LINEモバイルの通信速度は快適に使えるの? 他社比較と口コミまとめ

書いた人: Jetstream

カテゴリ: LINEモバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEモバイルの通信速度は快適に使えるの? 他社比較と口コミまとめ

2018年7月よりソフトバンク回線プランも提供開始した、チャットアプリ・チャットサービス「LINE」のMVNO(格安SIM)サービス「LINEモバイル」。本家LINEの年齢認証を唯一可能とする格安SIMで、更にLINEや主要SNSのカウントフリープラン(データフリー)を提供するなど、大注目となっています。

LINEモバイルが格安SIMサービスを開始したのは2016年夏頃と比較的新参者なのですが、LINEとの連携が重視された格安SIMというだけあって、その認知度は日々高まっています。有名な女優やタレントを起用した広告やCMなども上手いですよね。

今回の記事ではそんなLINEモバイルの実際の通信速度に焦点を当ててみたいと思います。

月額利用料が最大2ヶ月0円~

目次:

LINEモバイルの料金と速度制限のしくみ

LINEモバイルの料金と速度制限のしくみ
LINEモバイルの料金と速度制限のしくみ

LINEモバイルは、対象サービスのデータ通信量がカウントされない「データフリーオプション」と分かりやすい料金プランが特徴の格安SIMです。

データフリー対象サービスが異なる3つのオプションと、500GB~12GBまでのデータ容量が選べます。(500MBのオプションはLINEデータフリーオプションのみ選択可能)

■ LINEモバイルの料金プラン

SIMタイプ データ容量 月額基本利用料
データSIM
(SMS付き)
500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円
音声通話SIM 500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

※全て税別

■ LINEモバイルのデータフリーオプション

対象サービス 月額料金
LINEデータフリー LINE 0円
SNSデータフリー LINE
Twitter
Facebook
280円
SNS音楽データフリー LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
480円

※全て税別

他社同様に、LINEモバイルでも契約するデータ通信容量を超過すると速度制限にかかります。速度制限中の速度は、最大200kbpsになります。

データフリー対象のサービスは通信制限中でも速度は落ちない?

データフリーは常に高速データフリー
データフリーは常に高速データフリー

LINEモバイルの料金と速度制限のしくみについて簡単に紹介しました。続いて速度制限中のカウントフリーオプションについても紹介していきます。

例えば、契約プランのデータ容量を使い切ったとしても、データフリー対象サービスについては速度制限の対象にならず、高速通信を維持したまま利用することができます

LINEモバイルが提供するデータフリーサービスと同じようなカウントフリーサービスを提供する格安SIMは他にもありますが、中にはデータ容量を使い切ってしまった場合にカウントフリー対象サービスも速度制限の対象となるもののあります。LINEモバイルならその心配はいりません。

速度制限の解除は翌月の初日になるので、もし速度制限にかかってしまっても、対象サービスをよく使う人には嬉しい機能です。

LINEモバイルの速度の切り替え

格安SIMを使う際に「速度の切り替え」や「低速モード」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

高速通信量が余っているときでも、手動で制限時の速度に切り替えられるサービスです。高速通信が必要ない際にはあえて「低速モード」に設定して、データ通信量を節約するという使い方をする人も多いようです。

LINEモバイルには「低速モード」はありません。「データフリー機能」があるため低速モードの必要がないとされています。データフリー対象のSNSではデータは消費されないのでそもそも「低速モード」を利用しなくても速度制限はかかりにくいと言えます。

データフリー対象外のSNSやその他のアプリやゲームでのデータ通信が多い方は低速・高速を切り替えられるMVNOを選ぶのがおすすめです。

LINEモバイルの回線別の速度比較

LINEモバイルの通信速度は?
LINEモバイルの通信速度は?

ではLINEモバイルの実際の通信速度をみていきましょう。

モバレコでは、主要MVNO各社でスピードテストを行った結果をまとめた「格安SIM速度ランキング」を毎週測定しています。今回は2020年2月のランキングのデータを元に、LINEモバイルの速度について回線別に比べてみましょう。

各通信速度はモバレコ編集部で計測しているのでLINEモバイル公式ではありません。あくまでも参考値として見てください。

■ LINEモバイル回線別の速度比較(Mbps)

ドコモ回線 下り:7.71
上り:9.52
下り:2.05
上り:3.39
下り:2.7
上り:9.18
au回線 下り:21.4
上り:14.5
下り:0.45
上り:1.03
下り:0.52
上り:2.6
ソフトバンク回線 下り:26.6
上り:22.57
下り:1.46
上り:14.1
下り:1.97
上り:19.2

この週のLINEモバイルは、ドコモ回線は全体的に速くはないが遅くもなく速度の差は出にくい、au回線は朝は速いが昼・夜は遅い、ソフトバンク回線はどの時間も上りは早く安定しており、下りは他社同様と昼は出にくいという結果になりました。

実際の通信速度は利用する時間帯、時期やエリア、利用端末など様々な要因が絡みますのでランキングはあくまで参考になります。

月額利用料が最大2ヶ月0円~

LINEモバイルの速度に対する口コミ・評判

LINEモバイルの評判はいかに
LINEモバイルの評判はいかに

実際のLINEモバイルを利用しているユーザーは速度に対してどのような評価をしているのでしょうか。Twitterからユーザーの声を集めてみました。

今回は通信速度を計測してスクリーンショットも合わせてTwitterに投稿しているユーザーを抜粋いたしました。

ドコモ回線

au回線

ソフトバンク回線

目立った内容としては、朝・夜は特に遅いと感じることはありません。しかし、昼間の時間帯はやはり低速になるといった点。そのほかにも、時間や場所によっても速い・遅いといろいろな投稿があります。

回線で比較すると、ソフトバンク回線 > ドコモ回線 > au回線の順に速度が出やすいという口コミが多いようでした。

またサービス開始時に比べて、速度が遅くなったと感じている人が多いようです。利用者が増えたというところが理由になると思います。LINEモバイルでは、回線増強を毎月行っているので、一時的に速度が低下しても同月内に回復が見込まれます。

それでも耐え切れない!という方は、ドコモ回線からソフトバンク回線へ切り替えなども検討してもいいかもしれません。

LINEモバイルを実際に使って速度を測ってみた

LINEモバイルの通信速度は快適に使えるの? 他社比較と口コミまとめ

ここでは、筆者が実際にLINEモバイルの速度計測した結果と、実際に利用して感じたことを書かせていただきます。

筆者の利用環境は以下です。LINEモバイルのドコモ回線プランとソフトバンク回線プランの両方を利用しています。

回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
プラン コミュニケーションフリープラン 3GB データSIM
利用機種 BlackBerry KEY2 BBF100-9 iPhone 7 Plus
利用地域 沖縄県那覇市
利用アプリ Speedtest.net Speed Test

まずは速度計測結果から。

●ドコモ回線プラン(Mbps)

計測時間 下り速度 上り速度
45.5 18.2
2.24 8.83
5.95 20.9
62.7 9.65

●ソフトバンク回線プラン(Mbps)

計測時間 下り速度 上り速度
23.7 14.7
2.86 3.05
13.0 75.6
36.5 8.40

計測した速度で見てみると、やはり一番回線が込み合う昼の速度が落ちています。しかし下り2Mbpsは超えているので、最低限の速度は出ているといっていいでしょう。

動画視聴では時々動画が止まるか、もしくは低品質の解像度に落ちる可能性はありますが、SNSの回覧やWEBページの回覧など、特にストレスなく表示される速度です。

速度が出やすい夜にいたっては、ドコモ回線とソフトバンク回線共に数十Mbpsとなっています。格安SIMでもここまで速度が出る時代に突入したわけですね。

実際に利用してみた感想としては、筆者がメインで利用しているドコモのキャリア回線と特に変わらず運用できたという印象でした。これまでの格安SIMでは速度が落ちる時間帯はとてもストレスを感じたのですが、LINEモバイルではそういったことが一切なかったです。

筆者の場合は日中は仕事をしているので動画を見たりゲームをしたりなどの時間がないので、速度重視のサービスを利用しなかったためにストレスを感じなかったのかもしれません。しかしさっとスマートフォン出してSNSやニュースサイトをチェックしてまたささっとしまう、という流れの中でストレスを感じないというのは結構重要なことですよね。

まとめ

実は筆者、これまで使っていたmineoなどの格安SIMは解約し、メイン回線をドコモ・サブ回線をワイモバイルという構成で運用していて、LINEモバイルにて久しぶりに格安SIM復帰をしたわけなのですが、その中で驚いたのはやはり速度によるストレスを感じなかったことです。

メインで利用しているドコモと同じような感覚で通信ができていたのはとても驚きました。

特にソフトバンク回線については、ほぼ常に高速を維持している印象。LINEモバイルはLINEの年齢認証をクリアしていてカウントフリーサービスも充実しているので、メイン回線にしても良いかも? と思ってしまったほどです。

個人的な回線運用の関係上、もう20年近くも利用しているドコモ回線は残しておきたいのですが、ドコモ回線をシンプルプラン+ベーシックパック+docomo withで超低額運用で維持しておきつつ、LINEモバイルを最大の10GBにした方が効率的かも?なんて考えてしまうほど。

これまでも格安SIMを検討するにあたりメイン回線の運用を検討しては頓挫していたのですが、LINEモバイルでいよいよその野望を実現できそうです。

そんなLINEモバイル、オススメです!

月額利用料が最大2ヶ月0円~

おすすめ:LINEモバイル×LINE Payカード

LINE Payカード
画像:LINE Pay公式サイトより引用

LINE Payカードを持っているなら、格安SIMは「LINEモバイル」がおすすめ!

「LINE Payカード」は、JCBのクレジットカード機能がついたプリペイドカードです。毎月使った金額に応じてランクが決定し、使うたびにLINEポイントが還元されます。

最大2%の高還元のLINE Payカードでスマホの料金も合わせれば、さらにお得にLINEポイントが貯められます。

LINEモバイル×LINE Payカードのメリット

・クレジットカードがなくてもLINEモバイルの申し込みができる
・オートチャージで実質口座振替が可能
・ランクに応じて最大2%のポイント還元

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

LINEモバイルの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Jetstream

Jetstream

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream