iPhoneの「計測」アプリの使い方を解説 定規やメジャーはもう不要!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
意外と知らない?iPhone新標準アプリ「計測」アプリの使い方を解説! 定規やメジャーはもう不要!

「計測」アプリは、iOS 12アップデートに伴い、iPhoneの新標準アプリとして誕生しました。より高度なAR技術を使うことで、定規やメジャーが無くても、長さや角度の計測が可能に

「ちょっと長さを測りたい」そんな時、わざわざ定規やメジャーを用意するのは意外と面倒ですよね。ところが、計測アプリを使えば、その場で瞬時に計測が可能です。例えば、家電を購入する前に大きさを測っておきたい時、引越しの際の空間面積を把握する時などに活躍してくれるでしょう。

ところが、「本当にちゃんと測れるのか?」「使い方がわからない」といった疑問があると思います。今回は、計測アプリを今後手軽に使えるよう、使い方を画像と一緒に説明します

iPhoneで使える「計測」アプリとは?

iPhoneで使える計測アプリを紹介!
iPhoneで使える計測アプリを紹介!

計測アプリでは、長さや四角形の面積を測ったり、水準器のように角度を測ることができます。なぜ、iOS 12からこの機能が搭載されたのかと言うと、「AR技術」が大きく向上したからです。

「AR技術」というのは、例えば、ポケモンGOなどにも使われている技術で、拡張現実を生み出す技術を指します。現実世界にデジタル情報を付与し、CGなどで作った仮想現実を現実世界に反映させるというものです。

iOS 12では「ARKit 2」という名前で搭載されており、ARオブジェクトを安定して再現してくれます。その為、カメラを向けるだけで計測ができるようになったのです。

iPhoneなのに計測アプリが見つからない方は非対応かも?

計測アプリが見つからない場合、非対応の可能性大
計測アプリが見つからない場合、非対応の可能性大

OSをiOS 12にアップデートしたiPhoneを使っているのに、計測アプリが見つからないという方は、iPhone 6シリーズ以前のもを使っているかも知れません。

前述の通り、iPhoneのAR技術を使うには「ARKit 2」という機能が必要不可欠です。
iPhone 6シリーズ以前のものは、この機能が非対応となっているので使用できないのです。具体的には以下の通り。

■計測アプリを使えない機種一覧

・iPhone 5s
・iPhone 6
・それ以前のシリーズ

また、対応機種でも計測アプリが見つからない方は、Apple Storeから「計測」で検索すると出てくるので、一度探してみてください。

iPhoneで使える「計測」アプリの使い方

iPhoneで使える計測アプリの使い方を解説
iPhoneで使える計測アプリの使い方を解説

「計測アプリを使ってみたいけど、使いこなせるのかな」と思っている方、使い方は非常に簡単なので、ご安心ください。さらに、使い方によっては定規を使うよりも手軽に計測できてしまいます。ぜひ参考にしてみてください。

1本の直線で長さを計測する方法

まずは、1本の直線で長さを計測する方法を以下の手順で見ていきましょう。

計測アプリを起動したら、まず動かす
計測アプリを起動したら、まず動かす

計測アプリを起動し、指示通りにiPhoneを左右または上下に動かしてください。

iPhoneを動かして物を認識させる
iPhoneを動かして物を認識させる

その後、写真のような指示が表示されるので、同様にiPhoneを動かしましょう。

白い点を測り始める位置に合わせる:始点を設定
白い点を測り始める位置に合わせる:始点を設定

指示が消えたら、計測できます。長さを測るには、まずは中心にある「白い点」を測り始める位置に合わせてください。

スタート位置が決まったら「+」アイコンをタップ
スタート位置が決まったら「+」アイコンをタップ

白い点を測り始めたい始点の位置に合わせたら、「+」アイコンをタップしてマーキングしましょう。

測りたい位置(終点)でもう一度「+」アイコンをタップ
測りたい位置(終点)でもう一度「+」アイコンをタップ

始点から測りたい位置(終点)まで移動させたら、もう一度「+」アイコンをタップしてください。この時、線がななめになっていないか、位置は正しいか確認してから測り終えると、より正確に計測できます。

もう一度「+」アイコンをタップすれば長さを測れる
もう一度「+」アイコンをタップすれば長さを測れる

「+」アイコンをもう一度タップすれば、完了です。実際の長さが計測できます。

意外と知らない?iPhone新標準アプリ「計測」アプリの使い方を解説!

一連の流れはこのようになっています。マーキングがずれやすいので、定規やメジャーほど正確に計測はできませんが、手軽に長さを測れます。さらに、測った長さは簡単にメモしておくことが可能です。やり方は以下の通り。

表示されている長さをタップ
表示されている長さをタップ

表示されている長さをタップしてください。

「コピー」をタップ
「コピー」をタップ

すると、このように表示されるので、「コピー」と書かれた部分をタップすれば完了です。

好きなメモアプリにコピペして完了
好きなメモアプリにコピペして完了

あとは任意のメモアプリにペーストすれば完了です。パッと計測できて、パッとメモできるのが、計測アプリの魅力となっています。

2本以上の直線を繋げて長さを計測する方法

2本以上の直線を繋げて長さを計測することも、もちろん可能です。方法を紹介します。

まずは1本目の直線を引く
まずは1本目の直線を引く

先程と同様に、計測アプリを起動させてから1本目の直線を書きましょう。

1本目を引けたら次は2本目
1本目を引けたら次は2本目

このように、1本目の計測をした後に、2本目のマーキングを行います。マーキングできたら、1本目と同様に測定しましょう。マーキングしてから、もう一度「+」アイコンをタップすればOKです。

1本目と同様に2本目を測る
1本目と同様に2本目を測る

測り終わった後はこのようになります。2本以上線を引く場合は、これまでと同様にマーキングして測定するだけです。

計測方法を振り返ろう
計測方法を振り返ろう

一連の流れはこのようになります。定規よりも直感的に測定できるので、使い勝手が良いです。

四角形の物体の各辺の長さ・面積を計測する方法

次は、四角形の物体の各辺の長さ・面積を計測する方法を説明します。

白い点を四角形の物に合わせる
白い点を四角形の物に合わせる

計測アプリを起動し、白い点を四角形の物に合わせてください。この時、計測したい物が画面内に入りきっている状態にしておきましょう。今回はMacBook Airのタッチパッド部分の各辺の長さ・面積を計測してみます。

黄色い枠が定まったら「+」アイコンをタップ
黄色い枠が定まったら「+」アイコンをタップ

白い点を合わせたら、写真のように黄色い枠が表示されます。この時、物に上手く黄色い枠がはまらないことがあります。スマホとの距離や角度を変えてベストになるよう調節しましょう。黄色い枠が定まったら「+」アイコンをタップして計測。

たったワンタップで長さと面積を計測
たったワンタップで長さと面積を計測

たったこれだけで、四角い物の長さと面積が計測できます。あとは前述したやり方でメモを取っておくと良いでしょう。

一連の流れはこの通り
一連の流れはこの通り

流れはこのようになっています。ざっくりとした計測にはなりますが、わざわざ計算せず、全て自動的に算出してくれるので、手間がほとんどかからないのが魅力です。

水準器で角度を計測する方法

最後に、水準器で角度と水平を計測する方法を説明します。

■角度を計測する

「水準器」をタップ
「水準器」をタップ

まずは、計測アプリを起動し、「水準器」アイコンをタップしてください。

スマホを縦にすれば角度が測れる
スマホを縦にすれば角度が測れる

角度を測りたい場合は、スマホを縦にすればOK。角度が測れるようになれば、そのまま測りたいところに合わせてください。

角度が0になったら画面が緑色になる
角度が0になったら画面が緑色になる

角度が0度の場合、写真のように表示されます。非常に繊細なので、同じ角度を保っておくのは難しいですが、手軽に角度を測れるので便利です。

次は水平の測り方を紹介します。

■水平の測り方

スマホを起こして水平を測る
スマホを起こして水平を測る

同様に「水準器」から測れます。水平の場合は、スマホを起こして使いましょう。すると、写真のように円が上下から現れます。

水平になれば画面が緑色になる
水平になれば画面が緑色になる

円が中心で合わされば、水平ということです。水平になった場合は、このように画面が緑色になり、数字が「0」と表示されます。

水準器はDIYなどで活躍してくれる機能です。作ったものが水平なのか、角度は合っているのか、斜めになっていないのかなど計測できるので、DIYをよくするという方は、上記を参考に水準器を使ってみましょう。

iPhoneで使える「計測」アプリの精度を検証してみた

モバレコ編集部でも、実際に計測アプリを使ってみました。動画内で一部、計測アプリと実際でメジャーで計測した場合の誤差がどれくらいなのかも検証していますので、ぜひ一度ご視聴下さい。

まとめ:実際に「計測」アプリを使ってみて感じたこと

最後に、実際に使ってみて感じた、計測アプリのメリットとデメリットをまとめます。

■メリット

・手軽に計測できる
・計測が直感的にできる
・水準器の精度は非常に高い
・四角形の物の長さと面積をワンタップで測れる

■デメリット

・計測の正確さは定規やメジャーが上
・アプリを閉じると全てリセットされる
・計測結果が安定しない

使ってみて感じたのは、非常に手軽だということです。思い立ったらすぐに計測できるので、家電を買う際に、スペースに収まるのか確認したい、引越し先の空間面積を測りたいという時には非常に便利。わざわざ定規やメジャーを持ち歩く必要ありません。

ただ、計測結果の正確さは定規などに比べて劣ります。感覚的には、10回同じ長さを測ったら、誤差±1cmほど上下する程度です。また、計測する物体によっても、その正確性は変動します。

今のところ、ざっくりと大きさを知りたい時に使うのがベストでしょう。それでも、iPhone一台あれば計測ができるのは魅力的。

DIYをする方や家電購入前や引越し前に計測しておきたい方には、非常に便利なアプリとなっています。ぜひ、使い方を一通り覚えて、様々なシーンで活用してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys