族まとめて割」。iPhone XRを含む対象機種を2台以上購入し、家族一緒に「シェアパック」に入ると、その場で1台あたり最大5,184円の割引が受けられます。

また、所有しているiPhone、iPad、Android端末を下取りに出すことで、端末購入代金が割引になる「下取りプログラム」を活用する方法もあります。執筆時点(2018年10月25日現在)では、iPhone Xの良品が64,000円、画面割れの状態でも19,200円の割引きと、端末によっては大幅な割引が受けられることも。「現在、使用している端末をどうしても残しておきたい」ということでなければ、より安くiPhone XRを購入するために下取りプログラムの活用も検討してみてください。

参照:下取りプログラム

直接的な端末代金の割引きではありませんが、「ドコモ光セット割」や「ずっとドコモ割プラス」を活用して毎月の利用料金を安くし、運用コストも含めてトータルで安くするという方法もあります。ドコモ利用時には、端末以外の割引制度もうまく活用するとよりお得になるのではないでしょうか。

docomo

【au】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

auには「毎月割」と「アップグレードプログラムEX/EX(a)」といった性質の異なる2つのサポートプログラムがあります。

「毎月割」を利用する場合

「毎月割」は、毎月の利用料金が割引になるサービス。適用するには「データ定額2以上」または「LTEフラット」への加入が必要です。最安プランの「データ定額1」は適用外なのでご注意ください。

◎新規・MNP(乗り換え)の場合

iPhone XR 新規・MNP
64GB 128GB 256GB
支払総額 98,400円
(4,100円×24)
104,880円
(4,370円×24)
116,640円
(4,860円×24)
毎月割
(割引総額)
-74,640円
(ー2,457円×24)
-74,640円
(ー2,457円×24)
-74,640円
(ー2,457円×24))
実質負担金 23,760円
(990円×24)
30,240円
(1,260円×24)
42,000円
(1,750円×24)

◎機種変更の場合

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
支払総額 98,496円
(4,100円×24)
104,880円
(4,370円×24)
116,640円
(4,860円×24)
毎月割
(割引総額)
-65,040円
(ー2,710円×24)
-65,040円
(ー2,710円×24)
-65,040円
(ー2,710円×24)
実質負担金 33,360円
(1,390円×24)
39,840円
(1,660円×24)
51,600円
(2,150円×24)

auの「毎月割」は新規・MNPの場合が最も安くなりますので、auを継続利用している人にはお得感が少々薄いかもしれません。とはいえ、auは全キャリアのなかで最も端末価格を安く設定しているので、予算に余裕があるなら一括購入を検討してみるのもいいでしょう。

また、ドコモと同様に、auにも「下取りプログラム」が用意されています。執筆時点(2018年10月25日現在)では、下取り価格が最高値の端末は「iPhone X」で63,720円相当のWALLETポイントが付与されます。こちらは端末購入費用に充当することもできます。

参照:下取りプログラム

「アップグレードプログラムEX/EX(a)」を利用する場合

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

「アップグレードプログラムEX」は機種代金を48回の割賦払いで契約する代わりに、24カ月間使用したあとに最新モデルに機種変更すると残債が免除されるサービスです。ただし、使用後の端末はauに返却することが条件になっています。

実質半額で購入できる制度で、2年サイクルで必ず最新機種に買い換える人のためのオプションサービスです。月額390円(不課税)で申し込むことができます。

また、iPhoneのみ1年ごとの機種変更を見越した「アップグレードプログラムEX(a)」に加入することができます。こちらは機種代金を24回の割賦払いで契約し、12カ月間使用したあとに対象のiPhoneに機種変更することで残債が免除になります。こちらも使用後の端末の返却が条件になっていますが、月額料金は無料です。

■アップグレードプログラムEX/EX(a)適用条件
①対象機種を24ヶ月(または12ヶ月)利用後に対象機種変更すること
②機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入すること
③機種変更した際に、旧機種をauに返却すること

②に関しては、2019年1月16日以降に廃止されることが決まっています。同日以前の契約にも遡って適用されるため、これからアップグレードプログラムEX/EX(a)に加入する場合は特に気にしなくても問題ないでしょう。

◎機種変更の場合(アップグレードプログラムEX 適用時)

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
端末支払総額
(48回)
98,496円
(2,050円×48)
104,880円
(2,185円×48)
116,640円
(2,430円×48)
実質支払端末代金
(24回)
49,200円
(2,050円×24)
52,440円
(2,185円×24)
58,320円
(2,430×24)
アップグレード
プログラムEX
9,360円
(390円×24)
9,360円
(390円×24)
9,360円
(390円×24)
実質支払総額 58,560円
(49,200+9,360)
61,800円
(52,440+9,360)
67,680円
(58,320+9,360)

◎機種変更の場合(アップグレードプログラムEX(a)適用時)

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
端末支払総額
(24回)
98,496円
(4,100円×24)
104,880円
(4,370円×24)
116,640円
(4,860円×24)
実質支払端末代金
(12回)
49,200円
(4,100円×12)
52,440円
(4,370円×12)
58,320円
(4,860×12)
アップグレード
プログラムEX(a)
0円
(0円×12)
0円
(0円×12)
0円
(0円×12)
実質支払総額 49,200円
(0円)
52,440円
(0円)
58,320円
(0円)

一見すると「アップグレードプログラムEX/EX(a)」は割高に感じるかもしれませんが、月々の支払額で見ると安くなっています。トータルコスト(実質支払総額)を参考に判断してみてください。

「アップグレードプログラムEX/EX(a)」の注意点は、次回の機種変更の際に使用していた端末をauに回収されてしまうため、「下取りプログラム」のポイントが受けられないこと。使用後に下取りする分を先に端末価格に充当させることで、残債の支払いが発生しない仕組みになっていると考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

参照:アップグレードプログラムEX/EX(a)

「iPhoneギガトクキャンペーン」を実施中

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

auでは2018年9月14日から11月30日まで「iPhoneギガトクキャンペーン」を実施しています。こちらのキャンペーンは新規契約・MNP・機種変更で対象機種を購入するのと同時に「auフラットプラン」に加入することが条件の割引きサービス。

割引額は「auフラットプラン20/30」の利用で1年間520円/月、「auフラットプラン25 Netflixパック」の利用で1年間1,020円/月。ともに契約月の翌月から割引が適用されます。1年間だけのサービスとはいえ、ランニングコストの総額を抑えられるお得なキャンペーンです。

参照:iPhoneギガトクキャンペーン

au

【SoftBank(ソフトバンク)】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

ソフトバンクには「月月割」と「半額サポート for iPhone」といった性質の異なる2つのサポートプログラムがあります。

「月月割」を利用する場合

ソフトバンクの「月月割」を適用するには、契約時に「2年契約なし」を選択する必要があります。「2年契約なし」の場合、基本利用料金が高くなるので不安になるかもしれません。しかし「月月割」の割引き額を差し引くと、基本利用料金が高くなったぶんよりもトータルコストが安くなるので、ソフトバンクのプランのなかで最もお得になります。

◎新規・MNP(乗り換え)の場合

iPhone XR 新規・MNP
64GB 128GB 256GB
支払総額 106,560円
(4,440円×24)
112,800円
(4,700円×24)
124,800円
(5,200円×24)
月月割
(割引総額)
-82,800円
(ー3,450円×24)
-82,800円
(ー3,450円×24)
-82,800円
(ー3,450円×24)
実質負担金 23,760円
(990円×24)
30,000円
(1,250円×24)
42,000円
(1,750円×24)

◎機種変更の場合

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
支払総額 106,560円
(4,440円×24)
112,800円
(4,700円×24)
124,800円
(5,200円×24)
月月割
(割引総額)
-73,200円
(ー3,050円×24)
-73,200円
(ー3,050円×24)
-73,200円
(ー3,050円×24)
実質負担金 33,360円
(1,390円×24)
39,600円
(1,650円×24)
51,600円
(2,150円×24)

2019年1月31日に「スマ放題」や「ホワイトプラン」などの旧プランを利用した機種変更での「月月割」が終了になります。そのため2019年2月以降に、旧プランを使っているソフトバンクユーザーが機種変更しても「月月割」の割引きが適用されません。

新規購入・MNP(乗り換え)のユーザーには無関係なのですが、現在ソフトバンクを利用していて機種変更で安くiPhone XRを手に入れたいと考えている方は2019年1月31日までに手続きを済ませましょう。

また、ドコモ・auと同様にソフトバンクにも「下取りプログラム」が用意されています。執筆時点(2018年10月25日現在)で、下取り価格が最も高いのは「iPhone X」で63,600円分の割引を受けることができます。ソフトバンクの「下取りプログラム」はキャッシュバックやポイントでの充当ではなく、下取り金額分を24分割して毎月の通信量から割引するシステムになっています。ランニングコストを考えると、十分にお得に感じられると思います。

参照:下取りプログラム(機種変更)下取りプログラム(のりかえ)

「半額サポート for iPhone」を利用する場合

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

ソフトバンクでは機種代金を48回の割賦払いで購入する代わりに、25か月目以降に条件を満たすことで残りの分割支払金(最大24ヵ月分)が免除される「半額サポート for iPhone」という最新機種への乗り換えを見越したプログラムも提供されています。

ただし、「半額サポート for iPhone」を利用した場合、次回の機種変更時に利用した端末をソフトバンクに返却する必要があります。

「半額サポート for iPhone」の適用条件は以下の通りです。

■半額サポート for iPhone 適用条件
①対象機種を24ヶ月利用後に機種変更すること
②機種変更後も「半額サポート for iPhone 」または「機種変更先取りプログラム」に再加入すること
③機種変更の際に、旧機種をソフトバンクに返却すること

②に関しては、2018年11月29日以降に廃止されることが決まっています。同日以前の契約にも遡って適用されるため、これから「半額サポート for iPhone」に加入する場合は特に気にしなくても問題ないでしょう。

◎機種変更の場合(半額サポート for iPhone 適用時)

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
端末支払総額
(48回)
106,560円
(2,200円×48)
112,800円
(2,350円×48)
124,800円
(2,600円×48)
半額サポート for
iPhone
(24回)
-53,280円
(2,200円×24)
-56,400円
(2,350円×24)
-62,400円
(2,600×24)
実質支払総額 53,280円 56,400円 62,400円

なお、「半額サポート for iPhone」は「下取りプログラム」と併用することはできません。端末回収時の割引額を含めた金額設定になっているとお考えください。

また、交換時期を25か月目から、13か月目に早めることも可能。しかし、その場合は残った1年分の分割支払金とともに、新しい端末の初年度分の代金が発生します。常に新しいiPhoneを持つことを優先するか、家計を重視するか、ガジェット好きには悩ましい部分です。

softbank

【SIMフリー】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

格安SIMなどが利用できるSIMフリー(SIMロックフリー)版のiPhone XRは、「Appleストア」または「Apple公式サイト」で購入することができます。

「Appleストア」「Apple公式サイト」でSIMフリー版のiPhone XRを購入する際の最大のポイントは、大手キャリアのように端末の割引が無いことです。そのため、純粋に端末価格で考えると、最も高い金額になります。

しかし、SIMフリーモデルのメリットとして、MVNOと契約して格安SIMを使うことでランニングコストを大幅に下げることが可能。契約状況やプランなどにもよりますが、結果的にキャリアで購入して運用するよりも安い価格で使用することもできます。

iPhone XR 機種変更
64GB 128GB 256GB
端末金額 91,584円 98,064円 109,944円

なお、端末価格の割引きサービスはありませんが、「Appleストア」「Apple公式サイト」では最大12回払い(無利息)で端末を購入することもできます。ただし、割賦購入するには信販会社(オリコ)の審査があるのでご注意ください。

まとめ:iPhone XRの価格を比較

最後に、大手キャリア・SIMフリーモデルの実質価格をまとめてみました。各ストレージのモデルごとに最も安い価格は赤文字で記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

64GB 128GB 256GB
ドコモ 39,528円 46,008円 57,672円
au
(新規・MNP) 
23,760円 30,240円 42,000円
au
(機種変更)
33,360円 39,840円 51,600円
au
アップグレードプログラムEX(a)
49,200円 52,440円 58,320円
au
アップグレードプログラムEX
58,560円 61,800円 67,680円
ソフトバンク
(新規・MNP)
23,760円 30,000円 42,000円
ソフトバンク
(機種変更)
33,360円 39,600円 51,600円
ソフトバンク
半額サポート for iPhone
53,280円 56,400円 62,400円
SIMフリー 91,584円 98,064円 109,944円

iPhone XRの64GBと256GBモデルはauとソフトバンク、128GBはソフトバンクで新規またはMNP(乗り換え)で購入すると最安値になります。

ただし、これはあくまで純粋に端末価格だけを比較したもの。通信費や購入時のキャンペーンなども加味すると、結果は変わってきます。購入する時期や購入する場所(家電量販店などの店舗も含め)によって展開されている割引キャンペーンも異なるので、本記事をベースにしながら購入時のタイミングで「最もお得にiPhone XRを買える方法」を模索してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。