LIBMO(リブモ)の料金プラン完全ガイド! 特徴とメリットも合わせて解説

書いた人: REV

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LIBMO(リブモ)の料金プラン完全ガイド! 特徴とメリットも合わせて解説

LIBMO(リブモ)の料金プランをチェック!

まずはLIBMOの料金プランをチェックしてみましょう
まずはLIBMOの料金プランをチェックしてみましょう

LIBMOは、TOKAIコミュニケーションズが提供するドコモ回線の格安SIM。au回線・ソフトバンク回線には執筆時点では対応していません(2018年12月現在)。

まずは、LIBMOの月々の料金・プラン、現在実施中のキャンペーン、事務手数料について確認していきましょう。

■LIBMOの料金プラン

データ通信 データ通信
+SMS
データ通信
+音声通話+SMS
ライトプラン
(最大通信速度200Kbps)
480円 620円 1,180円
3GBプラン 880円 1,020円 1,580円
6GBプラン 1,480円 1,620円 2,180円
10GBプラン 2,280円 2,420円 2,980円
20GBプラン 3,980円 4,120円 4,680円
30GBプラン 5,880円 6,020円 6,580円

LIBMOの料金体系は、シンプルでわかりやすいのが特徴。3GB~30GBまでの間で好みの容量プランを選択できます。また、最大通信速度200Kbpsの低速通信が使い放題のライトプランも展開されています。

他のドコモ系格安SIMと比べると、月額料金は若干安い印象です。例えば、BIGLOBEモバイルのデータ通信SIM(3GB)は月額900円。わずかな差ですが、格安SIMを使うならできるだけ月々の料金は安くしたいですよね。

また、10GB・20GB・30GBといった大容量プランが用意されているのも大きな特徴の1つ。特に、20GBプランは価格の安い格安SIMの中でも最安クラスの料金設定になっています。

自分の使い方にピッタリの料金プランを見つけましょう。

LIBMO(リブモ)の最低利用期間と初期費用

■LIBMOの最低利用期間について

最低利用期間 最低利用期間内の解約手数料
データ通信SIM なし なし
音声通話SIM 利用開始日より1年間 9,500円

他のキャリア・MVNOと同様にLIBMOの音声通話SIMには「利用開始日より1年間」の最低利用期間が定められています。期間内に解約すると、9,500円の解約手数料が発生するので気をつけましょう。

なお、データ通信SIMには最低利用期間が無く、解除手数料は発生しません。

・初期費用

事務手数料 3,000円

また、初期費用として事務手数料3,000円(税抜)が掛かります。

ドコモの料金と比較してみた

ドコモの料金と比較してみました
ドコモの料金と比較してみました

■ドコモとLIBMOの料金比較

月額料金 2年間の料金総額 差額
ドコモ
「カケホーダイプラン」
+「データSパック(2GB)」
+spモード
6,500円 156,000円 -118,080円
LIBMO
「3GBプラン」+「音声通話」
1,580円 37,920円

参考までに、LIBMOとドコモの料金を比較してみました。LIBMOは3GBの音声通話プラン、ドコモはカケホーダイプラン+データSパック(2GB)+spモードのプランで比較しています。

月額料金で約4,000円もの差が出ました。2年間運用したコストで比較すると、ドコモに比べてLIBMOの方が118,080円も安い計算になります。

このように、大手キャリアからLIBMOに乗り換えることによってスマホの運用コストを大幅に安く抑えることが可能です(※2018年12月時点での料金の比較)。

>>LIBMO(リブモ)公式サイトはこちら
LIBMOキャンペーン

LIBMO(リブモ)の音声通話料金とオプション

続いて、LIBMOの音声通話料金と通話オプションについて解説していきます。

■LIBMOの音声通話料金

通話料金(音声通話付きSIM) 20円/30秒

音声通話は、20円/30秒。10分の通話で400円、60分の通話だと2,400円もの通話料が発生します。

格安SIMといえども通話料自体は安くないので、通話頻度の多い人は大手キャリアと同じようにかけ放題オプションなどの通話オプションを活用しましょう。

LIBMO(リブモ)の通話定額オプション

通話定額オプション(かけ放題)が充実しているのもLIBMOの特徴。それぞれの通話定額オプションについて解説していきます。

●かけ放題ダブル

10分以内の短い通話と発信頻度の多い回線への通話が無料
10分以内の短い通話と発信頻度の多い回線への通話が無料
かけ放題ダブル 1,300円 / 月

「かけ放題ダブル」は、月額1,300円で10分以内の国内通話が0円(発信回数無制限)で使える通話定額オプション。さらに、当月の国内通話料上位3番号への通話料が0円になります。つまり、最も通話頻度の高い3つの番号への通話は何時間でも無料

いつも長電話する人が決まっている人には最適
いつも長電話する人が決まっている人には最適

国内通話料上位3番号は、月ごとに自動抽出されるので申請する必要はありません。「いつも決まった人とだけ長い通話をすることがある」という人には最適なサービスです。

●10分かけ放題

短い通話が多い人にお得なかけ放題オプション
短い通話が多い人にお得なかけ放題オプション
10分かけ放題 850円 / 月

「10分かけ放題」は、月額850円で10分以内の国内通話がかけ放題になる通話定額オプション。発信回数に制限はありません。

10分を超えた国内通話に関しては、30秒10円(通常30秒20円)で利用できます。10分以内の通話が何度でも無料になるので、短い通話をすることが多い人におすすめです。

●通話パック30

通話パック30 880円 / 月

「通話パック30」は、月額880円で月間1,200円分の通話が可能になるサービスです。最大320円お得になりますが、余った通話分を翌月に繰り越せない点に注意が必要です。

LIBMO(リブモ)のその他の通話オプション

通話定額オプション以外にも、LIBMOにはさまざまな通話オプションが用意されています。

●スマート留守電

LIBMO(リブモ)の料金プラン完全ガイド!
スマート留守電 290円/月

月額290円の「スマート留守電」オプションは、文字と音声でメッセージが届くスマホ時代の留守番サービス。留守電メッセージがあるとメールやLINEで着信し、その場で音声を聞くことができます。メッセージがテキストに変換されて通知されるので、音声を聞かずに内容確認することも可能。

また、FacebookのMessengerでもメッセージを受け取れるので、電車に乗車中などのすぐに電話に出られないシーンでも内容を確認することができます。

スマート留守電を使用するには、専用アプリ「スマート留守電」をインストールする必要があります。申込み後、忘れずに設定しておきましょう。

●留守番電話

留守番電話 300円/月

「留守番電話」オプションは、月額300円。一般的な留守電オプションとサービス内容は同じで、不在着信時に電話をかけてきた方の伝言メッセージを受け取ることができます。

●割込通話

割込通話 200円/月

「割込通話」オプションは、月額200円。いわゆる“キャッチホン”と呼ばれる機能で、お話し中の通話を保留にしたまま、後からかかってきた電話に応答することができます。通話中に別の電話から着信があると、信号音(通話中着信音)でお知らせしてくれます。

>>LIBMO(リブモ)公式サイトはこちら
LIBMOキャンペーン

LIBMO(リブモ)特徴・メリットは?

LIBMOの料金について解説してきましたが、いかがでしたか? 格安SIMということで大手キャリアよりも格段に料金を抑えることができるのはご理解いただけたかと思います。

ここでは、さらにLIBMOの魅力に迫るため、LIBMOの特徴とメリットについて解説していきます。

特徴① 20GB/30GBの大容量プランがお得に使える

LIBMOには、20GB・30GBといった大容量プランが用意されています。しかも、数ある格安SIMの中でも最安クラスと評判です。

例えば、音声通話SIM(20GB)で他のMVNOと比較してみると、LIBMOの月額4,680円に対してBIGLOBEモバイルでは月額5,200円。LIBMOの方が500円以上も安くなっています。さらに、「LIBMO 冬割キャンペーン」のようなキャンペーンを適用すると、その差は1000円以上に。

家族間でデータ通信容量をシェアできる後述の「データシェアオプション」を活躍する場合は、大容量プランへの契約が必須。容量の大きなプランに安く申し込めるのは大きなメリットといえるでしょう。

特徴② データシェアオプションで複数枚のSIMを利用できる

データ容量を家族間でシェアできる
データ容量を家族間でシェアできる

LIBMOでは、契約しているプランのデータ通信容量を最大3枚のSIMカードに分けてシェアすることができます(1契約につき最大2枚のSIMカードを追加できる)。

「データシェアオプション」に申し込めるのは、3~30GBまでの定量型プランを利用中の方。ライトプランではデータシェアオプションを利用できないので注意してください。

SIMカードを1枚追加する毎に契約事務手数料3,000円が発生。SIM1枚につきデータ通信を月額120円、音声通話機能(SMS機能含む)を月額700円、SMS機能を月額140円で追加
できます。

■SIMカードの追加にかかる費用(1枚)
契約事務手数料:3,000円
データ通信:月額120円
音声通話:月額700円
SMS機能:月額140円

大容量プランを複数のSIMに分けて共有できるので、IBMOは家族での使用に向いている格安SIMといえるでしょう。また、データシェアオプションはスマホ以外にタブレットやモバイルWi-Fiルーターなどの複数の端末で利用したいという人にもおすすめです。

特徴③ データ容量の繰越や追加購入ができる

LIBMOでは、契約しているデータ容量を月単位で変更することができます。また、余ったデータ容量は翌月末まで繰り越すことが可能

データ容量を超過した場合、LIBMOでは速度制限(最大128kbps)がかかりますが、データ容量を追加購入して回避することができます。

★LIBMOのデータ増量の料金
100MB:200円 / 回  1GB:1,000円 / 回

なお、データ容量を追加購入できるのは容量を問わず月5回まで。購入したデータ容量は、90日間有効です。

特徴④ 通話定額オプションが豊富で、通話頻度の多い人も安心

通話定額オプションが充実しているのも魅力
通話定額オプションが充実しているのも魅力

LIBMOには、10分以内の国内通話+通話料上位3番号との通話が無料になる「かけ放題ダブル」、10分以内の国内通話が無料の「10分かけ放題」、月額880円で月間1,200円分の通話が可能になる「通話パック30」といった3種類の通話定額オプションが用意されています。

■通話定額オプションの比較

かけ放題ダブル 10分かけ放題 通話パック30
月額料金 1,300円 850円 880円
通話料割引 ①通話頻度が高い上位3番号は時間・回数う無制限で何回でもかけ放題

②1回あたり10分までの国内通話は何回でもかけ放題

1回あたり10分までの国内通話は何度でもかけ放題 月間30分の無料通話が付帯
通常通話料 10円 / 30秒 10円 / 30秒 20円 / 30秒

日常的に通話頻度が高く、特定の人との通話が長時間に及ぶことが多いという人には「かけ放題ダブル」、通話頻度は高いが1回の通話時間は短いという人には「10分かけ放題」、毎月10〜30分程度の通話できれば十分という人には「通話パック30」がオススメです。

ちなみに、上記の3種類の通話定額サービスは併用できません。いずれか1つにしか申し込むことができないので、ご自身の使い方にあったものを選びましょう。

>>LIBMO(リブモ)公式サイトはこちら
LIBMOキャンペーン

まとめ:LIBMO(リブモ)は全体的に月額料金が安く、オプションサービスも豊富

LIBMO(リブモ)はややマイナーな格安SIMですが、他のドコモ系MVNOと比較しても全体的に月額料金が安いという特徴がありました。季節ごとにキャンペーンを開催しているので、それを利用すればさらに料金は安くなります。毎月の料金をできるだけ安く抑えたい人にオススメの格安SIMといえるでしょう。

通話頻度の多い人でも安心の「通話定額オプション」、家族でデータ容量を共有して使える「データシェアオプション」など、オプションが豊富に用意されているのも魅力

シンプルな容量別プランになっているので、格安SIMに不慣れな方でも自分に合った料金プランを選ぶことができます。今契約しているキャリアの料金が高いと悩んでいる方、格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひLIBMOへの乗り換え・申込みも検討してみてくださいね。

>>LIBMO(リブモ)公式サイトはこちら
LIBMOキャンペーン

LIBMO(リブモ)のお得情報

LIBMOの契約を検討する際に知っておきたいLIBMOのお得な情報をご紹介します。

LIBMO音声サポートプログラム

音声通話SIMの申込で最大6ヶ月間の割引が受けられる「LIBMO冬割」
音声通話SIMの申込で最大6ヶ月間の割引が受けられる「LIBMO音声サポートプログラム」

現在、LIBMOでは「LIBMO音声サポートプログラム」が実施されており、キャンペーン期間中に音声通話SIMに申し込むと月額利用料が最大6ヶ月間(600円/月)割引されます。

音声通話SIMであればデータシェアを含むすべてのプランが対象です。

ただでさえ月々の料金が安い格安SIMですが、キャンペーンを適用すればさらにお得に使い始めることができます。キャンペーン適用時の料金は下記の通り。

■キャンペーン適用時の料金プラン表

データ通信のみ データ通信+SMS データ通信+音声通話
+SMS
ライトプラン
(最大通信速度200Kbps)
480円 620円 1,180円
580円
3GBプラン 880円 1,020円 1,580円
980円
6GBプラン 1,480円 1,620円 2,180円
1580円
10GBプラン 2,280円 2,420円 2,980円
2380円
20GBプラン 3,980円 4,120円 4,680円
4080円
30GBプラン 5,880円 6,020円 6,580円
5980円
データシェア
オプション
120円 260円 820円
220円

割引金額の合計は最大3,600円。さほど大きな金額ではないように見えるかもしれませんが、格安SIMの月々の料金の安さを考えれば割引率はかなりのもの。

もともと音声通話SIMに申し込む予定だった人にはまったくデメリットが無いので、キャンペーンを利用しての申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

LIBMO × モバレコ限定キャンペーン

音声通話SIMの申込で最大6ヶ月間の割引が受けられる「LIBMO冬割」
さらにお得にLIBMOを使い始められるモバレコ限定キャンペーンがスタート!

モバレコからLIBMOに申し込むと、さらに月々の料金がお得になるモバレコ限定キャンペーンがスタート! キャンペーン期間中にモバレコ経由でLIBMOに申し込むと月額利用料が最大6ヶ月間(400円/月)割引になります。

さらに、LIBMO公式の「LIBMO音声サポートプログラム」と併用できるので、音声通話SIMなら最大6ヶ月間(1,000円/月)割引。つまり、割引金額の合計は最大6,000円もお得になります。また、LIBMO公式キャンペーンでは割引の対象外になっている各種データ通信専用プランにももれなく適用されます。

データシェアプランを除く、すべてのプランが対象
キャンペーン適用時の料金シュミレーションは下記の通りです。

■キャンペーン適用時の料金プラン表(「LIBMO音声サポートプログラム」併用時)

データ通信のみ データ通信+SMS データ通信+音声通話
+SMS
ライトプラン
(最大通信速度200Kbps)
480円
80円
620円
220円
1,180円
180円
3GBプラン 880円
480円
1,020円
620円
1,580円
580円
6GBプラン 1,480円
1,080円
1,620円
1,220円
2,180円
1,180円
10GBプラン 2,280円
1,880円
2,420円
2,020円
2,980円
1,980円
20GBプラン 3,980円
3,580円
4,120円
3,720円
4,680円
3,680円
30GBプラン 5,880円
5,480円
6,020円
5,620円
6,580円
5,580円
データシェア
オプション
120円 260円 820円
220円

キャンペーン期間は2019年2月1日(金)~2019年2月20日(水)まで。LIBMOに申し込むなら圧倒的にお得な期間限定のキャンペーンなので、検討していた方はこの機会をお見逃しなく!

キャンペーンは下記のバナーをクリックして、専用ページから申し込むだけで適用されます。

>>LIBMO(リブモ)公式サイトはこちら
LIBMOキャンペーン

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV