LINE(ライン)モバイルの支払い方法まとめ LINE Payを活用すれば“クレジットカード無し”でもOK!!

書いた人: NINO

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE(ライン)モバイルの支払い方法まとめ LINE Payを活用すれば“クレジットカード無し”でもOK!!

LINE(ライン)モバイル」は、人気SNS「LINE」の子会社が提供する格安SIM。現在はドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線のトリプルキャリアに対応しています。

最大の特徴は、LINEをはじめとする主要SNS利用時のデータ通信量を消費しない「データフリー」が料金プランに盛り込まれていること。つまり、「LINEのやり取りが中心で電話やメールはほとんど使わない」という人であれば、月々の料金がかなりお得になります。

そんなLINEモバイルに新たに契約しようとしている人の中には、「どんな支払い方法が選択できるの?」「クレジットカードが無くても申し込める?」など疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。また、既にLINEモバイルに契約している人の中に、支払い方法を変更したいと考えている人もいるかもしれません。

そこで、今回はLINEモバイルで対応している支払い方法について詳しく解説していきたいと思います。

目次:

▼ポイントバックキャンペーン実施中!

LINE(ライン)モバイルで対応している支払い方法と決済日

まずはLINEモバイルで対応している支払い方法を確認していきましょう
まずはLINEモバイルで対応している支払い方法を確認していきましょう

格安SIMの契約には、毎月の通信料金の支払い方法の登録が不可欠です。

一般的に、費用の支払い方法といえば「銀行口座振替」「振込」「クレジットカード決済」など多数の選択肢が用意されているかと思います。しかし、格安SIM業界では、通信料金の支払い方法として「クレジットカードの登録が必須」というケースがとても多いです。

ちなみに、LINEモバイルでは以下の3種類の決済方法に対応しています。

★LINEモバイルの決済方法

・クレジットカード決済
・LINE Pay決済(要クレジットカード登録)
・LINE Payカード決済

支払い方法の選択肢は格安SIMにしては豊富といった印象で、通常の「クレジットカード決済」に加え、LINE独自の電子マネーサービスを使った「LINE Pay決済」、チャージ式のプリペイドカードを使った「LINE Payカード決済」といった3種類の方法が用意されています。

なかでも、「LINE Payカード決済」はクレジットカードが無くても申し込める貴重な支払い方法。「LINE Payカード」の発行は必要になりますが、銀行口座やコンビニから残高をチャージすれば現金払いに近い感覚で通信料金を支払うことができます。

銀行口座振替やデビットカードの決済には一切対応していませんので、クレジットカードをお持ちで無い方は「LINE Payカード決済」を選択しましょう。各決済方法ごとの詳細については後ほど詳しく解説します。

LINEモバイルの決済(請求日)はいつ?

LINEモバイルの決済日を覚えていますか?
LINEモバイルの決済日を覚えていますか?

LINEモバイルの決済日は毎月5日が基準日となります。

決済日に請求されるのは、決済日前月分のオプション利用料を含む基本料金と前々月分の音声通話料です。例えば、決済日が11月5日の場合、10月分の基本料金(オプション利用料含む)と9月分の音声通話料金が請求されます。

決済に失敗すると、一時的に通信回線が利用停止状態となります。なお、再決済はかからないので注意してください。決済が失敗してしまった場合、指定された期日までにPay-easy(ペイジー)で支払いを行う必要があります。

クレジットカード決済の場合はカード変更や有効期限切れ、LINE Payカード決済の場合は残高不足が原因で決済に失敗してしまうことが多いので注意しましょう。

決済失敗を防ぐため、事前に契約者連携を行うことで、LINE通知で決済内容をお知らせしてくれるサービスも用意されています。使用頻度の高いLINEアプリだけに、LINE通知で請求内容を事前に知ることができるのは便利ですね。

▼ポイントバックキャンペーン実施中!

支払い方法① クレジットカード決済の場合

LINEモバイルのクレジットカード決済を解説します
LINEモバイルのクレジットカード決済を解説します

LINEモバイルの支払いにクレジットカードを使う場合、申し込み画面の【支払方法選択】の項目で【クレジットカード】を選択します。

【支払方法選択】画面で【クレジットカード決済】を選択
【支払方法選択】画面で【クレジットカード決済】を選択

続けて、利用するクレジットカードに記載の「カード番号」「名義」「有効期限」を間違いの無いように入力すればOK。登録したクレジットカードは、契約後に変更することも可能です。

対応しているクレジットカードの種類

LINEモバイルではさまざまな種類のクレジットカードに対応しています。

LINEモバイルで利用可能なクレジットカードは以下の通り。

■LINEモバイルで対応しているクレジットカード
・5大国際ブランド(Visa・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
・日本国内の各種クレジットカード会社発行のクレジットカード
※デビットカードは使用不可

カードの表面に5大国際ブランドのいずれかが表示されていれば、ほぼ間違いなく使用可能です。「持っているクレジットカードが使えるか知りたい」「設定方法がわからない」など、不明点がある場合はLINEモバイル公式に電話して確認しましょう。

■LINEモバイル カスタマーセンター
問い合わせ・購入相談:0570-087-275
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

問い合わせ窓口は混雑していることが多いので、お昼時などの混雑時間帯や休日を避けてコールするのがベストです。また、ナビダイヤルなので通話時間に応じて通話料金がかかることにも注意しましょう。

クレジットカード決済の注意点

一度登録しておけば毎月簡単に支払いができる「クレジットカード決済」。最もスタンダードな決済方法ですが、いくつか注意点もあるので覚えておきましょう。

LINEモバイルの支払いには、ほぼすべてのクレジットカードを利用することができます。ただし、デビッドカードやクレジット機能付きのプリペイドカード(LINE Payカードを除く)は使えません。プリペイド式のLINE Payカードで決済したい場合は、「支払方法選択」の際に「LINE Payカード」を選択するようにしましょう。

また、クレジットカード決済のよくあるトラブルの1つが「カードの有効期限切れ」。入力した番号が合っているのにクレジットカードを使用できないときは、有効期限が切れていないか確認してください。

支払い方法② 「LINE Payカード決済」の場合

LINE Payカードのデザイン
LINE Payカードのデザイン

「LINE Payカード」は、LINEが発行するクレジット機能付きのプリペイドカード。電子マネーの「LINE Pay」の支払いに活用したり、JCBブランドのクレジットカードとして幅広い加盟店で利用することができます。

事前にLINE Payアカウントにチャージした残高を利用して決済するので、仕組みはデビットカードと同様。一般的なクレジットカードでありがちな“使いすぎ”を防止できるので安心です。

「LINE Pay」とは別の決済方法として選択しますが、残高はLINE Payと連動しています。
提携銀行の口座から直接チャージすることもできるので、口座振替のようにクレジットカード不要で決済できるのが最大の魅力。他にも、「コンビニのレジでチャージする」などさまざまな方法でチャージすることができます。

申し込み方法は、とても簡単。公式サイトにあるQRコードを読み込むとLINE Payカードの申し込みページに移行するので、カードデザインを選んで必要な情報を入力しましょう。すると、1〜2週間ほどで、お手元にLINE Payカードが届きます。

参照:LINE公式サイト(LINE Pay カード申込み方法)

続いて、LINEモバイルの支払いで「LINE Payカード決済」を利用する場合の登録手順を解説していきます。まずは支払方法に「LINE Payカード」を選択し、通常のクレジットカードと同様にカード券面に書かれた情報を入力します。

【支払方法選択】画面で【LINE Payカード】を選択
【支払方法選択】画面で【LINE Payカード】を選択
LINE Payカードの情報を入力
LINE Payカードの情報を入力

カード表面に記載された情報をそのまま入力すれば完了です。打ち間違えの無いように確認しながら入力してください。

「LINE Payカード決済」の注意点

簡単に発行できることに加え、プリペイドカードならではの安心感が魅力の「LINE Payカード」。とても便利なサービスなのですが、利用するにあたっていくつか注意点もあるのでご紹介しておきます。

LINEモバイルの支払いで「LINE Payカード決済」を利用する場合は、【カード名義人】の項目の入力に注意が必要です。通常、LINE Payカードの券面には「LINE MEMBER」と記載されているのですが、LINEモバイルの申し込み画面では所有者の氏名をローマ字で入力してください。

また、チャージ残高に関しても注意点が1つ。LINEモバイルの決済日(毎月5日)にLINE Payカードに残高がなかった場合、決済できずに回線が利用停止状態になってしまいます。必ず毎月5日までに請求額以上の残高を用意しておくようにしましょう。

また、「LINE Payカード決済」の申し込み時にありがちなのが、誤って決済方法に「LINE Pay」を選択してしまうこと。残高が残っているのに決済ができなかった…というときは、支払い方法の選択でミスをしていないか確認してみてください。

「LINE Pay」はLINEが提供する電子マネーサービスで、LINE Payカードは「LINE Pay」を利用したクレジット機能付きプリペイドカードです。名前も似ていれば中身の仕組みもほぼ同じサービスなのですが、LINEモバイルの決済方法としてはまったくの別物。支払方法選択の際は、必ず「LINE Payカード」を選ぶようにしましょう。

▼ポイントバックキャンペーン実施中!

支払い方法③ 「LINE Pay決済」の場合

LINEが提供する電子マネーサービス「LINE Pay」
LINEが提供する電子マネーサービス「LINE Pay」

「LINE Pay」はLINEが提供する電子マネー決済サービス。LINEストアはもちろん、加盟店での買い物でキャッシュレス決済が利用できます。

「LINE Pay決済」の最大の注意点は、LINEモバイルの支払いで「LINE Pay決済」を使うにはクレジットカードの登録が必須になるということ。通常の買い物では「LINE Pay」にコンビニや銀行口座からチャージすれば済むのですが、LINEモバイル公式の決済方法の選択肢の中にも「LINE Pay(クレジットカード登録要)」と明記されています。

【支払方法選択】画面で【LINE Pay】を選択
【支払方法選択】画面で【LINE Pay】を選択

LINEモバイルの料金支払いに「LINE Pay決済」を使う場合は、【支払方法選択】画面で【LINE Pay】を選んでください。そのままLINEアカウントでログインすれば使用可能になります。

「LINE Pay決済」の注意点

非常に複雑な話なのですが、LINEモバイルの支払いにおける「LINE Pay決済」は残高からの精算ではなく、LINE Payに登録したクレジットカードを使った決済です。仕組みとしては、通常のクレジットカード決済とほぼ同じ。

「LINE Pay」の残高を利用して決済するには、「LINE Payカード決済」を選択する必要があるので注意してください。「LINE Pay」をチャージして支払う方法を検討している人は、あらかじめ「LINE Payカード」を発行しておきましょう。

また、LINE Payに登録したクレジットカードが有効期限切れなどで使えずに決済できなかった場合、使用可能なクレジットカードを登録しなおす必要があります。

LINEアプリを起動し、下の「ウォレット」タブをタップしてから「LINE Pay」 を選択します。

LINEアプリを起動し、【ウォレット】→【LINE Pay】の順に進む
LINEアプリを起動し、【ウォレット】→【LINE Pay】の順に進む

【設定】→【クレジットカード】と進むと、再び使用可能なクレジットカード情報を登録できます。

【設定】→【クレジットカード】の順に進む【設定】→【クレジットカード】の順に進む
【設定】→【クレジットカード】の順に進む
【カード登録】をタップして、新しいカードの情報を入力すればOK
【カード登録】をタップして、新しいカードの情報を入力すればOK

LINE(ライン)モバイルの支払いは、ここが便利!

LINEモバイルの支払いの便利なポイントをまとめてみました
LINEモバイルの支払いの便利なポイントをまとめてみました

格安SIMでは一般的なクレジットカード決済の他に、LINE Payカードを使った支払いにも対応するなど、LINEモバイルの支払いには他社にない特徴がたくさんあります。

クレジットカード決済に抵抗を感じる人やクレジットカードを持っていないという人でも、LINE Payカードを発行してあらかじめチャージしておけばクレジットカード無しでも支払方法を登録することができます。

また、LINEの各種サービスの利用で付与されるLINEポイントを月額利用料金の支払いに使うことができるのも大きなポイントです。

「LINE Payカード決済」ならクレジットカード無しでもOK

LINE Payの残高と連動する「LINE Payカード」はクレジット機能付きのプリペイドカード。本人確認で使用した銀行口座からの振込みや、セブン銀行ATM、コンビニレジ、Famiポート、QRコードを使うといった多彩なチャージ方法があります。

ちなみに、これらの方法はすべてクレジットカードを使用しなくてもチャージ可能です。

LINEモバイル公式サイトの支払い方法を見ると、あくまでも「クレジットカードが必要」という印象を受けますが、LINE Payカードを利用した決済であればクレジットカード無しでも利用可能です。

「LINEポイント」を月額利用料金の支払いに使うことができる

LINE Payカードを使ってショッピングすると最大2%付与されたり、LINEが提供する広告コンテンツを見ることで付与されたり、至るところにLINEポイント獲得のチャンスがあります。

上記のように貯まったLINEポイントは、LINEモバイルの月額利用料金の支払いに充当することも可能。LINEポイントでの支払いを設定した場合、適用されるのは翌月の支払い分。月初の2日頃にLINEポイントが消費され、5日の決済日に支払いが実行されます。

LINEポイントが貯まっているようだったら、積極的に利用して少しでも料金を安くしたいところですね。ぜひとも活用してみてください。

▼ポイントバックキャンペーン実施中!

支払い方法を変更したい場合の手続き

LINEモバイルでの支払い方法は全部で3種類。長く契約していると、あらかじめ設定した支払い方法を変更したくなるシーンも出てくるかと思いますので解説していきます。

LINEモバイルでの支払い方法は、LINEで契約者連携しているLINEモバイル公式アカウントあるいは公式サイトのマイページから変更することができます

LINEモバイルのマイページ
LINEモバイルのマイページ

IDとパスワードを入力してログインしたら、左メニューの【契約内容変更/確認】から【支払方法・ポイント利用】を選択。支払方法の項目の横にある「変更する」という緑色のボタンを押せば支払い方法を選択することができます。

ただし、毎月3日0:00〜6日9:00、15日0:00から16日9:00の間は支払方法の変更ができない期間になっているので注意してください。対象時間を割けて変更するようにしましょう。

まとめ:LINE(ライン)モバイルの支払いには特徴がいっぱい

クレジットカード決済の他に、LINE Payカードを使った決済やLINEポイントを使った料金支払いなど、LINEモバイルには他社にはない特徴がたくさんあります

最も押さえておきたい注意点は、「LINE Payカード決済」と「LINE Pay決済」の違いについて。「LINEPayカード決済」はLINE Payのチャージ残高を使ったクレジット機能付きプリペイドカードによる支払い、「LINE Pay決済」はLINE Payに登録済みのクレジットカードを使った支払いです。

名称が似ているので混同しやすいと思いますが、LINEモバイルの支払いではとても重要なポイントなので覚えておきましょう。

最後に、本記事で解説した「LINEモバイルの支払い」に関するポイントを下記にまとめてました。LINEモバイルを利用する際に、ぜひ参考にしてください!

★LINEモバイルの支払い方法まとめ

・「クレジットカード決済」「LINE Payカード決済」「LINE Pay決済」の3種類から選択
・毎月5日に決済が行われる(決済日)
・LINE Payカード決済なら銀行口座・コンビニからチャージした残高が利用可能
・LINE Pay決済の場合はクレジットカードの登録が必須
・サービス利用で貯めたLINEポイントを支払い額に充当することも可能
・決済不可だった場合、回線が一時的に利用停止になる
・申し込み後に決済方法を変更することも可能

▼ポイントバックキャンペーン実施中!

「LINEモバイル」がキャンペーンでお得!

LINEにかかるデータ通信料がフリーで使える「LINEモバイル」が、au回線提供開始でキャンペーン開催中!

期間中に音声通話SIMを新規契約・MNP転入すると、毎月のスマホ代にも使えるLINEポイントが3,000ポイントバック!さらにau回線からの乗り換えで+300ポイントプレゼント。SNS使い放題 新・月300円キャンペーンやエントリーパッケージと併用も可能です。

LINEモバイル

LINEをはじめ、SNSアプリがカウントフリーで利用可能!LINE Payでの月額支払いも!今最も勢いに乗っている格安SIM!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。