WiMAXはコレさえ比較しておけば大丈夫! 必ずおさえておきたいWiMAX選びのポイント5選

書いた人: REV

カテゴリ: まとめ, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXはコレさえ比較しておけば大丈夫! 必ずおさえておきたいWiMAX選びのポイント5選

WiMAXとは無線通信技術の一つで、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

2009年にサービスが開始されたWiMAXですが、現在はよりパワーアップした「WiMAX2+」が提供されていて、以前のWiMAXは2020年3月末にサービス終了予定の為、本記事ではWiMAX 2+をベースに、どのプロバイダのWiMAXを選べばいいか迷っている方へ、申し込み前にどういうところを比較して考えるべきかのポイントを解説していきます。

本記事を読めば失敗しないWiMAX選びをすることが出来るので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

①:WiMAXを他の通信サービスと比較する

WiMAXを他の通信サービスと比較

インターネットを使う方法は、主にモバイルデータ通信・固定回線・WiMAXという3つの選択肢があります。

この項目では、WiMAX、固定回線、キャリアのデータ通信と比較した上で、最終的にどういう利用用途の人がWiMAXを選ぶべきなのかを解説していきます。

① それぞれの利用料金の目安

まず、WiMAX(UQ WiMAX)と固定回線(フレッツ光)、WiMAXとキャリアのデータ通信(docomo)の料金をそれぞれ比較します。
※記事執筆時点での料金を元にそれぞれ算出しています。

UQ Flatツープラス ギガ放題(WiMAX)vs フレッツ光 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼(固定回線)で比較
UQ Flatツープラス ギガ放題(2年) フレッツ光 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
月額料金 4,380円 4,300円〜
(+プロバイダー利用料金)
2年間 105,120円 121,200円〜
(+プロバイダー利用料金×24ヶ月分)

※フレッツ光は工事費用込み(事務手数料等の初期費用は加算していません。)

固定回線に関しては、戸建てとマンションで料金が異なったり、契約するプロバイダーによって料金が変わってきます。

月額料金に関しては、わずかにフレッツ光 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼の方がUQ Flatツープラス ギガ放題より安いですが、固定回線はWiMAXと違って回線の工事費用が別途必要になるので、そういった部分を考えると2年間トータルの費用はWiMAXの方が安くなることがほとんどです。

UQ Flatツープラス ギガ放題(WiMAX)vs docomo(キャリア)で比較
UQ Flatツープラス ギガ放題 docomo 1GB docomo 20GB
月額料金 4,380円 4,180円 8,280円
2年間 105,120円 100,320円 198,720円

docomoでデータ通信時に必要となるパケットパックですが、今回は1GB・20GBの料金とWiMAX(UQ WiMAX)をそれぞれ比較してみました。

WiMAXと比較する場合1GBでは少なすぎるため、20GBの料金と比較してみると、2年間トータルの費用はなんと約2倍の差があります。

例えば、そもそもWiMAXを契約せずに、単純にその分のキャリアでのデータ通信容量が大きいプランへプラン変更をしてガッツリ使うという選択肢もあるでしょう。

それを基に、仮にキャリアで契約するプランを1GBのレベルまで落とし、WiMAXで無制限プランを契約して2つを併用する場合と、キャリアで20GBほどの大容量プランを一つ契約してスマホ単体で使う場合を比較しても、2年間での料金にそれほど違いはありません。

つまり、WiMAXがあれば、今より容量がもっと欲しいけど、料金もできるだけ節約したいという欲張りな欲求に、限りなく答えることが出来ます。

この様に、WiMAXと固定回線・キャリアの料金を比較すると、2年間で掛かる費用は
WiMAXの方が安く、お得なサービスと言えます。

② どこでインターネットをしたいか

料金面の比較も大事ですが、「インターネットを何処で利用したいか?」というのも非常に重要です。

例えば、固定回線の場合、インターネット回線を外に持ち出すことは出来ません。

しかし、WiMAXであればインターネット環境を外に持ち出すことが出来るので、室内・屋外問わず使用することが出来ます。

「インターネット回線をモバイル出来る」という意味では、WiMAXは固定回線よりも汎用性が高く、優れていると言えます。

③ インターネットの利用用途は?どれくらい使う?

WiMAXは利用用途に合わせてプランを選ぶことが出来て、月間データ量上限なしの使い放題プランである「Flatツープラス ギガ放題」と、月間データ量7GBの「Flatツープラス」の2つが存在します。

検索やSNS程度しかインターネットを使わないという人は、Flatツープラスでも月間のデータ量が足りるかもしれませんが、固定回線代わりに使いたい人・毎日ガッツリ動画を堪能したい人などはFlatツープラス ギガ放題がオススメです。

もちろん、それぞれ毎月の料金が違うので、自分の利用用途に合わせてプランを選択できるのも便利な要素です。

外出先でもインターネットを楽しみたい、月間データ通信量の制限がなく、利用料金も抑えたいという人に、WiMAXはうってつけのサービスです。

②:WiMAXの契約プランを比較する

WiMAXの契約プランを比較

この項目では、WiMAXのプランをそれぞれ比較しながら解説していきます。大きく分けて、通信容量を毎月どれくらい使いたいか、契約の期間をどうするか(基本的に2年 or 3年契約)という2つの要素を考えていきましょう。

WiMAXの通信容量から選ぶ(7GB or ギガ放題)

WiMAXのプラン(UQ WiMAXの場合)
Flatツープラス Flatツープラス ギガ放題
月間通信量 7GB 使い放題
月額料金 3,696円 4,380円

WiMAXには通常プランの「Flatツープラス」と、使い放題プランの「Flatツープラス ギガ放題」の2つのプランが存在します。

「Flatツープラス」は、月間データ通信量7GBという制限があります。

インターネットでの簡単な検索・メールの送受信・SNSの閲覧・たまに動画鑑賞やオンラインゲームをする方など、ライトユーザー向けのプランです。

データ量が月間7GBを超えてしまうと、通信速度制限(128kbps)がかかってしまいます

データ量(7GB)の目安
メール送受信 約268万通分
HP閲覧 約7,200ページ分
動画視聴 約4.5時間分

「Flatツープラス ギガ放題」は、データ通信量の月間制限が実質無制限なので、制限を気にせずインターネットを使用することが出来ます。

インターネットでの検索はもちろんのこと、動画視聴やオンラインゲームを多くされる人、つまりヘビーユーザー向けのプランです。

しかし、3日間で10GB以上利用した場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度制限(概ね1Mbps)が掛かるのでその点は注意が必要です。

ちなみに万が一、通信速度制限が掛かってしまった場合の通信速度は、Flatツープラス(128kbps)よりもFlatツープラス ギガ放題(概ね1Mbps)の方が速く設定されています。

3日間で10GB以上利用した場合の速度制限について
速度制限がかかるデータ量 直近3日間で10GB以上
(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)
制限時間 3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯
(18時頃~翌2時頃)
制限後の最大通信速度 概ね1Mbps
(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

WiMAXの契約期間から選ぶ

WiMAXの契約期間は通常2年と3年で、契約期間によって料金やキャンペーン等に違いが生じます

基本的にどのプロバイダで契約しても、2年契約に比べて3年契約の方がメリットが多いのが特徴です。

WiMAXはauの4G/LTE通信回線を使用してインターネット通信を行うハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を月額1,005円で利用することが出来ますが、3年契約の場合はLTEオプションを無料で使用することが出来ます

2年契約と比較して、3年プランは36,000円(LTEオプション×36ヶ月)以上お得になるのでオススメです。

WiMAXのルーター(機種)を比較する

WiMAXのルーター(機種)を比較

WiMAXでインターネット通信を行うには専用のルーターが必要になります。

ルーターを選ぶポイントとしては、バッテリー持ち・大きさ・最大通信速度・au 4G LTEモードへの対応などが挙げられます。

基本的に昔の端末を含め、端末代金は0円であることがほとんどなので、今回は代表機種のNEC製の「Speed Wi-Fi NEXT WX05」とHUAWEI製の「Speed Wi-Fi NEXT W05」を例に取り上げて比較します。

WX05・W05のスペック比較表
WX05 W05
メーカー NEC HUAWEI
発売日 2018年11月 2018年1月
大きさ W111×H62×W13.3mm W130×H55×D12.6mm
重さ 128g 131g
最大通信時間
(エコモード)
14時間 10.5時間
連続待受時間 700時間 850時間
最大通信速度
(上り)
30Mbps 75Mbps
最大通信速度
(下り)
440Mbps 558Mbps
(LTE利用時 708Mbps )
au 4G LTE

WX05とW05では、W05の方が機能面や使いやすさなど総合的に見てオススメです。

WiMAXは通信速度が最も重要で、上り・下りの最大通信速度が共にW05の方が速く、より高速でストレスを感じないインターネット体験が可能です。

また、W05は「au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)」の最高速度758Mbpsの高速通信に対応しているのもポイントです。

この項目までに、WiMAXの契約プラン・契約年数・ルーターを見てきましたが、続いては契約するプロバイダを比較していきたいと思います。

④:WiMAXのプロバイダ各社の月額料金を比較する

WiMAXのプロバイダ各社の月額料金を比較

この項目では、WiMAX主要プロバイダ6社の月額料金やキャンペーンの比較をします。
※2019年1月時点での金額になります。

主要WiMAX6社 2年契約プラン比較表

プロバイダ プラン 月額料金
(1年目)
月額料金
(2年目)
キャンペーン
金額
2年間の実質
負担額
UQ
WiMAX
7GB 3,696円 3,696円   91,704円
ギガ放題 4,380円 4,380円   108,120円
Broad
WiMAX
7GB        
ギガ放題        
BIGLOBE 7GB        
ギガ放題 3,620円 3,620円 月額割引 89,880円
とくとく
BB
7GB        
ギガ放題        
@nifty 7GB        
ギガ放題        
So-net 7GB 4,195円 4,195円   100,680円
ギガ放題 4,879円 4,879円   120,096円

主要WiMAX6社 3年契約プラン比較表

プロバイダ プラン 月額料金
(1年目)
月額料金
(2年目
以降)
キャンペーン金額 3年間の実質
負担額
UQ
WiMAX
7GB 3,696円 3,696円 商品券
10,000円
136,056円
ギガ放題 4,380円 4,380円 商品券
10,000円
+
月額割引
159,312円
Broad
WiMAX
7GB 2,726円 3,326円 初期費用割引 101,136円
ギガ放題 3,411円 4,011円 初期費用割引 131,526円
BIGLOBE 7GB 3,695円 3,695円 キャッシュ
バック
30,000円
106,020円
ギガ放題 4,380円 4,380円 月額割引
+
キャッシュ
バック
3000円
129,310円
とくとく
BB
7GB 3,609円 3,609円 W05
キャッシュ
バック
34,900円
98,024円
ギガ放題 4,263円 4,263円 月額割引
+
W05
キャッシュ
バック
34,900円
120,260円
@nifty 7GB 3,670円 3,670円 キャッシュ
バック
30,000円
105,120円
ギガ放題 4,350円 4,350円 月額割引
+
キャッシュ
バック
30,000円
128,240円
So-net 7GB 3,020円 3,020円 月額割引 111,720円
ギガ放題 3,620円 3,620円 月額割引 133,320円

プロバイダによってWiMAXの速度は変わりませんが、料金に関してはプロバイダごとに違っています。

また、最近では2年契約プランを設けているプロバイダ社も少なくなってきています。

後先のことも考えて、なるべく契約の縛りの期間が短いプランを求めている方も多いと思いますが、多くのプロバイダが3年契約だとキャッシュバックがつく・キャッシュバック金額が多くなっている為、せっかくであればよりおトクな条件を手に入れましょう。

WiMAXを契約する際は事前に各プロバイダのHPをチェックして、キャッシュバック金額が多いプロバイダや各種お得なキャンペーンが実施されているプロバイダを選んで契約しましょう。

⑤:WiMAXのプロバイダ各社のキャンペーンを比較する

WiMAXのプロバイダ各社のキャンペーンを比較

料金が安いのはもちろん、プロバイダー各社がどういったキャンペーンを実施していて、それによって2、3年間の契約期間のトータルの実質負担額がどれくらいかという部分を意識することも大切です。

WiMAXのプロバイダ各社が実施しているキャンペーンには具体的にどういったものが存在するのか?を解説していきます。

① 端末(ルーター)の割引

WiMAXで通信をする為のルーターは、多くのプロバイダで無料で提供されていますが、中には無料ではないプロバイダも存在するので注意が必要です。

また、プロバイダによって選べるルーターの種類が違うので、自分が使いたいルーターがそのプロバイダで提供されているかも合わせてチェックしましょう。

② 初月料金の割引

初月の月額料金が無料だったり割引を実施しているプロバイダもあります。この場合、月初めに契約すると初月の料金がお得になるのでオススメです。

③ 月額料金の割引

月額料金の割引は多くのプロバイダのギガ放題プランで実施されています。基本的に初月〜2・3ヶ月目が◯円引きといったパターンが多いです。

最初の数ヶ月だけの割引でも、契約期間(2・3年間)トータルで掛かる費用を考えるとかなりお得です。

④ LTEオプション料金の割引

LTEオプションは使った月だけ月額1,005円掛かりますが、3年契約のプランだとLTEオプションが無料になるプランも存在します。

LTEオプション込みでWiMAXを検討されている方は、3年間で36,000円(LTEオプション×36ヶ月分)も安くなるので、3年契約のLTEオプションが無料のプランを選びましょう。

⑤ キャッシュバックなどの付加価値

多くのプロバイダが実施しているキャッシュバックキャンペーンですが、キャッシュバック金額はプロバイダによってかなりの差があります。

また、そのプロバイダで過去に一度でもキャンペーンを利用してキャッシュバックを受け取ったことのある人は、キャッシュバック適用外としているプロバイダも有るので、必ず事前に確認しましょう。

今既にWiMAXを使っていて、プロバイダー乗り換えを検討している方は、Broad WiMAXなら、乗り換えキャンペーンという他ではあまり見受けられないキャンペーンを実施しており、月額料金もトップクラスに安いので非常にオススメです。

この様に、WiMAXは様々なキャンペーンがプロバイダごとに実施されているので、じっくりとキャンペーンを比較・検討して自分にあったプロバイダを選択しましょう。

まとめ

matome

WiMAXを様々な角度から比較してみました。 失敗しないWiMAX選びをする為には、ここまでで取り上げてきたポイントを意識して、比較しながら突き詰めていけば必ず満足の行く契約に繋がります。

料金・機種(ルーター)・契約期間・キャンペーンを総合的に見て、自分にあったプラン・プロバイダを選びましょう。

ぜひ本記事全体の内容も含め、参考にしていただければと思います。

モバレコ編集部おすすめ:Broad WiMAX

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX」がお得!

Broad WiMAX 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXは広い対応エリアで業界最安級の月額2,726円。超速ネットで動画も快適!
まずは公式サイトでエリアと料金をチェックしてみてください

Broad WiMAXBroad WiMAXの公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV