LIBMO(リブモ)の料金プランを徹底解説! 特徴・キャンペーンも解説

書いた人: REV

カテゴリ: LIBMO

LIBMO 料金プラン

毎月のスマホの料金を見直したい方におすすめのサービスが、手頃な価格で利用できる格安SIMです。最近では新プランも数多く発表されており、安くて評判の良いサービスに注目が集まっています。

今回は、そんな格安SIMの中でも「LIBMO」に注目し、気になるポイントを徹底解説します。人気の料金プランや他社の人気サービスとの比較、LIBMOならではの特徴を分かりやすくお伝えするので参考にしてください。

また、現在実施中のキャンペーンも紹介するので、お得に格安SIMを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

20GBプランなら
“iPhoneSE(第二世代)”が
12,000円割引!

LIBMOとは?

LIBMOとは

LIBMOはTOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMブランドで、低価格で高品質な通信サービスを提供しています。

サービスを利用しているユーザー数に応じて必要な分だけNTTドコモの回線設備を借りることで、設備投資を抑え、お得なサービス料金を実現しています。

もちろん、NTTドコモの回線を利用しているので、通信サービスの品質も充分です。大手キャリアのスマホと使い勝手は変わらず、リーズナブルな価格でスマホを利用できます。

LIBMOの料金プランを徹底解説!

LIBMOの料金プラン

では早速、LIBMOの料金プランについて詳しくみていきましょう。

LIBMOの料金プラン一覧

LIBMOでは2021年3月15日より新プラン「なっとくプラン」の提供を開始しました。

それぞれの方々のライフスタイルに合わせて最適な通信サービスを選定していただけるよう、新プランではさまざまな通信容量のプランを用意しています。

プランごとの料金を確認していきましょう。

▼音声通話機能付きSIMの料金プラン

プラン名 容量 月額利用料
なっとくプラン(ライト) 無制限(最大速度200kbps) 1,078円
なっとくプラン(1GB) 1GB 1,078円
なっとくプラン(5GB) 5GB(1年間は8GB) 1,518円
なっとくプラン(20GB) 20GB 1,991円
なっとくプラン(30GB) 30GB 2,728円

※価格はすべて税込

このように、1GBから30GBまで幅広いプランをご用意しております。

LIBMOでは特になっとくプラン(20GB)の人気が高く、1,991円(税込)という価格は格安SIMサービス各社と比較しても最安クラスです

利用ユーザーからも好評を得ているため、なっとくプラン(20GB)はLIBMOの中でも一押しのプランです。

▼データ通信専用SIMの料金プラン

プラン名 容量 月額利用料
なっとくプラン(ライト) 無制限(最大速度200kbps) 528円
なっとくプラン(1GB) 1GB 748円
なっとくプラン(5GB) 5GB(1年間は8GB) 1,265円
なっとくプラン(20GB) 20GB 1,991円
なっとくプラン(30GB) 30GB 2,728円

※価格はすべて税込

データ通信専用SIMのプランでは、全体的にさらに料金が抑えられます。

こちらのSIMカードはインターネット通信専用なので、通話が必要のない場合や、モバイルWi-Fiルーターに挿して使いたいという場合に最適です。

LIBMOのなっとくプランの詳細はこちら

容量無制限のライトプランとは?

ほかのプランと少し特徴の異なる、なっとくプラン(ライト)について解説します。

このプランでは最大通信速度200kbpsの制限はありますが、容量は無制限にデータ通信を行えます。

200kbpsはほかのプランの通信速度と比較すると大幅に遅くなっているため、動画などデータ量の多いコンテンツの閲覧には向きません。

メールやテキストチャットなど、データ量の少ないコンテンツの利用が中心で、高速データ通信を必要としない方におすすめです。

LIBMOの通話料

LIBMOの通話料は、国内通話は30秒で22円(税込)かかります。LIBMOには電話のオプションも豊富に用意されています。

月額料金 内容
10分かけ放題 935円 10分以内の国内通話がかけ放題
10分を超える分の通話料が30秒11円に(通常は30秒22円)
かけ放題ダブル 1,430円 10分以内の国内通話がかけ放題
さらに国内通話料が高い上位3番号は、時間・回数ともに無制限でかけ放題に
国内通話料の上位4番号以降について、10分を超える分の通話料が30秒11円に(通常は30秒22円)

※価格はすべて税込

まず、10分かけ放題は、月額935円(税込)で10分以内の通話が回数制限なくかけ放題となります。

そして、10分間国内通話がかけ放題に加えて、当月の国内通話料上位3番号の通話料も0円になるかけ放題ダブルも選べます。こちらは特定の人との電話が長くなりがちな方におすすめです。

さらにLIBMOでは、電話をかける際に専用アプリの起動などは必要ありません。

電話の利用頻度に合わせてマッチするサービスを選びましょう。

その他初期費用

初期費用
契約事務手数料 3,300円(税込)

「初期費用0円プログラム」キャンペーン適用時0円

まず、契約事務手数料として、SIM1枚発行につき3,300円(税込)が必要です。

詳しくは後述しますが、初期費用0円プログラムというキャンペーンを実施中で、適用対象の場合は契約事務手数料が発生しません。
また、音声通話機能付きSIMを利用する場合は最低利用期間が設定されており、1年以内に解約すると契約解除料が10,450円(税込)発生するので注意しましょう。

LIBMOは20GB以上の大容量プランがお得!

LIBMOは20GBの大容量プランがお得

LIBMOでは20GB以上の大容量プランが特に人気を集めています。実際にLIBMOの大容量プランはどの程度お得なのか、他社の人気プランと徹底比較してみました。

LIBMOとahamoのプランの比較

ブランド名 LIBMO docomo
プラン名 なっとくプラン(20GB) なっとくプラン(30GB) ahamo
容量 20GB 30GB 20GB
その他 かけ放題プラン追加可能 かけ放題プラン追加可能 5分以内の通話が無料
料金 1,991円 2,728円 2,970円

※価格はすべて税込

まずは、NTTドコモの新プランであるahamoとLIBMOの比較です。

比較してみると、ahamoと同じ20GBプランだけでなく、30GBプランであってもLIBMOの方が安いことが分かります。

ちなみに、ahamoには5分以内の通話が無料のサービスも含まれているため、このあたりのプラン内容の違いにはご注意ください。LIBMOはオプションでお得な通話プランの選択が可能なので、無駄なく柔軟にプラン内容を設計できます。

LIBMOと格安SIM3社の20GB以上プランの比較 

※横にスクロールできます。

ブランド名 LIBMO mineo UQ mobile IIJmio
プラン名 なっとくプラン(20GB) マイピタ くりこしプランL ギガプラン
容量 20GB 20GB 25GB 20GB
料金 1,991円 2,178円 3,828円 2,068円
1GBあたりの料金 99.55円 108.9円 153.12円 103.4

※価格はすべて税込
※音声通話も行えるプランの料金を比較しています。

続いて、代表的な格安SIM3社とLIBMOを比べてみました。UQ mobileには20GBプランがなかったため、25GBプランを記載し、それぞれ1GBあたりの料金も算出しています。

比較すると、やはりLIBMOが1番安いです。LIBMOは大キャリアよりも安いだけでなく、格安SIMの中でもかなり安い料金設定となっています。

今ならキャンペーンで最大12,000円分もお得に!

LIBMOのキャンペーン紹介

さらに、LIBMOではお得なキャンペーンを多数実施しています。ここでは、お得にスマホの通信サービスを利用開始できる、4つのキャンペーンを厳選して紹介します。

まずは、20GB以上のプランに契約される方が対象の2つのキャンペーンから見ていきましょう。

LIBMOのキャンペーンその①
キャンペーン名 端末割引プログラム
キャンペーン内容 データ通信の月額利用料から、最大24ヶ月間、550円(税込)/月が割引されます。
対象 なっとくプラン(20GB)/(30GB)を新規申し込みいただき、端末をセットで購入される方
実施期間 2021年5月21日(金)~ 終了日未定

スマホ本体は高額な商品もありますが、端末割引プログラムを活用すれば支払金額を軽減できます。仮に24ヶ月の期間、550円(税込)の割引をフルで使用すると、総額で13,200円(税込)も負担金額が減ります。

端末割引プログラムの詳細はこちら

LIBMOのキャンペーンその②
キャンペーン名 最大12,000円相当還元プログラム
キャンペーン内容 プランに応じてLIBMOのお支払いにも充当できる、TLCポイントがプレゼントされます。
・なっとくプラン(20GB)の場合:10,000TLCポイント
・なっとくプラン(30GB)の場合:12,000TLCポイント
対象 音声通話機能付きSIMで、なっとくプラン(20GB)/(30GB)を新規申し込みいただく方
※ただし、端末を購入される場合は、「端末割引プログラム」が適用されるため対象にはなりません。
実施期間 2021年5月21日(金)~ 終了日未定

TLCポイントはTOKAIグループのポイントサービスで、電子マネーや商品との交換や、LIBMOなどの月々のお支払いに利用できます。

1TLCポイントは1円相当なので、最大12,000円相当還元プログラムを利用すれば大量のTLCポイントを獲得できます。

最大12,000円相当還元プログラムの詳細はこちら

続いて、主に5GB以下のプランを契約される方が対象の2つのキャンペーンをご紹介します。

LIBMOのキャンペーンその③
キャンペーン名 初期費用0円プログラム
キャンペーン内容 契約事務手数料3,300円(税込)を0円で申し込みできます。
対象 ・データ通信専用SIMを、なっとくプラン(20GB)またはなっとくプラン(30GB)で新規申し込みいただき、LIBMO取り扱い端末を購入されない方
・音声通話機能付きSIMを、なっとくプラン(ライト)で新規申し込みいただく方
※端末を購入される方は「端末割引プログラム」が適用されます。
実施期間 2021年3月19日(金)~ 終了日未定

通信サービスのご契約には初期費用がかかることが多いですが、LIBMOの初期費用0円プログラムを活用すれば、契約事務手数料は無料で申し込めます。

容量の少ないプランをご利用の方にとっては、初期費用の金額は月額料金の2ヶ月〜3ヶ月分にもなりますので、その分の費用が浮くと考えれば大きな節約になります。

初期費用0円プログラムの詳細はこちら

LIBMOのキャンペーンその④
キャンペーン名 データ増量プログラム
キャンペーン内容 ご利用開始から12ヶ月間は毎月3GBまでのデータリチャージを無料で利用できます。
対象 なっとくプラン(5GB)を申し込み、音声通話機能付きSIMを利用される方
実施期間 2021年5月21日(金)~ 終了日未定

もしもの時に助かるのが、LIBMOのデータ増量プログラムです。

なっとくプラン(5GB)の音声通話機能付きSIMを利用されている契約者に限定されますが、月3GBのデータリチャージが無料でご利用いただけます。

つまり、5GBの料金で最初の1年間は8GB分のデータ通信容量を使用いただけます。

データ増量プログラムの詳細はこちら

使いやすさ抜群!LIBMOの特徴

LIBMOの特徴

手頃な料金プランと魅力的なキャンペーンを積極的に実施しているLIBMOですが、評判の秘密は何といってもその使いやすさです。ここからは、そんなLIBMOの魅力を見ていきましょう。

データ容量繰り越し可能!余っても翌月に無駄なく使える

20GBなどの大容量のプランでは、すべてのデータ容量を使わずに余らせてしまうケースも珍しくありませんが、LIBMOなら当月中に使い切れなかったデータ通信の容量は翌月に繰り越されます

データ繰り越しの対象プランは、容量無制限のライトプランを除く全てのプランが対象です。余ったデータ容量を無駄にせず、焦らずに自分のペースでスマホのサービスを利用できます。

ただし、データ通信容量の繰り越し分には有効期限が設定されており、繰り越した月の月末が期限となっています。

ちなみに、データリチャージで購入したデータ通信の容量の有効期限は90日となっているため、こちらは期日に少し余裕があります。

安定のNTTドコモ回線

LIBMOではNTTドコモ回線を利用して通信サービスを提供しています。NTTドコモ回線なら国内の広いエリアで利用できるため、安心して毎日利用することができます。

アプリ不要で手軽に使えるかけ放題オプション

前半でもご紹介しましたが、LIBMOには「10分かけ放題」と「かけ放題ダブル」のかけ放題オプションが用意されています。

一部の格安SIMサービスでは、こういったかけ放題オプションを適用するためには必ず専用のアプリから電話を発信するなど人手間をかける必要がありますが、LIBMOの場合はこういった専用のアプリは不要です。

普段通りに電話をかけるだけでよいため、専用アプリを起動する手間や使い忘れのリスクも発生しません。

各かけ放題オプションの詳細はこちらをチェック

10分かけ放題 10分以内の国内通話がかけ放題
かけ放題ダブル 10分以内の国内通話がかけ放題+通話料上位3位の相手には時間無制限でかけ放題

NTTドコモの端末とSIMフリー端末が使える

LIBMOはNTTドコモの端末とSIMフリー端末に対応しています。NTTドコモの端末は、LIBMOでご利用の際にSIMロック解除は不要です。

ちなみに、ソフトバンクやauなどのスマホでも、SIMロック解除済であれば多くの端末がLIBMOでも動作します。ただし一部正常に動作しない端末がありますので、ご利用中や購入予定の端末が動作確認済みになっているか確認してみましょう。

詳しくは動作確認済み端末の一覧をご覧ください。

月額398円で公衆WiFiも使える

LIBMO WiFi byエコネクト

LIBMO WiFi byエコネクト」をオプションで契約すれば、国内150,000スポット以上のエリアで公衆WiFiに接続できます。

マクドナルドやスターバックスなどの飲食店を中心に、ビックカメラやドン・キホーテなどにも対応しているため、街中で快適にデータ通信サービスを利用できます。

LIBMO WiFi byエコネクトについて詳しくはこちら

TOKAI SAFEでセキュリティもバッチリ

TOKAI SAFE

TOKAI SAFEは、スマートフォンやタブレットなど最大6台まで登録できるセキュリティ対策ソフトです。オプションサービスとして追加でご利用いただければ、スマホのセキュリティも万全です。

また、TOKAI SAFEではWebフィルタリングやデバイスの位置情報の把握もできるため、お子様にスマホを持たせる場合も安心でしょう。

TOKAI SAFEについて詳しくはこちら

LIBMOの通信速度は大丈夫?

LIBMOは格安SIMということもあり、通信速度を心配される方もいるかもしれません。

そこで、LIBMOと格安SIMの全プランでデータ通信の平均速度を比較してみましょう。

LIBMO 格安SIMの全プラン
平均速度 8.33Mbps 7.98Mbps

LIBMOは他の格安SIMと同等レベルの速度でご利用いただけます。8Mbpsの速度であれば、Webページの閲覧やSNSの閲覧など、様々なコンテンツを十分にお楽しみいただけます。

ちなみに、LIBMOの通信速度が比較的速くなる21:30~翌5:00の時間帯では、最速で11.08Mbpsの通信速度を記録しています。LIBMOなら通信速度を気にせずにストレスなくスマホを使えます。

【まとめ】大容量でも小容量でも使いやすいLIBMOがおすすめ!

LIBMOではユーザーの多様なスタイルにマッチするさまざまなプランがあります。

特に、20GB以上の大容量プランはコストパフォーマンスが高いことが魅力的です。また、1GBや5GBなどの小容量のプランも充実しており、大きなデータ容量は必要ないという方にもおすすめです。

大容量の20GBも安価な料金設定、かつ小容量のプランも選べるので初めての格安SIMにもぴったりです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

20GBプランなら
“iPhoneSE(第二世代)”が
12,000円割引!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV

REV

ポータブルオーディオ&ガジェットブロガー

プロフィール

ポータブルオーディオを中心に、カメラやガジェット系商品をレビューするブログ「REV69.COM」を運営。
モバレコでは主にレビュー系やガイド系カテゴリを担当。2019年に独立し、モバレコ以外のメディアでのライティング、スチールや映像撮影、動画編集などを手掛けています。

得意カテゴリー

ポータブルオーディオ・ガジェット・スマホ・Apple製品・カメラ・文房具

ブログ・SNS

ブログ
https://rev69.com
Twitter(@forREV)
https://twitter.com/forREV
Instagram(revojisan)
https://www.instagram.com/revojisan/?hl=ja

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン