カテゴリ: ホームルーター

「Speed Wi-Fi HOME L02」(WiMAX 2+対応ホームルーター)を使い始める際に確認したい10個の基本設定・操作

2019年1月25日に発売されたHuawei製のWiMAX 2+対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」は、下り最大1.0Gbpsのギガビット通信に対応した超高速モデル。

この記事では、L02を使い始めるときにまず確認しておきたい10個の基本設定・操作を紹介します。一度設定すればそれ以降頻繁にさわる必要はない内容がほとんどなので、ぜひチェックして参考にしてみてください。

   

Broad WiMAX

   

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

   

今なら他社から乗り換えで
最大40,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

\ 当サイト経由限定 /

最大2万円キャッシュバック

 ・月額料金2,167円から使える置き型WiFi
 ・ソフトバンク、Y!mobileスマホセット割

■モバレコ限定 キャンペーン

・最大2万円の高額キャッシュバック
U‐NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

※キャンペーン併用可能

1. Wi-Fiに接続する

Wi-Fiに接続する際の基本設定からチェックしてきましょう。方法は2通りあるので、ご自身のやりやすい方でWi-Fiに接続してみてください。

SSIDとパスワードを使ってWi-Fiに接続する

まずは、SSID(アクセスポイント名・Wi-Fiスポット名)とパスワードを使ってWi-Fiに接続する方法から紹介します。

SSIDとパスワードは本体底面に記載されている
SSIDとパスワードは本体底面に記載されている
SSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fi接続が完了
SSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fi接続が完了

スマートフォンのWi-Fi設定から、記載されているSSIDとパスワードを入力するとWi-Fiに接続することができます。

2.4GHz帯用と5GHz帯用の2種類のSSIDが記載されていますが、ほとんどのスマートフォンは5GHz帯に対応しているので5GHz帯に接続して利用しましょう。

QRコードからWi-Fiに接続する

本体底面に記載のQRコードを読み込むと簡単にWi-Fiに接続できる
本体底面に記載のQRコードを読み込むと簡単にWi-Fiに接続できる

本体底面に記載されているQRコードを読み取ることでもWi-Fiに接続することができます。

QRコードを読み取るとWi-Fiに接続できるQRコードを読み取るとWi-Fiに接続できる
QRコードを読み取るとWi-Fiに接続できる

2. LEDインジケーターランプの表示について

4種類のLEDインジケーターランプでルーターの状態を確認
4種類のLEDインジケーターランプでルーターの状態を確認

正面にある4種類のLEDインジケーターランプでは、色(緑・黄・赤)と点灯パターン(常時点灯・点滅・3回点滅)でルーターの状態を確認することができます。

上から電波ランプ、Mode/Updateランプ、Statusランプ、Data Usageランプとなっており、それぞれの色と点灯パターンが示唆する内容は以下の通り

色・点灯パターン ルーターの状態
電波ランプ 緑点灯 電波強度を
4段階で表示
消灯 圏外
Mode/Updateランプ 緑点灯 ハイスピードモード
黄点灯 ハイスピード
プラスエリアモード
黄点滅 通信モード
自動切替オン
赤点滅 更新通知
Statusランプ 緑点灯 正常
赤点灯 圏外
赤点滅 接続エラー
(ICカード未挿入など)
Data Usageランプ 緑点灯 正常
黄点灯 データ通信量超過

慣れるまではユーザーガイドで確認するようにして、徐々にそれぞれのランプの表示内容を覚えていきましょう。

3. HUAWEI HiLinkアプリを使う

専用アプリ「HUAWEI HiLink」で設定したり、ツールを活用できる
専用アプリ「HUAWEI HiLink」で設定したり、ツールを活用できる

専用アプリ「HUAWEI HiLink」を活用すると、「Speed Wi-Fi HOME L02」の設定を行ったり、さまざまなツールが利用できます。まずは、App Store / Google Playストアからアプリをインストールしましょう。

パスワードを入力してログイン
パスワードを入力してログイン
パスワードは本体底面に記載されている
パスワードは本体底面に記載されている

アプリを開くと、管理者ログインページが表示されます。ここには端末底面に記載されている初期ログインID/パスワードのパスワードの部分を入力します。

Wi-Fi設定に進むので、必要な情報を入力する
Wi-Fi設定に進むので、必要な情報を入力する

続けて表示されるWi-Fi設定画面ではSSID/パスワードを設定できますが、最初は初期状態のままでOKです。

端末のログインパスワード設定は、アプリにログインするためのパスワードのこと。本体底面記載のパスワードをそのまま使ってもいいですし、Wi-Fi接続のパスワードと同じにしたり、まったく別のパスワードを使っても問題ありません。

Wi-Fi設定が完了すると、上の画面が表示される。
Wi-Fi設定が完了すると、上の画面が表示される。

4. SSID/パスワードを変更する

HUAWEI HiLinkからSSID/パスワードを変更する方法を解説します。

右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【SSID情報】の順にタップ
2.4GHz帯、5GHz帯それぞれのSSID/パスワードを変更できる
2.4GHz帯、5GHz帯それぞれのSSID/パスワードを変更できる

また、「5GHz有線機能」をオンにするとSSIDを1つにまとめることが可能。「Speed Wi-Fi HOME L02」側で接続機器の状態を判断し、自動で5GHzと2.4GHzの接続を分けてくれるようになります。

5. 通信モードを切り替える

「Speed Wi-Fi HOME L02」では、ハイスピードとハイスピードプラスエリアの2つの通信モードを使うことができます。ハイスピードプラスエリアは7GB/月の制限がありますが、最大通信速度下り最大1Gbps(Wi-Fi接続時は下り最大867Mbps)の超高速通信が利用できます。

もちろん制限のないハイスピードモードでもストレスなく使うことができますが、アプリからモードの切替が簡単にできることを覚えておきましょう。

右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択
【通信モード】をタップし、ハイスピードとハイスピードプラスエリアから選択

6. 通信モードを自動で切り替える

ハイスピードプラスエリアをメインで利用して、あらかじめ設定したデータ量になったらハイスピードに自動で切り替わるように設定することもできます。

右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
右上の【歯車マーク】 →【 ネットワーク】の順にタップ
【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する
【通信モード自動切替】をタップし、機能を有効化する
【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)
【最大データ通信量設定】をタップして、利用プランのデータ通信量を入力する(通常は7GBでOK)
【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する
【HSに切替えるデータ通信量設定】をタップし、最大データ通信量の何%になったらハイスピードに切替えるか設定する

7. ゲストWi-Fiを設定する

「Speed Wi-Fi HOME L02」は、友人・家族でも一時的にインターネット環境を使えるゲストWi-Fi機能を搭載しています。

ゲストはインターネットに接続できますが、「Speed Wi-Fi HOME L02」に接続された機器や設定ツールにはアクセスできません。そのため、ネットワークのセキュリティ性を保ちつつ、来客者にインターネット環境を提供できます。

【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する
【ツール】タブに移動。「ゲストWi-Fi」をタップし、有効化する
【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる
【設定】からSSIDやWi-Fiパスワード、接続可能な時間制限を設定できる

8. 通信量カウンタを使用する

「通信量カウンタ」機能を使うと、これまでに利用した高速データ通信量を通信モードごとに確認することができます。

「HUAWEI HiLink」アプリを起動すると通信量カウンタが表示される
「HUAWEI HiLink」アプリを起動すると通信量カウンタが表示される

HUAWEI HiLinkを起動してすぐに表示されるのが、通信量カウンタ。のハイスピードプラスエリアモードの通信使用量をカウントしています。

通信量カウンタの設定画面
通信量カウンタの設定画面

表示されている通信量カウンタをタップすると、設定画面が表示されます。

【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる
【ホーム画面に表示】をタップすると、HUAWEI HiLinkのホーム画面に表示する通信量カウンタを「1ヶ月」「3日」「表示しない」から選択できる
【設定(1ヶ月)】【設定(3日)】のいずれかをタップ
【設定(1ヶ月)】【設定(3日)】のいずれかをタップ
それぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えますそれぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えます
それぞれ通信使用量を表示する通信モードやデータ通信カウントの設定を行えます

9. Speed Wi-Fi Home設定ツールを使う

Speed Wi-Fi Home設定ツールにログイン
Speed Wi-Fi Home設定ツールにログイン

Speed Wi-Fi Home設定ツールを利用する際は、「Speed Wi-Fi HOME L02」を介してインターネットに接続中のデバイスでブラウザを起動し、Speed Wi-Fi Home設定ツールのURLにアクセスしましょう。

本体底面に記載されているユーザー名とパスワード(変更している場合は変更後のパスワード)を入力するとログインできます。

Speed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップするSpeed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップする
Speed Wi-Fi Home設定ツールをセットアップする

初期セットアップとして、ソフトウェア自動更新と5GHz優先機能のオン・オフを選択する画面が表示されるので適宜設定します。

Speed Wi-Fi Home設定ツールで、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目を設定できる
Speed Wi-Fi Home設定ツールで、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目を設定できる

Speed Wi-Fi Home設定ツールからは、HUAWEI HiLinkアプリと同じ項目の設定が行えるので使いやすい方を選択しましょう。スマホ操作するのであればHUAWEI HiLinkのほうが使いやすいと思います。

10. ソフトウェアの更新を確認する

4段階の電波ランプの下にある「Mode/Updateランプ」に注目
4段階の電波ランプの下にある「Mode/Updateランプ」に注目

本体のソフトウェア更新がある場合、本体正面の「Mode/Updateランプ」がゆっくりと赤く点滅します。

本体上面の「Updateボタン」を長押し
本体上面の「Updateボタン」を長押し

本体上面にある「Updateボタン」を約1秒長押しすると、「Mode/Updateランプ」が素早く赤く点滅します。アップデートが完了すると、緑もしくは黄色の点灯に戻ります。

「L02」が使えるおすすめWiMAXプロバイダ4社

WiMAXのキャンペーンの種類
WiMAXのキャンペーンの種類(引用元:Broad WiMAX

WiMAXを契約するのならプロバイダはここ!」というおすすめプロバイダをご紹介します。契約の際に何を重視するか、どんな状態なのかでおすすめできるプロバイダが異なります。もちろんここまで紹介してきた「L02」が使えるプロバイダです。

・乗り換えや口座振替なら「Broad WiMAX」
・キャッシュバック重視なら「GMOとくとくBB」
・短期契約なら「BIGLOBE WiMAX」
・初期費用を抑えたいなら「カシモWiMAX」

上記のWiMAXプロバイダ4つに厳選しましたが、総合的におすすめなのが、乗り換えキャンペーンと支払方法が口座振替にも対応している「Broad WiMAX」と、キャッシュバック特典が大きい「GMOとくとくBB」の2社です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

乗り換えユーザー・口座振替支払いなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

【Broad WiMAXの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円
端末代 0円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・初期費用0円
・他社の解約費用負担
・端末代無料
・5,000円キャッシュバック
適用条件 ・Webフォームから月額最安プランで申し込み
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
契約期間内の実質総額料金 126,626円
実質月額料金 3,517円

※表示はすべて税抜き

Broad WiMAXは、違約金負担キャンペーンと初期費用0円のキャンペーンを行っているので、他社光回線・モバイルWiFiからの乗り換えにおすすめです。

【Broad WiMAX違約金負担キャンペーンの概要】

違約金負担上限 最大19,000円
(端末残債は対象外)
該当の他社サービス ・モバイルWiFi
・光回線
・ADSL
・ケーブルテレビ
適用条件 ・振込時点で解約
・滞納をしていないこと
・利用している他社サービスと同一の契約者名で契約
・Webフォームから月額最安プランで申し込み
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
・申込時に「お乗り換えキャンペーンを適用する」にチェック
キャッシュバック時期 契約開始月を含む6ヶ月末
手続き方法 申し込み後送られてくる案内メールから、契約開始月を含む4ヶ月以内に以下2点を手続き
・該当の他社サービスの解約書類を送信(FAXでも可)
・キャッシュバックの振込先口座情報を送信

また、無料の「いつでも解約サポート」を利用すれば、万が一WiMAXのサービスが合わなかった場合も、無料で光回線などに乗り換えられます。

   

Broad WiMAX

   

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

   

今なら他社から乗り換えで
最大40,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

WiMAX最安プロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB
(引用元:GMOとくとくBB 公式ページ

【GMOとくとくBBの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
端末代 0円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 キャッシュバック
HOME L02:31,500円
W06:28,000円
適用条件 ・クレジットカード支払いのみ
・過去に適用履歴がないこと
・振込完了まで解約しないこと
キャッシュバック受け取り時期 ・端末発送月を含む11ヶ月目に送信されるメールから振込口座を登録
キャッシュバック受け取り手続き 最短12ヶ月目末日
契約期間内の実質総額料金 HOME L02:123,660円
W06:127,160円
実質月額料金 HOME L02:3,435円
W06:3,532円

※表示はすべて税抜き

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンを展開しており、安い実質月額料金で利用できます。料金重視で選ぶならば、GMOとくとくBB一択で間違いありません。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには、端末発送月を含めて11ヶ月目に届くメールから、振込先の口座情報を登録する必要があります。申込時に作成される基本メールアドレスに連絡が来るので、忘れずに手続きを行いましょう。

また、月ごとにキャッシュバックの金額は、端末によって28,500~31,500円までの差が出る場合があります。端末を選ぶ際は、キャッシュバックの金額も含めて検討しましょう。

初期費用を抑えたいなら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX
(引用元:カシモWiMAX 公式ページ

カシモWiMAXの概要

月額料金 1ヶ月:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
端末代 0円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・端末代無料
適用条件 ギガ放題で申し込み
契約期間内の実質総額料金 135,668円
実質月額料金 3,769円

※表示はすべて税抜き

モバイルルーターを使いはじめるにあたって、初期費用が高額だとちょっと足踏みしてしまうかもしれません。カシモWiMAXなら、初月の月額利用料がほかのWiMAXプロバイダよりも安いため、はじめやすいでしょう。

最大の魅力は、1ヶ月目の月額料金がわずか1,380円であるところです。そのほか、動画配信サービスのU-NEXTがの利用料金が、初月無料になるといったユニークな特典があるのも特徴です。

最新端末の代金も無料

1年未満の短期間使うなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX 2+
(引用元:BIGLOBE WiMAX 2+ 公式ページ

BIGLOBE WiMAXの概要

月額料金 サービス開始月:0円
それ以降:3,980円
端末代 19,200円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 1年間
キャンペーン内容 キャッシュバック:15,000円
適用条件 SIMカードと端末の同時申し込み
キャッシュバック受け取り時期 最短サービス開始翌月
キャッシュバック受け取り手続き サービス開始翌月の翌日(月初2日目)から45日間以内にメール(マイページ)から口座情報を登録
契約期間内の実質総額料金 51,580円
実質月額料金 4,298円

※表示はすべて税抜き

実質月額料金が他プロバイダと比べて高めのBIGLOBE WiMAXですが、契約期間は1年間と今回比較したプロバイダの中で最短です。さらに、キャッシュバックの受け取り時期も最短サービス開始の翌月と早く、1年以内に解約しても違約金は1,000円しかかかりません。

BIGLOBE WiMAXでは、端末とSIMを同時に申し込んだ方を対象に、15,000円のキャッシュバックを行っています。口座振替であっても対象になるので、クレジットカード支払いに抵抗がある方にもおすすめです。

使い方まとめ:「Speed Wi-Fi HOME L02」の初期設定は非常に簡単

“SIMカードを入れてコンセントに接続するだけで使える”ので、「Speed Wi-Fi HOME L02」の初期設定は非常に簡単です。

その他の細かな設定に関しても、HUAWEI HiLinkアプリを使えば簡単に設定変更できるので使いやすいと感じました。

ホームルータータイプなので、一度設定を済ませてしまえばそこまで頻繁に変更することもないと思います。まずはこの記事を参考にして、使い始めの段階で設定を済ませておくのがおすすめです。

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

でこい

でこい

お肉大好きモバブおじさん

プロフィール

1990年生まれ、青森出身Twitter在住のWebエンジニア。

高専卒業後、放射線業務従事者、Webライター、編集者の職を経て現在に至る。

2012年から運営しているブログ「でこにく」では、スマホやカメラ、モバイルバッテリーを中心としたガジェットのレビューや、美しい肉の写真などを発信中。

エンジニア、ブロガー以外にも、ライター、カメラマン、DJなど、活動は多岐に渡る。

得意カテゴリー

スマホ・カメラ・モバイルバッテリー

ブログ・SNS

でこにく
https://decoy284.net/
Twitter(@frozen_decoy)
https://twitter.com/frozen_decoy

メディア実績

【書籍】

  • はじめての今さら聞けないWi-Fiの使い方

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン