iPhone XRの価格・値段を徹底比較! 最安値はどこ?【ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー】

書いた人: Kawamata

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone XRの価格・値段を徹底比較! 最安値はどこ?【ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー】

2018年10月26日に発売された「iPhone XR」は、6.1インチ リキッドレティーナHDディスプレイに、12メガピクセルのシングルカメラを搭載するiPhoneシリーズの最新モデル。

先行して発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」がベーシックなカラーの3色展開なのに対し、カラーバリエーションが6色と豊富。ブルー、ブラック、イエロー、コーラル、プロダクトレッドといったポップなカラーリングが楽しめるのも大きな特徴です。また、前面・背面は共にガラスで覆われていて質感が高く、価格以上の満足感がある1台に仕上げられています。

従来のiPhoneシリーズと同様に、日本国内ではドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアに加え、Appleストア直販のSIMフリー版を展開。本記事では各モデルの価格・値段をまとめて比較してみました。

新型iPhoneの発売もあり、価格が値下がりされているiPhone XRは、今がお買い得。iPhone XRの購入場所・購入方法を検討中という方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Apple
iPhone XR

端末のご購入はこちら

目次:

【docomo(ドコモ)】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

ドコモ iPhone XR販売ページ

ドコモでiPhone XRを購入する場合は、「スマホおかえしプログラム」に加入することで、より安く購入することができます。

プログラム加入者が36回分割払いで購入した対象機種をドコモへ返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。

つまり、本来の機種代金の最大3分の1が免除されるということです。なお、「スマホおかえしプログラム」適用による割引き額は、新規・MNP・機種変更のいずれの場合も同額です。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」の詳細はこちら

以下、ドコモでのiPhone XRの販売価格表です。容量別での料金が比較できます。

iPhone XR 新規・機種変更・MNP
64GB 128GB 256GB
支払総額 118,800円
スマホおかえしプログラム適用時(割引総額) -39,600円
実質負担金 79,200円
(3,300円×24)

※金額は全て税込み

また、iPhone XR 64GBの購入で以下のキャンペーンも在庫限りで適応になるので、合わせてチェックしてみてください。

キャンペーン名 対象手続き 割引
はじめてスマホ購入サポート 他社3G回線からXiへのりかえ(MNP)
契約変更(FOMA→Xi)
80,000pt還元
SPECIAL割引 機種変更(Xi→Xi) 22,000円割引

機種変更は今がお得!
SPECIAL割引実施中

【au】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

au iPhone XR販売ページ

auでは、2020年2月21日から「かえトクプログラム」の受付を開始しました。auの残価設定型の新プログラムで、あらかじめ設定された24回目の最終回支払い分(残価)が、25ヶ月目に機種の回収、買い替えをおこなうと免除となる仕組みです。

特典を受けるには下記の適用条件があります。

・対象機種を12カ月以上ご利用後、auのスマホ・ケータイ・タブレット・ルーターのいずれかを購入すること
・かえトクプログラムで購入した機種を返却すること

また、端末返却の際に故障・破損などにより査定条件を満たさなかった場合、最大22,000円(不課税)がかかるので、注意が必要です。

以下、auでのiPhone XRの販売価格表です。容量別での料金が比較できます。

iPhone XR 新規・機種変更・MNP
64GB 128GB 256GB
端末支払総額
77,040円 100,080円 112,319円
かえトクプログラム適用時(割引総額) -26,900円 -40,635円 -46,885円
実質負担金 50,140円
(2,180円×23回)
59,445円
(2,585円×23回)
65,435円
(2,845円×23回)

※金額は全て税込み

auでは「春トク割」として、新規契約(他社からお乗りかえ含む)または機種変更(12カ月目以上利用)で機種代金から最大22,000円(税込)割引キャンペーンを実施中。

iPhone XRでは新規・乗り換え(全容量)、機種変更(128GB/256GB)で22,000円の割引が適応になります。

【SoftBank(ソフトバンク)】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

ソフトバンクでは、2019年10月10日からトクするサポートを提供しています。端末購入時に月額390円(不課税)のトクするサポートに加入し、48回払いで購入すると、25ヶ月目以降に条件を満たしていると、残りの分割支払い金(最大24ヶ月分)が不要になります。(25ヶ月以降プログラム料金は不要)

適応条件が以下になります。

・端末を割賦契約(48回)で購入すること
・特典利用時(24ヶ月以降)に新しい端末をソフトバンクで購入すること
・旧機種をソフトバンクに返却(下取り)すること

「半額サポート+」は回線契約なしでも加入できます。2019年9月26日からソフトバンクユーザー以外にも提供開始されます。ただし、ソフトバンクで購入した端末は100日間はSIMロック解除ができないので、この期間はソフトバンク系の回線でしか利用できないので注意が必要です。

iPhone XR 新規・機種変更・MNP
64GB 128GB 256GB
端末支払総額
(48回)
93,600円
(1,950円×48)
100,320円
(2,090円×48)
112,320円
(2,340円×48)
実質支払端末代金
(24回)
46,800円
(1,950円×24)
50,160円
(2,090円×24)
56,160円
(2,340円×24)
トクするサポート 9,360円
(390円×24)
9,360円
(390円×24)
9,360円
(390円×24)
実質支払総額 56,160円
(46,800+9,360)
59,520円
(50,160+9,360)
65,520円
(56,160+9,360)

※金額は全て税込み

【SIMフリー】でiPhone XRを購入する場合の価格・値段

iPhone XRの価格・値段を徹底比較!

格安SIMなどが利用できるSIMフリー(SIMロックフリー)版のiPhone XRは、「Appleストア」または「Apple公式サイト」で購入することができます。

「Appleストア」「Apple公式サイト」でSIMフリー版のiPhone XRを購入する際の最大のポイントは、大手キャリアのように端末の割引が無いことです。そのため、純粋に端末価格で考えると、最も高い金額になります。

しかし、SIMフリーモデルのメリットとして、MVNOと契約して格安SIMを使うことでランニングコストを大幅に下げることが可能。契約状況やプランなどにもよりますが、結果的にキャリアで購入して運用するよりも安い価格で使用することもできます。

iPhone XR オンライン購入
64GB 128GB 256GB
端末金額 64,800円 69,800円

※金額は全て税別

なお、端末価格の割引きサービスはありませんが、「Appleストア」「Apple公式サイト」では最大12回払い(無利息)で端末を購入することもできます。ただし、割賦購入するには信販会社(オリコ)の審査があるのでご注意ください。

2019年9月11日、iPhone XRの価格が約20,000円ほど値下がりました。(256GBはラインナップから外れました)

まとめ:iPhone XRの価格を比較

最後に、大手キャリア・SIMフリーモデルの実質価格をまとめてみました。各ストレージのモデルごとに最も安い価格は赤文字で記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

64GB 128GB 256GB
ドコモ
スマホおかえしプログラム
79,200円
au
かえトクプログラム
50,140円 59,445円 65,435円
ソフトバンク
トクするサポート+
56,160円 59,520円 65,520円
SIMフリー 71,280円 76,780円

※金額は全て税込み

iPhone XRは、64GBと128GBがau、256GBはソフトバンクが最安値という結果になりました。

これはあくまで純粋に端末価格だけを比較したもの。通信費や購入時のキャンペーンなども加味すると、結果は変わってきます。購入する時期や購入する場所(家電量販店などの店舗も含め)によって展開されている割引キャンペーンも異なるので、料金プランの比較は以下の関連記事を参考にしてみて下さい。

Apple
iPhone XR

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Kawamata

Kawamata

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。