WiMAXが2020年3月末にサービス終了? お得にWiMAX 2+対応機種を手に入れる方法を解説!

書いた人: Kawamata

カテゴリ: まとめ, ガイド, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXが2020年3月末にサービス終了? はやめに新機種を手に入れるべし!

2009年2月からサービスを開始したWiMAX回線は、2020年3月31日をもってそのサービスを終了し、WiMAX 2+回線に完全に移行します。決してWIMAXそのものが利用できなくなるということではなく、旧回線が停止し、新回線に一本化されるということです。

その為、WiMAX 2+回線に対応していないWiMAX端末は利用ができなくなるので、WiMAXのサービスを継続して利用するには、WiMAX 2+対応端末を手に入れる必要があります。WiMAX 2+対応端末を利用していない方は、機種変更が必要ということです。

しかし、WiMAXは基本的に機種変更手続きをするより、乗り換えをしてしまった方が今よりも断然お得に利用することができる上に、最新機種を手に入れることも可能です。

この記事では、WiMAX回線のサービス終了に伴い、完全に利用ができなくなる、あるいは一部機能が利用できなくなる機種のご紹介から、実際にお得に最新対応機種を手に入れる方法を解説します。

目次:

WiMAX回線とWiMAX 2+回線の違いについて

WiMAX回線とWiMAX 2+回線の違いについて

WiMAX回線は2004年から、WiMAX 2+回線は2013年にサービスインしました。つまり、簡単に言うと「WiMAX」は古い通信規格で、バージョンアップして誕生したのが「WiMAX 2+」ということです。どちらも日本全国で利用可能なモバイルWiFi回線サービスとして広く利用されています。

では、そもそもこの2つの回線にはどのような違いがあるのか、ポイントとなる通信速度と通信制限条件を比べて解説していきます。

最大下り速度の違いを比較

まずは、それぞれの通信速度を比較してみましょう。

  通信速度
WiMAX 下り:最大13.3Mbps
上り:最大15.4Mbps
WiMAX 2+ 下り:最大1.2Gbps
上り:最大75Mbps

通信速度は使用環境に依存する部分になるので、最大値はあくまで目安の数字ではありますが、WiMAX回線よりもWiMAX 2+回線の方が通信速度・安定性、共に圧倒的に高いです。

最新機種であれば、固定回線にも劣らない高速データ通信を楽しむことができます。

通信制限の条件に違いはある?

次に通信制限の条件をそれぞれ比較してみます。

  通信速度
WiMAX なし
WiMAX 2+ 3日間で10GB
制限時間:翌日18時頃~26時頃
制限時の速度:最大1Mbps

WiMAX回線の通信速度はWiMAX 2+回線よりも遅いですが、どれだけ使用したとしても通信制限がなく、完全使い放題なのが魅力的です。

WiMAX 2+回線は、直近3日間で10GBを超えると通信制限がかかりますが、言い換えれば3日間で10GBを超えない限りは、通信制限は発生しません。

WiMAXの通信制限イメージ
WiMAXの通信制限イメージ
WiMAX 2+の通信制限イメージ
WiMAX 2+の通信制限イメージ

また、通信制限にかかったとしても、その月は月末まで制限がかかるわけではなく、制限される時間は翌日18時頃~26時頃の間のみなので、そこまで大きなペナルティではありません。

制限時の通信速度も、最大で下り1Mbpsまで通信することができるので、簡単なWeb検索やSNS・メール閲覧程度であれば、そこまでストレスなく対応することができます。

WiMAX回線の終了に伴って使えなくなる機種は?

WiMAX回線のサービス提供が2020年3月末に終了すると同時に、完全に使用できなくなる、もしくは一部機能が制限される機種があります。

基本的に2016年以降にWiMAXの機種を購入した場合はWiMAX 2+対応ですが、2016年以前に機種を購入している場合は、対象機種に該当している場合があるので、一度ご確認下さい。

完全に利用できなくなる機種一覧

2020年3月31日のWiMAX回線サービス終了と共に利用できなくなる端末は以下の通りです。

WiFiモバイルルーター
アイ・オー・データ機器 WMX-GWMR
アルチザネットワークス AZ01MR
NECプラットフォームズ Aterm WM330R
Aterm WM3500R
Aterm WM3600R
Aterm WM3800R
シンセイコーポレーション URoad-5000
URoad-7000
URoad-9000
URoad-SS10
URoad-Aero
ソフトアンドハード egg
ネットワークコンサルティング Mobile Cube
Mobile Slim
モバイルルーター
データ通信カード
アイ・オー・データ機器 WMX-U01〜U04
WMX2-U01〜U04
NECプラットフォームズ UD01NA/UD03NA
UD02NA/UD04NA
Aterm WM3200U
Aterm WM3200C
シンセイコーポレーション UD01SS/UD03SS
UD02SS/UD04SS
MW-U2510/MW-U2510SS2
OKIネットワークス egg
Mobile Cube
データ通信カード
ホームルーター
アイ・オー・データ機器 WMX-GWBA
WMX-GW02A
NECプラットフォームズ Aterm WM3400RN
Aterm WM3450RN
シンセイコーポレーション URoad Home
ホームルーター

これらの端末は2020年3月31日以降は一切利用することができなくなる為、対象端末を利用している方でサービスを継続したい場合は、機種変更・乗り換えを検討しましょう。

一部機能が利用できなくなる機種一覧

WiMAXルーターのなかにもWiMAX 2+が利用できる機種もありますが、利用できる機能に一部制限がかかってしまう機種もあります。該当機種は以下の通りです。

Wi-Fiモバイルルーター
NECプラットフォームズ NAD11
WX01
WX02
シンセイコーポレーション URoad-Stick
URoad-Home2+
URoad-TEC101
HUAWEI HWD14
HWD15

制限のかかる機能は以下の2点です。

・ノーリミットモード
・WiMAX自動切り替えモード

それぞれの機能に対応する機種は以下のとおりです。

ノーリミットモード HWD14
HWD15
NAD11
URoad-Stick
URoad-Home2+
URoad-TEC101
WiMAX自動切り替えモード WX01
WX02
WiMAX「ノーリミットモード」対応 WiMAX 2+デバイス、WiMAX搭載 WiMAX 2+デバイス

それぞれの機能で支障がでる内容は以下のとおりです。

・ノーリミットモード
ノーリミットモードはその名前のとおり、制限なく通信ができる機能です。ただし、制限されないのはWiMAX回線での通信であるため、この機能は2020年3月31日以降は使えなくなり、WiMAX 2+では3日で10GBの制限を受けることになります。

・WiMAX自動切り替えモード
WiMAX自動切り替えモードは、WiMAX 2+回線とWiMAX回線の通信をそれぞれ利用する場所によって自動的に切り替えてくれる機能です。

この機能はWiMAX 2+回線の提供エリアがまだまだ狭かった頃に搭載されていた機能ですが、現在ではほぼ全国でWiMAX 2+回線を利用できるので、いずれにせよ必要ない機能であると言えます。

WiMAXの対応エリアに関する詳細は下記の関連記事をご覧下さい。

契約におすすめのプラン、機種をご紹介

契約におすすめのプラン、機種をご紹介

それでは、WiMAX 2+に対応しているおすすめのプランと機種を特徴も踏まえながらご紹介していきます。

これから機種変更・乗り換えを検討する場合に、こちらの知識を頭に入れておけば失敗しないこと間違い無いので要チェックです。

WiMAX 2+おすすめのプラン

まずはWiMAX 2+ではどんなプランがそもそも展開されているのかをご紹介します。プランは月間7GBまでの通所プランと無制限のギガ放題プランの2種類あり、各プランの詳細は以下のとおりです。

  UQ Flatツープラス UQ Flatツープラス
ギガ放題
通信量 7GB/月 無制限
(10GB/3日間の制限あり)
LTE:7GB/月
月額料金 3,696円 4,380円
契約年数 2年/3年/4年 2年/3年
通信制限 ・7GB到達で翌月になるまで128kbpsに制限 ・3日で10GBまで
・翌日18時~翌2時まで1Mbpsに制限
・LTE利用時は7GB到達で128kbpsに制限
特徴 ・料金が安い
・契約期間を選択できる
・キャンペーン割引に適用されることが多い

おすすめとしては、ギガ放題プランです。もちろん、自身のスマホの利用頻度と料金の兼ね合いを考慮していく必要がありますが、月約700円の差額で実質無制限で使用できるのであれば、パフォーマンス力としてはギガ放題プランの方が高いです。

ギガ放題プランの契約の場合、お得なキャンペーンが適用される場合が多く、3年間相当の実質の負担金額が通常プランとほぼ変わらないケースもあります。

ただ、気をつけないといけないのが、UQ Flatツープラス ギガ放題でauのLTE回線を利用した場合の制限です。

auのLTE網を利用することでWiMAX 2+回線提供エリア外でも、携帯回線の電波を使って受信をすることできるようになる一方で、一度LTE回線モードでの受信をしてしまうと、たとえギガ放題プランで契約していたとしても、その月は上限7GBまでしか利用できなくなってしまう仕様になっているのです。

ただし、このauのLTE回線の利用は、どの端末でも利用のON/OFF設定ができるため、OFFにしておくことで、ギガ放題プランであれば実質無制限のデータ通信を堪能することが可能。

新たに端末をゲットしたときには、まずはこの設定から変更することをおすすめします。
無制限プランに関する詳細は以下の関連記事をご覧下さい。

WiMAX 2+対応のおすすめ機種

機種変更や乗り換えをする際、どの機種を選べきか悩む方もいると思います。そこで、いくつかあるモバイルWiFiの中からおすすめの2機種を紹介します。

ずばり、最新機種のW06とWX05のいずれかです。それぞれのスペック表をベースに、比較していきながら特徴を解説していきます。

  W06 WX05
サイズ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm
重さ 約125g 約128g
画面サイズ 約2.4インチ TFTタッチ液晶 約2.4インチ TFTタッチ液晶
バッテリ容量 3,000 mAh(取り外し不可) 3,200 mAh(取り外し可)
対応ネットワーク WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
通信モード ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
最大通信速度 ハイスピード
下り558Mbps/上り30Mbps
 
ハイスピードプラスエリア
下り1237Mbps/上り75Mbps
ハイスピード
下り440Mbps/上り30Mbps
 
ハイスピードプラスエリア
下り440Mbps/上り75Mbps
連続待受時間 約800時間(WiMAX2+, Wi-Fi未接続時) 約700時間(WiMAX2+, Wi-Fi未接続時)
連続通信時間 約540分(WiMAX 2+,スマート設定時) 約690分(WiMAX 2+,スタンダード設定時)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4 GHz / 5 GHz対応) IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4 GHz / 5 GHz対応)
テザリング台数 最大16台 最大10台
対応OS Windows 7 / 8.1 / 10
Mac OS X v10.9 / v10.10 / v10.11 / v10.12 / v10.13 / v10.14
Windows 7 / 8.1 / 10
Mac OS X v10.9 / v10.10 / v10.11 / v10.12 / v10.13 / v10.14

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴・おすすめポイント

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴・おすすめポイント

Speed Wi-Fi NEXT W06はHUAWEI社が提供する超高速通信を可能とするモバイルWi-Fiルーターです。

最大の魅力は最大下り速度が約1.2Gbpsという超高速通信規格です。この通信が利用できるのは、USBケーブルを使ったテザリングによる有線接続時の場合で、「ハイスピードプラスエリア」(有料1,005円/月)に対応する東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアのみ。エリアは随時拡大中なので、今後は日本全国でモバイルWi-Fiルーターによる超高速データ通信が誰でも手軽に利用できるようになるかもしれません。

とは言え、通信感度がこれまでの機種よりもさらに向上しているので、比較的電波の受信が不安定になりがちな室内や特定エリアでも、より快適に利用ができるようになりました。

通信速度・安定性を重視するならこれです!

Speed Wi-Fi NEXT WX05の特徴・おすすめポイント

Speed Wi-Fi NEXT WX05の特徴・おすすめポイント

Speed Wi-Fi NEXT WX05はNECが提供するモバイルWi-Fiルーターです。他機種と比較したこの機種の特徴はずばり、バッテリー持ちが格段良いところです。

上記のW06とのスペック比較表を見ていただければ分かるように、決して通信速度面が悪いわけではなく、十分に活用していくことができます。

WX05は初心者向けに直感的に設定ができる機能がいくつか新たに搭載していたり、ライトユーザー向けにかなり扱いがしやすい仕様になっているのも魅力的です。

使いやすさ・バッテリー持ちを重視するならこれです!

お得にWiMAX2+回線対応の最新機種を手に入れる方法

それでは最後に、よりお得にWiMAX 2+回線対応の最新機種を手に入れ、契約する方法をご紹介します。

結論から言うと、機種変更をするよりも、乗り換えをすることをおすすめします。また、現在では本家UQ WiMAXが様々なプロバイダ事業者に回線を卸売りし、そのプロバイダ事業者事で独自の料金プランやキャンペーンを展開しているので、ユーザーは自分の利用用途にあったプランを提供している事業者からの契約が可能です。

契約元がプロバイダ事業者になるだけで、使用する通信そのものはUQ WiMAX回線なので、速度が会社ごとで異なるということもありません。

WiMAXの解約・乗り換えについての詳細は下記の関連記事をご覧下さい。

今回はその中でも「Broad WiMAX」で乗り換え契約をすることをおすすめします。まず、Broad WiMAXは、数あるWiMAXプロバイダ事業者で展開しているサービスの中でも、月々のランニングコストが最安級です。UQ WiMAXと比較しても、その安さは一目瞭然です。

  UQ WiMAX Broad WiMAX
プラン名 UQ Flatツープラス
ギガ放題(3年)
ギガ放題プラン(3年)
初期費用 0円 18,857円→0円
※条件あり
端末代金 3,800円~ 0円
月額料金 3,696円(~3ヵ月間)
4,380円(4ヵ月目~)
2,726円(~2ヵ月間)
3,411円(3~24ヵ月目)
4,011円(25ヵ月目~)
キャンペーン 最大16,000円
キャッシュバック
最大19,000円
違約金負担
3年間の
実質負担金額
146,428円 131,626円

また、Broad WiMAXには高額キャッシュバックのようなキャンペーンこそありませんが、WiMAX間の乗り換えであれば、最大19,000円の違約金を補填してくれる、業界唯一の乗り換えキャンペーンが存在します。

それに加えて、先程ご紹介した「W06」や「WX05」といった最新の機種も端末代金0円でゲットすることができます。まさに、WiMAX回線のサービス終了に伴い、WiMAX 2+回線に対応したルーターを入手する必要があるユーザーにとっては、かなり嬉しい特典が揃っています。

Broad WiMAXの詳細確認・お申し込み手続きは下記のバナーをタップして、公式サイトにてご確認下さい。

Broad WiMAXの公式サイトはこちらBroad WiMAX

まとめ

2020年3月31日にWiMAXがサービス終了することで、利用できなくなる端末紹介、WiMAX 2+の特徴、おすすめプラン・機種を紹介してきました。

WiMAX回線終了に伴い、覚えておくべきポイント

・WiMAX 2+回線の方が通信速度はより速く、安定している
・WiMAX 2+回線対応プランにも無制限プランがある(10GB/3日間の制限あり)
・WiMAX 2+回線非対応機種を利用中の方は、はやめに機種変更・乗り換えを検討すべき
・機種変更よりも、乗り換えがお得
・プランはギガ放題/機種はW06・WX05がおすすめ
・Broad WiMAXなら、乗り換え違約金最大19,000円負担で最新機種が0円でおすすめ!

WiMAX回線は制限なく使えるものの、通信速度面では現在のWiMAX 2回線と比較すると圧倒的な差があります。

「使い放題」というのは確かに魅力かもしれませんが、使い勝手で考えるといち早くWiMAX 2+にしたほうがより便利さを体感することができるかと思います。

この機会に今よりも少しでもお得な条件で、最新機種をゲットしてより快適なインターネットライフを送りましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。