WiMAXは本当に無制限で使えるのか?お得に使う方法も合わせて徹底解説

書いた人: Kawamata

カテゴリ: まとめ, ガイド, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXは本当に無制限で使えるのか?お得に使う方法も合わせて徹底解説

WiMAXを契約して、外出先でもスマホやPCでネットをたくさん使いたい。しかし、毎月のデータの通信量制限を気にしながら使っていくのも・・・。

そこでWiMAXの無制限プランの契約を考えた時、「本当に無制限で使えるのか?」
「無制限で使うには何か条件や追加料金が発生するのでは?」
という疑問をいだいてはいないでしょうか。

この記事ではWiMAXを無制限で利用する上でのルールと注意事項から、実際にお得に使う方法までを徹底解説します。失敗しないWiMAX選びの為にも、ぜひ参考にしてみて下さい

※なお、本記事ではWiMAXは2020年3月31日をもってサービスを終了する為、WiMAX 2+のことをWiMAXとして紹介しています。

→ Broad WiMAX 公式はこちら

目次:

WiMAXを無制限で使う為におさえておくべき3つのポイント

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

結論、WiMAXを完全無制限として使用することはできません。しかし、こちらで解説する3つのポイントを確実におさえておくことで、ほぼ無制限とも言える月間100GBものデータ通信量を利用できます。その3つのポイントが下記の3点です。

1. ギガ放題プランで契約する
2. au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を使わない
3. 3日間のデータ通信量を10GB以下に抑える

それぞれの項目については以下にて解説していきます。

ギガ放題プランで契約する

WiMAXのプランには基本的に、月間7GBまでデータ通信可能な「通常プラン」と、1ヵ月のデータ通信量を制限なく使える「ギガ放題プラン」の2つがあります。

WiMAXのプラン
【通常プラン】
月間データ容量:7GBまで
【ギガ放題プラン】
月間データ容量:無制限

「通常プラン」では、月間で7GBのデータ通信量の上限に達してしまうと、速度制限がかかってしまうので、データ通信を無制限で使用したい場合は、当然ながら制限のない「ギガ放題プラン」を選択しましょう。

au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を使わない

WiMAXには、WiMAX通信・WiMAX 2+通信以外に、auが提供する4G LTE通信も利用できます。LTE回線が利用できるエリアのことを「ハイスピードプラスエリア」と呼び、地下鉄や地下街、地方や山間部などでも、より幅広いエリアを網羅しています。

その反面、一度でもau 4G LTE通信をONにしてしまうと、その瞬間から翌月まではデータ使用量の上限が月間7GBまでに変更となってしまいます。

その上で、月間7GBの通信料を超過してしまうと、通信速度が128kbpsに制限されます。
制限されるのはハイスピードエリアだけでなく、WiMAXの通信エリアも同様です。

設定上で自動でONにならないように必ず事前に確認しておく必要があります。

3日間のデータ通信量を10GB以下に抑える

WiMAXのギガ放題プランは「無制限」と謳っているものの、3日間で10GBを超える通信をすると、速度制限がかかり、翌日の18時頃から26時頃までの8時間程度、通信速度が最大で約1Mbpsまで低下します。

ただ、1Mbpsという通信速度は動画を閲覧するには少々厳しいですが、WebブラウジングやSNS利用程度あれば、問題なく使える通信速度です。

前述した通常プランでは、7GBの容量の上限に達すると、通信速度は最大128kbpsまで落ち、速度制限が解消される翌月まで使えない状態が続くことを考えると、比較的に緩い制限といえます。

10GBのデータ容量ってどれくらい?使用目安を覚えておこう!

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

それでは、速度制限のかかる10GBのデータ通信量というのは、実際どれくらいのデータ量を使ったら到達するのでしょうか。

データ通信の消費が大きいものや、よく利用するアプリの内容を知ることで、おおよその目安がつきます。

データ通信量目安 参考例
データ量 10GBの目安
YouTube(標準画質)
※1本が約5分
約17.5MB 約570回(約47時間)
NETFLIX(高画質)
※1本が約2時間
約1.2GB 約8回(約16時間)
スマホゲーム(FGO)
※1回15分程度
約30MB 約330回
ネット閲覧(SNS含む)
1ページあたり
約1MB 約10,000回

もちろん、通信環境や使い方によっては多少の差が発生します。特にスマホゲームは、アップデートがあると、これまでよりも消費する通信量が増加します。また、アプリの初回ダウンロードでも多くのデータ容量を一度に消費します。

今回調査に利用したFGO(Fate/Grand Order)の場合、アプリダウンロードで300MB、イベントのアップデートでは30~100MB程のデータ容量を消費しました。

WiMAX 2+回線を使った無制限プランを紹介

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

WiMAXの無制限プランは、基本的にUQ WiMAX回線とau回線からプランを提供しています。

UQ WiMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」、auの「WiMAX2+ フラット for DATA EX」というプラン名でサービスを展開しています。それぞれのプランについて解説します。

UQ WiMAXの無制限プラン

UQ WiMAXの無制限プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」のプラン詳細を確認します。

UQ Flat ツープラス ギガ放題
月額料金 4,380円
通信量 WiMAX 2+ 月間データ量上限なし
LTE 7GB /月
契約年数 2年 or 3年

メリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリット ・安定した通信品質
・通信容量が無制限(※WiMAX 2+回線の場合は制限あり)
・充実したサポート体制
・UQモバイルとのセット割
デメリット ・速度制限がかかる
・料金が比較的高め

UQ WiMAXの最大の売りはやはり安定した通信品質とWiMAX回線であれば、通信量の制限がないということが大きな特徴です。

「3年契約プラン」の場合は、通常1,005円かかる7GBのLTE通信料金が無料に。

一方でデメリットとしては、「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)は7GBの制限」「3日間データ通信量10GBの制限」という2種類の通信速度制限があること。

無制限として上手く使うには、この7GBの利用を控えることがポイントではあるものの、どうしても利用しないといけないという瞬間もあると思いますので、状況に応じて上手く使い分けていきましょう。

au WiMAXの無制限プラン

au WiMAXの無制限プラン「WiMAX2+ フラット for DATA EX」のプラン詳細を確認します。

WiMAX2+ フラット for DATA EX
月額料金 4,380円
※26ヵ月目以降は4,880円
通信量 WiMAX 2+ 月間データ量上限なし
LTE ※オプション選択
契約年数 2年

メリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリット ・2年の契約でお得に使える
・充実のサポート体制
・auスマホとのセット割が適用できる
デメリット ・au 4G LTEを使用するとオプション料金がかかる
・料金が比較的高め

au WiMAXもUQ WiMAXと同様に、無制限プランであっても「3日間データ通信量の10GB制限」が存在する点には注意が必要です。

契約年数は2年ではあるものの、au 4G LTEを利用すると「LTEオプション」として、1,005円/月がかかってしまい、当然ながら7GBの利用制限もかかってしまいます。

au WiMAXはUQ WiMAXと比較したところ、ほぼ同じサービス内容でありながらもオプション料金がかかってしまい、また、3年利用で考えると総額料金がUQよりも高くなります。

auでスマホの契約をしている人はセット割が適用できるので、その場合は料金的なメリットは非常に大きいですが、こちらのプランを利用するときは、しっかりと比較してから決断するのがいいでしょう。

プロバイダが提供するWiMAX無制限プランのおすすめランキング

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

「モバイルWi-Fi」はWiMAX以外からもサービス提供されていますが、料金や使い勝手、サービスの充実度を総合的に判断すると、WiMAXがもっとも優れています。

また、WiMAXは様々なプロバイダからプランが提供されており、各事業者が独自の料金やキャンペーンを展開しているので、よりお得に、かつ使用する回線はUQ WiMAX回線そのものなので、通信品質も変わらずに使うことができます。

今回はWiMAXを提供しているプロバイダの中からおすすめの事業者を紹介してランキング形式でご紹介していきます

順位の判断基準は、料金、キャンペーンの充実度、サポート体制、知名度をトータルで考えた場合で決定しています。

なお、ここで紹介するプランは各社ともギガ放題プランのみです。(全て税抜で記載)

【1】Broad WiMAX

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

Broad WiMAXは新規契約だけでなく、数あるプロバイダ社の中で唯一”乗り換えキャンペーン”を実施しているので、他社でWiMAXからの乗り換えの場合には、よりお得に契約することが可能です。

高額なキャッシュバックこそありませんが、月額料金が業界最安級なので、総額のランニングコストも安くしてくれます。

Broad WiMAX 2+ 「ギガ放題 3年」
初期費用 3,000円(+18,857円)
月額料金(~2か月目) 2,726円
月額料金(3か月目~24か月目) 3,411円
月額料金(25か月目以降) 4,011円
キャンペーン ・初期費用18,857円割引
・指定機種の代金0円
・他社からの乗換時、最大19,000円の違約金負担

注意点として、キャンペーン適用条件に該当しなければ、初期費用として契約事務手数料の3,000円の他に、別途18,857円が発生してします。

なお、キャンペーンの適用条件は、Webフォームから申し込みをし、最安プランを選択。支払いはクレジットカード払いを選び、2つのオプションサービスに加入することでキャンペーン適用となります。

ただし契約開始月翌月から起算し、24か月以内にWiMAX回線を解約するとキャンペーンの違約金として9,500円が契約解除料とは別に発生するので、こちらも注意が必要です。

最短で当日発送の対応力の速さも魅力的です。シンプルな料金プランとランニングコストの安さを重視するならBroad WiMAXはおすすめです。

▼「モバレコ × Broad WiMAX」限定キャンペーン実施中!

【2】GMO とくとくBB WiMAX 2+

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

とくとくBBはキャッシュバック金額が大きいことが魅力です。

Broad WiMAX同様に、料金の安さはもちろん、最短で当日に発送され、翌日にはモバイルWi-Fiが到着して利用開始もできます。

また、到着から20日以内であれば通信が不安定などの理由でキャンセルすることもできます。

とくとくBB WiMAX 2+ 「ギガ放題 3年」
初期費用 3,000円
月額料金(~2か月目) 3,609円
月額料金(3か月目~24か月目) 4,263円
月額料金(25か月目以降) 4,263円
キャンペーン ・端末代と専用クレードルが0円、送料が無料
・最大31,000円キャッシュバック
・20日以内ならキャンセル可能
・友達紹介特典で最大6,000円プレゼント

初期契約で解除する場合、解約金や損害賠償などを請求されることはありませんが、端末を返却しなくてはなりません。なお、返却が確認できない際は端末代金として20,000円請求されます。

また、20日を過ぎて解約をする場合は、解約違約金がかかります。解約違約金は端末発送月の翌月から24か月目までは24,800円で、25か月目以降は契約更新月以外の解約は9,500円が発生するので、こちらも注意しましょう。

GMO とくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちら

【3】カシモ WiMAX 2+

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

料金の安さを重視するならカシモWiMAXは、WiMAXを提供するプロバイダの料金のなかでも最安クラスとなっています。

カシモ WiMAX 2+ 最安級プラン
「ギガ放題 」
新端末プラン
「ギガ放題 」
Triprouter「ギガ放題」
※2年プラン
初期費用 3,000円
初月 0円 1,380円 0円
月額料金
(~2か月目)
1,380円 1,380円 1,380円
※Triprouterプランは1~2ヶ月目
月額料金
(2か月目~24か月目)
3,480円 3,580円 3,380円
※Triprouterプランは3~24ヵ月目
月額料金
(25か月目以降)
4,079円 4,079円 4,079円
キャンペーン ・端末代金が無料
・Triproterプラン選択時35,176円

基本的にどのプランも料金は非常に安いです。Triprouterプランを選んだ場合の割引が最も大きく、35,176円相当もの値引きになり、他のプランが3年契約であるのに対し、こちらは2年のプランとなっています。

なお、カシモ WiMAXの解約料金は0か月目~12か月目までの解約が19,000円、13か月目~24か月目までだと14,000円 です。また契約更新月を除く25か月目以降の解約では9,500円かかります。

カシモ WiMAX 2+の公式サイトはこちら

【4】So-net WiMAX 2+

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

So-net WiMAX 2+はシンプルな料金体系なので、総額がいくらになるかの計算がしやすくなっています。

また、初めてのモバイルWi-Fiでも安心して利用できる充実したサポート体制が整っているので、利用前だけでなく、契約後も安心して利用できます。

So-net WiMAX 2+ 「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」
初期費用 3,000円
月額料金(1か月目~36か月目) 3,620円
月額料金(25か月目以降) 4,379円
キャンペーン ・指定機器が無料
・au スマートバリュー mine対応
・2年10ヵ月目以降、最新機種アップグレード0円~
・3つのオプションサービスが12ヵ月無料

契約解除料は3年契約で契約から37ヵ月目以外は契約解除料金がかかります。

その金額は1ヵ月目~12ヵ月目は19,000円、13ヵ月目~24ヵ月は14,000円、25ヵ月目~36ヵ月目は9,500円となっており、38ヵ月目以降はすべて9,500円です。

So-net WiMAX 2+の公式サイトはこちら

【5】@nifty WiMAX 2+

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

@nifty WiMAX 2+はキャッシュバック金額が大きく、その他割引キャンペーンも非常に充実しています。@niftyは大手プロバイダ会社だけあり、サポート体制も充実していて、So-net WiMAX 2+同様に安心して利用できます。

また、今回紹介したプランの中では唯一「ギガ放題」の2年プランがあります。

ただし、2年プランではau 4G LTEを利用するとオプション料金がかかってしまうので、その点は注意が必要です。

@nifty WiMAX 2+ 「ギガ放題 3年」 「ギガ放題 2年」
初期費用 3,000円
月額料金
(~2ヵ月目)
3,670円 3,670円
月額料金
(3ヵ月目~24ヵ月目)
4,350円 4,350円
月額料金
(25ヵ月目以降)
4,350円
キャンペーン ・@ nifty使用権 710円×36ヵ月
※2019年2月1日~2019年2月28
・30,100円キャッシュバック
・au スマートバリュー mine対応
・まるっと割

契約解除料は1年目:19,000円、2年目:14,000円、3年目以降:9,500円です。

@nifty WiMAXは開通まで最短でも4日かかるので、そのあたりも考慮したタイミングで申し込みをするのがおすすめです。

@nifty WiMAX 2+の公式サイトはこちらNifty WiMax

WiMAX 無制限プランはこういう人におすすめ!

WiMAXは本当に無制限で使えるのか?

WiMAXの無制限プランがおすすめな人は、外出先でネット通信を頻繁に行う人です。

利用制限があるとはいえ、3日間で10GBの利用を超過しなければ、ほぼ限度なしで使うことができ、持ち出した外出先でも安定した通信をすることができます。

ゲームアプリの利用や、動画を頻繁に見たいという方にも、過度な利用でない限りは十分に使えますし、一人暮らしで自宅に光回線を開通させ、ガッツリ安定した環境下でのネット通信が必要でない方には最適です。

春から新生活を始める学生、新社会人の一人暮らしにもオススメです。

まとめ

WiMAXの無制限プランについて解説してきましたが、改めて無制限プランを上手く利用する方法を確認します。それは以下のとおりです。

・ギガ放題プランで契約する
・ au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を使わない
・ 3日間のデータ通信量を10GB以下に抑える

利用に際しては、上記の注意点をしっかりと守ることで、ほぼ無制限といってもいいデータ通信量を使うことができます。

また、サービスを提供するプロバイダも複数あり、キャンペーンも充実しているので、紹介したおすすめプロバイダの詳細をしっかりと確認して比較し、お得に快適な通信環境を手に入れることをぜひ一度検討をしてみていただければと思います。

→ Broad WiMAX 公式はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。