iPhone XSとXperia XZ3を徹底比較!料金・カメラ性能はどれくらい違うのか?おすすめはどっち?

書いた人: REV

カテゴリ: Android, iPhone, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone XSとXperia XZ3を徹底比較!料金・カメラ性能はどれくらい違うのか?おすすめはどっち?

Appleから2018年9月21日に発売された「iPhone XS」とSONYから2018年11月上旬に発売された「Xperia XZ3」

どちらも、シリーズ史上初の有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップモデルのスマートフォンです。

今回は人気の両メーカーの最新フラグシップモデル「iPhone XS」と「Xperia XZ3」を、デザイン・料金・スペック・カメラ性能の各方面から比較します。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

iPhone XS・Xperia XZ3のデザインと大きさ比較

まずは、iPhone XSとXperia XZ3のデザインとサイズを比較していきます。

前面のデザイン比較
前面のデザイン比較
背面のデザイン比較
背面のデザイン比較

どちらの機種も、一見してフラッグシップモデルだと思わせてくれるデザインで、ハイスペック機ならではの高級感があります。

iPhone XSの背面にはデュアルカメラ、Xperia XZ3は背面に指紋センサー(iPhone XSには非搭載)とシングルカメラが搭載されており、カメラの配置がそれぞれ異なります。

底面の比較(充電端子の違い)
底面の比較(充電端子の違い)

底面には、スピーカーと充電端子がありますが、それぞれ充電端子が違います。
iPhone XSはLightning端子、Xperia XZ3はUSB Type-C端子になります。

フロントの比較
フロントの比較

iPhone XSはフロントに端子類はありません。Xperia XZ3はSIMカード/SDカード挿入口があります。Xperia XZ3は外部ストレージとしてSDカードを使用することが出来ますが、iPhone XSは使用することが出来ないので、この点は予め注意が必要です。

左側面の比較
左側面の比較
右側面の比較
右側面の比較

iPhone XSは左右両側面にそれぞれボタンがついていますが、Xperia XZ3は左側面には何もなく右側面にのみボタンがついています。

両機種を重ねたところ
両機種を重ねたところ

Xperia XZ3の上にiPhone XSを重ねてみました。2台を重ねてみると横幅の違いはそこまで大きくありませんが、Xperia XZ3の方が縦に長いことが分かります。

Xperia XZ3を手に持ったところ
Xperia XZ3を手に持ったところ
iPhone XSを手に持ったところ
iPhone XSを手に持ったところ

Xperia XZ3のディスプレイは6.0インチ、iPhone XSは5.8インチということでスペック表の画面サイズだけを比べるとXperia XZ3の方が僅かに大きい程度です。

しかし、画面の縦横比(アスペクト比)の違いや画面占有率の違いがあるので、実際に両機種を手に持ってみると、Xperia XZ3の方が一回り以上大きい(縦に長い)端末という印象を受けました。

また、Xperia XZ3はやや丸みを帯びたデザインで馴染む感覚があり、iPhone XSよりもXperia XZ3の方がわずかに持ちやすいと感じました。

iPhone XS・Xperia XZ3のスペックを比較

iPhone XSとXperia XZ3のスペックを比較していきます。

スペック比較表

iPhone XS Xperia XZ3
OS iOS 12 Android9.0
CPU A12 Bionic + Snapdragon 845
RAM 4GB
ストレージ 64 / 256 / 512GB 64GB
本体サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7mm 158 × 73 x 9.9 mm
重量 177g 193g
画面サイズ 5.8インチ 6.0インチ
ディスプレイ解像度 2436 x 1125 2880 × 1440
PPI 458ppi 537ppi
液晶の種類 有機EL 有機EL
バッテリー 3330mAh
メインカメラ 広角:12MP f/1.8
望遠:12MP f/2.4
19MP f/2.0
インカメラ 7MP f/2.2 13MP f/1.9
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac 802.11b/g/n/ac
防水 IP68 IP68
Face ID
指紋認証

スペック表を見て分かる通り、iPhone XSとXperia XZ3両機種共に、フラッグシップモデルの名に恥じない高スペックな端末に仕上がっています。

RAM(メモリ)の容量はどちらも4GBで同じですが、iPhone XSはXperia XZ3と違い、ストレージを64 / 256 / 512GBから選ぶことが出来ます。

Xperia XZ3は64GBモデルのみの展開で、やや心もとない気も致しますが、SDカードでストレージ容量を増やすことが可能です。(iPhoneはSDカードに非対応)

つまり、SDカードでストレージを増やすことを考えると、Xperia XZ3は内蔵ストレージ64GB+SDカード(最大512GB)=576GBとなり、iPhone XSの最大容量(512GB)よりもストレージ容量を増やせるということです。

本体重量はXperia XZ3よりもiPhone XSの方が16グラム程軽く、本体サイズはXperia XZ3の方が縦に長く、iPhone XSの方がわずかに横幅が小さいです。厚みに関しては、Xperia XZ3の方がiPhone XSよりも2.2mm程薄いです。

有機ELディスプレイを搭載
有機ELディスプレイを搭載

ディスプレイはiPhone XSとXperia XZ3両機種共にシリーズ初となる有機ELを採用しています。

有機ELディスプレイは、黒色の発色の良さや、消費電力の低さなどが特徴的な液晶で、今回実際に実機を触ってみて、YouTubeなどの動画視聴時に筆者もその特徴を十分に感じることが出来ました。

iPhone XS・Xperia XZ3の端末代金を比較

ドコモ・au・ソフトバンク、各キャリアごとのiPhone XSとXperia XZ3の端末代金を比較していきます。

※執筆時の端末代金の比較になります。

iPhone XS 実質負担金の比較表

64GB 256GB 512GB
ドコモ 69,984円 88,128円 112,752円
au(機種変更) 63,600円 81,840円 106,800円
au(新規・MNP) 54,000円 72,240円 97,200円
ソフトバンク(機種変更) 63,600円 81,840円 106,800円
ソフトバンク(新規・MNP) 54,000円 72,240円 97,200円
SIMフリー 121,824円 140,184円 165,024円

各キャリアのキャンペーン・割引などを組み合わせると、au(新規・MNP)とソフトバンク(新規・MNP)がiPhone XSを最も安く購入することが出来ます。docomoは3つのキャリアの中では、どの容量も一番高いです。

海外出張などが多い方でどうしてもSIMフリー版のiPhone XSが早急に必要な方は、AppleでSIMフリー版を購入するのも手だと思いますが、各キャリアで購入するよりもおおよそ倍の価格となっています。

Xperia XZ3 実質負担金の比較表

64GB
ドコモ(新規・機種変更) 57,024円
ドコモ(MNP) 40,176円
au 49,680円
ソフトバンク 59,520円

Xperia XZ3を最も安く購入できるのはドコモ(MNP)で、新規だとauが最も安くなっています。

iPhone XSはストレージ容量を選べる関係で、256・512GBモデルはXperia XZ3よりも高価ですが、64GBモデルのiPhone XSとXperia XZ3であれば、各キャリアのキャンペーンや割引を組み合わせることによって、どちらも同じ様な金額で購入することが可能です。

搭載されているOSや細かい部分のスペックが異なっているので、一概にどちらが良い端末か判断するのは難しいですが、もし端末を選ぶ際に、内蔵ストレージ容量にこだわるのであればiPhone XS、内蔵ストレージ容量にはあまりこだわらない・SDカードでの拡張を考えている方はXperia XZ3という選び方も出来そうですね。

料金詳細は、下記リンクから各キャリア公式サイトにて、ご確認下さい。

>>ドコモ公式はこちら

>>au公式はこちら

>>ソフトバンク公式はこちら

iPhone XS・Xperia XZ3のカメラ性能の比較

iPhone XSとXperia XZ3ではカメラの仕様が異なっています。

iPhone XSは「広角:12MP f/1.8」と「望遠:12MP f/2.4」のデュアルカメラを搭載し、Xperia XZ3は「19MP f/2.0」のシングルレンズカメラを搭載しています。

それぞれどういった違いや特徴があるのか、それぞれのカメラで撮影した作例を元に解説していきます。

いずれもオートモードでの撮影で、左側がiPhone XS、右側がXperia XZ3で撮影した写真です。

※ タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。

快晴の中逆光で撮影快晴の中逆光で撮影
快晴の中逆光で撮影

まずは、快晴の時に撮影した風景写真での比較です

Xperia XZ3で撮影した写真は全体的にどこかのっぺりとした色味で、iPhone XSで撮影した写真の方が自然(目視した感じに近い)な色味でした。

また、拡大して見てみるとiPhone XSの方が細かい部分の解像度が優れている事が分かります。

公園で紅葉を撮影公園で紅葉を撮影
公園で紅葉を撮影

公園で紅葉を撮影しました。それぞれ比較してみると全体的な色の自然さ、解像度ともにiPhone XSの方が優れています。

夜空を撮影夜空を撮影
夜空を撮影

明かりがほとんど無い、かなり暗い場所で夜空を撮影してみました。内蔵フラッシュは共に使用していません。ここまで暗い場所だと、どちらも全体的にかなりノイズが出てしまっていますが、拡大して見てみるとiPhone XSの方がノイズが少ない事が分かります。

夜の撮影に関してはXperia XZ3とiPhone XSの画質の差が一番良く現れていると感じました。

室内で料理を撮影室内で料理を撮影
室内で料理を撮影

やや暗い室内でのテーブルフォトです。Xperia XZ3は全体的にやや暗くどんよりとした雰囲気の写真になってしまいました。

iPhone XSの方が明るく、食べ物が美味しそうに見えます。

背景ボケの比較背景ボケの比較
背景ボケの比較

iPhone XSにはデュアルレンズが搭載されており、ポートレートモードを使うことによって背景を大きくボカして被写体を際立たせる写真を撮影することが出来ます。

Xperia XZ3はデュアルレンズ仕様ではありませんが、背景を擬似的にボカす事が出来るモードが搭載されているので、それぞれ比較してみました。

結果は、圧倒的にiPhone XSの方が自然なボケ感を得られる印象で、Xperia XZ3はかなり極端にボケ感が強い写真となりました。

実際に筆者が撮り比べをしてみた結果、カメラ性能に関してはXperia XZ3よりもiPhone XSの方が優れているという印象でした。

iPhone XS・Xperia XZ3のそれぞれの特徴と使い勝手

これまでの比較を振り返り、筆者が実際に使ってみて感じた、各端末の特徴から魅力を抜粋してご紹介します。

iPhone XSの魅力ポイント

iPhone XSとXperia XZ3を徹底比較!

「iPhone XS」は、高級感があるデザインで、顔認証やポートレートモードなどに対応したカメラが魅力的な1台です。

さらに、今回から有機EL液晶を搭載し、元々美しいと評判だったRetinaディスプレイが、以前にも増して美しくなっており、スキのない端末に仕上がっているなという印象を受けました。

iPhone XSはこんな人におすすめ!

・スペック/カメラ性能を重視したい人
・より高級感があるデザインを好む人
・よりコンパクトに持ち運びをしたい人

Xperia XZ3の魅力ポイント

iPhone XSとXperia XZ3を徹底比較!

「Xperia XZ3」は、横幅がスリムで持ちやく、有機ELを搭載した縦長ディスプレイを搭載した今風のデザインが魅力的な1台で、端末の持ちやすさという面ではiPhone XSよりも優れていると感じました。

また、有機ELを採用したディスプレイに関しては、iPhone XSよりも発色が美しいと感じました。Sonyの独自技術が多彩に盛り込まれたディスプレイの精度は圧倒的です。

Xperiaファンの方であれば、進化を感じられる端末に仕上がっていると思います。

Xperia XZ3はこんな人におすすめ!

・スリムなボディで持ちやすさを重視したい人
・SDカードが使える拡張性・容量を重視したい人
・より高精度なディスプレイを求める人
・価格(安さ)を重視したい人

まとめ

iPhone XSとXperia XZ3を徹底比較!

Appleの「iPhone XS」と、SONYの「Xperia XZ3」をそれぞれ色々な角度から比較してきました。

どちらもフラッグシップモデルの名に恥じない仕上がりの端末だと感じましたが、筆者は曲面デザインのXperia XZ3で見た動画の美しさと没入感が特に印象的でした。

コンパクトなサイズ感とカメラ性能を重視するならばiPhone XS、持ちやすさとSDカードが使える拡張性を重視するならばXperia XZ3がオススメです。

ぜひこちらを参考にして、購入の糸口としてみて下さい。

>>ドコモ公式はこちら

>>au公式はこちら

>>ソフトバンク公式はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV