iPhone XS / XS Max / XRでスクショを撮る方法 ワンタッチで簡単スクリーンショット撮影!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone XS  XS Max  XRでスクショを撮る方法 ワンタッチで簡単スクリーンショット撮影!

2018年に登場したiPhoneシリーズ最新モデル、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種。

大手キャリアの2年契約を考えると、このタイミングでiPhone 7 / 7 Plus以前の機種からの乗り換えを検討しているユーザーが多いのではないでしょうか? また、昨年発売の「iPhone 8 / 8Plus」からの乗り換えを検討している方もいると思います。

そんなユーザーたちが共通して気になっているのが、
「ホームボタンの無いiPhoneを初めて使うけど操作は変わってない?」
ということだと思います。

そこで本記事では、日常的に使用するシーンの多いスクリーンショットの撮影にフォーカスし、「iPhone XS / XS Max / XRでスクショを撮る方法」を解説していきます。
(※本記事では、iOS12.1にアップデートしたiPhone XS Maxを使用しています)

目次:

iPhone XS / XS Max / XRでスクショを撮る基本操作

ホームボタンの無いiPhoneでスクショをとる方法は、「右上のサイドボタン+ホームボタンの同時押し」でした。それでは、ホームボタンの無いiPhone XS / XS Max / XRでは、どのようにスクショを撮影するのでしょうか?

iPhone XS / XS Max / XRのスクショ撮影は、「電源ボタンと音量(+)ボタンの同時押し」
iPhone XS / XS Max / XRのスクショ撮影は、「電源ボタンと音量(+)ボタンの同時押し」

iPhone XS / XS Max / XRのスクショ撮影は、

右上のサイドボタン & 左上の音量(+)ボタンの同時押し

で行うことができます。

右上のサイドボタンと左上の音量(+ / -)ボタンの長押しには電源OFFの操作が割り当てられているので注意してください。右上のサイドボタンはホームボタンのあるiPhoneでは電源ボタンになっていましたが、iPhone XS / XS Max / XRではSiriの起動が割り当てられています。

「2つ同時にボタンを押す」という動作自体は変わりませんので、慣れるまでに大きな時間はかからないでしょう。

iPhone 8でスクショを撮影している様子。ホームボタンと右上サイドボタンの同時押しなので両手での操作になる
iPhone 8でスクショを撮影している様子。ホームボタンと右上サイドボタンの同時押しなので両手での操作になる

「ホームボタンと右上のサイドボタンの同時押し」でスクショを撮影する従来のiPhoneでは、両手で操作していた方も多いと思います。しかし、iPhone XS / XS Max / XRでは左右のボタンの同時押しになるので、片手操作で簡単にスクショ撮影が可能

スクショ撮影時のシャッター音を消す方法

通勤電車内でのブラウジング中にスクショ撮影をしたら大きな音が鳴ってしまい、注目を浴びてしまった…。こんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

続いて、iPhone XS / XS Max / XRでスクショ撮影する際にシャッター音を消す(無音にする)方法を解説します。

iPhone XS / XS Max / XRでも、従来の機種同様にサイレントスイッチをONにすれば無音でスクショが撮影できる
iPhone XS / XS Max / XRでも、従来の機種同様にサイレントスイッチをONにすれば無音でスクショが撮影できる

iPhone XS / XS Max / XRのスクショ撮影を無音にする方法は従来機種と同じです。

サイレントスイッチをONにする

これだけで、スクショ撮影時のシャッター音を消すことができます。

ただし、従来の機種同様に通常のカメラ撮影時はサイレントにしていてもシャッター音が鳴るので混同しないように気をつけましょう

「AssistiveTouch」を活用してワンタッチでスクショを撮る方法

基本的な操作でスクショを撮る方法もとても簡単ですが、「AssistiveTouch」をカスタマイズすればワンタッチで素早くスクショを撮影することができます。

「AssistiveTouch」は旧来のiOSからも搭載されている、擬似ホームボタンを画面上に表示させて、さまざまな動作を割り当ててショートカットできる機能。iPhoneの最新機種にホームボタンが無くなった今、再び注目を浴びています。

ワンタッチでスクショを撮影するための設定手順は以下の通りです。

【設定】→【アクセシビリティ】の順に進む【設定】から【一般】→【アクセシビリティ】の順に進む
【設定】から【一般】→【アクセシビリティ】の順に進む
【AssistiveTouch】をタップ
【AssistiveTouch】をタップ
【最上位メニューをカスタマイズ】をタップすると、デフォルトの項目が並ぶので【カスタム】を選択【最上位メニューをカスタマイズ】をタップすると、デフォルトの項目が並ぶので【カスタム】を選択
【最上位メニューをカスタマイズ】をタップすると、デフォルトの項目が並ぶので【カスタム】を選択
【カスタム】にチェックが入っているので、【スクリーンショット】を選択して【完了】をタップ【カスタム】にチェックが入っているので、【スクリーンショット】を選択して【完了】をタップ
【カスタム】にチェックが入っているので、【スクリーンショット】を選択して【完了】をタップ
アイコンが【スクリーンショット】変わったことを確認し、1つ前に戻って【AssistiveTouch】をONにするアイコンが【スクリーンショット】変わったことを確認し、1つ前に戻って【AssistiveTouch】をONにする
アイコンが【スクリーンショット】変わったことを確認し、1つ前に戻って【AssistiveTouch】をONにする
画面上に擬似ホームボタンが出現する
画面上に擬似ホームボタンが出現する
ボタンはスライドで移動させることも可能
ボタンはスライドで移動させることも可能
ボタンをタップすると割り当てた機能が表示されるので、【スクリーンショット】をタップすればスクショが撮影される
ボタンをタップすると割り当てた機能が表示されるので、【スクリーンショット】をタップすればスクショが撮影される

上記のように「AssistiveTouch」をカスタマイズして、スクリーンショットを任意の場所に割り当てておけば簡単にスクショを撮影することができます。本記事では、「カスタム」のアイコンを「スクリーンショット」に変更していますが、その他のアイコンの割り当てを変えることも可能です。

「AssistiveTouch」はホームボタン代わりに活用できる便利な機能なので、その他の動作のカスタマイズと合わせてスクリーンショットを設定してはいかがでしょうか?

特に「AssistiveTouch」をスクリーンショットに特化させたい場合は、下記のように設定することもできます。

【最上位メニューをカスタマイズ】の画面で【ー】を押すとアイコンが減るので、【カスタム】以外を削除【最上位メニューをカスタマイズ】の画面で【ー】を押すとアイコンが減るので、【カスタム】以外を削除
【最上位メニューをカスタマイズ】の画面で【ー】を押すとアイコンが減るので、【カスタム】以外を削除
割り当てを【スクリーンショット】に変えれば、スクショ専用ボタンに
割り当てを【スクリーンショット】に変えれば、スクショ専用ボタンに

上記のようにアイコンを「スクリーンショット」のみにすると、スクショ撮影に特化した仕様になります。複数の動作を設定している場合は擬似ホームボタンを押すと一度メニューが開きますが、1つの動作に絞り込むとボタンを押すだけのワンタッチ操作で瞬間的にスクショ撮影ができます

言い換えると、「AssistiveTouch」のON / OFF切替でスクショ専用のボタンを出したり消したりできるようになるというわけです。連続してスクショを撮影したいときや、とにかくスクショを撮影する頻度が多い人は、このように極端な設定にしてみてるのもいいかもしれませんね。

【リセット】をタップすればアイコンをデフォルトの状態に戻せる
【リセット】をタップすればアイコンをデフォルトの状態に戻せる

アイコンを設定する画面で「リセット」をタップすれば、簡単にデフォルトの状態に戻すことができます。いつでも元通りにできるので、「AssistiveTouch」を使うのは初めてという方も積極的にカスタマイズしてみてください。

まとめ:スクショの撮影頻度が高い人には「AssistiveTouch」の活用がおすすめ

iPhone XS / XS Max / XRでスクショを撮る方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

スクショを撮影する基本操作は、同時押しするボタンは違えどホームボタンの無い従来のiPhoneと大きく変わりません。何日か使用しているうちに自然となれるレベルなので、初めに使い方だけしっかりと確認しておきましょう。

ホームボタンのあるモデルのiPhoneからiPhone XS / XS Max / XRに乗り換えて、「ホームボタンが無いのは少しさびしいな…」と思っている方もいるかと思います。そんなときは、便利なショートカット機能「AssistiveTouch」をぜひ活用してみてください

今回ご紹介したスクショを簡単に撮影する方法以外に、「AssistiveTouch」にはさまざまな活用方法があります。すぐに初期の状態にリセットすることもできるので、いろいろとカスタマイズして自分流にアレンジしてみてください。

docomo

au

softbank

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

きっと君は来ない・・・冬はキライです。でもここから3月までスマホ業界は盛り上がる季節ですね。各社冬春モデルも出揃ってきて、私も新しいスマホが欲しくなりました。さてさて、クリスマスに年末年始、忘年会に新年会、身体にもおサイフにも厳しい季節です。お忙しい皆様も、まったく忙しくないという皆様もどうぞたっぷりご自愛ください。