ソフトバンクの料金プラン「ミニモンスター」の仕組みを解説 使った分に応じて料金が変わる従量制データ定額はお得?

書いた人: がねりん

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクの料金プラン「ミニモンスター」の仕組みを解説 使った分に応じて料金が変わる従量制データ定額はお得?

2018年9月、ソフトバンクが大幅な料金改定を実施。それまで提供されてきた好みのデータ容量を選択する「データ定額」の代わりに登場したプランが、今回紹介する「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+です。

「ミニモンスター」の特徴は、使用したデータ通信量に応じて4段階の金額が設定された従量型プランであること。使った分だけ支払えばいいので、無駄がないのが魅力です。

料金面でも現在ソフトバンクで提供しているプランの中で最安値とあって注目を集めていますが、最安の料金だけを見ていると思わぬ落とし穴にハマってしまうことも……。従量制ゆえの盲点なのですが、「ミニモンスター」は2GBを超過するとお得感が希薄になってしまうのです。

安さだけを追求して契約するとのちのちの後悔に繋がりかねないので、事前に料金システムを理解しておくことが肝心です。

「料金の見直しを考えている」
「ソフトバンクとの新規契約を検討中」

という方のために、今回はソフトバンクの料金プラン「ミニモンスター」の仕組みを徹底解説。プランの特徴や従量制の料金の仕組みから口コミ・評判まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次:

ソフトバンク オンラインショップ
■ ソフトバンク公式サイトはこちら ■

ソフトバンクの料金プラン「ミニモンスター」とは?

従量制のデータ定額「ミニモンスター」の特徴を解説します
従量制のデータ定額「ミニモンスター」の特徴を解説します

「ミニモンスター」の提供開始からしばらく時間は経過しましたが、旧プランのままソフトバンクを継続利用している方や他のキャリアからの乗り換えを検討している方など、まだまだ“「ミニモンスター」って何?”と思った人も多いと思います。

ここでは「ミニモンスター」の特徴・サービス概要を下記のポイントに沿って解説していきます。

★「ミニモンスター」の3つのポイント
・ミニモンスターは通話プラン+データプラン+ウェブ使用料の総称
・ミニモンスターは使った分に応じて支払う従量制の料金プラン
・現行のソフトバンクの料金プランの中で最安値

ポイント① 「ミニモンスター」は通話プラン+データプラン+ウェブ使用料の総称

ミニモンスターは、「データ定額ミニモンスター」「通話基本プラン」「ウェブ使用料」の組み合わせ
ミニモンスターは、「データ定額ミニモンスター」「通話基本プラン」「ウェブ使用料」の組み合わせ

ミニモンスターは「データ定額ミニモンスター」「通話基本プラン」「ウェブ使用料」の3つを組み合わせた料金プランです。

改定前のソフトバンクの料金プランが「スマ放題/スマ放題ライト」と「データ定額」の組み合わせで成り立っていたように、最新プランも通話基本プラン+データプランの組み合わせになっています。

上記を踏まえて、現在ソフトバンクで提供している料金プランは以下の2種類。

★ソフトバンクの料金プラン

・ウルトラギガモンスター+
・ミニモンスター

「ウルトラギガモンスター+」は50GBの大容量+動画SNS放題のヘビーユーザー向けプラン(動画SNS放題は対象サービスがデータ消費0で使える)。使った分だけ料金が加算されるミニモンスターは、ライト~ミドルユーザー向けのプランになっています。

ミニモンスターの最大の強みは、データ通信量や通話を節約するほど安くなること。賢く使って料金を抑えたい方にはピッタリの料金プランですね。

ポイント② 「ミニモンスター」は使った分だけ支払う従量制プラン

ミニモンスターは使った分だけ支払う従量制プラン
ミニモンスターは使った分だけ支払う従量制プラン

「データ定額 ミニモンスター」の料金は、使用したデータ通信量に応じて4段階で設定されています。このデータプランの仕組みにより、料金プランとしてのミニモンスターは従量制になっているということです。

データ使用量に応じた「データ定額 ミニモンスター」の4段階の料金は以下の通り。

■「データ定額 ミニモンスター」単体の料金

データ使用量 月額料金
0〜1GB 2,480円
1〜2GB 4,480円
2〜4GB 5,980円
5GB以上 6,980円

続いて、通話基本プランで2年契約を選択した場合の「ミニモンスター」の料金プランを紹介します。

通話基本プラン(2年契約/フリープラン含む)と「データ定額 ミニモンスター」を同時に申し込むと、毎月1,000円×12ヵ月間の割引が受けられる「1年おトク割」が適用されます。

■「ミニモンスター」の料金表【通話基本プラン(2年契約)+1年おトク割】

データ使用量 月額料金 1年おトク割 実質負担金
0〜1GB未満 3,980円 -1,000円
(12ヵ月間)
2,980円
1〜2GB未満 5,980円 4,980円
2〜5GB未満 7,480円 6,480円
5GB以上 8,480円 7,480円

最安値は月間のデータ使用量が1GB未満の場合の3,980円。そこから1GBを超えると+2,000円、2GBを超えると+1,500円、5GBを超えると+1,000円と料金が加算されていきます。

1GB未満の使用量では月額料金が安価に感じられると思いますが、2GB超過で月額5,980円、5GB超過では月額8,480円にまで跳ね上がってしまいます

もう1つの料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のデータプラン「データ定額 50GBプラス」の月額料金は5,980円。つまり「ミニモンスター」で2GB以上使うと50GBの大容量定額プランと料金の差が無くなってしまうのです。さらに5GB以上使用した場合は、むしろミニマムなプランのはずの「ミニモンスター」の方が料金が高くなってしまう逆転現象が起こります。

とはいえ、これはあくまでも1ヵ月の料金としての話。例えば、「たくさんデータ通信を使う月もあれば、ほとんど使わない月もある」といったように、月によって使用するデータ容量が変動する場合はトータルコストで「ミニモンスター」の方がお得なケースもあります。

のちほど、詳しくソフトバンクの両プランを比較しますが、データ通信量を気にせずたくさん使いたい人や2GBではとても足りないという人は「ウルトラギガモンスター+」。データ通信量を節約して料金を安くしたい人、もともとスマホの使用頻度が少ない人は「ミニモンスター」といった選び方がよさそうです。

ポイント③ 現行のソフトバンクの料金プランの中で最安値

使い方によっては最安値で使える!
使い方によっては最安値で使える!

「ミニモンスター」に各種割引を適用させると月額料金1,980円まで抑えることができます。この金額は現行のソフトバンクの料金プランで最安値。どのような仕組みで最安値になるのか、表を使って解説します。

■「ミニモンスター」の最安値(通話基本プラン/2年契約+各種割引)

基本料金(〜1GB未満) 3,980円
通話オプション(なし) 0円
1年おトク割(12ヶ月) -1,000円
おうち割 光セット -1,000円
月額料金 1,980円

1,980円というと「ワンキュッパ割」でおなじみのソフトバンクのサブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」並みの安さ。ただし、「ミニモンスター」で最安値を実現するには、いくつかの条件をクリアしなければいけません。

■最安値を実現するための条件
・データ使用量が極小(1GB未満)
・通話定額はナシ
・自宅のインターネットはソフトバンク光を利用

上記のように、最安値になる条件は非常に限定的。ネットはWi-Fiを活用したり、通話はLINE通話を使うなど、賢くやりくりしなければいけません。

「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」の料金を比較してみた

「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」の料金を比較してみましょう
「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」の料金を比較してみましょう

現在、新規契約・乗り換え/MNP・契約変更で選べるソフトバンクの料金プランは、「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」の2種類。そのため、ソフトバンクに契約する際は必然的にこの2つの料金プランを比較することになります。

この項目ではどちらの料金プランがお得なのか、データ通信量の使用状況に合わせて「ミニモンスター」「ウルトラギガモンスター+」の料金を試算して比較していきます。

下記の比較はすべて以下の条件で試算しています。

■今回の料金比較の条件
・通話基本プランは2年契約を選択
・通話オプションはナシ
・おうち割 光セットは除外
・「ウルトラギガモンスター+」は1人での利用を想定

1ヵ月のデータ使用量が2GB未満の場合

まずは、毎月のデータ使用量が少なかったケースを想定して、データ使用量が2GB未満だった場合の料金を比較してみましょう。

■1ヵ月のデータ使用量が2GB未満の場合

ミニモンスター
(0〜1GB未満)
ミニモンスター
(1〜2GB未満)
ウルトラ
ギガモンスター+
基本料金 3,980円 5,980円 7,480円
通話オプション
(なし)
0円 0円 0円
おトク割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
月額料金 2,980円 4,980円 6,480円

データ使用量が少ないほど、「ミニモンスター」の方がお得という結果になりました。最大で3,500円も「ウルトラギガモンスター+」より月額料金が安くなります。

スマホの使用頻度が低い方、Wi-Fiと併用して通信量を節約できる方には「ミニモンスター」がおすすめです。また、「ほとんど使わない月もあれば、そこそこ使う月もある」といったように使い方にムラがある方もトータルコストではお得になる可能性があるので、ご自身の毎月のスマホの使い方と照らし合わせて検討してみてください。

1ヵ月のデータ使用量が2GB以上の場合

続いて、毎月2GB以上のデータを使用したケースを想定して試算してみましょう。スマホユーザーの平均的なデータ使用量から大容量までを含む範囲になるので、ミドルユーザーからヘビーユーザーの方はこちらに該当します。

■1ヵ月のデータ使用量が2GB以上の場合

ミニモンスター
(2GB~5GB未満)
ミニモンスター
(5GB以上)
ウルトラ
ギガモンスター+
基本料金 7,480円 8,480円 7,480円
通話オプション
(なし)
0円 0円 0円
おトク割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
月額料金 6,480円 7,480円 6,480円

上記の比較表からわかるように、2GBを超えると「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」は月額料金が同じになります。

「どうせ同じ金額ならデータ容量を多く使えたほうがいい」と思う方がほとんどなのではないでしょうか。ソフトバンク公式サイトでも2GBを超える場合は「ウルトラギガモンスター+」の利用をおすすめしています。

また、5GBを超えた場合は「ミニモンスター」の方が1,000円高くなるというのが大きな落とし穴になっています。

データ使用量を2GBに抑える自身が無い方、ネットをたっぷり楽しみたい方には「ウルトラギガモンスター+」がおすすめです。ただし、毎月使用状況にムラがある人の場合はトータルコストでは「ミニモンスター」の方が安くなることもあるので、一度ご自身の現在のスマホ使用状況を整理して検討してみてください。

ソフトバンク オンラインショップ
■ ソフトバンク公式サイトはこちら ■

「ミニモンスター」のメリット・デメリット

「ミニモンスター」のメリット・デメリットを解説します
「ミニモンスター」のメリット・デメリットを解説します

料金の安さといった部分ではメリットも多い「ミニモンスター」ですが、従量制プランの性質上、使いすぎてしまうと料金が跳ね上がってしまうこともあります。

「ミニモンスター」のメリット・デメリットを今一度確認して、本当にご自身の用途に合っているのか再度検討してみましょう。

「ミニモンスター」のメリット

ミニモンスターのメリットをチェック!!
ミニモンスターのメリットをチェック!!

「ミニモンスター」を利用する大きなメリットは2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

ソフトバンクのスマホを最安値で運用できる

各種割引を駆使すれば、ソフトバンク最安値の1,980円でスマホを運用することができます。ただし、この金額を実現するには「データ通信使用量が1GB未満」+「通話定額を付けない」+「ソフトバンク光を利用している」といった厳しい条件をクリアしなければいけません。

メリットとして挙げましたが、いかにデータ通信量を節約するかがカギを握ります。もともとスマホの使用頻度が低い人はもちろん、Wi-Fiと併用したりサブ機としてライトに使う方であればうまく節約できそうですね。

利用状況にムラがある人にはマッチする

「ミニモンスター」は従量制の定額プランなので、毎月のデータ使用量に応じて4段階で料金が変動します。

完全な定額制の場合、毎月のデータ使用量にムラがあるとデータ容量を余らせてしまったり、かえってコスパが悪くなってしまうことも。その点、従量制の「ミニモンスター」は無駄なく使えるので毎月のスマホ利用状況にムラがあるという人にマッチしすやいというメリットがあります。

月によって利用状況が変わることが多いという方の中でも、特に「ほとんど使わない月のほうが多い」という場合は「ミニモンスター」を選択したほうが運用コストが安くなる可能性が高いでしょう。

★ミニモンスターのメリット

・ソフトバンクのスマホが最安値で使える
・利用状況にムラがある人にはマッチする

「ミニモンスター」のデメリット

「ミニモンスター」を利用する前に知っておきたいデメリットは?
「ミニモンスター」を利用する前に知っておきたいデメリットは?

続いて、「ミニモンスター」を利用する前に知っておきたいデメリットを2つ紹介します。

データ使用量が2GBを超えると「ウルトラギガモンスター+」の方がお得

データ使用量が2GBを超えると「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」の料金差が無くなってしまいます。むしろ、データ使用量が5GBを超えると「ミニモンスター」の方が1,000円高くなってしまうという事態に……。

たとえデータ容量を余らせることになっても、同じ金額を支払うのであれば「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量50GB+動画SNS見放題のほうがお得感がありますよね。

データ通信料を気にせずに使いたい人、データ使用量の節約が苦手な人であれば、迷わず「ウルトラギガモンスター+」を選択しましょう。

思いがけず料金が高くついてしまう可能性がある

ここまで解説してきたことからもわかるように、「ミニモンスター」は利用頻度が少ないほどお得になる料金プランです。スマホの使用頻度が少ないライトユーザーの方やサブ端末での利用にはピッタリなのですが、ふとした拍子に落とし穴に陥ってしまう可能性があります。

例えば、普段はWi-Fi環境でアプリやソフトウェアのアップデートを行っているのに、誤ってモバイルデータ通信で実行してしまったとします。ほんのわずかな誤操作でもデータ通信量の節約には大きな痛手になりますよね。

1~2GBのデータ容量は高画質の動画・ゲームを楽しんだり、大きめのファイルをダウンロードしただけですぐに無くなってしまいます。思いがけず料金が高くついてしまう可能性があることは念頭に入れておきましょう。

★ミニモンスターのデメリット

・2GBを超えるとギガモンスターの方がお得
・思いがけず料金が高くついてしまう可能性がある

▼お得にスマホを運用したいソフトバンクユーザー向けの耳寄り情報

「ミニモンスター」の口コミ・評判

「ミニモンスター」に関する口コミ・評判を紹介します
「ミニモンスター」に関する口コミ・評判を紹介します

「ミニモンスター」について解説してきましたが、実際に利用しているユーザーはどのように感じているのでしょうか? 

ここではtwitterに投稿されていた「ミニモンスター」に対する口コミを利用者の声を中心に紹介します。実際に使った上でのなので、ぜひ参考にしてみてください。

“良い”という口コミ

これまでのソフトバンクの家族割は、簡単にいうと「ウルトラギガモンスター+」に加入している人数によって割引額が決まっていました。「ミニモンスター」は対象害になっていましたが、現在は割引にカウントされるようになっています。そのため、スマホをあまり使わない家族は「ミニモンスター」、スマホをよく使う家族は「ウルトラギガモンスター+」といった組み合わせでも家族割を適用させることが可能になっています。

「ミニモンスター」が家族割の対象になったため、ユーザーの投稿のように家族内でプランの使い分けができます。スマホの利用頻度が少ない家族の分で「ミニモンスター」を選択すれば、月額料金を抑えつつ家族割の恩恵も受けられるのでお得になりますね。

「ミニモンスター」で月額料金を安くするには、データ通信量の節約が必須条件になります。そのため、ユーザーの投稿のようにモバイルWi-FIと組み合わせるのも賢い選択肢

モバイルWi-FIiのプロバイダによっては、「ウルトラギガモンスター+」よりも安い月額料金でデータ使用量を気にせずスマホを使うこともできます。料金を安くしながらネットもたっぷり楽しみたいという方はモバイルWi-FIとの併用も視野にいれてみてはいかがでしょうか?

“悪い”という口コミ

毎月1,000円の割引が受けられるおトク割は1年しか適用されません。おうち割 光セットは2年目も適用されますが、最安値の月額1,980円を実現できるのは契約から1年間のみということになってしまいます。加えて、割引が終わってから別のプランに乗り換えようとしても、2年契約になっているので契約解除手数料が発生してしまうことも不評のようです。

「ミニモンスター」の月額料金はデータ使用状況に合わせて自動的に繰り上がります。料金のステージが上がる節目で連絡が来るようなことも無いので、気がついたらたくさん使ってしまっていた…なんていうことも。なるべく料金を安く抑えるためには、通信料の使用状況をこまめにチェックする必要があります。

「ミニモンスター」は従量制プランである一方で、上限値50GBまでと大容量プランの側面も持ち合わせています。そのため、データ使用量の上限に達して低速になってしまう…というケースはほとんど無いでしょう。料金のステージが上がる前の事前連絡も無いので、従来の定額制プランよりも管理が面倒という指摘する声が多かったです。

▼お得にスマホを運用したいソフトバンクユーザー向けの耳寄り情報

まとめ:ミニモンスターはスマホの利用頻度が少ない人におすすめ!

ソフトバンクが提供する従量制の料金プラン「ミニモンスター」は、使い方によってはソフトバンク最安値でスマホを運用できるのが最大の強み。さらに、家族割の対象にもなっているので、家族みんなでソフトバンクを利用すればお得になります。

モバイルWi-Fiと併用すれば低価格で通信量無制限にすることもできますし、何かのときのために使用頻度は少ないけれど家族に持たせたい…といった使い方も可能です。

上記のような点を含めて考えると、「ミニモンスター」は スマホの使用頻度が少ない方や通信量を賢くやりくりして安くスマホを運用したい方におすすめのプランです。

ただし、「ミニモンスター」は2GB以上のデータ通信を使うと、上位プランの「ウルトラギガモンスター+」と金額差が無くなってしまうというデメリットがあります。データ通信量をたっぷり使って思う存分スマホでインターネットを楽しみたい方は「ウルトラギガモンスター+」を使いましょう。

ソフトバンク オンラインショップ
■ ソフトバンク公式サイトはこちら ■

★「ミニモンスター」のポイント

・使い方によってはソフトバンク最安値の月額1,980円を実現できる
・2GBを超えると「ウルトラギガモンスター+」との料金差が無くなる
・モバイルWi-Fiと併用するなど、賢く使うのがお得に利用するカギ

お得にスマホを運用したいソフトバンクユーザー向けの耳寄り情報

「とにかく低価格でスマホを使いたい」「自分の好みのデータ容量を選択して、定額制のプランで使いたい」という方にはソフトバンクのサブブランドY!mobile(ワイモバイル)」がおすすめ。

「Y!mobile」は格安SIM並みの安価な料金で、ソフトバンクと同じ高品質な回線を利用することができます。また、Yahoo!プレミアムやソフトバンクWi-Fiスポットも変わらず無料で利用できるので、ソフトバンクユーザーの乗り換えの選択肢として有力候補になるでしょう。

下記の記事でソフトバンクとの料金比較を行っているので、興味がある方はぜひこちらも参考にしてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys