「docomo with」対象機種まとめ ドコモのお得な料金プラン対象のおすすめ機種を一挙紹介

書いた人: がねりん

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「docomo with」対象機種まとめ ドコモのお得な料金プラン対象のおすすめ機種を一挙紹介

※「docomo with」の新規申込み受付は2019年5月31日(金曜)をもって終了しています。

docomo with(ドコモ ウィズ)」とは対象機種のスマホを購入して利用している間、毎月1,500円割引が続くdocomoのお得な料金プランです。

3年目以降も割引が継続するので、対象のスマホを長く使い続けるほどお得になります。

「docomoをもっとお得に利用したい」
「docomoでスマホデビューしたい」

…と考えている方には今が大チャンス! 対象機種のラインナップの中に気になるスマホがあれば、あとは購入して使用するだけでお得にdocomoでスマホを使うことができます。

今回は、気になるdocomo withの対象機種のラインナップを一挙大紹介。docomo withでどんなスマホを使うことができるのか? 詳しく解説していきます。

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

目次:

AQUOS sense2 SH-01L

長く使い続けられる安心感が最大の魅力
長く使い続けられる安心感が最大の魅力

2018年12月18日に発売されたSHARP製スマートフォン「AQUOS sense2 SH-01L」の最大の魅力は“長く使い続けられる安心感”です。

バッテリーの劣化を防ぐために、充電時の負担を抑える「インテリジェントチャージ」機能を採用。SHARPが誇る省エネ性に優れた「IGZOディスプレイ」の効果も相まって電池の劣化を防ぎ、使用開始から1年後も電池寿命を約90%以上維持できます。

さらに、IPX5/8防水・IP5X防塵機能により、水周りやホコリの多い場所などシーンを選ばずに安心して利用可能。また、ディスプレイは水滴がついた状態でも快適に操作することができます。

カメラ性能も優秀で、SHARPのミドルレンジモデルとして初めてAIオート撮影に対応。撮影シーンに応じて最適な設定に切り替わるので、誰でも簡単にキレイな写真を撮影することができます。

ボディの丸みを帯びたフォルムは手の中にしっかりとフィットし、片手操作も簡単。おサイフケータイや指紋・顔の2つの生体認証など、あるとうれしい機能も満載です。

■AQUOS sense2 SH-01Lのスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
ディスプレイ 約5.5インチ FHD+(1080×2160)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
1.8GHz オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,200万画素 / 約 800万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 3GB
バッテリー容量 2,700mAh

★AQUOS sense2 SH-01Lはこんな人にオススメ!
・同じスマホを安心して長く使い続けたい人
・バッテリー劣化の少ないスマホが欲しい人
・水回りでも使える丈夫なスマホが欲しい人

Galaxy Feel2 SC-02L

妥協のないスペックで使うほどに楽しくなる!
妥協のないスペックで使うほどに楽しくなる!

2018年11月9日に発売されたSAMSUNG製スマートフォン「Galaxy Feel2 SC-02」は、docomo with対象機種の中でもトップクラスのスペックを誇る1台。

ミドルレンジのモデルでありがなら、美しい映像が楽しめる有機ELディスプレイを搭載。顔・指紋の両方の生体認証に対応するなど、近年のスマホのトレンドがしっかりと盛り込まれています。

SoC・メモリともに十分な性能を有しており、マルチタスクもしっかり処理。3,000mAhのバッテリーは電池持ちも良好なので、日常的な使い方で不満を感じることはないでしょう。

ハイエンドモデルのように高負荷なゲームや動画をサクサク楽しめるわけではありませんが、臨場感のある音響体験を与えてくれるDolby Atmosと有機ELディスプレイの組み合わせによるエンターテイメント性は抜群です。

また、アウトカメラ・インカメラには、SNS映えを重視した1,600万画素のカメラを搭載。海外メーカーのスマホでありながら、おサイフケータイやワンセグといった国内向け機能も充実しています。

■Galaxy Feel2 SC-02Lのスペック情報(参照:のスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
ディスプレイ 約5.6インチ HD+ (720 × 1,480)
CPU Exynos 7885(S.LSI)
2.2GHz+1.6GHz オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,600万画素 / 約1,600万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 4GB
バッテリー容量 3,000mAh

★Galaxy Feel2 SC-02Lはこんな人にオススメ!
・スペックが高い端末を使いたい人
・ゲームや動画といったエンターテイメント楽しみたい人
・おサイフケータイやワンセグなどの国産機能を重視する人

arrows Be F-04K

丈夫で長持ち。CMでもおなじみの“割れにくいスマホ”
丈夫で長持ち。CMでもおなじみの“割れにくいスマホ”

「arrows Be F-04K」は、2018年5月25日に発売された富士通製のスマートフォン。小栗旬&山田孝之出演のTV CM「割れない刑事」シリーズでもおなじみの防水・防塵&耐衝撃性能を有したタフネス設計が特徴の1台です。

本体を1.5mの高さから26方向でコンクリートに落とす耐久試験を通過するなど、米国国防総省の調達基準をクリアした圧倒的なタフさは1台のスマホを長く使い続けるほどお得なdocomo withにピッタリ

防水性能も圧巻で、ディスプレイの汚れをハンドソープで水洗いすることまで可能。風呂場やアウトドアシーンなど、あらゆるシーンで安心してスマホを使うことができます。

また、“日本製スマホ”というのも、「arrows Be F-04K」の安心感を高める要素。日本国内での利用を想定した便利機能が満載で、おサイフケータイやワンセグといった需要の高い国産機能をしっかり網羅しています。

■arrows Be F-04Kのスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
ディスプレイ 5.0インチ HD(720 × 1,280)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
1.8GHz オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,220万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 3GB
バッテリー容量 2,580mAh

★arrows Be F-04Kはこんな人にオススメ!
・丈夫で長く使えるスマホが欲しい人
・おサイフケータイやワンセグなどの国産機能をが使いたい人
・日本製スマホに安心感を感じる人

LG style L-03K

スペックを重視する人におすすめの1台
スペックを重視する人におすすめの1台

docomo with対象機種の中でも“なるべくスペックのいいスマホを使いたい”という人におすすめしたいのがLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG style L-03K」。2018年6月22日の発売以降、高い性能と先進的なデザインで注目を集めている機種です。

「LG style L-03K」に搭載されているSoCは「Snapdragon450」と他のdocomo with対象機種と変わりませんが、内蔵メモリは64GBのROM・4GBと余裕があります。SNSの利用やWEBブラウンジングなどの日常的な用途は、快適な動作で楽しめるでしょう。

最大の特徴は洗練されたスタイリッシュなデザイン。サイドにメタルフレームを配し、高級感のある見た目を演出しています。また、縦横比18:9のFullVisionディスプレイは5.5インチの大画面ながら、狭額設計を採用することでコンパクトボディを実現しています。

■LG style L-03Kのスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
ディスプレイ 約5.5インチ
FHD+ FullVision Display(1080×2160)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
1.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)
オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1620万画素 / 約800万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
64GB / 4GB
バッテリー容量 2,890mAh

★LG style L-03Kはこんな人にオススメ!
・ワンランク上のスマホが欲しい人
・高級感のあるデザインでスマートに利用したい人
・高い機能性で、快適なスマホライフを送りたい人

MONO MO-01K

シンプルさを追求した無駄のない操作感が魅力
シンプルさを追求した無駄のない操作感が魅力

2017年11月30日に発売された「MONO MO-01K」(ZTE製)は、シンプルさを追求して余分なものを削ぎ落としたスマートフォン

見た目と同じく、操作性も非常にシンプル。初期状態から機能がたくさん詰め込まれているスマホよりも、厳選した機能のみを搭載して無駄がないほうが好みという人におすすめの1台です。

作り自体はシンプルな「MONO MO-01K」ですが、性能面の妥協はありません。ミドルレンジ相当のSoCと3GBのメモリを搭載しており、日常的な使い方ならとても快適。さらに、IPX5/7の高い防水性能を持っているので、水回りでの利用も安心です。

デザインはモノトーンカラーの白黒2色を展開。シンプルで温かみのあるフォルムとの組み合わせで、スタイリッシュな見た目を実現しています。シンプルな機能性は、サブ機としても非常に優秀。

■MONO MO-01Kのスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ HD(720 × 1,280)
CPU Snapdragon 435
1.4GHz(クアッドコア)1.1GHz(クアッドコア)
オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,320万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 3GB
バッテリー容量 2,800mAh

★MONO MO-01Kはこんな人にオススメ!
・シンプルなデザインが好みの人
・無駄な機能の無いスマホの方が使いやすい人
・お手頃価格で使いやすいサブ機を求めている人

AQUOS sense SH-01K

累計販売台数200万台を突破した大ヒットモデル
累計販売台数200万台を突破した大ヒットモデル

2017年11月10日に発売されたSHARP製スマートフォン「AQUOS sense SH-01K」。多くのキャリアで販売された定番スマホで、累計販売台数200万台を突破したロングセラーモデルです。

その人気の秘密は、コストパフォーマンスの高さ。美しく高精細なIGZOディスプレイ、AQUOSならではの便利機能、高画質なカメラを搭載しており、使い勝手の良さが大きな魅力になっています。

■AQUOS sense SH-01Kのスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ FHD(1,080×1,920)
CPU Qualcomm Snapdragon 430
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
オクタコア
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,310万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 3GB
バッテリー容量 2,700mAh

★AQUOS sense SH-01Kはこんな人にオススメ!
・コスパのいい定番モデルを使いたい人
・手頃な価格で使いやすいスマホが欲しい人
・長く安心して使えるスマホが欲しい人

iPhone 7

Felica搭載でApple PayやモバイルSuicaの利用が可能
Felica搭載でApple PayやモバイルSuicaの利用が可能

docomo with対象のiPhoneの中では最上位の機種。2016年9月に発売されたモデルですが、今でもメイン機として使えるほどの性能を有しています。

iPhone 7から導入された便利機能が最大の注目ポイントで、Felicaを搭載したことでApple PayやモバイルSuicaなどの決済システムが利用可能に。また、防水・防塵に対応したことで、故障や破損のリスクを低減しています。

カメラも非常に扱いやすく、シングルレンズカメラではありますがSNSへの投稿などの日常的な使い方で大活躍してくれるでしょう。

なお、128GBモデルも存在しますが、docomo with対象機種は32GBモデルのみとなっています。

■iPhone 7のスペック情報(参照:製品ページ
OS iOS 12
ディスプレイ 約4.7インチ
Retina HDディスプレイ
CPU Apple A10 Fusion
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
1,200万画素 / 約700万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 2GB

(※)「docomo with」対象は32GBモデルのみ

★iPhone 7はこんな人にオススメ!
・docomo withで高性能なiPhoneを使いたい人
・Apple PayやモバイルSuicaを利用したい人
・片手持ちサイズ&ホームボタンのiPhoneを使いたい人

iPhone 6s

今なお根強い人気を誇るロングセラーのiPhone
今なお根強い人気を誇るロングセラーのiPhone

2015年9月に発売されて以降、ロングセラーを記録している「iPhone 6s」。最新iPhoneや原稿のハイエンドモデルよりは当然スペックは劣りますが、扱いやすいiPhoneとして根強い人気を誇っています。

ディスプレイサイズ4.7インチと片手持ちに適した大きさ、新型のiPhoneでは廃止されてしまったホームボタンなど、往年のiPhoneユーザーはもちろん、iPhoneを使うのは初めてという方でも操作しやすい1台

初めてのiPhoneとしての利用やサブ機としての活用もおすすめです。

■iPhone 6sのスペック情報(参照:製品ページ
OS iOS9
ディスプレイ 4.7インチ
CPU Apple A9
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,200万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 2GB

(※)「docomo with」対象は32GBモデルのみ

★iPhone 6sはこんな人にオススメ!
・初めてiPhoneを使う人
・サブ機として操作しやすいiPhoneが欲しい人
・片手持ちサイズ&ホームボタンのiPhoneを使いたい人

らくらくスマートフォン me(F-01L)

シニアの方の“初めてのスマホ”におすすめ
シニアの方の“初めてのスマホ”におすすめ

2019年2月15日に発売された「らくらくスマートフォン me(F-01L)」(富士通製)は、充実したサポートと便利機能が満載のシニア向けスマートフォン

4.7インチの有機ELディスプレイを搭載した約9.3mmのスリムなボディは、片手での握り心地も抜群。本体設定不要で文字や基本機能・アプリも大きく表示されるので、フィーチャーフォン(ガラケー)のようにボタンを押す感覚で使用できます。

同梱されている「かんたん操作ガイド」、無料でアクセスできる「らくらくホンセンター」とサポート体制も充実。迷惑電話・メール対策機能も搭載しているので、詐欺などの危険からも守ってくれます。

電池への負担を抑えた「やさしい充電機能」、防水・防塵・耐衝撃に対応していており、長く使えるのも特長の1つ。ケータイからスマホへの機種変更・乗り換えを対象とした「ウェルカムスマホ割」も併用可能なので、シニアの方のスマホデビューに最適です。

■らくらくスマートフォン me(F-01L)のスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
ディスプレイ 約 4.7インチ
HD 有機EL(720 × 1,280)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,310万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
32GB / 3GB
バッテリー容量 2,110mAh

★らくらくスマートフォン me(F-01L)はこんな人にオススメ!
・ケータイから機種変更・乗り換えしてスマホデビューしたい人
・シニアの方にスマホをプレゼントしたい人
・サポート体制の充実したスマホを利用したい人

らくらくスマートフォン me(F-03K)

シニア向けの使いやすい機能が充実!
シニア向けの使いやすい機能が充実!

2018年2月28日に発売された富士通製のスマートフォン「らくらくスマートフォン me(F-03K)」。『見やすい、聞きやすい、使いやすい』の三拍子が揃ったスマホで、シニアの方でも扱いやすいのが特長です。

使いやすさを大きく向上させているのが、わかりやすいメニュー画面のレイアウト。さまざまな視点から独自開発したインターフェイスは、スマホ初心者でも迷わずにタッチ操作が可能。ボタンの大きさ、視認性、画面レイアウトなど、見やすさと使いやすさを追求しているのが特徴です。

また、通話時にうれしい機能も搭載。周囲の環境に合わせて聴きやすさ・話しやすさを重視した「VoLTE(HD+)」により、雑踏の中でも快適な通話環境を整えてくれます。

「docomo with」は「ウェルカムスマホ割」との併用も可能なので、ケータイからスマホへの切替を考えている方やシニアの方のスマホデビューに最適です。

■らくらくスマートフォン me(F-03K)のスペック情報(参照:製品ページ
OS Android 7.1.2
ディスプレイ 約 4.5インチ HD(720 × 1,280)
CPU Snapdragon 625
2.0GHz (オクタコア)
カメラ
(アウトカメラ / インカメラ)
約1,310万画素 / 約500万画素
内蔵メモリ
(ROM / RAM)
16GB / 2GB
バッテリー容量 2,100mAh

★らくらくスマートフォン me(F-03K)はこんな人にオススメ!
・ケータイから機種変更・乗り換えしてスマホデビューしたい人
・シニアの方にスマホをプレゼントしたい人
・見やすい&使いやすいスマホを利用したい人

まとめ:筆者のおすすめは「Galaxy Feel2」と「iPhone 7」

契約者数もどんどんと増加し、徐々に取り扱い機種も充実してきている「docomo with」。

ラインナップの中には「Galaxy Feel2 SC-02L」のようなドコモ専売モデルがあったり、最新モデルではありませんがFelica搭載でApple Payに対応したiPhoneまで用意されています。

今回紹介したdocomo with対象機種の中で、筆者が特におすすめしたいのは下記の2機種。

おすすめのAndroid端末は、「Galaxy Feel2」。docomo with対象機種の中では性能が高く、有機ELディスプレイやDolby Atmosといったエンタメ向けの要素も充実しています。「メイン機として、なるべく性能がいいものを…」と考えるなら、「Galaxy Feel2」がベストだと思います。

おすすめのiPhoneは、「iPhone 7」。Felica搭載、防水・防塵に対応するなど旧来のiPhoneからのターニングポイントとなった1台なので、発売から2年以上経過していますが今でも十分にメイン機として活用できるでしょう。

「docomo with」は対象機種が多種多様なので、ご自身の利用シーンや使い方にマッチしたスマホがきっと見つかるはず。月額料金をお得にしつつ、ドコモで快適なスマホライフを楽しんでください!

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys