LINEモバイルの「データフリー(カウントフリー)」を徹底解説 SNS使い放題で月額料金を節約!

書いた人: がねりん

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEモバイルの「データフリー(カウントフリー)」を徹底解説 SNS使い放題で月額料金を節約!

LINEモバイル」は、LINEモバイル株式会社がMVNOとして提供する格安SIM。SNSでおなじみのLINEの子会社として誕生し、2018年にはソフトバンクと資本・業務提携を結んだことで大きな話題になりました。

ドコモ回線とソフトバンク回線のマルチキャリアに対応しており、“月額500円〜”という価格の安さで人気を集めています。そして、なんといってもLINEモバイル最大の特徴は「データフリー(旧称:カウントフリー)」。LINEをはじめとした主要SNSなどの対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない、LINEモバイルならではの機能です。

「SNSを使いすぎて速度制限にかかりそう…」

と悩んでいる方もデータ通信量を気にせず、思う存分SNSを楽しめます。

また、

「スマホの連絡はLINEが中心で電話やメールは使わない」

という方の場合は、LINEが使い放題になるので月々の料金を抑えてスマホを運用することができます。

しかも、「データフリー(カウントフリー)」は基本料金にコミコミなので追加料金は一切ナシ。好みのプランに契約するだけで、申し込み不要でそのまま利用できます。

今回は、そんなLINEモバイルの「データフリー(カウントフリー)」機能を徹底解説。各プランごとのデータフリー対象サービスから利用時の注意点までご紹介します。
(※2018年7月2日より、正式名称が「カウントフリー」から「データフリー」に変更になりました)

>>LINEモバイル公式はこちら

目次:

LINEモバイル「データフリー(カウントフリー)」の特徴と3種類のプラン

データフリー(カウントフリー)の特徴と3種類のプランを説明
データフリー(カウントフリー)の特徴と3種類のプランを説明

「データフリー(カウントフリー)」とは、“データ消費ゼロでSNSなどの対象サービスを使い続けられる機能”のこと。通信速度制限がかかった場合でも、対象サービスを常に高速通信で利用できるのが特徴です。

「LINEでたくさんトークや通話をしたい」「インスタグラムにいっぱい写真をアップしたい」という方にベストマッチな機能。しかも、他のMVNOが提供するSNSデータ消費ゼロのサービスよりも優れている点もいくつかあります。

★LINEモバイルの“SNSデータ消費ゼロ”は、ここがスゴイ!
・通信速度制限がかかっても対象サービスの通信速度は落ちない
・オン・オフを切り替える必要が無いので手間要らず
・テザリングで利用している端末もデータフリーの対象

LINEモバイルのデータフリーなら、SNSの使い過ぎによる通信制限から開放されるのです! LINEアプリの通話もデータ消費ゼロなので、通話料金も抑えることができます。

LINEモバイルには3種類の料金プランがあり、それぞれデータフリーの対象サービスが異なります。まずは、それぞれのプランを見ていきましょう。

料金プラン① LINEフリープラン

月額500円から利用できる「LINEフリープラン」
月額500円から利用できる「LINEフリープラン」

●LINEフリープラン料金表(月額)

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

★LINEフリープランのデータフリー対象サービス
・LINE

LINEフリープランは、LINEアプリの通話やトークのデータ消費をゼロにしてくれるプランです。月額基本料金は500円〜とLINEモバイルのなかで最安値。月額データ容量は1GB、データフリー対象サービスは「LINE」といった非常にシンプルなプランです。

★LINEフリープランはこんな人におすすめ!
LINEフリープランは「LINE以外はほぼ使わない」「とにかくスマホ代を節約したい」「子どもにスマホを持たせたい」という方におすすめです。他のプランと比べて格段に月額料金が安く、1GBとデータ容量は少ないもののLINEを常に高速通信で利用できます。LINEをデータ消費ゼロで使えるので、データSIMのみの契約でも十分に使えるのが魅力。連絡ツールはほぼLINEという人であれば何の不自由も感じないでしょう。とにかくスマホ代を安くしたいという方や子ども向けのスマホにも最適なプランです。

料金プラン② コミュニケーションフリープラン

3GB・5GB・7GB・10GBからデータ通信量を選べる「コミュニケーションフリープラン」
3GB・5GB・7GB・10GBからデータ通信量を選べる「コミュニケーションフリープラン」

●コミュニケーションフリープラン料金表(月額)

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

★コミュニケーションフリープランのデータフリー対象サービス
・LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagram

コミュニケーションフリープランは、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」といった主要なSNSのデータ消費をゼロにしてくれるプランです。

SNSを頻繁に使う人におすすめのプランで、月額料金は1,110円~。最も料金の高い「音声通話SIM+10GB」の組み合わせでは月額3,220円と高コストに感じるかもしれませんが、人気のSNSを常に高速通信で楽しめると考えればお得です! また、通信容量を3GB・5GB・7GB・10GBの4種類から選べるので自分に合ったタイプを選択できるのも魅力。

★コミュニケーションフリープランはこんな人におすすめ!
コミュニケーションフリープランは「SNSに画像や動画を頻繁に投稿する」「空き時間になるとSNSを必ず見る」という人におすすめです。代表的なSNSがすべて対象サービスになっているので、いくら利用してもデータ消費はゼロ。特に、画像や動画の閲覧・投稿がメインでデータ消費量の多いInstagramも存分に楽しめます。SNSが大好きで閲覧も投稿も頻繁に行うという人は、コミュニケーションフリープランを利用して通信制限地獄から開放されましょう!

料金プラン③ MUSIC+プラン

SNSに加えて音楽も楽しみたい人向けの「MUSIC+プラン」
SNSに加えて音楽も楽しみたい人向けの「MUSIC+プラン」

●MUSIC+プラン料金表(月額)

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,530円

★MUSIC+プランのデータフリー対象サービス
・LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・LINE MUSIC

MUSIC+プランは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」といった主要なSNSに加え、定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」もデータ消費ゼロで楽しめるエンターテイメントに特化したプランです。

データフリー対象が充実しているぶん、月額基本料金は最安値が1,810円(データSIM 3GB)、最高値が3,520円(音声通話SIM 10GB)と全プランの中でも最も価格帯は高くなっています。しかし、大手キャリアで同程度のプランを申し込むよりは安価になるので、SNSと音楽ストリーミングを楽しみたい人には非常にお得。

データ通信量はコミュニケーションフリープランと同様に3GB、5GB、7GB、10GBの4種類から選択可能です。

★MUSIC+プランはこんな人におすすめ!
MUSIC+プランは「SNSも音楽もたっぷり楽しみたい方」におすすめのプランです。代表的なSNSに加えて、定額制音楽聴き放題サービスのLINE MUSICもデータ消費ゼロで使い放題。常にエンターテイメントコンテンツを快適な高速通信で存分に楽しみたいなら、MUSIC+プランを選びましょう!

>>LINEモバイル公式はこちら

LINEモバイル「データフリー(カウントフリー)」の対象サービスを詳しく解説

データフリー対象サービスについて詳しく解説していきます
データフリー対象サービスについて詳しく解説していきます

LINEモバイルのデータフリー対象サービスについて、それぞれ詳しく解説していきます。

★データフリー対象サービス

・LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・LINE MUSIC

契約するプランによって対象サービスは異なりますが、上記のサービスが使い放題になります。ただし、対象サービス内のすべての通信が使い放題になるわけではありません。対象サービスごとに例外もあるので、LINEモバイルの契約プラン選びの前に必ずチェックしておきましょう。

データフリー対象① LINE(ライン)

データフリーの対象になるLINEの機能は?
データフリーの対象になるLINEの機能は?

LINEの機能の中で、データフリーの対象になるもの・対象外のものを下記にまとめました。

■データフリー対象機能

・トーク
・音声、ビデオ通話
・タイムライン
・友達の閲覧
・友達の追加
・ニュースのトップ、カテゴリ閲覧
・ウォレットの閲覧
・スタンプ、きせかえのダウンロード
・アカウントの設定

■データフリー対象外の機能

・外部リンクへの接続
・グループ内Liveの利用
・ニュースの詳細閲覧
・スタンプショップの利用
・着せかえショップの利用
・LINE Payの利用
・LINEポイントの利用
・LINEが提供するゲームなど他サービス

トークや通話といった基本機能はもちろん、スタンプやきせかえのダウンロードまでデータ消費ゼロになるのはうれしいですね。好きなスタンプを見つけたら、高速通信ですぐに手に入るうえにデータ消費はゼロ! 友達との会話もより盛り上がるのではないでしょうか。

ただし、LINEゲームは対象外なので要注意。知らずにゲームを頻繁に利用してしまうと、通信量がかさんでしまいます。また、ニュースのトップとカテゴリの閲覧はデータフリーの対象なのに、詳細閲覧が対象外になっているのは少々残念です。

データフリー対象② Twitter(ツイッター)

データフリーの対象になるTwitterの機能は?
データフリーの対象になるTwitterの機能は?

Twitterの機能の中で、データフリーの対象になるもの・対象外のものを下記にまとめました。

■データフリー対象機能

・ツイートの投稿
・投稿の閲覧(画像・動画含む)
・トレンド、モーメントの利用
・通知
・ダイレクトメッセージの利用
・プロフィール、プライバシーの設定編集
・WEBブラウザでのTwitter利用

■データフリー対象外の機能

・外部リンクへの接続
・ツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
・Twitter公式アプリ以外の利用
・live動画の配信・閲覧(Periscope)

投稿・閲覧、DM、モーメントの利用といった基本的な操作はすべてデータフリーの対象になっています。いくら投稿しても、いくら画像や動画を閲覧してもデータ消費は0。しかも、常に高速通信なので、画像が開かなくてイライラするようなこともありません。しかし、LIVE配信の閲覧や配信、Twitter公式以外のアプリを利用した場合は対象外なので注意しましょう。

データフリー対象③ Facebook(フェイスブック)

データフリーの対象になるFacebookの機能は?
データフリーの対象になるFacebookの機能は?

Facebookの機能の中で、データフリーの対象になるもの・対象外のものを下記にまとめました。

■データフリー対象機能

・フィードの閲覧
・投稿(画像・動画含む)
・リクエスト、お知らせ、その他の閲覧や利用
・プロフィール、プライバシーの閲覧編集
・WEBブラウザ上でのFacebookの利用

■データフリー対象外の機能

・外部リンクへの接続
・投稿に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
・LIVE動画の配信・閲覧
・Messengerの利用

Twitterと同様に、Facebookも投稿や閲覧といった基本的な操作をデータ消費ゼロで使用することができます。常に高速通信で利用できるので、フィード更新されずにイライラすることもありません。また、写真・動画付きの投稿を快適にアップロードできるのも大きなメリットです。

ただし、Messengerはデータフリーのサービス対象外なので注意してください。Messengerで頻繁にやり取りするという人には、大きなデメリットになってしまうかもしれません。

データフリー対象④ Instagram(インスタグラム)

データフリーの対象になるInstagramの機能は?
データフリーの対象になるInstagramの機能は?

Instagramの機能の中で、データフリーの対象になるもの・対象外のものを下記にまとめました。

■データフリー対象機能

・タイムラインの閲覧
・投稿(動画・画像含む)
・ストーリーズの閲覧・投稿
・検索の利用(動画・画像含む)
・アクティビティの利用
・メッセージの利用
・プロフィールの閲覧・編集
・WEBブラウザでの利用

■データフリー対象外の機能

・外部リンクへの接続
・LIVE動画の配信・閲覧

Instagramでは、主要機能のほとんどがデータフリーの対象になっています。投稿や閲覧はもちろん、メッセージの利用もデータ通信ゼロ! 閲覧だけでもデータ消費量が多いInstagramを思う存分楽しめるのはうれしい限りですね。

しかし、LIVE動画の配信・閲覧は対象外になっているので要注意です。知らずにLIVE配信を長時間視聴してしまうと、データ容量をあっという間に使い切ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

データフリー対象⑤ LINE MUSIC(ラインミュージック)

データフリーの対象になるLINE MUSICの機能は?
データフリーの対象になるLINE MUSICの機能は?

LINE MUSICの機能の中で、データフリーの対象になるもの・対象外のものを下記にまとめました。

■データフリー対象機能

・ホーム、カテゴリ、検索、マイミュージックの利用
・音楽、音声の視聴
・楽曲のダウンロード

■データフリー対象外の機能

・なし

LINE MUSICは、すべての機能がデータフリーの対象になります。対象外の機能がないので、思いっきり楽しめるのが大きな魅力。好きな曲をストリーミングで聴くのもよし、楽曲をダウンロードしてオフラインで聴くのもよし。すべてデータ通信ゼロなので何も心配せずに使えるのがうれしいですね。

>>LINEモバイル公式はこちら

LINEモバイル「データフリー(カウントフリー)」の注意点

LINEモバイル「データフリー」の注意点を解説します
LINEモバイル「データフリー」の注意点を解説します

LINEモバイルのデータフリーは、「主要SNSのほとんどの機能がデータ通信ゼロで使い放題」「LINE MUSICもデータ通信を気にせず使い倒せる」便利でお得なサービス。しかし、利用に際していくつか注意点もあるのでご紹介します。

★「データフリー」の注意点

・データフリー対象外のサービスに注意
・Wi-Fiから切り替えるときは注意が必要
・極端なレベルの使い過ぎはNG!

LINEモバイルと契約したあとに気づいてガッカリした…というような状況にならないように事前に注意点を確認しておきましょう。

注意点① データフリー対象外のサービスに注意

前項で詳しく解説しましたが、各サービスごとにデータフリー対象外の機能もあります。しっかり把握しておかないと、気づけば速度制限にかかってしまっていたということも・・・。特に、一般的に利用頻度の高い以下の機能が対象外であることは必ず覚えておきましょう。

◎特に注意したいデータフリー対象外サービス
・YouTube埋め込みの再生
・外部リンクの接続
・各SNSのライブストリーミング動画の配信、閲覧

上記からも分かるように、LINEモバイルのデータフリーは動画コンテンツに弱いという特徴があります。速度制限を避けるためにも、間違って使い過ぎないように注意しましょう。

注意点② Wi-Fiから切り替えるときは注意が必要

Wi-Fi環境下からモバイルデータ通信に切り替える際、回線識別などの影響でデータフリーが反映されないことがあります。スムーズに切り替えするために、一度アプリを再起動させるなどクリーンな状態にしてから実行しましょう。

また、LINEモバイルのデータフリーにはテザリング機能で利用している端末もデータフリーの対象になるという長所がありますが、この場合もテザリング時の無駄なデータ消費を防ぐためにアプリの再起動を事前に実施しておきましょう。

注意点③ 極端なレベルの使い過ぎはNG!

“データ消費0で使い放題”がLINEモバイル「データフリー」の最大の魅力。しかし、「帯域を長時間占有する大量のデータの送受信を行う」など、他のユーザーの迷惑になりかねない使い方をした場合は速度制限をかけられることがあります。

明確な基準は公表されていませんが、1日にコミュニケーションの用途で利用するデータ量が基準になっており、それを超過する場合は制限される可能性があるとのこと。

普通に使っていれば制限されることはありませんが、一度にSNSに動画を大量にアップするなどの極端な使い方は控えるようにしましょう。

>>LINEモバイル公式はこちら

まとめ:LINEモバイルの「データフリー(カウントフリー)」で快適にSNSを楽しもう!

LINEモバイルのデータフリーは、“データ消費0”かつ速度通信の心配無用で快適にSNSを利用できるサービスです。SNSを頻繁に使う方、LINE MUSICを速度制限ナシで使いたい方におすすめ

ただし、対象外のサービスがあったり、Wi-Fi切り替え時や使いすぎといった注意点には気をつけましょう。気づいたら速度制限にかかっていた…ということにならないように、最低限の知識は身に着けておけば安心です。

いくつか注意点もありますが、速度制限を気にせずにお得にSNSを楽しみたいなら、LINEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

★「データフリー」のポイントまとめ

・LINEモバイルのデータフリーならSNSやLINE MUSICのデータ消費ゼロ!
・プランによって対象サービスが変わる
・対象サービスを全部楽しむならMUSIC+プラン
・ライブストリーミングや外部リンクの閲覧は対象外なので注意
・使いすぎると対象内サービスも速度制限がかかる可能性がある

>>LINEモバイル公式はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys