注目のスマホ決済8社を徹底比較! おすすめはどれだ?そもそもスマホ決済とは

書いた人: がねりん

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
注目のスマホ決済8社を徹底比較! おすすめはどれだ?そもそもスマホ決済とは

テレビCMや100億キャンペーンが話題になった「PayPay」をはじめ、スマホ決済の認知度は急上昇中です。今では、コンビニやファミレスなど、いろんなところでスマホ決済している方を見かけます。まさに、いま大注目の決済方法!

そんなスマホ決済は、非接触ICやQRコードなど多種多様。対応店も種類によって違うので、「スマホ決済を使ってみたいけど、どれを選べば良いかわからない」と迷いがちです。

そんなスマホ決済のメリット・デメリットから、今回は主要サービスの特徴などを徹底比較して紹介します。

目次:

スマホ決済とは

スマホ決済について
スマホ決済について

みなさん、そもそもスマホ決済とは何か知っていますか?スマホ決済と聞くと、なんだかややこしそうなイメージがありますが、実はとても簡単です。会計時にQRコードなどをかざすだけで決済できる、という仕組みとなっています。

支払いはアプリに紐づけされたクレジットカードや銀行口座から行われます。わざわざ財布を出さなくても、毎日使っているスマホで支払いができるのが魅力です。

また、コンビニや飲食店、タクシーなど幅広いシーンで利用ができるのも魅力の一つです。 タイプによって支払い時期が変わりますが、手軽に支払いしたい方、キャッシュレスを実現したい方におすすめの決済方法です。

スマホ決済の種類

スマホ決済の種類は?
スマホ決済の種類は?

スマホ決済のタイプは、以下の2種類に分かれています。

■スマホ決済の種類

・非接触IC決済
・QRコード決済

タイプによっては、お使いのスマホでは利用できないことがあります。使い勝手なども大きく違うため、利用する前に一度確認してみましょう。

非接触IC決済

非接触ICで決済
非接触ICで決済

非接触ICは、簡単に説明すると「おサイフケータイ」による支払い方法です。支払う際は、IC決済マークが付いた専用機器に、スマホをかざすだけでOK。それだけで、チャージした金額から自動的に引き落としてくれます。この非接触IC決済の代表的なサービスは以下の通りです。

■非接触IC決済の代表的なサービス

・モバイルSuica
・QuicPay

交通系のカードも含まれているので、比較的馴染み深いのも特徴の一つ。ただし、おサイフケータイ機能が必要になります。利用前に非接触ICカード規格のFeliCaが搭載されているのか確認してみましょう。また、クレジットカードと紐づけることが多いのも特徴です。

QRコード決済

ORコード決済で支払い
ORコード決済で支払い

QRコード決済は、非接触IC決済に比べて、少しややこしいです。というのも、決済方法が「スマホでQRコードを読み込む」か「アプリのQRコードを読み込んでもらう」かの2種類に分かれるからです。ややこしいと言っても、店員さんやアプリの指示に従えば、難なく利用できるのでご安心ください。QRコード決済の代表的なサービスは以下の通りです。

■QRコード決済の代表的なサービス

・PayPay
・LINEPay

話題のPayPayやLINEPayなど、比較的に新しいものはQRコード決済が多いようです。QRコード決済の特徴は、おサイフケータイが非対応でも利用できる点です。格安スマホでも使えるのは嬉しいですね!

なぜ人気なのか? スマホ決済の6つのメリット・3つのデメリット

スマホ決済のメリット・デメリット
スマホ決済のメリット・デメリット

みなさんも街でスマホ決済をしている方を、見かけたことあるのではないでしょうか。なぜここまで人気になったのか。メリット・デメリットを振り返って確認してみましょう。

スマホ決済のメリット

まずはスマホ決済のメリットから掘り下げます。

■スマホ決済のメリット

・現金を持たなくて良い
・手数料が無料なのにお得な特典がある
・場所、時間問わず送受金が可能
・セキュリティが高い
・支払い履歴が残るのでお金の管理がしやすい
・QRコード決済のタイプなら端末を選ばずに使える

各メリットを詳しく解説します。

メリット①. 現金を持たなくて良い

スマホ決済の最大の利点は「現金を持たなくて良い」ところです。これで、財布を無くす不安や現金を失うリスクを回避できます。手荷物が減る上に、安全性も高められるのは嬉しいですね。

メリット②. 手数料が無料なのにお得な特典がある

手数料が無料!
手数料が無料!

スマホ決済の手数料は基本的に「無料」です。それでいて、PayPayなどのスマホ決済では、ポイント還元やキャッシュバックといったお得な特典が付いています。これでわかる通り、実は現金払いよりも、スマホ決済の方がお得なんです!

メリット③. 場所、時間問わず送受金が可能

スマホ決済は、その場でいつでも送受金ができます。現金をチャージしたければ、スマホを使ってその場でチャージができ、払い戻しもOK。アプリによっては、友達に送金することもできます。

メリット④. セキュリティが高い

スマホ自体にロックが掛けられているため、セキュリティが高いのも魅力です。仮にスマホを落としてしまってもチャージしたお金を使われたり、スマホ決済を悪用される心配もありません。こういった安全性もスマホ決済ならではですね。

メリット⑤. 支払い履歴が残るのでお金の管理がしやすい(マネーフォワードなど家計簿アプリと連動可能)

スマホ決済と家計簿アプリを連動させることで、支払い履歴を残せます。

お金の管理が手軽に!
お金の管理が手軽に!

プリペイドカードなどでは、履歴が残らないため、どれぐらいお金を使ったのかが分からなくなることも多いです。そうなると、ついついお金を使いすぎてしまうことも・・・。どれだけ使ったのか確認ができて、無駄遣いも減らせるはずです!

メリット⑥. QRコード決済のタイプなら端末を選ばずに使える(格安スマホでもOK)

QRコード決済のタイプなら、端末を選ばずスマホ決済が使えます。格安スマホでも利用できるので、スマホを持っている方は、一度お試しで使ってみてください!

スマホ決済のデメリット

スマホ決済には下記のようなデメリットがあります。

■スマホ決済のデメリット

・使える場所が限られている
・機種変更の際、再登録が必要な場合がある
・充電がないと使えない

各デメリットを詳しく解説します。

デメリット①. 使える場所が限られている

使えない場所もある
使えない場所もある

新しいサービスが多いため、スマホ決済の種類によっては使えるお店が限られています。ただ、コンビニや家電量販店、大手飲食チェーンなどではほとんど対応しています。導入店舗はどんどんと増えているので、今後はもっと使いやすくなるでしょう。

デメリット②. 機種変更の際、再登録が必要な場合がある

機種変更する際に、再登録が必要になります。その際、残高をクラウド上に預ける手続きなどを行う必要があります。これからスマホの買い替えを検討している方は、機種変更の後にスマホ決済に挑戦するのでもいいかもしれません。

デメリット③. 充電がないと使えない

充電切れに注意!
充電切れに注意!

充電がなくなると、基本的にスマホ決済が使えません。ただ、Suicaなど種類によっては、わずかな電力でも使えることがあります。充電切れが心配な方は、モバイルバッテリーを常備しておきましょう。

実は簡単、スマホ決済の利用方法

スマホ決済の利用方法は?
スマホ決済の利用方法は?

スマホ決済と聞くと、なんだか難しそうなイメージを持ちますが、実は非常に簡単。ややこしい登録もなく、時間もかからないので、誰でもすぐ利用できます!そこで今回は、話題のPayPayを参考に登録から利用まで解説します。登録ステップは以下の順です。

・ステップ①. PayPayをインストール
・ステップ②. 電話番号とパスワードを設定して「新規登録」
・ステップ③. 認証コードを入力して登録完了

PayPayをインストール
PayPayをインストール
新規登録をしよう!
新規登録をしよう!

まずはPayPayをインストールしましょう。「Apple Store」または「Play ストア」からダウンロードできます。案内に沿って電話番号とパスワードを入力してください。その後、「新規登録」をタップすればOK。

認証コードを入力
認証コードを入力
PayPayを利用する
PayPayを利用する

新規登録をタップした後に「認証コード」が届くので、コードを入力して登録完了。
登録に必要な手間はたったこれだけ。時間は1分もかかりません!また利用も簡単です。

利用する場合は、アプリを起動して画面にあるバーコードを読み取ってもらうだけ。 使う手間がかからないのが、スマホ決済の良いところですね。ちなみに、これはQRコード決済タイプの利用方法です。

おサイフケータイの場合は、こちらの記事を参考にしてください。

主要サービス一覧

スマホ決済の主要サービス
スマホ決済の主要サービス

最後に、スマホ決済の主要サービスを紹介します。現在、よく使われているものは以下の通りです。

■スマホ決済の主要サービス

・QUICPay
・Suica
・PayPay
・楽天ペイ
・LINE Pay
・Origami Pay
・d払い

サービスによって、特徴や使えるお店が違います。種類ごとに詳しく解説するので、自分に合ったものを見つけましょう!

QUICPay

QUICPayの特徴は?
QUICPayの特徴は?

QUICPayの特徴は、使えるお店が非常に多いことです。飲食店やコンビニの大手チェーンだけではなく、タクシー、ドラッグストア、なんと東京ディズニーランドまで対応しています。

決済ではクレジットカードと紐づけられるので、残高を気にする必要もありません。また、QUICPayをよりスマホ決済に特化したQUICPay+ならプリペイドカード、デビットカードの登録が可能になっています。

QUICPayで支払えば、クレジットカードのポイントやマイルが貯まるのも特徴です。

その他に、キャンペーンも頻繁に実施しており、対象店舗が割引になったり、東京ディズニーランドに招待したり、と嬉しいものばかり。

とにかく使いやすいスマホ決済サービスを探しているなら、QUICPayがおすすめです。国内で人気のあるiPhoneでも利用できます。ただし、非接触ICタイプなので、おサイフケータイ機能がないと利用できません。

QUICPayのココがおすすめ! 

・対応店がかなり多い
・紐づけできるカードが3種類ある
・キャンペーンが豊富
・iPhoneでも使える

■QUICPayの決済方法

・クレジットカード
・プリペイドカード
・デビットカード

■QUICPayの使えるお店(公式ページ

コンビニ:セブンイレブン、ローソン、FamilyMartなど
飲食店:温野菜、藍屋、ガスト、牛角、かっぱ寿司など
ショッピング:イオン、イトーヨーカドー、アピタなど
娯楽:東京ディズニーランド、ディズニー・シー、TSUTAYAなど

Suica

Suicaの特徴は?
Suicaの特徴は?

​Suicaの特徴は、他のスマホ決済ではできない「公共交通機関の支払い」に対応していることです。電車の特急券やグリーン券、定期券にも対応しているので、Suicaを使えば移動にも困りません!

クレジットカードや銀行口座と紐つければ、いつでもチャージが可能です。クレジットカードならオートチャージにも対応しているので、入金する手間はかかりません。もちろん、現金チャージも可能です。

また、SuicaはFeliCaサービス開始の最初期から存在しているため、対応している店が多いのも魅力です。ただし、QUICPayと同様に非接触ICタイプなので、おサイフケータイ機能がないと利用できません。

移動も買い物も1つで行いたい、より少ない荷物で外出したい方はSuica一択です。

Suicaのココがおすすめ!

・対応店舗がかなり多い
・公共交通機関でも利用できる
・オートチャージに対応している

■Suicaの決済方法

・銀行口座
・クレジットカード
・現金

■Suicaの使えるお店(公式ページ

コンビニ:セブンイレブン、ローソン、FamilyMartなど
飲食店:ガスト、KFC、コメダ珈琲店、すき家、甘太郎など
ショッピング:イオン、イトーヨーカドー、ドン・キホーテ、Arioなど
公共交通機関:Suicaマーク、PASUMOマーク、manacaマークなどがある場所

PayPay

PayPayの特徴は?
PayPayの特徴は?

PayPayの特徴はQRコード決済タイプなので、支払いも登録も手軽なことです。100億円キャンペーンなどを積極的に行い、今ではスマホ決済の中で一番の知名度となっています。

決済では、クレジットカードや銀行口座(PayPay残高)どちらも利用できます

また、PayPayはお店との決算だけでなく、PayPay間で無料で送金ができます。相手のバーコードや携帯番号から簡単に行えるので、割り勘や個人のお金の貸し借りにも役立ちます。

登録が簡単にできるので、今からインストールして、最短1分ですぐに使えます。簡単、手軽にキャッシュレスを実現するなら、PayPayがおすすめです!

PayPayのココがおすすめ!

・銀行口座とクレジットカード両方使える!
・100億キャンペーンなどを頻繁に行っている
・登録が簡単

■PayPayの決済方法

・クレジットカード
・銀行口座(PayPay残高)
・Yahoo!マネー

■PayPayの使えるお店(公式ページ

コンビニ:FamilyMart、ポプラ、MINISTOP
飲食店:魚民、白木屋、笑笑、PIZZA-LA、坐和民、山内牧場など
ショッピング:アインズ&トルペ、Zoff、H.I.S.など
家電量販店:EDION、ビックカメラ、ヤマダ電機、Joshinなど

\ PayPayのアプリをダウンロード /

appStoreでダウンロードpaypay_IOSgooglePlayで手に入れるpaypay_android

楽天ペイ

楽天ペイの特徴など
楽天ペイの特徴など

楽天ペイの特徴は、「200円で1ポイント」の楽天スーパーポイントがもらえることです。楽天カードと紐付けしていれば通常のポイントに加え、上乗せで「100円で1ポイント」もらうことができます。

オンライン決済にも対応しています。一度登録してしまえば、面倒なクレジットカード情報の入力も不要になります。楽天以外のショップでも楽天スーパーポイントをもらうことができることも魅力です。もちろん貯まったポイントでお支払いも可能です。

決済方法はクレジットカードのみとなっており、銀行口座とは紐づけできません。QRコード決済タイプなので、対応のお店で読み込んでもらうだけで支払いができます。

楽天会員の方や楽天カードを持っている方は、楽天ペイがおすすめです!

楽天ペイのココがおすすめ!

・楽天会員なら200円で1ポイント貯められる
・楽天カードと紐付ければさらに100円で1ポイント!
・オンライン決済にも対応

■楽天ペイの決済方法

・クレジットカード

■楽天ペイの使えるお店(公式ページ

コンビニ:ローソン、FamilyMart、ポプラ、MINISTOP
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、和民、はなの舞、PIZZA-LAなど
ショッピング:AOKI、Righit-on、Step、はるやまなど
オンライン:BUYMA、めちゃコミック、atmos、夢展望など

→ 楽天カードお申し込みはこちら楽天カード

LINE Pay

LINE Payの特徴など
LINE Payの特徴など

LINE Payの特徴は、友達同士で割り勘ができる「割り勘機能」が付いていることです。飲み会などでわざわざ別会計したり、あとでみんなから集金したり、といった面倒な作業なく支払いができます。友達がLINE Payに加入していなくても、加入後に割り勘も可能です。

決済方法は、銀行口座かコンビニで現金チャージが選べます。銀行口座と紐付ければ、オートチャージができるのでおすすめです。クレジットカードは紐づけできないのでご注意ください。

オンライン決済にも対応しているので、気になる通販でもお買い物ができちゃいます!また、国際的なセキュリティ認証を受けているので、安心して利用できるのもポイント。

割り勘をもっと楽にしたい方、安心してスマホ決済したい方はLINE Payがおすすめです。

LINE Payのココがおすすめ!

・割り勘機能で楽に精算できる
・銀行口座と紐づければオートチャージができる
・国際的なセキュリティ標準で安心
・オンライン決済にも対応

■LINE Payの決済方法

・銀行口座
・コンビニ
・オートチャージ
・LINE Payカード

■LINE Payの使えるお店(公式ページ

コンビニ:ローソン
飲食店:スターバックス・コーヒー、焼肉でん、白木屋、魚民、笑笑など
ショッピング:阪神百貨店、Right-on、ココカラファイン、LOFTなど
オンライン:ZOZOTOWN、新ラクマ、HMV ONLINE、ソク読みなど

メルペイ

メルペイの特徴など
メルペイの特徴など

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」を利用して支払うスマホ決済です。

「メルカリ」で保有している売上金を、全国約90万か所の「iD」加盟店で利用できます。また、Apple Payを利用してメルカリの売上金を「Suica」へチャージすることも可能です。

チャージは登録の銀行口座から可能です。通常メルカリの売上金を銀行口座へ振込場合、振込額が1万円以下だと210円の手数料がかかります。ですが、メルカリの売上金をメルペイにチャージする際も手数料はかかりません。小額でも無料でチャージできるのはメルペイの嬉しいポイントです。

また、「メルペイあと払い」は、メルペイのポイントや残高なくても支払いができます。翌月にコンビニ・ATM・口座振替・ポイントのいずれかで支払えばOK。手数料が300円かかりますが、手数料無料のキャンペーンなども行われているのでチェックしてみてください。

メルペイのココがおすすめ!

・「メルカリ」の売り上げ金を実店舗で利用できる
・「メルカリ」の売上金からのチャージが無料
・対応店舗が多い

■メルペイの決済方法

・「メルカリ」の売上金
・銀行口座
・メルペイあと払い

■メルペイの使えるお店(公式ページ

コンビニ:セブン-イレブン、ファミリマート、ローソン、ヤマザキなど
飲食店:魚民、ガスト、牛角、CoCo壱番屋、坐・和民、笑笑など
ショッピング:ビックカメラ、イオン、AOKI、イトーヨーカドーなど

Origami Pay

Origami Payの特徴など
Origami Payの特徴など

Origami Payの特徴は、即時その場で割引されるキャンペーンが多いことです。ポイント還元ではなく、お支払い金額が最大半額などのキャンペーンがあり、キャッシュレス化だけでなく、お得に買い物をしたい方には嬉しい特典です。

銀行口座とクレジットカードどちらも紐づけできるのできます。QRコード決済タイプなので、会計時にQRコードを提示すれば手軽に支払いが可能。

その他にも、国際的なセキュリティ基準を満たしているので、安心して会計ができるのも魅力ですね。

Origami Payのココがおすすめ!

・割引でお得にショッピングできる
・銀行口座とクレジットカードに紐づけできる
・セキュリティもバッチリで安心して使える

■Origami Payの決済方法

・銀行口座
・クレジットカード

■Origami Payの使えるお店(公式ページ

コンビニ:ローソン
飲食店:吉野家、ケンタッキーフライドチキン、和民など
ショッピング:パルコ、阪急百貨店、阪神百貨店、Righit-on、靴下屋、LoFtなど
娯楽:自遊空間

d払い

d払いの特徴など
d払いの特徴など

「d払い」は、ドコモが提供しているスマホ決済サービスで、ドコモユーザーなら月々のスマホ料金を合算して支払い(月額最大10万円)できることが特徴です。もちろんdアカウントがあれば、ドコモユーザー以外でも、誰でもd払いを利用できます。

dポイントが貯められるのも嬉しいところ!オンライン決済にも対応しているので、ネットショッピングでもお店でも手軽にポイントを貯められます。

dポイントは加盟店で1ポイント1円で使えるほかにドコモ携帯料金、ローソンのお試し引換券への交換、JALマイルへの交換など多くの使い方があります。

ポイント10倍などのキャンペーンも多く、特にドコモユーザーはまとめてポイントが貯められるのでおすすめです!

d払いのココがおすすめ!

・スマホ料金と一括支払いができる
・dポイントが貯まる
・オンライン決済にも対応

■d払いの決済方法

・スマホ料金と一括払い
・クレジットカード

■d払いの使えるお店(公式ページ

コンビニ:ローソン、FamilyMart、ポプラ
飲食店:笑笑、坐・和民など
ショッピング:タワーレコード、高島屋など
オンライン:Amazon、メルカリ、MUSE&Co.など

まとめ

スマホ決済があれば、財布を持ち歩く必要はありません。対応店もどんどんと増えているので、スマホ一つあれば、食事からショッピングまで楽しめちゃいます。さらに、サービスによっては期間限定でキャンペーンを実施しており、たとえばPayPayなら100億キャンペーンでお支払いの○%還元!?なんてことも。

登録も利用も簡単なので、気になったらすぐ使ってみましょう!ただ、非接触ICタイプの場合は、おサイフケータイ機能がなければ使えないのでご注意ください。

スマホ決済を利用して、快適なキャッシュレス生活を送ってください!

スマホ決済のポイント

・スマホ決済があればキャッシュレス化が可能
・非接触ICとQRコード決済タイプがある
・手数料が無料で登録の手間がかからない
・セキュリティがしっかりしているので安心して使える
・タイプによっては使えない端末もある

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys