スマホのテザリングとWiMAXを比較! 実際に使ってみて分かったメリット・デメリットとは?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFiルーター

スマホのテザリングとWiMAXを比較! 実際に使ってみてわかったメリット・デメリットとは?

スマホのテザリング、モバイルWi-FiルーターのWiMAX、どちらも外出時にインターネットを繋ぐ時、手軽に使うことができます。WiMAXの契約を検討している人も、「スマホのテザリングでいいんじゃないか?」と思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、スマホのテザリングとWiMAXどちらがいいのか?
実際に使ってみて、使い勝手、料金面も含めてそれぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

目次:

テザリングってなに?

そもそもテザリングってなに?
そもそもテザリングってなに?

外出時などWi-Fi環境がない場合、WiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターがあると便利ですが、スマホのテザリング機能を使うといった選択肢もあります。

そもそもテザリングってなんでしょうか?

テザリングとは、簡単に言うとスマホを介してPCやゲーム機などのデバイスにインターネットを接続させる機能です。スマホをWi-Fiルーターとして使える機能になります。接続方法は「USB」「Wi-Fi」「Bluetooth」があります。

スマホのテザリングのイメージ
スマホのテザリングのイメージ

スマホを介してインターネットを繋ぐ利用方法になるので、普段スマホが繋がるエリアであれば気にせず使えるメリットがあります。WiMAXはそのままWiMAXを介して使用するデバイスにインターネットを接続させるものになります。

実際にテザリングとWiMAXを使ってみた

実際に使ってみた
実際に使ってみた

実際にスマホのテザリングとWiMAXで使用感は違うのか、使用する環境・機種によっては影響差が出ますので必ずしも同じ結果とは言えませんが、ここでは実際に使って分かったポイントを比較してみます。

まずはスマホのテザリングを使って2時間ほど実際に使ってみました。テザリングの繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で、充電MAXのiPhone 8 Plus(au)を東京都品川区で利用していきます。主に使用する内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。

スマホのテザリングとWiMAXはどっちがいい?

~1時間後~

作業をして約1時間ほどでさっそく気になりました。・・・iPhoneの電池の減り速くないですか?

1時間経過したバッテリー残量は80%台
1時間経過したバッテリー残量は80%台

1日だいたい、通勤途中にブラウザやSNSやたまに動画を見ていても家に帰るまではバッテリーはそこまで気になったことはないのですが、開始1時間でこの減りようは少し気になります。

~2時間後~

2時間後のiPhone
2時間後のiPhone

2時間使って、このバッテリーの減りようだとモバイルバッテリーは必須!ですね。メインで使うスマホをそのままテザリングとして使う想定をしているので、実際にはこの間にも電話をしたりスマホ自体の通信をしている状態になります。ちょっと外で使いたい時に便利ですがバッテリーは気にしたほうがいいでしょう。持ち運ぶにはスマホ1台でいいので携帯性は◎長時間の使用はおすすめできません

テザリングの使い勝手としては、主にブラウジングやTwitter、メールを使っても通信速度に関しては、遅いと感じることなく使えました

続いて、WiMAXを使ってみましょう。
使用するWiMAXはBroad WiMAX 「Speed Wi-Fi NEXT W05」になります。充電MAXで繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で使用します。テザリングと同じく、内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。

ここからWiMAXを使う
ここからWiMAXを使う

~1時間後~

スマホのテザリングとWiMAXはどっちがいい?

WiMAXを使って1時間後、電池の減りはなにも気になりませんでした。通信も全く問題なく快適に使用できます。

~2時間後~

スマホのテザリングとWiMAXはどっちがいい?

2時間経過するとさすがに少しバッテリーが減りました。数値で出せないですがおよそ15%くらいでしょう。これなら、使わない時はオフにするとして1日使って就寝時に充電するといったルーティンで利用できそうです。繋ぐ時間が長時間を越えるようなら、モバイルバッテリーはあったほうが良いでしょう。今回使用したW05はスペック上の連続通信時間は約7時間となっています。

通信が混み合うとされているお昼のランチタイムをまたいで使っていても、通信速度の体感としては全く問題なく使えました。携帯性は、スマホと比べると1台分増えますが、上着のポケットにも入りますし、カバンの中に入れておいても邪魔にならずに利用できる大きさなので携帯性としても◎です。

スマホのテザリング料金とWiMAXの料金を比較

スマホのテザリングとWiMAXはどっちがいい?

スマホのテザリングとWiMAX、どっちを使うのがお得なのでしょうか? スマホのプランを見直したほうがいいのか、WiMAXを申し込んでスマホと一緒に使ったほうがいいのか。料金を比較してみましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクのテザリングの料金はオプションになっており、ドコモは無料、auとソフトバンクは500円となります。ただ、テザリングだけでは契約ができませんので、ここでは各キャリアの月額料金、WiMAXの月額料金を比較します。

WiMAX ドコモ au ソフトバンク
月額料金 4,380円 10,800円 9,640円 9,078円
契約年数 2 / 3年 2年 2年 2年
データ容量 制限なし
※3日で10GBの通信制限
1~30GB 1~30GB 1~50GB

※ドコモ:(iPhone XS カケホーダイライトプラン + ウルトラデータLLパック)
※au:(iPhone XS auフラットプラン30 + スーパーカケホ + テザリングオプション)
※ソフトバンク(iPhone XS 通話プラン(準定額) + データ定額50GBプラス + テザリングオプション)
※WiMAX:(UQ Flatツープラス2年)

ここでは、スマホの大容量のデータ通信プランとWiMAXの料金の月額で比較しました。

家でも頻繁に使いたいなど、利用用途にもよりますがWiMAXを持つことを考えると、スマホのデータ通信のプランを見直したほうがいいといえるでしょう。

ちなみに、WiMAXとスマホで持った場合の参考の料金はこちら。筆者と同じくauのスマホとWiMAXで試算してみます。

・WiMAX = 月額4,380円(UQ Flatツープラス2年)
・au = 月額6,020円(auピタットプラン3GB / スーパーカケホ / テザリングオプション)

WiMAXで利用するデータ通信の部分を賄えますので、スマホのデータ通信量を下げて使うように試算しました。さらに料金を下げたいといった場合は、WiMAX+格安SIMもおすすめです。

格安SIMを利用すると毎月のスマホの料金を下げることができます。興味がある人は、以下の記事をチェックしてみてください。

スマホのテザリング、WiMAXのメリット・デメリット

実際に使ってみて分かった部分とその他の考えられる、スマホのテザリングとWiMAXのメリットとデメリットをまとめてみます。

テザリング
テザリング

テザリングのメリット

・いつも使ってるスマホ1台で持ち物増えずに使える
・家でも外でも使える
・対応エリアは広い

テザリングのデメリット

・バッテリーの消耗が普段使いより激しい
・大容量プランではないと通信制限など不安要素がある
・auとソフトバンクではテザリングのオプション料金がかかる

WiMAX
WiMAX

WiMAXのメリット

・データ無制限で使える(3日で10GBの通信制限は要注意)
・バッテリー持ちも安心して使える
・家でも外でも使える
・auのスマホと一緒に使うと割引がある

WiMAXのデメリット

・契約期間の縛りが長い / 違約金が高い
・契約できるルーターの種類は多くない
・利用するエリアがスマホほど広くない

スマホのテザリング利用のメリットとしては、スマホと同じエリアで使えるので対応エリアは広いです。また、スマホ1台で使えるので持ち物がかさばらないで使えます。

デメリットは、バッテリーの消耗が激しいことと、頻繁に使っていると通信制限にかかってしまうことも考えられます。モバイルバッテリーを常備しておくのと、毎月のデータ残量をこまめに確認しておくといいでしょう

WiMAXのメリットは、無制限で使えること。外出時はもちろん、工事不要で家でも使えます。3日で10GBなどの通信制限を気にする必要はありますが、使い方さえ気をつければ大丈夫でしょう。バッテリー持ちもテザリングよりは不安材料にはなりません。

デメリットとしては、少し外で使いたいといった場合には料金が高いです。また、対応エリアは拡大していますがスマホと比べるとエリアはまだ広くありません。申し込みの際に対応エリアの確認、利用頻度を考えておくといいでしょう

比較まとめ

今回、スマホのテザリングとWiMAXを実際に使ってみました。テザリングは、バッテリーと毎月のデータ通信量に注意が必要ですが、メインのスマホでさっといつでも使える手軽さがあります。WiMAXは毎月のランニングコストはかかりますが、長時間つかっていても通信制限、バッテリーの部分でも安心して使えます。

短時間で使うケースが多い人はテザリングを。1日の中で家でも外でもWi-Fi環境が欲しい人はWiMAXを使うといいでしょう。自身で使うシーンを想定して利用するようにしましょう。

また、スマホの料金を格安SIMなどで抑えて、WiMAXを使うといった組み合わせもおすすめです。また、WiMAXはエリアや通信速度が気になる人は15日間無料でお試しできる「 Try WiMAX」を利用するといった方法もあるので参考にしてみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン