WiMAX 2+ ルーター「WX05」レビュー!WiMAX初心者の方でも分かりやすく安心して使える便利機能が充実した1台!

書いた人: REV

カテゴリ: レビュー ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAX 2+ ルーター「WX05」レビュー!WiMAX初心者の方でも分かりやすく安心して使える便利機能が充実した1台!

UQコミュニケーションズより2018年11月8日に発売された、WiMAX 2+対応のNECプラットフォームズ製モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」。4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)とキャリアアグリゲーション(以下、CA)による下り最大440Mbpsの高速通信に加え、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」にも対応。また今回から電波が弱いエリアでの通信速度を改善する「WiMAXハイパワー」にも対応しています。

今回はUQコミュニケーションズ「WX05」の外観デザイン、通信機能、モバイルルーターとしての扱いやすさを中心に、同機種の特徴・魅力を紹介します。

Broad WiMAXモバレコおすすめのWi-Fi「Broad WiMAX」

目次:

デザイン・外観をチェック

「WX05」はNECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルーターです。スピード感のあるフォルムとスポーティーなカラーのデザインで、本体カラーはソニックレッドとピュアホワイトの2色展開。今回はピュアホワイトの実機をレビューしていきます。まずは外観のデザインから見ていきましょう。

前面:2.4型タッチ操作対応の液晶ディスプレイ
前面:2.4型タッチ操作対応の液晶ディスプレイ
背面:リアカバーはメタリックシルバー
背面:リアカバーはメタリックシルバー
上面:電源ボタンとストラップホールがあります
上面:電源ボタンとストラップホールがあります
右面:リアカバー取り外し用の溝はここにあります Type-C規格です
右面:リアカバー取り外し用の溝はここにあります
下面:端末との有線接続や充電に使う端子はUSB
下面:端末との有線接続や充電に使う端子はUSB Type-C規格です
左面:こちらには何もないです
左面:こちらには何もないです

前面から側面にかけての色は白(ピュアホワイト)で、背面(リアカバー)はメタリックグレーになります。リアカバーはつや消し仕様で指紋などの汚れが目立ちにくいです。

WX05(左)とiPhone SE(右)
WX05(左)とiPhone SE(右)

WX05は前作WX04と比べ、大きさ・重さ・バッテリー容量(3,200mAh)全て変わりがありません。

リアカバーを外すと着脱可能なバッテリーがあります
リアカバーを外すと着脱可能なバッテリーがあります
バッテリーを取り外すとその下にSIMカードスロットがあります
バッテリーを取り外すとその下にSIMカードスロットがあります

WX05はバッテリーを着脱(交換)することが可能です。リアカバーとバッテリーを外すとSIMカードスロットがあるので、そこにSIMカードを差し込みます。

実際に手に持ってみた様子
実際に手に持ってみた様子

ちょうどいい大きさで非常に持ちやすく手に馴染みます。手に持った時のずっしり感は無いので気軽に持ち運び出来るモバイルWi-Fiルーターという印象です。WX05にはストラップホールもついているので上手く活用したいところです。

トップ画面(ディスプレイ表示)
トップ画面(ディスプレイ表示)

トップ画面では時刻やデータ使用量、電波状況などを確認することが出来ます。各種設定の変更などもこちらからタップして行います。

スペック・性能をチェック

WX05のスペック表

スペック情報(WX05)公式サイト参照
NEXT WX05
対応ネットワーク WiMAX 2+
au 4G LTE
外形寸法(mm) 約111(W)×62(H)×13.3(D)mm
質量 約128g
UIMカードバージョン Nano IC
バッテリー容量 3,200mAh(取り外しタイプ)
連続通信時間
(ハイスピードモード)
おまかせ一括:通信速度を優先 約8.1時間
スタンダード約11.5時間
バッテリ持ちを優先 約14時間 /エコモード(Bluetooth®接続時)約18時間
連続通信時間
(ハイスピードプラスエリアモード)
おまかせ一括:通信速度を優先 約8.0時間 / スタンダード約10.5時間 バッテリ持ちを優先 約13.3時間 / エコモード(Bluetooth®接続時)約16.8時間
最大通信速度 (ハイスピードモード)
下り最大440Mbps/上り最大30Mbps
(ハイスピードプラスエリアモード)
下り最大440Mbps/上り最大75Mbps
対応OS Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7
(SP1 以降)、
MacOS 10.14、10.13、10.12、OS X 10.11、10.10、10.9、10.8、Mac OS 10.7、10.6、10.5
WiFi規格 IEEE802.11ac/11n/11a (5GHz帯)、IEEE802.11n/11g/11b (2.4GHz帯)
本体色 2色(ソニックレッド、ピュアホワイト)

スペックに関しては前機種「WX04」と変わりません。特に下り通信最大速度が440Mbpsと既に発売されているHuawei Technologies(華為技術/ファーウェイ)製のWiMAX 2+モバイルルーター「W05」(下り最大758Mbps )に比べて大きく劣っていています。
この点は正直残念に思いますが、「WX05」から追加された魅力的な機能が3つあるのでそれぞれ解説していきます。

繋がりやすいWiMAXハイパワー対応

通信速度を約20%改善させるWiMAXハイパワー
通信速度を約20%改善させるWiMAXハイパワー

WX05はWiMAX 2+通信で電波が届きにくいエリアにおいて送信パワーを上げて通信速度を約20%改善させる「WiMAXハイパワー」に対応しています。これにより従来より快適にインターネットを楽しむことが可能になりました。室内での利用が多い方には嬉しい機能です。

WiMAXハイパワーの設定画面
WiMAXハイパワーの設定画面
WiMAXハイパワーON(左)・OFF(右)での通信速度の違いWiMAXハイパワーON(左)・OFF(右)での通信速度の違い
WiMAXハイパワーON(左)・OFF(右)での通信速度の違い

筆者が実際に自宅(埼玉県内)で試してみた所、WiMAXハイパワーをONにした状態とOFFにした状態の下りの通信速度はほぼ同じ数値ではあったものの、上りの通信速度では10Mbps程早いという結果になりました。WiMAXハイパワーの効果に関しては利用環境により異なりますので、あくまでも参考までに。

3つの便利なおまかせ一括設定

おまかせ一括設定は4つの中から選択
おまかせ一括設定は4つの中から選択

おまかせ一括設定4つの選択肢

・通信速度を優先
・スタンダード設定
・バッテリー持ち優先
・一括設定しない(個別設定)

WX05はおまかせ一括設定機能を利用すれば、「大容量ファイルをダウンロードしたい」、「外でも家でもバランス良く使いたい」、「電池を長持ちさせたい」といった3つの利用シーンに合わせた最適な設定を簡単に選ぶことが可能です。おまかせ一括設定をすると、選択した設定方法によっては一部の設定が変更できなくなります。

電波の混み具合を確認できるWi-Fiビジュアルステータスに対応

Wi-Fiビジュアルステータス
Wi-Fiビジュアルステータス

WX05は、周囲のWi-Fi使用状況(2.4GHzのみ)をビジュアル表示する機能を搭載し、画面タップで空いているチャネルに切替える事が可能です。設定できるチャンネルは[1]、[6]、[11]の3つです。これによりパフォーマンスの向上が期待できます。筆者の利用環境は比較的どのチャンネルも空いていましたが、都心や屋外など多くのWi-Fiが飛び交っている環境で威力を発揮します

WX05はWX04から何が進化した?違いを比較

前モデルのWX04からは何が進化したのか?
前モデルのWX04からは何が進化したのか?

まずは、スペックを比較していきます。重要な項目を抜粋して表組みにしました。

WX05とWX04のスペック比較

Speed Wi-Fi
NEXTシリーズ
WX05 WX04
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ
サイズ 約W111×W62×D13.3mm 約W111×H62×D13.3mm
重量 約128g 約128g
バッテリー容量 3,200mAh 3,200mAh
ハイスピードモード
最大通信速度
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
最大通信速度
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大50Mbps
ハイスピードモード
連続通信時間
HiP 約8.1時間
NOR 約11.5時間
ECO 約14時間
HiP 約8.1時間
NOR 約11.5時間
ECO 約13.8時間
ハイスピードプラスエリアモード
連続通信時間
HiP 約8.0時間
NOR 約10.5時間
ECO 約13.3時間
HiP 約8.0時間
NOR 約10.5時間
ECO 約13.0時間

上記の比較表を見て分かるように、スペック上の違いはほぼありません。ECOモードを使用時の連続使用時間が長くなり、より効率よくバッテリー消費ができるようになったといった印象です。

サイズ感やデザインの違いもほぼありません。

今作で進化したポイントといえば、便利な新機能が充実したところです。こちらは前述したところのWiMAXハイパワー対応やWi-Fiビジュアルステータスがそれに該当します。

ECOモードでの連続使用時間が長くなったように、WX05はWX04からの目まぐるしいスペック上の進化はありませんが、あらゆる状況下に合わせた受信レベルの調整ができるようになり、使いやすさが更に高まりました。

実際に使ってみて感じたWX05の感想

実際にモバイルPCと合わせてWX05を使用
実際にモバイルPCと合わせてWX05を使用

筆者はWiMAXが登場した初期の頃から二年ほど前まで自宅の固定回線代わり兼モバイルWi-FiルーターとしてWiMAX・WiMAX 2+を使用してきましたが、久しぶりにWX05を使い、WiMAX 2+を体験しましたが、やはりWiMAX 2+は便利だと感じました

WX05はWiMAXハイパワーに対応するなど、室内での電波の掴みが良くなっているので、一日の中で自宅でインターネット回線を使う時間が短い方であれば、固定回線代わりとして十分使用することが出来ると思います。

しかし、WiMAX 2+は直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)使用すると、3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)まで通信速度が制限(概ね1Mbps)されてしまうので、頻繁にオンラインゲームや動画視聴される方などは固定回線との使い分けをおすすめします。

速度制限に関する詳細はこちらの公式サイトでご確認下さい。

受信レベルが確認できる電波インジケーター
受信レベルが確認できる電波インジケーター

WX05には、WiMAXの電波の受信レベルがリアルタイムに確認できる「電波インジケーター」という機能が搭載されています。室内で固定回線代わりとしてWX05を使う際に、最適な設置場所を液晶に表示されるグラフで視覚的に確認できるので、WX05の設置場所を決める際に非常に重宝しました。

まとめ

WX05は前作WX04と大きさや重さなど基本的な仕様は変わらないものの、WiMAXハイパワーへの対応、おまかせ一括設定、WiFiビジュアルステータスなど、特徴的な便利機能が登場し、確実に進化しています。

最大通信速度は既に発売されているW05に劣りますが、初心者でも使いやすいメニュー構成のWiMAX 2+モバイルルーターに仕上がっています。

「WiMAXに興味があるけどモバイルルーターの使い方が難しそう」という方にWX05はオススメの一台です。

モバレコおすすめ「Broad WiMAX」

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX」がお得!

Broad WiMAX 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXは広い対応エリアで業界最安級の月額2,726円。超速ネットで動画も快適!
まずは公式サイトでエリアと料金をチェックしてみてください

Broad WiMAXBroad WiMAXの公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV