「Speed Wi-Fi HOME L02」(WiMAX 2+対応ホームルーター)を使い始める際に確認したい10個の基本設定・操作

書いた人: でこい

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「Speed Wi-Fi HOME L02」(WiMAX 2+対応ホームルーター)を使い始める際に確認したい10個の基本設定・操作

2019年1月25日に発売されたHuawei製のWiMAX 2+対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」は、下り最大1.0Gbpsのギガビット通信に対応した超高速モデル。

この記事では、L02を使い始めるときにまず確認しておきたい10個の基本設定・操作を紹介します。一度設定すればそれ以降頻繁にさわる必要はない内容がほとんどなので、ぜひチェックして参考にしてみてください。

目次:

1. Wi-Fiに接続する

Wi-Fiに接続する際の基本設定からチェックしてきましょう。方法は2通りあるので、ご自身のやりやすい方でWi-Fiに接続してみてください。

SSIDとパスワードを使ってWi-Fiに接続する

まずは、SSID(アクセスポイント名・Wi-Fiスポット名)とパスワードを使ってWi-Fiに接続する方法から紹介します。

SSIDとパスワードは本体底面に記載されている
SSIDとパスワードは本体底面に記載されている
SSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fi接続が完了
SSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fi接続が完了

スマートフォンのWi-Fi設定から、記載されているSSIDとパスワードを入力するとWi-Fiに接続することができます。

2.4GHz帯用と5GHz帯用の2種類のSSIDが記載されていますが、ほとんどのスマートフォンは5GHz帯に対応しているので5GHz帯に接続して利用しましょう。

QRコードからWi-Fiに接続する

本体底面に記載のQRコードを読み込むと簡単にWi-Fiに接続できる
本体底面に記載のQRコードを読み込むと簡単にWi-Fiに接続できる

本体底面に記載されているQRコードを読み取ることでもWi-Fiに接続することができます。

QRコードを読み取るとWi-Fiに接続できるQRコードを読み取るとWi-Fiに接続できる
QRコードを読み取るとWi-Fiに接続できる

2. LEDインジケーターランプの表示について

4種類のLEDインジケーターランプでルーターの状態を確認
4種類のLEDインジケーターランプでルーターの状態を確認

正面にある4種類のLEDインジケーターランプでは、色(緑・黄・赤)と点灯パターン(常時点灯・点滅・3回点滅)でルーターの状態を確認することができます。

上から電波ランプ、Mode/Updateランプ、Statusランプ、Data Usageランプとなっており、それぞれの色と点灯パターンが示唆する内容は以下の通り

色・点灯パターン ルーターの状態
電波ランプ 緑点灯 電波強度を
4段階で表示
消灯 圏外
Mode/Updateランプ 緑点灯 ハイスピードモード
黄点灯 ハイスピード
プラスエリアモード
黄点滅 通信モード
自動切替オン
赤点滅 更新通知
Statusランプ 緑点灯 正常
赤点灯 圏外
赤点滅 接続エラー
(ICカード未挿入など)
Data Usageランプ 緑点灯 正常
黄点灯 データ通信量超過

慣れるまではユーザーガイドで確認するようにして、徐々にそれぞれのランプの表示内容を覚えていきましょう。

3. HUAWEI HiLinkアプリを使う

専用アプリ「HUAWEI HiLink」で設定したり、ツールを活用できる
専用アプリ「HUAWEI HiLink」で設定したり、ツールを活用できる

専用アプリ「HUAWEI HiLink」を活用すると、「Speed Wi-Fi HOME L02」の設定を行ったり、さまざまなツールが利用できます。まずは、App Store / Google Playストアからアプリをインストールしましょう。

パスワードを入力してログイン
パスワードを入力してログイン
パスワードは本体底面に記載されている
パスワードは本体底面に記載されている

アプリを開くと、管理者ログインページが表示されます。ここには端末底面に記載されている初期ログインID/パスワードのパスワードの部分を入力します。

Wi-Fi設定に進むので、必要な情報を入力する
Wi-Fi設定に進むので、必要な情報を入力する

続けて表示されるWi-Fi設定画面ではSSID/パスワードを設定できますが、最初は初期状態のままでOKです。

端末のログインパスワード設定は、アプリにログインするためのパスワードのこと。本体底面記載のパスワードをそのまま使ってもいいですし、Wi-Fi接続のパスワードと同じにしたり、まったく別のパスワードを使っても問題ありません。

Wi-Fi設定が完了すると、上の画面が表示される。
Wi-Fi設定が完了すると、上の画面が表示される。

4. SSID/パスワードを変更する

HUAWEI HiLinkからSSID/パスワードを変更する方法を解説します。

右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ
2.4GHz帯、5GHz帯それぞれのSSID/パスワードを変更できる
2.4GHz帯、5GHz帯それぞれのSSID/パスワードを変更できる

また、「5GHz有線機能」をオンにするとSSIDを1つにまとめることが可能。「Speed Wi-Fi HOME L02」側で接続機器の状態を判断し、自動で5GHzと2.4GHzの接続を分けてくれるようになります。

5. 通信モードを切り替える

「Speed Wi-Fi HOME L02」では、ハイスピードとハイスピードプラスエリアの2つの通信モードを使うことができます。ハイスピードプラスエリアは7GB/月の制限がありますが、最大通信速度下り最大1Gbps(Wi-Fi接続時は下り最大867Mbps)の超高速通信が利用できます。

もちろん制限のないハイスピードモードでもストレスなく使うことができますが、アプリからモードの切替が簡単にできることを覚えておきましょう。

右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択
【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択

6. 通信モードを自動で切り替える

ハイスピードプラスエリアをメインで利用して、あらかじめ設定したデータ量になったらハイスピードに自動で切り替わるように設定することもできます。

右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する
【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する
【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)
【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)
【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する
【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する

7. ゲストWi-Fiを設定する

「Speed Wi-Fi HOME L02」は、友人・家族でも一時的にインターネット環境を使えるゲストWi-Fi機能を搭載しています。

ゲストはインターネットに接続できますが、「Speed Wi-Fi HOME L02」に接続された機器や設定ツールにはアクセスできません。そのため、ネットワークのセキュリティ性を保ちつつ、来客者にインターネット環境を提供できます。

【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する
【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する
【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる
【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる

8. 通信量カウンタを使用する

「通信量カウンタ」機能を使うと、これまでに利用した高速データ通信量を通信モードごとに確認することができます。

「HUAWEI HiLink」アプリを起動すると通信量カウンタが表示される
「HUAWEI HiLink」アプリを起動すると通信量カウンタが表示される

HUAWEI HiLinkを起動してすぐに表示されるのが、通信量カウンタ。のハイスピードプラスエリアモードの通信使用量をカウントしています。

通信量カウンタの設定画面
通信量カウンタの設定画面

表示されている通信量カウンタをタップすると、設定画面が表示されます。

【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる
【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる
【設定(1ヶ月)】【設定(3日)】のいずれかをタップ
【設定(1ヶ月)】【設定(3日)】のいずれかをタップ
それぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えますそれぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えます
それぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えます

9. Speed Wi-Fi Home設定ツールを使う

Speed Wi-Fi Home設定ツールにログイン
Speed Wi-Fi Home設定ツールにログイン

Speed Wi-Fi Home設定ツールを利用する際は、「Speed Wi-Fi HOME L02」を介してインターネットに接続中のデバイスでブラウザを起動し、Speed Wi-Fi Home設定ツールのURLにアクセスしましょう。

本体底面に記載されているユーザー名とパスワード(変更している場合は変更後のパスワード)を入力するとログインできます。

Speed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップするSpeed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップする
Speed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップする

初期セットアップとして、ソフトウェア自動更新と5GHz優先機能のオン・オフを選択する画面が表示されるので適宜設定します。

Speed Wi-Fi Home設定ツールで、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目を設定できる
Speed Wi-Fi Home設定ツールで、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目を設定できる

Speed Wi-Fi Home設定ツールからは、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目の設定が行えるので使いやすい方を選択しましょう。スマホ操作するのであればHUAWEI HiLinkのほうが使いやすいと思います。

10. ソフトウェアの更新を確認する

4段階の電波ランプの下にある「Mode/Updateランプ」に注目
4段階の電波ランプの下にある「Mode/Updateランプ」に注目

本体のソフトウェア更新がある場合、本体正面の「Mode/Updateランプ」がゆっくりと赤く点滅します。

本体上面の「Updateボタン」を長押し
本体上面の「Updateボタン」を長押し

本体上面にある「Updateボタン」を約1秒長押しすると、「Mode/Updateランプ」が素早く赤く点滅します。アップデートが完了すると、緑もしくは黄色の点灯に戻ります。

使い方まとめ:「Speed Wi-Fi HOME L02」の初期設定は非常に簡単

“SIMカードを入れてコンセントに接続するだけで使える”ので、「Speed Wi-Fi HOME L02」の初期設定は非常に簡単です。

その他の細かな設定に関しても、HUAWEI HiLinkアプリを使えば簡単に設定変更できるので使いやすいと感じました。

ホームルータータイプなので、一度設定を済ませてしまえばそこまで頻繁に変更することもないと思います。まずはこの記事を参考にして、使い始めの段階で設定を済ませておくのがおすすめです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。