引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ! おトクな契約先もしっかりチェックしよう

書いた人: REV

カテゴリ: まとめ, ガイド, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ! おトクな契約先もしっかりチェックしよう

私達が生活する上で欠かせないインターネット。

そんなインターネット回線ですが、引っ越しするにあたりインターネット契約を新規で契約するか、解約するか、乗り換えるか、継続するかなど、様々な選択肢があります。

手続き方法 該当者
インターネット回線・プロバイダを継続して使う ・現在インターネット回線/プロバイダと契約しており、そのまま引っ越し先でも使う人
インターネット回線・プロバイダを解約する ・現在インターネット回線/プロバイダと契約しているが、新居ではインターネットを使わない人
・現在インターネット回線/プロバイダと契約しているが、新居では別の回線・プロバイダと契約したい人
インターネット回線・プロバイダを新規契約する ・現在インターネットの契約は何もしていないが、新居では回線・プロバイダと契約したい人
・現在インターネット回線・プロバイダと契約しているが、新居では別の回線・プロバイダと契約したい人
モバイルWiFiを使う ・現在モバイルWiFiを利用している人
・現在インターネット回線・プロバイダと契約しているが、解約してモバイルWiFiを利用したい人
・現在インターネットの契約は何もしていないが、引越し後はモバイルWiFiを利用したい人

この記事では、それぞれの手続きをするのに必要な手順と注意すべきポイントを詳しく解説していきます。

お得なおすすめの契約先も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

インターネットの引っ越し手続きで事前に確認しておくべきこと

引っ越し前に確認すべきこと
引っ越し前に確認すべきこと

この項目では引っ越しをする前に確認しておきたいインターネット回線の契約のポイントについて、5つに分けて解説します。

・更新月を確認する。

インターネット回線を既に契約している場合、更新月がいつなのかを必ず確認しましょう。

更新月以外で解約すると「解約金」や「違約金」といった費用が発生してしまったり、契約内容によってはすぐに解約ができない場合もあるので、引っ越しをすると決めたらまず一番最初に確認することをおすすめします。

・引っ越し先でインターネットが利用できるのはいつからか確認する。

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

引っ越し先でインターネットを利用出来るようになるタイミングも引っ越しをする前の段階で確認しておきましょう。引っ越したその日からインターネット環境が必要という方は多いと思うので、忘れずにチェックしておきたいポイントです。

・引っ越し先のインターネットの設備の有無を確認する。

そもそも引っ越し先にインターネット回線の設備があるのかどうかも確認する必要があります。物件によっては別途回線工事が必要になることもあるので、その場合、回線工事の立ち会いが必要かどうかも合わせて確認しておくと良いでしょう。

・契約するインターネット会社の回線速度を調べる。

インターネット回線会社、またはプロバイダのプランやサービスによって、回線の速度(品質)に違いがあるので、引っ越し前に情報収集して、どのインターネット回線会社・プロバイダと契約するかを決めましょう。

引っ越し先の環境によって、契約できるサービスの選択肢が限られている場合が有るので合わせて確認しておきましょう。

・モバイルWiFiを使用している場合、新居に電波が届くかどうか確認する。

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

WiMAXやPocket WiFiといったモバイルWiFiを既に利用している場合、引っ越し先(新居)がそれらのサービスエリア内(電波を受信することが出来るか)かどうかのエリア確認をしましょう

今住んでいる場所では問題なくモバイルWiFiが使えていても、場所によっては電波が届かずWiFiを利用できない場所も存在するので必ず事前にチェックしておきましょう。

この様に、引っ越し先でもインターネットを使いたいという場合、実際に引っ越しをする前に調べておきたいポイントがいくつか存在します。

引っ越し前はバタバタしていて中々時間がとれないかもしれませんが、後で後悔しない為にも少し時間をかけて細かい部分までチェックしましょう。

引っ越し後も今のインターネット・プロバイダ契約を継続して使う場合

継続してインターネットを使う場合のポイントとは?
継続してインターネットを使う場合のポイントとは?

現在既にインターネット回線を契約していて、引っ越し先でも継続(引っ越し前と同じ環境)してインターネット回線を使いたい場合は、まず引っ越し先で今と同様の環境でインターネット回線を開通させることが出来るかどうか、現在契約しているインターネット回線会社に確認するところからスタートしましょう。

確認の方法ですが、各インターネット回線会社によって若干の違いはあるものの、電話サポート窓口などで確認する事が出来ます。

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ
フレッツ光公式サイトより

電話でインターネット回線会社に問い合わせする際は、契約時に届いた書類やメールなどに記載されている「契約者名」「お客様ID」「回線ID(ナンバー)」などが必要になるので、手元に用意しておきましょう。

例えば、現在光回線を利用している場合、回線事業者(NTT)に「引っ越し先でも現在のインターネット環境を継続して使いたい。(移転申請)」と問い合わせてみると良いでしょう。

移転手続きにはある程度時間が掛かるので、引っ越しの3週間〜1ヶ月前を目安に、余裕をもって電話(お問い合わせ)することをおすすめします。

回線やプロバイダによって、利用できない地域があるので、現在のインターネット環境をそのまま継続して使えない可能性もあるということは頭に入れておきましょう。

インターネット回線(固定回線)の移転にかかる費用について

インターネット回線(固定回線)の移転にかかる費用について比較してみます。

フレッツ光 au光 ドコモ光
戸建ての工事費 9,000円 37,500円 9,000円
マンションの工事費 7,500円 30,000円 7,500円
手数料 0円 800円 2,000円

※記載の月額料金は税抜

今回は一般的なインターネット回線会社を3社比較してみましたが、この様にインターネット回線会社によって手数料、戸建ての場合の工事費用、マンションの場合の工事費用に違いがあります。

また、どのインターネット回線会社も引っ越し(移転)によるお得なキャンペーンやキャッシュバックは実施されていないので、基本的に引っ越しの際に掛かるインターネット回線のの工事費は全額負担しなければいけません。

工事費の負担を避ける為の手段としては、現在契約しているインターネット回線を解約して新規で契約し直す方法、引っ越しの際に他のインターネット回線会社に乗り換えるといった方法があるので、以降で詳しく解説します。

引っ越しに伴って今のインターネット契約は解約する場合

現状のインターネット回線契約を解約する
現状のインターネット回線契約を解約する

現在既にインターネット回線やモバイルWiFiを契約しているが、引っ越し先で別のインターネット回線を使いたい場合、現在契約中のインターネット回線の契約期間・契約内容によって解約金や違約金といった費用が発生する可能性があります。

固定回線の場合は現在契約しているインターネット回線会社やプロバイダに、WiMAXやPocket WiFiといったモバイルWiFiの場合は現在契約しているプロバイダに、「解約した場合、解約金や違約金といった費用が発生するか・しないか」を問い合わせてみましょう。

固定回線の場合でインターネット回線とプロバイダを別の会社で契約している場合、更新月がそれぞれ異なっている場合があるので注意が必要です。

・現在プロバイダで使っているメールアドレスについて

解約や乗り換えなどにより、契約するプロバイダが変わってしまうと以前使っていたプロバイダのメールアドレスは使えなくなってしまいます。

しかし、各プロバイダには「メールアドレス継続プラン」というものが存在し、現在利用しているプロバイダを解約または変更する場合、別途月額利用料金を支払うことによって、以前のプロバイダで使用していたメールアドレスを継続して使うことが可能です。

このメールアドレス継続プランは、各プロバイダによって利用料金に差はあるものの、おおむね月額200〜300円といった低価格で提供されています。

引っ越しに伴って新規でインターネット・プロバイダ契約をして使う場合

引っ越しに伴い新規で契約する場合
引っ越しに伴い新規で契約する場合

一般的によく使われている固定回線は、「光回線」「ADSL」「ケーブルテレビ(CATV)」の3種類です。まずはそれぞれの回線の特徴を解説します。

・光回線

フレッツ光 auひかり NURO光
特徴 ・一般的な光回線。
・わかりやすい料金体系。
・料金が安い。
・auの携帯電話利用者は料金がお得に。
・世界最速の回線速度。
・対応エリアが他の光回線と比べて少ない。

光回線はいくつか種類がありますが、フレッツ光、auひかり、NURO光といったサービスが代表的です。

通信速度を求める人は光回線が第一候補になるでしょう。

・ADSL回線

ADSL回線は電話線を利用するインターネット回線で、光回線と比べると通信速度は遅いですが、その分利用料金が安いのが特徴です。

もし引っ越し先で光回線を利用できないという場合はADSL回線も検討してみましょう。

・ケーブルテレビ回線

ケーブルテレビ回線は、その地域のケーブルテレビ回線を利用した回線です。

光回線とADSLのどちらも利用できない物件で、第三の選択肢として契約・利用する人が多いサービスです。

料金体系やキャンペーンはケーブルテレビ事業者によって独自で設けられています。

プロバイダとは?

インターネットを使うには、基本的に回線とは別にプロバイダと契約する必要があります。フレッツ光などの利用料金はあくまでも「回線を使用すること」の対価です。

例えば、家で水が出るようにしようと思ったときに、蛇口(水が送られてくる場所)があっても水道会社と契約してなければ意味がありません。ここでいう蛇口が回線であり、水道会社がプロバイダというイメージです。

プロバイダの位置づけイメージ
プロバイダの位置づけイメージ

プロバイダによって、サービス内容やセキュリティ、回線速度に違いがあるので、目的に合ったプロバイダを探して契約しましょう。

ポイント

・インターネットを使えるようにするには回線とは別にプロバイダの契約が必要。
・インターネット回線とプロバイダは基本的に別会社での契約になる。

今なら光コラボ回線がおすすめ!

光コラボレーションとは、プロバイダ事業者がNTTからフレッツ光などの回線提供を受け、自社のプロバイダと回線をセットにして独自の料金体系やキャンペーンを設けてサービスを提供するモデルの事です。

利用が混み合う時間帯は速度が遅くなるなど回線速度が変動しやすいというデメリットがありますが、NTT(回線)とプロバイダが合算請求になる為、契約書類などの管理が楽になったり、回線とプロバイダを別々で契約するよりも利用料金が安く、キャンペーンが充実しているなどのメリットが多くあります。

スマホセットで割引が適用できるおすすめの光コラボ回線

インターネット回線とスマートフォンをセットにすると、月額の利用料金がお得になるプロバイダをいくつか紹介します。

・ソフトバンク光

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

ソフトバンク光(おうち割 光セット)

対象料金サービス 割引額/月
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,000円
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

ソフトバンクのスマートフォンなどを利用している方は、ソフトバンク光のおうち割 光セットを利用すると、毎月1,000円〜500円の割引を受けることが出来ます。

例えば、今お使いのSoftbankスマートフォンで、データ定額 50GBプラス・ミニモンスターを契約されている方だと、なんと2年間で24,000円もの割引を受けることが可能です。

割引期間に関しては基本的に永年となっていますが、ホワイトBB・Yahoo! BBバリュープランなど、割引期間が2年(永年ではない)となっている場合もあるので注意が必要です。

開通前に、置き形のWiFiルーターであるSoftBank Airを指定期間内は無料でレンタルすることができるサービスがあるのも魅力的です。

ソフトバンク光の料金

月額料金 初期費用 工事費用
戸建てタイプ 5,200円 3,000円 最大24,000円
マンションタイプ 3,800円 3,000円

※記載の月額料金は定額制/3年契約プランの場合(税抜)で月額割引が契約内容によって別途適用されます。
※工事費用は設備状況により変動する場合あり

・BIGLOBE光

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

BIGLOBE光(ビッグローブ光×au セット割)

対象料金サービス 割引額/月
カケホ+データ定額
スーパーカケホ+データ定額
LTEフラット
1,200円
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
500円

ビッグローブ光×au セット割は、ビッグローブ光とauのスマートフォン・タブレット・ケータイなどを同時に利用することで、ビッグローブ光の月額料金が割引になるサービスです。

auのスマートフォンをお使いの方は、最大で月1,200円の割引を受けることが出来るのでビッグローブ光がおすすめです。

auのスマートフォン・タブレット・ケータイなどは家族が利用していても割引を受けることが出来ます。

BIGLOBE光の料金

月額料金 初期費用 工事費用
戸建てタイプ 4,980円 3,000円 最大18,000円
マンションタイプ 3,980円 3,000円 最大15,000円

※記載の月額料金は定額制/2年契約プランの場合(税抜)
※工事費用はキャンペーン適用で実質無料になります。

・So-net光プラス

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

So-net光プラス

対象料金サービス 割引額/月
(スーパーカケホ/カケホ) :2GBまで
(シンプル) :1GB超~2GBまで
翌月から 500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)
:2GB超~20GBまで
翌月から 1,000円
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
翌月から 1,000円
データ定額1 翌月から最大2年間
934円
3年目以降ずっと500円

So-net光プラスは、auスマートフォンの利用料金から月額500円〜1000円割引されるので、auのスマートフォンをお使いの方におすすめのプロバイダです。

auスマートフォンで契約しているデータ (パケット) 定額サービスによって、毎月の割引額が違っているので、So-net光プラスを契約する前に、auスマートフォンで自分が今契約しているプランを確認しておくと良いでしょう。

So-net光の料金

月額料金 初期費用 工事費用
戸建てタイプ 5,200円 3,000円 最大24,000円
マンションタイプ 4,100円 3,000円 最大24,000円

※記載の月額料金は定額制/3年契約プランの場合(税抜)で月額割引が契約内容によって別途適用されます。
※工事費用は設備状況により変動する場合あり

新しくモバイルWiFiでインターネットを使いたい場合

屋外でも使えて便利なモバイルWiFi
屋外でも使えて便利なモバイルWiFi

この項目では新規でモバイルWiFi、または光回線からモバイルWiFiへ乗り換えをする場合について解説します。

モバイルWiFiのメリット・デメリット

まず光回線と比較して、モバイルWiFiのメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。

メリット
・外出先でインターネットを使うことが出来る。
・光回線と比べて月額料金が安い。

モバイルWiFiの一番のメリットは、なんといっても外出先でインターネットを使うことが出来る(インターネット環境を持ち運ぶことが出来る)事です。

光回線(固定回線)は、自宅など限られた屋内でしかインターネットを使うことが出来ないので、固定回線よりもモバイルWiFiに魅力を感じる人は多くなっています。

デメリット
・光回線よりも通信速度が遅い、不安定。
・直近3日間で10GBなどの制限が存在する。
・データ通信量に気をつける必要がある。

デメリットに関しては、光回線よりも通信速度が遅く、時間帯によって通信速度の差があったり、通信が不安定だったりすることが挙げられます。

モバイルWiFiサービスの中でも有名なWiMAXは、直近3日間で10GBといったデータ通信量の制限が存在するので、自宅でオンラインゲームを頻繁にされる方や、YouTube・Netflix・Huluなど動画ストリーミングサービスを多く使われる方は、モバイルWiFiよりも光回線の方が向いています。

モバイルWiFiならWiMAXがおすすめ!

モバイルWiFiサービスはいくつか存在しますが、ドコモのデータ通信は月額料金が高く、Pocket WiFiはWiMAXよりも通信速度制限の条件が厳しいので、モバイルWiFiならWiMAXがおすすめです。

WiMAXは通信速度が速く、直近3日間で10GB制限はあるものの、使い方によっては実質データ使い放題で、固定回線のような面倒な回線工事も必要ありません。

実際に筆者もWiMAXを長年使っていましたが、(速度制限に掛からないように)毎日のデータ通信量さえ気をつけていれば、ストレス無く高速なデータ通信を行うことが出来るのでかなり実用的なサービスです。

この項目ではおすすめのWiMAXプロバイダをランキング形式で3社紹介します。

【1】Broad WiMAX

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

Broad WiMAXは、他のプロバイダのような高額キャッシュバックは実施されていませんが、月額料金が他のプロバイダと比べて安い、ランニングコストを抑えることができるという特徴があります。

現在は3年契約のみで、2年契約のプランは提供されていませんが、最新の機種も無料で提供されていたり、契約している別のプロバイダからBroad WiMAXへ乗り換える際の解約金を最大19,000円負担してくれたりと、非常におすすめなプロバイダです。

また、WiMAXのプロバイダとしては珍しく、タブレット端末やノートPCをオプションとして販売しているのも特徴の一つです。

Broad WiMAX

Flatツープラス3年 ギガ放題3年
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金
(~2ヵ月目)
2,726円 2,726円
月額料金
(3ヵ月~
24ヵ月目)
2,726円 3,411円
月額料金
(25ヵ月目以降)
3,326円 4,011円

※記載の月額料金は全て税抜

Broad WiMAXの公式サイトはこちらBroad WiMAX

【2】So-net WiMAX 2+

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

So-net WiMAX 2+は、キャッシュバックが実施される事が少なく、月額料金も他のプロバイダと比べて特別安い訳ではないですが、電話やチャットなどサポート体制の評判が非常に良いプロバイダです。

多少料金が高くても、サポート体制がしっかりとしているプロバイダをお探しの方におすすめのプロバイダです。

また、auスマートバリューmineに対応しているので、auスマートフォンユーザーの方はより料金をお得に使えておすすめです。

So-net WiMAX2+

Flatツープラス3年 ギガ放題3年
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金
(~2ヵ月目)
3,020円 3,620円
月額料金
(3ヵ月~
24ヵ月目)
3,020円 3,620円
月額料金
(25ヵ月目以降)
3,020円 3,620円

※記載の月額料金は全て税抜

So-net WiMAX 2+の公式サイトはこちら

【3】GMO とくとくBB WiMAX 2+

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

GMO とくとくBB WiMAX 2+は、月額料金の安さと高額キャッシュバックが特徴で、3年契約の通常プラン・ギガ放題プランの料金共に最安クラスのプロバイダです。

最新の端末が無料で提供されていて、最短で当日に発送され翌日から端末を使う事が出来ますし、20日以内であれば通信が不安定等の理由でキャンセルすることも可能なのもGMO とくとくBB WiMAX 2+ならではです。

毎月GMOのポイントが付与され、そのポイントを毎月の料金の支払いに使うことが出来る点も見逃せません。

GMO とくとくBB WiMAX 2+

Flatツープラス3年 ギガ放題3年
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金
(~2ヵ月目)
3,609円 3,609円
月額料金
(3ヵ月~
24ヵ月目)
3,609円 4,263円
月額料金
(25ヵ月目以降)
3,609円 4,263円

※記載の月額料金は全て税抜

とくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちら

まとめ

引っ越しの時のインターネット契約で確認すべきことまとめ

引っ越しの際にインターネット契約で確認すべきことや、お得な契約先を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

引っ越しに伴ったインターネット回線の契約は、以下の4つを軸に、考えるようにしましょう。

・継続
・解約新規(乗り換え)
・完全新規
・サービス変更(光回線⇔モバイルWiFi)

引っ越し先で直ぐにインターネット回線を開通する必要がある方は、工事不要で最短翌日受取可能なWiFiレンタルもおすすめです。詳細は以下の関連リンクからご確認下さい。

まずは、現状の契約内容の確認から、引っ越し先でのエリア確認などを、時間には余裕をもって確認するところから始めましょう。

もし、今インターネットの利用料金が高いと思っている方は、引っ越しを期にしっかり見直してみることをオススメします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV